今さら聞けない楽天ペイの使い方を丁寧に解説!これを読めば明日から楽天ペイユーザー

楽天ペイ

近年さまざまなキャッシュレス決済手段が増え、どのキャッシュレス決済を使っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか 。

PayPayやLINEPayもおすすめなのですが、シンプルでわかりやすい決済がしたいという人には楽天ペイがおすすめです 。

楽天が運営している楽天ペイは楽天カードと連携しており、ポイントもとても貯まりやすいキャッシュレス決済です 。

こちらの記事では、そんな楽天ペイの使い方を丁寧に解説していきます 。

これから楽天ペイを使い始めるという人は、この記事を参考にして楽天ペイを使い始めましょう 。

楽天ペイの使い方を丁寧に解説

それでは早速楽天ペイの使い方を解説してきます 。

これから楽天ペイを使うという人は、一つずつ使い方を読んでいきましょう 。

楽天ペイを使うには楽天への会員登録が必要

楽天ペイを使うためには、まず楽天ペイのアプリをダウンロードしましょう 。

Google PlayやApp Storeでダウンロードできます 。

楽天ペイをダウンロードしてアプリを立ち上げると、楽天会員のログイン画面が表示されます 。

楽天ペイは楽天会員でないと使えないので、楽天会員でない人はまず楽天会員に登録しましょう 。

電話番号のSMS認証をおこなう

楽天会員としてログインが完了すると、電話番号の入力画面が出てきます 。

ここで電話番号を入力するとSMS認証がおこなわれ、6桁の暗証番号がショートメッセージで届きます 。

SMS認証は少々手間ですが、本人確認をするためにはとても重要なものです 。

以前セブン・ペイがSMS認証をしなかったために、顧客情報が流出してしまった事件もありましたね。

楽天ペイではSMS認証が完了すると、支払い情報を登録します 。

支払い情報を登録する

SMS認証が完了すると、次は楽天ペイの支払い情報を登録します 。

このとき楽天会員に楽天カード情報を紐づけておくと、クレジットカードのセキュリティコードを入力するだけで楽天カードが支払い情報として登録されます 。

もちろん他のクレジットカードを登録することもできますし、楽天キャッシュを使ってのチャージも可能です 。

ただ後ほど詳しく解説しますが、楽天ペイを使うのであれば楽天カードは持っておいた方がいいことは間違いありません 。

もし楽天カードを持っているのであれば、支払い情報は楽天カードを登録しておきましょう 。

楽天ペイへのチャージ方法

楽天ペイを使うためには、楽天ペイにチャージをしなければなりません 。

楽天ペイへのチャージは楽天カードからチャージをするか、他のクレジットカードを使うか、楽天キャッシュを使うのかの3パターンあります 。

はたしてどのようにチャージをすればいいのでしょうか 。

楽天カードでチャージする

CMや広告でおなじみの楽天カードは、もちろん楽天ペイへのチャージができます 。

楽天会員で楽天カードを持っていれば紐づけができるので、紐づけができていればセキュリティコードだけを入力すれば楽天カードからチャージができるようになります 。

楽天カードを使うメリットとしては、ポイントが楽天ポイントで貯まる点 。

楽天ペイは200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まりますが、楽天カードを使えば楽天カードの決済分100円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まります 。

