おまとめローンで審査落ちするのはなぜ?再度申し込んでも大丈夫?

おまとめローンで審査落ちするのはなぜ?再度申し込んでも大丈夫? おまとめローン

「おまとめローンで審査落ちしたけど原因は何…?」
「審査落ちだけど再度申し込んでいいのかな…」

などなど、おまとめローンの審査落ちした方にはこうお思いの方もいますよね。

とはいえおまとめローンを使って、早く返済を進めやすくしたいことでしょう。

ではおまとめローンに審査落ちした原因は何なのか。対処法とあわせて詳しく解説していきます。

 

審査に通りやすいおまとめローン9選!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

おまとめローンに審査落ちした人に多い原因・対処法4つ

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

おまとめローンで審査落ちになる原因としては、一言でいうと「返済能力が低いとみなされたため」とまとめられます。

ではさらに具体的な原因は何なのか。具体的に考えられるのは以下の4つです。

■おまとめローンに審査落ちした人に多い原因

  1. 収入が少なすぎる
  2. 収入が不安定である
  3. 他社借入件数が多い
  4. 信用情報に傷がある

①収入が少なすぎる

先ほど触れた通り、おまとめローンでは返済能力が低いと審査で落とされます。

その最たるケースとして、まず収入の低さが挙げられます。

申込段階で収入が全然ないとなれば、返済能力の低さを疑われて審査に落とされかねませんよね…。

対処法はシンプル。まずは収入を増やすことから始めましょう。

②収入が不安定である

収入の安定さも、おまとめローンの審査にあたって重要な指標です。

基本的にどのおまとめローンでも、申込条件として「継続的な安定収入がある方」と明記されているため、収入が不安定だと高確率で審査落ちつながります。

お申込いただける方

年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込いただけます。

(引用元ページ:プロミス-おまとめローン)

ローンの返済は継続的になるのが基本。

正社員や公務員など、一定額が支給される方は審査に比較的通りやすい傾向にありますね。

③他社借入件数が多い

他社での借入総額が年収に対して大きすぎる場合、返済能力を疑われて審査落ちに繋がりかねません。

目安として年収の1/2を超える借金・借入がある場合は、高確率で落とされます。

おまとめローンの審査を受けるにあたり、まずは現在の借り入れ分を返済し続けて、ある程度抑えられてからにしましょう。

④信用情報に傷がある

クレジットカードやキャッシングでの支払い延滞、携帯電話の利用料金の延滞などにより、信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報とは

クレジットカードやカードローンの契約・申込に関する情報で、客観的な取引事実を残した情報のこと。クレジット会社・ローン会社などは申込者の信用の判断に際し、参考のために信用情報を確認する。

信用情報に傷がつくことで、信用力・返済面に問題がある人物だとして審査落ちにつながってしまいます。

こちらも対処法はシンプル。信用情報に傷がつくような審査に悪影響を及ぼす行為をしないことです。

■信用情報に傷がつきかねない主な行為

  • 直近6ヶ月でローン審査を続けざまに受けている
  • 他社のローンを延滞する
  • 申込ブラック状態になる など

おまとめローンに審査落ちしたら再度申し込んで大丈夫?

女性のはてな

なかには「おまとめローンの審査に落ちたけど再度申し込みたい」とお思いの方もいますよね。

「なんとか対策すればおまとめローンを利用できるのでは?」と考えることでしょう。

確かに対策すれば、一度落ちたおまとめローンの審査に通る可能性もあります。

ですが期間の面において、おさえておくべきポイントがあります。

再申込には最低6ヵ月空けよう

おまとめローンの審査に落ちて再度申し込む場合、少なくても6ヶ月以上は期間を空けてください。

おまとめローンへの申込情報・履歴は6ヶ月が残るため、その間は審査結果が容易に覆らないんです。

仮に6ヶ月経たずに同じ金融機関にて申し込んでも、すぐ審査で落とされてしまいます…。

一度おまとめローン審査で落ちてからまた同じ金融機関に申込みたい場合は、まず6か月間空けてくださいね。

別の金融機関で申込むなら6ヶ月も待たなくていい?

