楽天ペイがセブンイレブンでも使えるように!楽天ペイを使うメリットとは

コンビニにいる女性 楽天ペイ

楽天ペイをはじめとしたスマホ決済サービスが広がった2019年でした。

スマホ決済サービスはコンビニを中心に使う人が増えたのですが、実はスマホ決済サービスによっては使えないコンビニがありました。

楽天ペイもしばらくセブンイレブンで使えなかったのですが、2019年10月1日からセブンイレブンでも使えるようになりました。

こちらの記事では、楽天ペイをセブンイレブンで使うメリットなどを解説していきます。

セブンイレブンをよく利用する人は、この記事を読んで少しでも節約するようにしましょう。

2019年10月1日からセブンイレブンでも使える楽天ペイが使えるように

2019年10月1日長らく待たれていた楽天ペイのセブンイレブン導入がスタート。

楽天ユーザーの人は楽天ペイを使っていた人も多いので、これはかなり大きなニュースでしたね。

まずは楽天ペイがセブンイレブンに導入されたことによる変化を解説していきます。

全国の主要コンビニで楽天ペイが使えるように

セブンイレブンで楽天ペイが導入されたことで、楽天ペイは全国の主要コンビニで使えるようになりました。

  • セブンイレブン(10/1〜)
  • ローソン(ナチュラルローソン、ローソン100)
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • セイコーマート

これらのお店で楽天ペイが使えるので、楽天ペイをダウンロードしておけば地方に行ってもコンビニでキャッシュレス決済ができますね。

PayPayやLINEPayに利便性で近づく

楽天ペイがセブンイレブンにも導入されたことにより、楽天ペイ導入店舗がPayPayやLINEPayに近づきました。

PayPayやLINEPayは以前から全国の主要コンビニで使えており、楽天ペイはその点で後れをとっていました。

しかし楽天ペイもセブンイレブンで使えるようになったので、利便性がかなり向上しましたね。

今後は個人店舗への導入も進んでいくと予想されるので、PayPayやLINEPayのようにかなり使い勝手がよくなるのではないでしょうか。

ファミリーマートが楽天ポイント加盟店になる

また2019年11月からファミリーマートが楽天ポイントカード加盟店になりました。

ファミリーマートと言えばTポイントのイメージですが、楽天ポイントも貯まるということで他のコンビニと差別化をしていますね。

ファミリーマート会計時に楽天ペイアプリでポイントカードを提示すれば、200円につき1ポイントが貯まります。

もちろんそのまま楽天ペイで支払いをすれば、楽天ペイ支払いでのポイントも貯まります。

つまり楽天ペイ自体のポイント還元率は0.5%ですが、ファミリーマート利用時のみポイント還元率が1%になるということ。

セブンイレブンだけでなく、ファミリーマートでも楽天ペイを使う理由ができましたね。

楽天ペイはコンビニでの利用上限額が1日4,000円なので注意

楽天ペイをセブンイレブンで使うときの注意点としては、セブンイレブンをはじめとしたコンビニでの利用限度額が1日4,000円である点です。

楽天ペイは1日50万円が利用限度額なので、他のスマホ決済サービスと比べても利用限度額が高めに設定されています。

しかしコンビニでは不正利用防止などの理由から、1日の利用限度額が4,000円に設定されています。

コンビニで4,000円以上の買い物をする人は少ないかもしれませんが、たくさん買い物をする人は注意しておきましょう。

セブンイレブンのキャッシュレス決済導入事情

続いてはセブンイレブンのキャッシュレス決済導入事情について解説していきます。

キャッシュレス決済については他のコンビニに少し遅れていたセブンイレブンですが、今後どのような対応をしていくのでしょうか。

楽天ペイだけでなくd払い、au Pay、ゆうちょPayも導入

2019年10月1日楽天ペイがセブンイレブンに導入されたことが話題になりましたが、同日d払い、au Pay、ゆうちょPayもセブンイレブンに導入されました。

そのためセブンイレブンで使えないスマホ決済サービスは、主要なサービスではオリガミペイとファミペイくらいです。

セブンイレブンはセブンペイの問題などもありスマホ決済サービス導入が遅れていましたが、今後は使えるスマホ決済サービスが増えていくのではないでしょうか。

各種クレジットカードも決済に使える

またセブンイレブンではスマホ決済サービスだけでなく、各種クレジットカードでも決済が可能です。

「コンビニでクレジットカードを使うのはなんか気が引ける」
そんなことを思っている人がいるかもしれませんが、コンビニでクレジットカードを使うのは実はとても便利です。