つまり200円ごとに3ポイント貯まる計算になるので、合計するとポイント還元率1.5%ということですね 。

こうなるとこれまで楽天カードで支払っていたお店でも、楽天ペイで支払えるのであれば楽天ペイを使ったほうがお得ですね 。

楽天ユーザーであれば楽天ペイを使わない手はありませんね 。

VISAかMastercardであればクレジットカードの登録が可能

以前は楽天カードからしかチャージができなかった楽天ペイですが、現在はVISAかMastercardのクレジットカードであれば登録できるようになりました 。

また楽天カード以外のクレジットカードを使っても、楽天ペイでは同様に200円の支払いごとに1楽天スーパーポイントが貯まります 。

クレジットカードのポイントも貯まるので、ポイント還元率の高いクレジットカードを持っているのであればお得ですね 。

ただし楽天会員のランクがレギュラーランクの場合は、楽天カードしか登録ができません 。

楽天カードのランクをアップするためには楽天市場での買い物などで楽天ポイントを獲得すれば、会員ランクがアップできます 。

楽天カード以外のクレジットカードを使いたいのであれば、まずは楽天会員ランクをアップさせましょう 。

楽天キャッシュを使う

楽天ペイへのチャージ方法として、楽天キャッシュという機能も登場しました 。

楽天キャッシュは楽天カードもしくは楽天銀行からのチャージが可能で、チャージした金額を楽天ペイの支払いに使えます 。

また楽天キャッシュは友人への送金などの機能も備えています 。

一々チャージしなければいけない点は面倒ですが、チャージ方法の一つとして覚えておきましょう 。

おすすめは楽天カードからのチャージ

楽天ペイへのチャージ方法を3種類解説しましたが、この中でおすすめのチャージ方法は楽天カードからのチャージです 。

楽天ペイと楽天カードをあわせればポイント還元率1.5%が実現できるうえ、すべて楽天ポイントでポイントが貯まります 。

ポイントは1つに集中して貯めたほうが使いやすいので、楽天ペイと楽天カードを組み合わせればその効果が最大限発揮できますね 。

また楽天ペイでは定期的にキャンペーンをしており、キャンペーンは楽天カードからのチャージに限定されていることが多いです 。

楽天ペイのキャンペーンをフル活用するためにも、楽天カードからのチャージに設定しておくと楽ですよ 。

お店で楽天ペイを使うためには

それではお店で楽天ペイを使うには、どのような方法があるのでしょうか 。

楽天ペイの支払い方法はコード表示、QR払い、セルフ払いの3種類があります 。

はたしてどの方法で支払うと、楽に支払いができるのでしょうか 。

クレジットカードを登録しているのであればコード表示が楽

楽天ペイの支払い方法は3種類ありますが、どの店舗でも使えてなおかつ楽なのはコード表示での支払いです 。

楽天ペイのトップページにはバーコードとQRコードが表示されていますが、それを店員さんに提示するだけ 。

店員さんがコードを読み取ってくれるので、そのまま支払いが完了します 。

楽天カードやクレジットカードを登録しているのであれば自動でチャージしてくれるので、手間はまったくかかりません 。

注意点としてはローソン・ファミリーマート・ミニストップ・ポプラ・セイコーマートの場合、コード表示での支払いが1回4,000円ということ 。

他店の場合1回あたりの支払限度額は50万円と上限金額が異なるので、注意しましょう 。

QR払いとセルフ払いの使い方

楽天ペイの支払いは他にQR払いとセルフ払いがあります 。

QR払いは楽天ペイのアプリでQR読み取りを選択し、お店が掲げている楽天ペイのQRコードを読み取ると金額が表示され支払いが進みます 。

お店が楽天ペイのQRコードを表示してくれているのであれば便利ですが、表示していないお店も多いので使える店舗が限られる点がデメリットですね 。

セルフ支払いは楽天ペイのアプリで「セルフでお支払い」という欄をタップし、支払いをする店舗を入力すると支払いが完了します 。

セルフ払いの場合金額を手入力しなければならないので、入力間違いがあると面倒な点がデメリットです 。

楽天ペイの支払いはQR払いやセルフ払いもありますが、デメリットの面を考えるとコード表示に慣れておくといいですね 。

楽天ポイントを支払いに使うには

楽天ペイの特徴として、楽天ポイントが支払いにも使える点が挙げられます 。

楽天ポイントを支払いに使うためには、バーコードとQRコード下に表示されている「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れればポイントが引かれた金額で決済がおこなわれます 。

ちなみにその横にある設定をタップすると、ポイントの使い方が使わない、すべて使う、一部使うという3つから選べます 。

「一部使う」の場合使う分のポイントを入力すれば、その分のポイントが引かれて決済されます 。

ポイントを貯めたいのであれば「使わない」に設定しておけば、間違ってポイントで支払ってしまうことはありませんよ 。

楽天ポイントを貯めれば楽天トラベルでの旅行にも使えるので、まとめて使いたい人はポイント設定を変更しておきましょう 。

楽天ペイはキャッシュレス消費者還元もわかりやすい

ちなみに2020年6月までおこなわれているキャッシュレス消費者還元事業ですが、楽天ペイはとてもわかりやすいキャンペーンをしています 。

キャッシュレス消費者還元事業はお店によってキャッシュバック率が2%なのか5%なのか異なります。

これが面倒だという人も多いと思いますが、楽天ペイの場合全店舗で5%還元が受けられます 。

つまり2%還元が受けられるお店で楽天ペイを使えば、お店から2%と楽天ペイから3%の還元が受けられるので、キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗であれば全店舗で5%の還元が受けられるということです 。

全店舗で5%のポイント還元が受けられるというのはとてもわかりやすいので、はじめてキャッシュレス決済を使う人でも安心ですね 。

ちなみにキャッシュレス消費者還元でポイント還元を受けても、クレジットカードからチャージした場合クレジットカードのポイント還元も別で受けられます 。

楽天ペイでキャッシュレス消費者還元キャンペーンに参加するためには、2019年12月2日9時59分までにエントリーをしなければなりません 。

楽天ペイを使っている人はすぐにでもキャンペーンに登録して、キャッシュレス消費者還元事業を最大限活用しましょう 。

楽天ペイは楽天ポイントカードとしても使える

支払い時に使える楽天ペイですが、実は楽天ポイントカードとしても使えます 。

楽天ペイアプリの「ポイントカード」をタップすると、楽天ポイントカードとしてのコードが表示されます 。

マクドナルド・大戸屋・ビックカメラなどではアプリ版楽天カードを見せれば、楽天ポイントが貯まります 。

別の支払い方法を使いたいときでも、楽天ポイントが貯まるのであれば楽天ポイントカードとしての機能を使ったポイントを貯めていきましょう 。

楽天ペイの使い方に関するよくある質問

ここまで楽天ペイの使い方について解説してきましたが、もっと詳しく楽天ペイの使い方を知りたい人のために楽天ペイの使い方でよくある質問をまとめました 。

楽天ペイをこれから使おうと考えている人は、楽天ペイの使い方をより詳しく把握しておきましょう。

Q.楽天ペイが使えるお店はどうやって調べればいい?

