リボ払いがやばいのはなぜ?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介

リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介 ライフ

「”リボ払いはやばい”って聞いたけど…」
「リボ払いって借金と同じなんじゃ…」

などなど、リボ払いについてこうお思いの方もいますよね。

確かにリボ払いに関しては「やばい」「悪質」「危険」「頭おかしい」などの声もあり、ネガティブイメージが付きまとっています。

ではリボ払いは具体的にどう「やばい」のか。詳しく掘り下げていきましょう。

記事後半ではリボ払いに関するよくある質問もまとめましたので、参考までにぜひ最後までお読みください!

目次

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

リボ払いがやばいのはなぜ?5つの理由を解説

リボ払いについては、2chをはじめとした掲示板やSNSなどでも「やばい」との声が多く上がっています。

ではなぜ「やばい」と言われているのか。具体的な理由は以下の通りです。

■リボ払いがヤバいと言われている理由

  1. リボ払いの高い手数料で返済が困難になりやすいため
  2. 毎月の利用額を把握しにくいため
  3. 支払えているとの安心感が生まれてしまう
  4. 返済が長期化しやすい
  5. カードが自動でリボ払い設定になっていることがある

理由①リボ払いの高い手数料で返済が困難になりやすいため

リボ払いで返済を進めると、その高い手数料(15%前後)により返済が困難になりやすい傾向にあります。

たとえばリボ払い(元利定額方式)の手数料が15%のクレジットカードで月5,000円のリボ払いをしている場合での、ショッピングで10万円使ったケースで考えてみましょう。

この場合、はじめの30日間でかかる手数料は1,233円=10万円×15%×30日÷365日※となりますから、5,000円-1,233円=3,767円しか元金を減らせない計算になります。

※小数点以下繰上

この手数料の高さゆえに返済が難しくなる点から、リボ払いは「やばい」と言われています。

理由②毎月の利用額を把握しにくいため

リボ払いだと月々の請求額は一定。

どれだけ利用しても請求額が一定になってしまいますから、自分自身でどれほど使っているかが不明瞭になります。

このように利用額を把握しにくい点からも、リボ払いは「やばい」と言われているわけです。

日頃から計画的に買い物をする習慣がないと、リスクの高い支払い方法といえますね…。

理由③支払えているとの安心感が生まれてしまう

先程触れたとおりリボ払いだと、どれだけ買い物に使っても毎月の請求額が一定。

そのため未払分が多く残っているのに、請求額分を遅れることなく支払えていると「今月も順調に支払えている」と安心感を生んでしまいやすいです。

ですが設定額以上のショッピングを続けていれば、ただただ未払い分が積み重なっていきます。

それでも順調に支払えていると勘違いしやすいため、正しく管理できない人にリボ払いの利用はおすすめできません。

理由④返済が長期化しやすい

先ほど触れた通り返済が困難になりやすかったり、やや管理がしにくい点などを踏まえ、返済が長引きやすいのも気になるところ。

リボ払い利用者のなかにはシステムを正しく理解していない人が多く、なかなか返済が終わらなくて「やばい」と考える人も多いわけです。

返済額の多くは利息になっていますから、どこかのタイミングで月の返済額を増やさないと一向に終わりません。

理由⑤カードが自動でリボ払い設定になっていることがある

なかには自分自身で設定したつもりがないのに、なぜか使っているクレジットカードがリボ払い設定になっているケースもあります。

利用し始める段階ではそのカードがリボ払い専用になっていることに気付かず、いざ契約してから気づくこともあるわけです。

リボ払い「専用」だと支払い方法はリボ払いの一択。利用明細などをチェックしておかないと、なかなか気が付きにくいものです。

日頃からクレジットカードの利用明細を見る習慣をつけておき、いかに違和感に気づけるのかがポイントですね。

リボ払いの危険な兆候3つ【当てはまるとやばい】

なんとなく使っているリボ払いですが、もし以下の3つのうちどれかに当てはまる場合は危険です。

当てはまっていると相当「やばい」状態ですから、該当していないかを確認してみましょう。

<危険な兆候3つ>

  1. 残高総額が不明
  2. 支払いに対して返済額が少ない
  3. リボ払いを頻繁に使っている

①残高総額が不明

リボ払いを利用していても「ちゃんと支払っているし大丈夫だろう…」と楽観視しがち。

なかには支払い状況をしっかり把握する、無計画の支払いを続けていて気が付けば残高総額が大変なことになってるかもしれません。

リボ払いての残高総額については、すぐ確認できるようにしたいですね…。

②支払いに対して返済額が少ない

リボ払いだと、支払う利息は返済期間が長くなるほど膨れ上がるもの。もしまだまだ残高額があるのに返済額が少ないとなれば要注意です。

月々の返済額を確認し、支払額が少ない場合は返済額を引き上げて対応するのをおすすめします。

なおリボ払いの残高は、各カード会社の会員サイトでチェックできます。

手続きや支払い方法などで分からないことがあれば、各カード会社のコールセンターに確認するのも良いでしょう。

③リボ払いを頻繁に使っている

何気なく日常で食費や生活費、公共料金の支払いなどで使っていれば、残高が気づかないうちに増えていることでしょう。

返済額に対する出費の割合を押さえ、両者のバランスを保つことを考えましょう。

また出費はできるだけ抑えたり、返済額を引き上げるなど柔軟な対応も必要ですね。

リボ払い返済を上手に進めるコツはある?