先ほどの話は審査に落ちてから”同じ金融機関”で申し込んだ場合のこと。

おまとめローンの審査に落ちてから別の機会で申し込めば、わざわざ6ヶ月も待たずに審査に通る可能性はあります。

ですが続けざまにローン審査を受けてしまえば、審査担当者からは「経済的に問題があって貸し倒れリスクのある人物」として見られかねません。

そのため1度審査に落ちたときは、目安1カ月空けて申し込んでみましょう。

審査のゆるい・通りやすいおまとめローンってある?

キャッシング-女性のはてな5

結論、審査が「ゆるい」「通りやすい」と言い切れるおまとめローンは存在しません。むしろ審査は厳しい傾向にあります。

なおおまとめローンの審査が厳しめになる理由は、主に以下が挙げられます。

理由:返済能力の低さを疑われやすいため

“おまとめ”ローンですから、利用者の多くが「すでに複数社からお金を借りている状態」です。

ここで押さえたいのが「返済比率」です。

返済比率(年収あたりの年間返済額の割合のこと)が高くなれば、それだけ審査落ちに繋がりやすくなります。

返済比率はおおむね20~40%以下が目安ですが、これより高くなれば返済能力の低さを疑われ、高確率で審査落ちとなるわけです。

仮に年収が1,000万円でも、返済比率が高いと返済能力の低さを疑われます…。

ですが利用者の経験や口コミなどから、“比較的審査に通りやすいと言われているおまとめローン”はあります。

具体的な商品が気になる方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

審査に通りやすいおまとめローン9選!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説

状況に応じて「債務整理」も検討しよう

弁護士を利用するメリット

先ほど触れたとおりおまとめローンは審査が厳しい傾向にあり、審査に落ちて利用できないケースも多いです。

となるとなかには、返済見込みが立たなくて先に進めない方がいることでしょう。

この場合で押さえておきたいのが「債務整理」です。

借金生活から解放されるために、法的手段で借金を減額させたり支払い猶予をもたせる手続きを指します。

債務整理とは?デメリットも踏まえてわかりやすく解説

なお債務整理を進める場合は、弁護士・司法書士といった専門家に頼むのが賢明。お一人で進めてしまえば、高確率で失敗してしまいます。

専門家に依頼してより確実に債務整理をしたい場合は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

債務整理におすすめの弁護士事務所7選!安心して利用できる事務所の選び方を解説

おまとめローンに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな3

ここではおまとめローンに関するよくある質問をまとめます。

専業主婦でもおまとめローンって使えますか?

無収入の専業主婦となると、おまとめローンの利用はほぼ不可能。申込ができません。

というのもおまとめローンでは申込時の時点で「定期的で安定した収入」が求められるため、収入のない専業主婦となると利用対象には入らなくなるんです。

たとえば消費者金融アイフルの場合だと、公式HPにて下記の記述があります。

貸付対象者
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

(引用元ページ:アイフル-商品概要)

ただしパートなどで定期的な収入がある場合は、審査に通る可能性があります。

郵送物なしのおまとめローンってありますか?

おまとめローンのなかには、郵送物なしでの契約ができるものもあります。

郵送物なしで利用したい場合は、プロミス「おまとめローン」や三井住友銀行カードローンなどがおすすめです。

プロミスのおまとめローンとは?審査は厳しいって本当?

個人事業主・自営業でも審査に通るおまとめローンってありますか?

自営業者・個人事業主の場合、地方銀行や都市銀行のローン商品だと審査に通りやすい傾向にあります。

上限金利も14.5%ほどなケースも多く、使い勝手の良いものも多いですよ。

まとめ~おまとめローン利用時に審査落ちしたときの原因と対処法を押さえよう~

今回はおまとめローンの審査に落ちたときの、原因や対処法を中心に解説してきました。

原因について一言でいうと「返済能力が低いとみなされたため」とまとめられますが、さらに具体的に深堀りすると以下の通りです。

■おまとめローンに審査落ちした人に多い原因

  1. 収入が少なすぎる
  2. 収入が不安定である
  3. 他社借入件数が多い
  4. 信用情報に傷がある

おまとめローンの審査に落ちた場合は、まず上記について思い当たる節はないか確認することから始めてみましょう。

 

審査に通りやすいおまとめローン9選!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説