LINE Payでクレジットカード支払いをするときの注意点を解説!

LINEpay

スマホ決済アプリのひとつ、LINE Pay。

基本的にLINE Payでは、ウォレットにお金をチャージして支払いをします。

LINE Payではチャージして支払う以外にも、クレジットカードを登録して支払いもできます。

しかし、LINE Payでクレジットカード払いをするときには注意点があるのです。

その注意点や、クレジットカードの登録方法、2020年1月から大きな動きがあることについて、この記事で詳しく解説していきます。

LINE Payでクレジットカードを使うときの注意点

LINE Payでクレジットカード払いをするときの注意点は次の2点です。

  • LINE Payへのチャージには使えない
  • LINE関連サービスの支払いにしか使えない

ひとつずつ掘り下げていきましょう。

LINE Payへのチャージには使えない

まず、LINE Payにクレジットカード登録させてもLINE Payウォレットへチャージはできません。

PayPayや楽天ペイなど他のスマホ決済アプリでは可能ですが、LINE Payではできないのです。

LINE Payのウォレットにチャージするには、銀行口座と連携させるか、ATMやコンビニ、加盟店などで直接現金を使ってチャージするかのどれかです。

LINE関連サービスの支払いにしか使えない

まず、LINE Payを使ってクレジットカード決済をするのは、「LINE STORE」「LINE Taxi」などのLINE関連サービスにしか使用できません。

つまり、コンビニやドラッグストアなどの実店舗での支払い時にはLINE Payのクレジットカード決済は使用できないのです。

実店舗での支払いはチャージしての支払いしかできないことを覚えておきましょう。

しかし、LINE Payでチャージにも実店舗の支払いにもクレジットカードを使えないことにもメリットがあります。

それはクレジットカードを使いすぎる心配が減るということです。

もちろんLINE関連サービスで使いすぎてしまう可能性はありますが、それさえ注意すれば使いすぎの心配は軽減されるでしょう。

LINEポイントは貯められる

前の章では、LINE Payでクレジットカード支払いをする場合の注意点について解説しました。

記事によって異なりますが、LINE Pay経由のクレジットカードで支払うと、LINE Pay特有のポイント還元システム「マイカラープログラム」は適用されます。

マイカラープログラムとは、前月のLINE Pay決済金額に応じてランク分けされ、そのランクに応じてLINEポイントの還元率が決まるシステムです。

一番低いランクはLINE Payの決済金額の0.5%がLINEポイントとして還元されます。

また最高ランクだと2%まで還元率がアップします。

このLINEポイントは1ポイント=1円として使用可能です。

さらに、クレジットカードのポイントも貯まります。

つまり、LINE Payでクレジットカード決済すると、LINEポイントとクレジットカードのポイントの二重取りができるのです。

LINE Payにクレジットカードを登録する方法

前の章では、LINE Payでクレジットカード支払いをするとLINEポイントが貯まることを解説しました。

LINE関連サービスの支払いにしか対応しておらず、LINEポイントも貯まらないため、LINE Payとクレジットカードを連携させることのメリットは正直少ないです。

とはいえ、チャージ残高の心配をすることなく支払いができるという点では便利ですね。

そこでこの章では、LINE Payにクレジットカードを登録する方法について解説します。

まず、LINE Payに登録できる国際ブランドは次の通りです。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB

これら以外の国際ブランドのクレジットカードはLINE Payに登録できないため注意しましょう。

また登録するクレジットカードは、本人名義のものでなくても問題ありません。

LINE Payにクレジットカードを登録する流れ

では実際にLINE Payにクレジットカードを登録する流れを見ていきましょう。

LINEを開き、下側メニューにある「ウォレット」をタップしてください。

次の画面で、上側にある「LINE Pay」と書いてある部分をタップしましょう。

するとLINE Payのホーム画面が表示されます。

下にいくと「クレジットカード登録」があるのでタップしてください。

すると、初めてクレジットカードを登録する人は「登録されたカードはありません」という表示があるので、そこをタップします。

利用規約が表示されるので、目を通して「同意します」をタップしてください。

クレジットカードの情報を入力する

次の画面でクレジットカードの情報を登録します。

このとき、上側にある「カードスキャン」をタップすると自動的にカードの情報が入力されます。

クレジットカードの情報を読み取れない場合は、手入力しましょう。

入力したクレジットカードをLINE Payの支払い時にメインのカードにしたいときは、「メインカードとして登録」をタップします。

最後に「登録」をタップすると、クレジットカードの登録は完了です。

LINE Payでクレジットカード支払いする方法

前の章では、LINE Payにクレジットカードを登録する流れを解説しました。

続いて登録したクレジットカードを実際の支払いに使用する方法について見ていきましょう。

LINE Payでクレジットカード支払いをするには「LINE STORE」「LINE Taxi」「LINEほけん」など、LINE関連のサービスでしか使えません。

それぞれのサービスで利用する商品が決まり、決済画面に移ります。

そのときにLINE Payのクレジットカード払いを選択すると、登録したクレジットカードで決済されるという流れです。

2020年1月以降は実店舗でもLINE Payのクレジットカード払いが可能に!?

前の章では、LINE Payにクレジットカードを登録する流れを解説しました。

またこれまでの記事内容で、LINE Payでクレジットカード支払いを使える機会は少ないことにも触れました。

しかし、2020年1月以降はその流れが変わる可能性があります。

2020年1月に「Visa LINE Payクレジットカード」という、これまで使えなかった実店舗でのLINE Payコード支払いに使えるクレジットカードが発行される予定なのです。

「Visa LINE Payクレジットカード」発行予定!初年度3%の高還元

Visa LINE Payクレジットカードはコード支払いなので、決済時にLINEに通知が届く点も同じです。

特筆すべきなのが、Visa LINE Payクレジットカードはポイント還元率が初年度3%という高い還元率を誇っています。

なお2年目以降の還元率はまだ公表されていません。

さらにLINE Payのマイカラープログラムを併用すると、最大5%のLINEポイントが還元できます。

年会費は初年度無料。

2年目以降は税込1,375円かかりますが、前年度に1回でもVisa LINE Payクレジットカードを使って支払いをしていれば年会費無料になります。

またVisaのタッチ決済にも対応しています。

タッチ決済とは、交通系マネーのSuicaと同様にかざすだけで決済ができるもの。

残念ながら、現在は事前予約の受付は終了しています。

しかし2020年1月以降に再開されると考えられるので、気になる人は続報を待ちましょう。

Visa LINE PayクレジットカードとLINE Payカードとの違い

LINE Payには、現在発行されているカードに「LINE Payカード」というものがあります。

その二つが混同されがちなので、違いをまとめてみました。

カード LINE Payカード Visa LINE Payクレジットカード
特性 デビットカード クレジットカード
チャージ 必要 不要
年会費 無料 2年目以降1,375円
※前年度の使用があれば無料
ポイント還元率(マイカラープログラム使用時) 最大2% 最大5%
Visaタッチ機能 なし あり

このように、そもそもLINE PayカードとVisa LINE Payクレジットカードとではカードの種類が異なります。

Visa LINE Payクレジットカードは年会費がかかりますが、前年度の使用があれば年会費無料に。

またポイント還元率が最大5%で、Visaタッチ機能が搭載されているため、スペック面ではVisa LINE Payクレジットカードのほうが優れていますね。

Visa LINE Payクレジットカードの来年以降の動きに期待

この記事では、LINE Payでクレジットカード支払いをするときの注意点やクレジットカードの登録方法、また2020年1月から発行予定のVisa LINE Payクレジットカードについて解説しました。

現状では、LINE Payとクレジットカードを連携させることのメリットはあまりありません。

しかしVisa LINE Payクレジットカードが登場したあとはかなりその利便性が広がるでしょう。

現在は予約受付が終了しているのは残念ですが、来年以降の動きが気になるところです。