キャッシング-女性のはてな7

記事の前半から触れてきた通り、リボ払いだと手数料が毎月かかってしまいます。

そのためスムーズに完済するためにも、上手く返済を進めなければいけないです。

ではリボ払い返済を上手に進めるにはどうすべきか。以下3つのコツを押さえておきましょう。

■リボ払い返済を上手に進めるコツ

  1. 月々の返済金額を増やす
  2. 繰り上げ返済もする
  3. 一括返済で支払う

コツ①月々の返済金額を増やす

余計に手数料を増やさないためにも、一回あたりの返済額を上げていくのがポイントです。

大抵のクレジットカードでは返済額を調整できますから、少しでも余裕のあるタイミングでグッと引き上げてみましょう。

ただ返済額を上げすぎると、生活しづらくなって苦しい思いをしてしまいます。

収支バランスはよく考え、適切な返済金額を設定してくださいね。

コツ②繰り上げ返済もする

繰り上げ返済といって、毎月の支払いとは別でまとまった金額を返済できる方法もあります。

繰り上げ返済ができればそのぶん返済期間を短くできて、手数料も減らせますよね。

ほとんどのカードでは繰り上げ返済ができますから、金銭的に余裕が出たタイミングで検討してみましょう。

コツ③一括返済で支払う

まじか金銭的に余裕があるときは、一括返済も検討してみてください。

一括ですべて返済できればもちろんリボ払いの返済が不要ですから、その後の手数料だってかかりません。

ただしまとまったお金を返済に回すため、金額の手は生活に支障をきたしかねません。

家計の収支バランスを考慮した上で、問題がないと判断したら一括返済もしてみてくださいね。

リボ払いのやばさで苦しんでしまいがちな人

どんな人がリボ払いのやばさで苦しむことになるのか?

リボ払い地獄にはまってしまいがちな人の特徴を、ここで調べておきましょう。

買い物に計画性がない

計画性なく買い物をする人は、リボ払いのやばさで苦しんでしまいがちです。

そもそも、しっかりと考えて一回で支払える確実な買い物をしていれば、リボ払いのやばさで悩むこともないのです。

あまり深く考えず、比較的高価な買い物をぽんとしてしまう人ほど、リボ払いで支払いがちです。

考えないでする買い物は、その場こそ楽しくて快感もあるでしょう。

しかし、その後間違いなくストレスで苦しみます。

前もって、やばさのストレスに耐えうるための行動をしておきましょう。

「なんとかなる」が口癖

多少のトラブルを目の前にしても「なんとかなる」なんてことを言いがちな人は気をつけてください。

ハッキリ言ってリボ払いのやばさはなんとかなるものではありません。

リボ払いのほか、目の前に直面した問題に「なんとかなる」ではなく、しっかりと考えることができる人でないと、リボ払いは危険です。

高価な買い物でストレス発散する

ストレス発散法が「買い物」なんて人も危険です。

買い物にはきりがありません。

やればやるほど、支払額は増えていきます。

直面したストレスを対処する方法が「買い物」一択では、増えたクレジットカード利用料に困ってリボ払いを選んで「やばい」目にあってしまうことは目に見えています。

リボ払いがやばいと感じたらカードローンに借り換えるのも手

実は危険なリボ払い」の中でも言いましたが、リボ払いをカードローンに借り換えるのもおすすめです。

カードローンのほうが「借金」の意思が強まりますし、リボ払いよりも金利が低いものも多いです。

リボ払いのやばさに苦しんでいるなら、早めにカードローン借り換えも検討してください。

楽天銀行カードローン

金利1.9~14.5%
限度額800万円
審査最短即日
融資最短即日

楽天銀行カードローンは、リボ払いの借り換えにおすすめのカードローンです。

金利の低さ、限度額の高さ、審査、融資の早さ、審査基準の設定、どれをとっても優秀なカードローンです。

楽天会員がお得なサービスも多いので、楽天会員にこそ使って欲しい銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

みずほ銀行カードローン

金利2.0~14.0%
限度額800万円
審査
融資

みずほ銀行カードローンもリボ払いの借り換えに最適です。

やはり目を引くのはその金利の低さ。

そして、みずほ銀行カードローンは、手持ちのキャッシュカードで借り入れが可能という借り入れハードルの低さもメリットです。

みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?どれくらい時間がかかる?

状況に応じて債務整理も検討してみよう

リボ払いの支払いが苦しいならいっそ「債務整理」という判断も良いでしょう。

任意整理に個人再生、ひいては「自己破産」なんて選択肢もあります。

一度現時点を専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

債務整理に強いおすすめの弁護士事務所5選!