A. 楽天ペイアプリから楽天ペイが使えるお店が探せます 。

楽天ペイアプリを立ち上げた後、右上にある店舗マークをタップします 。

そうすると現在地から近い楽天ペイが使えるお店が検索され、どのお店で楽天ペイが使えるのか一目瞭然 。

ただし地図から探す機能は現状ありません 。

地図からお店を探したい場合、楽天ペイのホームページから検索する必要があります 。

ちなみにコンビニや居酒屋など店舗ジャンルの指定は可能で、お店をタップするとグーグルマップにお店を表示する機能はあります 。

一覧で地図上に表示する機能がないのは、少し残念ですね 。

Q.楽天ペイを使ったときに分割支払いはできる?

A. 楽天ペイの支払いは一括支払いしかできません 。

ただしクレジットカード支払いに設定した場合、クレジットカード側で分割支払いの設定ができます。

クレジットカードは会員ページにログインすると支払い明細が確認でき、支払い方法の変更が可能 。

支払い方法を変更したい場合クレジットカード会員ページで設定をすれば、分割支払いに対応できます 。

ただし分割支払いをする場合、手数料がかかる点は注意が必要です 。

特にリボ払いは慣れていない人が使うとあっという間に利用限度額に達してしまうので、使う時は支払い計画をしっかり立てることが大切 。

分割支払いはとても便利ですが、使い方を間違えると大変なので慎重に対応しましょう 。

Q.スマホを紛失してしまったときはどうすればいい?

A. 楽天ペイアプリの利用をすぐに停止しましょう 。

楽天ペイをはじめとするスマホ決済はスマホ一つで決済ができるので、とても便利な存在です 。

しかし他人にスマホを拾われてしまうと、悪用される可能性があるというリスクがあることは事実 。

そのためスマホを紛失してしまったら、すぐに楽天ペイのホームページから楽天ペイの利用を停止しましょう 。

また楽天ペイ以外にスマホを使った決済をしているのであれば、あわせてそれらのサービスも利用停止にしましょう 。

スマホを紛失してしまったときに備えて、スマホ自体にロックをかけるだけでなく楽天ペイアプリにもロックをかけておくと安心ですね 。

Q.他のスマホ決済と比べて楽天ペイってお得なの?

A. 楽天ユーザーであれば楽天ペイがお得な場面が多いです 。

PayPayやLINEPayなどさまざまなスマホ決済がある中、どのスマホ決済アプリを使えばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか 。

楽天ペイは楽天ユーザーのためのスマホ決済アプリなので、楽天ユーザーに優遇されたキャンペーンもたくさんおこなわれています 。

貯まったポイントは楽天関連サービスで使えるので、ポイントが使いやすい点も楽天ペイを利用するメリットですね 。

ポイント還元率の面だけを見ると、2019年11月現在はPayPayとヤフーカードの組み合わせが1番お得です 。

PayPayとヤフーカードの組み合わせはポイント還元率2.5%ですが、楽天ペイと楽天カードの組み合わせはポイント還元率1.5%です 。

しかしPayPayはヤフーカード以外のクレジットカードではポイント還元が受けられないので、楽天カードを使っている人であれば楽天ペイの方がお得ですね 。

楽天関連サービスを使っているのであれば、楽天ペイを使う方がお得ですよ 。

Q.オンラインショップで楽天ペイは使える?

A. 楽天ペイ対応のオンラインショップであれば、楽天ペイが使えます 。

楽天ペイはオンラインショップとの提携も進めており、無印良品、ドミノ・ピザ、アディダスオンラインショップなどのオンラインショップで楽天ペイが使えます 。

オンラインショップで楽天カードを使うのであれば、楽天ペイを使ったほうがポイントは貯まります。

そのため楽天ペイ対応のオンラインショップであれば、楽天ペイを積極的に使っていきましょう 。

楽天ペイの使い方をマスターしよう

ここまで楽天ペイの使い方について解説してきました 。

楽天ペイはアプリをダウンロードして説明通り進めていけば、誰でも簡単に使えるアプリです 。

また楽天ユーザーであれば楽天ペイと楽天カードを使うことで、ポイント還元の恩恵が最大限受けられます 。

楽天ペイを使いこなして、キャッシュレス生活を送りましょう 。