コンビニのような少額決済であればサイン・暗証番号なしで決済できるので、会計があっという間に終わります。

スマホ決済サービスはもちろん、クレジットカードでの決済もとても便利ですよ。

キャッシュレス消費者還元事業で2%の割引が受けられる

楽天ペイがセブンイレブンに導入された2019年10月1日は、消費税が8%から10%に増税されたタイミングでもあります。

増税による生活が苦しくなるという意見もありますが、政府はこのタイミングでキャッシュレス消費者還元事業をスタートしました。

キャッシュレス消費者還元事業とは対象店舗でキャッシュレス決済をすると、2%もしくは5%のキャッシュバックが受けられるという制度。

セブンイレブンのようなチェーン店では2%の還元、個人店では5%の還元が受けられるのでキャッシュレス決済を使う人であれば増税分以上に還元が受けられます。

もちろんセブンイレブンもキャッシュレス消費者還元事業の対象店舗で、楽天ペイで決済すると会計から2%分がその場でキャッシュバックされます。

現金は会計処理が手間になることも多いので、世界的にもキャッシュレス化の波が訪れています。

日本はキャッシュレス化が遅れていたのですが、2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化を促進するためキャッシュレス消費者還元事業がはじまりました。

キャッシュレス消費者還元事業は2020年6月まで続くので、キャッシュレス決済を利用していない人はすぐにでも使い始めたほうがいいですよ。

セブンイレブンでも楽天ペイを使うメリット

それではセブンイレブンで楽天ペイを使うメリットは、どのような点があるのでしょうか。

キャッシュレス決済を使ったことがない人は、ぜひメリットを把握しておきましょう。

今さら聞けない楽天ペイの使い方を丁寧に解説!これを読めば明日から楽天ペイユーザー
近年さまざまなキャッシュレス決済手段が増え、どのキャッシュレス決済を使っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか 。 PayPayやLINEPayもおすすめなのですが、シンプルでわかりやすい決済がしたいという人には楽天ペ...

支払いにかかる時間が短縮される

セブンイレブンで楽天ペイを使うメリット1つ目は、支払いにかかる時間が短縮されることです。

楽天ペイはアプリを立ち上げると、支払い用コードが表示されます。

支払い用コードを店員さんに渡して、楽天ペイで支払う旨を伝えれば、店員さんがコードを読み取ってくれて支払いが完了します。

慣れてくれば支払いが完了するまでは、わずか数秒。

クレジットカードのように暗証番号やサインも必要なく、あっという間に決済が完了します。

楽天ペイをはじめとしたキャッシュレス決済をはじめて使うと、そのスピーディーさにびっくりするでしょう。

そして一度その便利さを覚えてしまうと、わざわざ小銭を用意する現金支払いには戻れません。

キャッシュレス決済は想像以上に便利なので、これを機に導入してみてはいかがでしょうか。

小銭を持ち歩く必要がなくなる

セブンイレブンで楽天ペイを使うメリット2つ目は、小銭を持ち歩く必要がなくなる点です。

楽天ペイをはじめとしたキャッシュレス決済に慣れてくると、いよいよ現金を持ち歩く必要がなくなってきます。

特に首都圏であればキャッシュレス決済ができる店舗も多いので、現金がなくても十分生活できます。

小銭をジャラジャラさせていると重いですし、スペースもとってしまいます。

キャッシュレス決済を活用することで、財布も軽くなって生活がかなり楽になりますよ。

ちなみに筆者もキャッシュレス決済で生活をしているのですが

  • 交通用ICカード
  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • スマートフォン

これに加えて現金支払いしかできないとき用のお札数枚を入れておけば、問題なく生活できます。

現金を持たなくなればATMも使わないので、ATM手数料の節約などキャッシュレス生活の方が快適かつお得ですよ。

楽天ポイントがさらに貯まりやすくなる

セブンイレブンで楽天ペイを使うメリット3つ目は、楽天ポイントがさらに貯まりやすくなる点です。

楽天ペイは200円支払うごとに1ポイントが貯まります。

つまりポイント還元率0.5%なのですが、これだけではあまり旨味が感じられません。

楽天ペイの真価が発揮されるのは、楽天ペイにクレジットカードを登録したときです。

楽天ペイにクレジットカードを登録するとクレジットカードのポイントも貯まるので、ポイント2重取りが可能。

つまりポイント還元率1%の楽天カードを楽天ペイに登録すると、あわせて1.5%のポイントが貯まります。

楽天カードをはじめポイントが貯まりやすい楽天関連のサービスですが、楽天ペイの登場によってポイントがより貯まりやすくなりました。

そのため楽天カードを使っている人は、すぐ楽天ペイをダウンロードして楽天カードを登録しましょう。

楽天カードを登録すれば楽天ポイントがより貯まりやすくなるので、とてもお得ですよ。

キャッシュレス消費者還元で5%還元が受けられる

セブンイレブンで楽天ペイを使うメリット4つ目は、キャッシュレス消費者還元で5%還元が受けられる点です。

先ほどキャッシュレス消費者還元事業の説明をしましたが、セブンイレブンではキャッシュレス決済すると2%のポイント還元が受けられます。

しかし楽天ペイはキャッシュレス消費者還元事業がはじまるタイミングで、キャッシュレス消費者還元対象店舗であればどの店舗でも5%の還元が受けられるキャンペーンをスタート。

