おまとめローンって総量規制の対象?消費者金融だと対象外?

おまとめローンって総量規制の対象? 消費者金融の商品だと対象外? おまとめローン

「おまとめローンは総量規制の対象なの?」

などなど、おまとめローンの利用を検討している方のなかでこう思いの方もいますよね。

総量規制とは?
借入総額を再現する制度のこと。貸金業者は本人の年収の1/3を超えた貸付ができないことが明記されている。

総量規制から外れていれば年収の3分の1超の借入ができますし、よりまとまったお金を借りた時に使いやすいです。

ではおまとめローンの場合は総量規制の対象外になるのか、詳しく見ていきましょう。

審査に通りやすいおまとめローン9選!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説
最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

おまとめローンは総量規制の対象外?

キャッシング-女性のはてな4

結論を言うと、おまとめローンは総量規制の対象外

なぜかというと、おまとめローンは一定条件を満たすと「顧客に一方的に有利となる借り換え」として”例外貸付”に該当するからです。

法令の規定に則り、貸金業者からは本人年収の1/3を超えた利用ができるわけです。

(参考:日本貸金業協会)

銀行のおまとめローンも消費者金融のおまとめローンも総量規制対象外

総量規制対象外のおまとめローン提供元は大きく分けて2つ。消費者金融や銀行で用意しています。

両社は似通っている部分も多いですが、比較すると大きな違いがあります。

その違いもおさえつつ、消費者金融系と銀行系のうちどちらを使うべきか判断してくださいね。

「銀行のおまとめローン」と「消費者金融のおまとめローン」の違い

両社の違いとして決定的なのは、おまとめできる範囲の違いです。

たとえば消費者金融系のおまとめローンを使うと、銀行カードローンのおまとめはできません。

例として、消費者金融プロミスのおまとめローンの借換対象ローンを見てみましょう。

借換対象となるローン

消費者金融・クレジットカードなどにおけるお借入(無担保ローン)。
銀行のカードローン・クレジットカードのショッピングなどを除く

(引用元ページ:プロミス-おまとめローン)

上記のとおり、消費者金融プロミスだと「消費者金融・クレジットカードなどでの借入」が借り換えの対象。

まずは銀行系のおまとめローンに申込んで、審査に通らなかったら消費者金融系のおまとめローンに申込むのがおすすめですね。

おまとめローンでの借換後の借入額は総量規制対象になるため要注意

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

もし「貸金業者」のおまとめローンを使って借り換えた場合は、総量規制に関して注意しないといけないことがあります。

それは、借り換えてからの借入額が総量規制対象になる点です。

たとえば年収300万円の方がいたとして、下記の借り入れがあると仮定します。

貸金業者
A社40万円
B社30万円
C社30万円
合計額計:100万円

この状態から消費者金融のおまとめローンで100万円を借り換えれば、まず合計額の100万円を完済できます。

ですがその消費者金融で借りた100万円については、総量規制に引っかかってしまうんです。

年収300万円の1/3は、100万円。貸金業者は総量規制によって、年収の1/3を超えた貸付ができません。

よってこれ以上は他の貸金業者からの借入れはできなくなりますね…。

おすすめのおまとめローン【銀行系】

ここまでお読みになった方のなかには、「おまとめローンを使ってみようかな」とお思いの方もいますよね。

ですがおまとめローンには種類が多く、どれを選ぶべきか分からにくいのが現状です。

そんな方に向けてまずは銀行が提供するおまとめローンを、厳選して紹介します。

銀行系なら「横浜銀行カードローン」を使うのがおすすめ

横浜銀行カードローン-

金利1.5%~14.6%
利用限度額10万円~1000万円
融資時間最短翌日以降
申し込み方法WEB・電話・郵送・FAX
借り入れ方法ATM・インターネットバンキング

横浜銀行カードローンはおまとめ目的での利用が認められているカードローン。

金利は1.5%~14.6%と、消費者金融系のローンより低金利で利用できるのが魅力です。

ただし東京都・神奈川県・群馬県など関東地域にお住まいの方が対象ですから、利用できる人が限られる点には注意です。

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?通りやすい?審査基準も徹底解説

おすすめのおまとめローン【消費者金融系】

もし銀行系商品を使って審査に落ちた場合は、消費者金融系商品の審査だと通るかもしれません。

ですが消費者金融系のおまとめローンも種類は豊富。

ここではそのなかでもおすすめの商品を厳選して紹介します。

消費者金融系なら「アコム」を使うのがおすすめ

アコムバナー-300×250

金利7.7%~18.0%
利用限度額1万円~300万円
融資時間最短即日
申し込み方法電話・WEB
借り入れ方法利用者に案内

消費者金融のアコムでは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」という商品を提供しています。

消費者金融は貸金業者につき通常のカードローンだと総量規制の対象ですが、こちらだと例外適用となります。

返済期間は長くて最長12年3ヵ月の最大146回と、長期的に返済していきたい方にもオススメです。

アコムのおまとめローンの審査は厳しい?甘い?申込方法も解説!

おまとめローンに関するよくある質問

女性・はてな

ここではおまとめローンに関するよくある質問をまとめます。

専業主婦でもおまとめローンを利用できる?

稼得労働に従事しない専業主婦となると、おまとめローンの利用は難しいです。

というのもかおまとめローンには利用条件があり、専業主婦の場合はクリアできない可能性が高いからです。

たとえば消費者金融アイフルのおまとめローンの利用条件の一部を見てみましょう。

貸付対象者
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

(引用元ページ:アイフル-商品概要)

上記のとおり「定期的な収入」が求められますから、ローン利用者本人に収入がなければそもそも利用はできないんです。

パートなどで定期的な収入がある場合は、申込できますよ。

消費者金融系のおまとめローンならいくらまでまとめられますか?

傾向としては、年収の1/2程度が上限になるケースが多いです。

おまとめローンに貸付額上限がないとはいえ、年収の1/2以上となれば貸し倒れリスクによって審査落ちになる可能性が高いです。

まとめ~おまとめローンは総量規制の対象外です~

今回はまとめローンと総量規制の関係について、詳しく解説してきました。

改めてまとめるとおまとめローンは総量規制の対象外で、年収の1/3を超えた利用も可能。

ご紹介した横浜銀行カードローン、アコムの「貸金業法に基づく借換え専用ローン」などを比較し、最適な選択をしてくださいね。

審査に通りやすいおまとめローン9選!審査対策のコツや商品を選ぶポイントも解説