では債務整理の対応するとなれば、どこの弁護士に相談すべきか。具体的な以下の通りです。

<債務整理に強いおすすめ弁護士事務所>

  1. 弁護士法人みつ葉法律事務所
  2. 弁護士法人ひばり法律事務所
  3. 東京ロータス法律事務所
  4. アース法律事務所
  5. 弁護士法人・響

①弁護士法人みつ葉法律事務所

ミツバグループ

<弁護士法人みつ葉法律事務所のおすすめポイント>

  • 債務整理の対応OK!
  • 専属チームがフルサポート!
  • 365日24時間いつでも受付可能!
名称弁護士法人みつ葉法律事務所(旧弁護士法人FLAT)
所在地東京都港区浜松町2-7-13 VISTA浜松町9階
対応地域全国

弁護士法人みつ葉法律事務所は債務整理の対応実績は豊富な法律事務所。

総勢60名の実務経験豊富な債務整理専属チームがサポートしてくれますし、親身な対応力も好評です。

また365日24時間いつでも受け付けていますから、まずは気軽に相談してみてくださいね。

②弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所

<弁護士法人ひばり法律事務所のおすすめポイント>

  • 債務整理に強い!
  • 相談料0円で着手金は分割OK!
  • 満足度98%!
名称弁護士法人ひばり法律事務所
所在地東京都墨田区江東橋4−22−4 第一東永ビル6階
対応地域全国

弁護士法人ひばり法律事務所も同じく債務整理の対応実績が多く、日本全国で対応しているのがポイント。

また費用面も魅力で、相談料は0円で着手金は分割対応できます。

さらに満足度は98%と、多くの利用者に支持されているサービスともいえますね。

③東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

<東京ロータス法律事務所のおすすめポイント>

  • 相談は何度でも無料!
  • 受任実績7,000件以上!
  • 土日も対応できる!
名称東京ロータス法律事務所
所在地東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
対応地域全国

東京ロータス法律事務所も債務整理の相談実績が多く、受任実績は7,000件以上にのぼります。

また日本全国で土日でも対応しているため、平日お忙しい方でも安心して利用できます。

さらに相談は何度でも無料で費用分割もできるため、費用面でも優しいサービスといえますね。

④アース法律事務所

アース法律事務所

<アース法律事務所のおすすめポイント>

  • 債務整理の対応にも強い!
  • 電話相談が何度でも無料!
  • 相談者の半数以上は債務整理を依頼!
名称アース法律事務所
所在地東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル5階
対応地域全国

アース法律事務所も債務整理の取扱実績が多く、相談者の半数以上は債務整理を依頼しているほどです。

さらに事務所代表は元裁判官で弁護士と裁判官の両知識を持っており、いざ裁判になった時に心強いのも魅力。

また電話相談は何度でも無料ですから、まずはお気軽に相談してみてくださいね。

⑤弁護士法人・響

弁護士法人・響

<弁護士法人・響のおすすめポイント>

  • 累計42,000件以上の相談実績!
  • 相談料や着手金は0円!
  • 全国どこでも対応可能!
名称弁護士法人・響(ひびき)
所在地■新宿
東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー14階
■虎ノ門
東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル4階
■立川
東京都立川市曙町2-16-6 テクノビル4階
■大阪
大阪府大阪市中央区淡路町2-4-3 ISOビル6階
■福岡
福岡県福岡市中央区舞鶴3-1-10 オフィスニューガイア セレス赤坂門NO.19 11階
■那覇
沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング3階(登記申請中)
対応地域全国

弁護士法人・響も債務整理対応おすすめの弁護士事務所で、24時間365日受付しています。

また相談実績も累計42,000件と多く、多くの利用者が支持しているサービスともいえます。

日本全国どこでも、柔軟に対応してもらえますよ。

リボ払いに関するよくある質問

ここでは、リボ払いに関するよくある質問をまとめます。

リボ払いと分割払いの違いはなんですか?

リボ払いと分割払いは混同されがちですが、実は別物。具体的に分類すると以下の通りです。

項目リボ払い分割払い
メリット月々の支払い額をほぼ一定にできる
  • 返済期間が明確である
  • 2回払いだと手数料が無料
デメリット支払期間は変動してしまう支払額を自由に設定できない

分割払いは買い物することに支払い回数を指定して支払うパターン。

対してリボ払いは金額や件数に関係なく、月の支払額がほぼ一定になるパターンでね。

リボ払いはなぜ規制されないんですか?

ショッピングならリボ払いは、法律上何も問題ないため規制はされません。

またリボ払いは貸付金には相当せず、特に法律上で規制する部分はないんですよね。

まとめ~リボ払いのやばい部分を押さえよう~

今回はクレジットカードの支払い方法のひとつ、「リボ払い」のやばさについて説明しました。

リボ払いは支払いが長引くこと、支払う金額に手数料が上乗せされるなど、やばい要因が多いです。

なるべく買い物は計画的に。

できれば支払い方法は「一回払い」や「二回払い」など、手数料がかからない方法で行いましょう。