これによってセブンイレブンでの決済は、5%のポイント還元が受けられるようになりました。

他のスマホ決済サービスもキャンペーンをしていますが、コンビニでのポイント還元率5%は楽天ペイが1番お得です。

そのためセブンイレブンでは楽天ペイの利用がお得です。

残念ながらこのキャンペーンは2019年12月2日で第一弾が終わってしまいますが、公式ホームページでも第二弾があることが記載されています。

そのため近いうちに第二弾キャンペーンがおこなわれるでしょう。

セブンイレブンをはじめコンビニをよく使う人は、楽天ペイを使っておくと便利ですよ。

楽天ペイをより使いこなすためには

ここまで楽天ペイとセブンイレブンについて解説してきましたが、楽天ペイをより使いこなすためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

ここからは楽天ペイをより使いこなすための方法を解説していきます。

ポイント還元率が高いクレジットカードか楽天カードを登録する

楽天ペイはクレジットカードもしくは楽天キャッシュからのチャージができます。

どちらでチャージをしても楽天ペイの支払いでポイントが貯まりますが、クレジットカードを登録した場合クレジットカードのポイントも貯まります。

そのため楽天ペイのチャージは、クレジットカードからおこないましょう。

またどのクレジットカードを選ぶかですが、ポイント還元率の高いクレジットカードもしくは楽天カードがおすすめです。

ポイント還元率1.25%のREXカードやポイント還元率1.2%のリクルートカードは、単純にポイントが貯まりやすい点がメリット。

また楽天カードを登録していると、楽天カード登録者限定キャンペーンが受けられるというメリットがあります。

ポイント利用まで考えると楽天カードが便利

もちろんポイント還元率が高いクレジットカードを日常的に使っているのであれば、そのまま使っても問題ありません。

しかし楽天ペイを使いこなすのであれば、1番相性がいいのはやはり楽天カードです。

  • 楽天カード利用者限定のキャンペーンがある
  • 貯まるポイントが同じなのでポイントが使いやすい

この2点が楽天カードを登録するメリットです。

また楽天カードは楽天ペイ以外でも、ポイントが貯まりやすい点がメリットですよ。

楽天経済圏を使いこなそう

最後に楽天ペイを使うのであれば、覚えておいた方が間違いなくお得な楽天経済圏について解説していきます。

楽天のサービスはとても便利なうえ、ポイントも貯まるのでめちゃくちゃお得です。

楽天ペイを使うのであれば、あわせて楽天経済圏も覚えておきましょう。

楽天はさまざまなサービスを展開している

楽天経済圏とは、楽天関連のサービスを使い倒して生活すること。

楽天には使えるサービスがたくさんあり、日常生活を楽天関連サービスに置き換えるだけでも楽天のポイントが貯まりやすくなります。

  • インターネットショッピングは楽天市場
  • クレジットカードは楽天カード
  • 電気は楽天でんき
  • 携帯電話は楽天モバイル
  • 楽天ペイと楽天Edyでキャッシュレス決済

このように日常生活でする買い物・行動を楽天関連サービスに切り替えると、生活で使うサービスがほとんど楽天関連になります。

生活を無理に変更することなく、楽天経済圏に入れます。

楽天関連サービスを使い倒すメリット

楽天経済圏とまで呼ばれるほど、楽天はさまざまなサービスを展開しています。

そして楽天経済圏を利用するメリットは、ポイントが貯まりやすいこと。

たとえば楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)であれば、楽天市場でのポイント還元率が最大16%になります。

さらに貯まるポイントはすべて楽天ポイントで、貯まった楽天ポイントはサービスの支払いに使えます。

このように楽天のサービス内でポイントを貯めて、貯まったポイントで支払いをするこれこそが楽天経済圏の醍醐味です。

楽天経済圏を回している人の中には、楽天ポイントを年間10万円分以上獲得している人もたくさんいます。

年間10万円以上のポイントが獲得できれば、毎年ポイントだけで旅行することもできますね。

楽天ペイ・楽天カードを日常から使おう

楽天ペイはそんな楽天経済圏にあらわれた新たなサービスです。

楽天カードはポイント還元率1%ですが、楽天ペイを使えば合計1.5%の楽天ポイントが貯まります。

そして楽天ペイが使えないお店であれば、楽天カードで決済をしましょう。

そうすることで気づかないうちに、どんどん楽天ポイントが貯まっていきます。

楽天経済圏と呼ばれるほどさまざまなサービスを展開している楽天なので、せっかく楽天ペイと楽天カードを使うのであれば、どんどん活用していきましょう。

楽天ペイをセブンイレブンでも活用しよう

ここまで楽天ペイがセブンイレブンに導入されたことをはじめ、楽天ペイの使い方について解説してきました。

楽天ペイはとても便利なサービスなので、楽天カードを持っている人であれば間違いなく使ったほうがいいサービスです。

キャッシュレス消費者還元でのキャンペーンもあるので、セブンイレブンでは楽天ペイがお得ですよ。