一刻も早い借金の返済方法は?今からできる借金を減らす方法を解説

借金問題

「早く借金を減らしたいけど、借金がなかなか減らない」
「借金の返済方法について、特に考えたことがない」
こちらの記事では、そのような人のために効率的な借金の返済方法を解説していきます。

借金をすると毎月返済をしなければなりませんが、毎月ただ返済しているだけでは完済まで数年かかってしまいます。

完済まで時間がかかるということは、それだけ利息を支払わなければならないということ。

つまり効率的な借金返済方法を覚えれば、かなり得になるということです。

借金の返済方法に悩んでいる人は、この記事を読んで現状の生活を見直してみましょう。

借金の返済をするべきために考えておくべきこと

「借金の返済を毎月しているけど、借入残高がなかなか減らない」
このように考えている人は、借金を返済するためにいくつか考えておくべきことがあります。

まずは具体的な返済方法ではなく、借金を返済するための考え方を解説していきます。

毎月の返済額を減らすための方法がある

借金の返済をするべきために考えておくべきこと1つ目は、毎月の返済額を減らすための方法があることです。

多くの人はカードローンと契約時に決められた約定返済額分を、毎月返済していると思います。

しかし約定返済額はあくまで最低限の金額なので、約定返済額分だけ支払っているとなかなか元本が減りません。

つまりカードローン会社に対して、利息をたくさん支払わなければならないということですね。

毎月の返済額を減らす方法を実施すれば、返済も楽になるし完済までの道筋も立てやすくなりますよ。

日常生活の収入と支出バランスを考える

借金の返済をするべきために考えておくべきこと2つ目は、日常生活の収入と支出のバランスです。

「毎月カードローンの返済をしたら、まったく余裕がない」
このような状態の人は多いと思いますが、実は手軽にできる節約方法を知らないだけの可能性があります。

今からできる節約方法を後ほど紹介しますので、少しでも支出を減らす努力をしましょう。

また現代では副業解禁の流れも進んでおり、パソコン一台あればお金が稼げる時代がきています。

個人でも収入が増やせる時代ではありますので、収入を増やす手段にも目を向けてみましょう。

毎月の収入が増え、支出が減れば、借金の返済も楽になりますよ。

債務整理も頭の片隅に入れておく

借金の返済をするべきために考えておくべきこと3つ目は、債務整理も頭の片隅に入れておくことです。

「借金の返済がギリギリの状態で、生活がかなり厳しい」
そのような人は債務整理も頭の片隅に入れておきましょう。

債務整理には主に

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

という3つの方法があります。

いずれを選択した場合でも5年以上クレジットカードやカードローンと契約できないデメリットはありますが、毎月の返済が楽になることは間違いありません。

債務整理には悪いイメージもありますが、債務整理をしたところで人生が終わるということはありません。

実際筆者は2年前に自己破産をしましたが、社会復帰をして平穏な生活を取り戻しています。

自己破産をするときには悩みましたが、今では自己破産をして本当によかったと思います。

債務整理をすることで生活が楽になることはあるので、借金の返済に悩んでいる人は頭の片隅に入れておきましょう。

借金の返済額を減らすための方法

それでは借金の返済額を減らすためには、どのような方法があるのでしょうか。

なかなか元本が減らないという人は、この方法をぜひ参考にしてください。

随時返済を利用する

借金の返済額を減らすための方法1つ目は、随時返済を利用することです。

カードローンと契約すると約定返済額が決められ、毎月返済をしていきます。

約定返済額分だけ返済をしていれば信用情報に遅延記録が残ることもなく、カードローン会社から連絡がくることもありません。

しかし実際に返済シミュレーションをしてみるとよくわかりますが、約定返済額分だけ返済していては完済まで数年かかることがほとんど。

完済まで時間がかかるということは、それだけ支払う利息も増えます。

そうしたことを防ぐためにも、随時返済を利用することはとても大切。

随時返済とは約定返済額分以外にも銀行振り込みなどで、返済をしていくことです。

随時返済をして少しでも元本を減らす努力をすれば、元本が少なくなり毎月の返済額も減っていきます。

毎月随時返済が難しければ、ボーナスが入ったときだけでも構いません。

随時返済することを意識しておくだけで、完済までのスピードは全然違ってきますよ。

1社に返済を集中させる

借金の返済額を減らすための方法2つ目は、1社に返済を集中させることです。

これは複数社から借り入れをしている人向けの方法なのですが、借金を均等に返済していてもなかなか元本は減りません。

そのため返済はできるだけ1社に集中させましょう。

もちろん他の会社も毎月の随時返済はしたうえで、1社に集中して随時返済をしていくということです。

早めに返済すべきカードローンは、金利が高いものと借入残高が少ないもの。

金利が高いものはそれだけ支払い利息が増えるので、借入残高が同じであれば優先して返済すべきです。

また借入残高が少ない会社があるのであれば、早めに完済すれば毎月の返済が1社減ります。

そうすればこれまで返済していた分を他社の返済に充てられるので、完済までのスピードがより早くなりますね。

さらに1社でも完済できると、借金返済のモチベーションにもつながります。

ゴールが見えやすくなるので、早めに1社でも完済することはとても大切ですよ。

おまとめローンを利用する

借金の返済額を減らすための方法3つ目は、おまとめローンを利用することです。

おまとめローンとは複数社の借り入れを、1社にまとめる商品のこと。

返済先が1社になれば、毎月の返済額が減って、返済もかなり楽になります。

おまとめローンを利用するためには、おまとめローンに申し込みをして審査をクリアしなければなりません。

おまとめローンの審査は金額が多くなるので、通常のカードローン審査よりも難しいです。

つまり返済遅延記録などが見つかると、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

そのためおまとめローンを利用するのであれば、返済が苦しくなる前に申し込みをすることがおすすめです。

おまとめローンを利用したいと考えているのであれば、早めに行動をしましょう。

毎月の支出を減らすための方法

続いては毎月の支出を減らすための方法を解説していきます。

毎月の支出が減らせれば減らした分を返済に回して、早めの完済に近づきます。

小さなことかもしれませんが、積み重ねることがとても大切ですよ。

銀行口座を変えて手数料を節約する

毎月の支出を減らすための方法1つ目は、銀行口座を変えることです。

銀行口座は給料の振込口座を使っているという人も多いと思いますが、メガバンクの銀行口座は実は使いにくいことが多いです。

住信SBIネット銀行やGMOあおぞら銀行公式のようなインターネットバンクを使えば、振込手数料やコンビニATM利用手数料が安くなります。

たとえば住信SBIネット銀行の場合、30歳未満もしくは口座残高に30万円あれば、他行への振込手数料が月3回、ATMの利用手数料が月5回無料になります。

カードローンを利用していると随時返済などで銀行振り込みをするため、振込手数料が無料になるのはかなり嬉しいですね。

またコンビニでついついお金を引き出してしまう人も、ATM利用手数料の節約になります。

インターネットバンクを使えばスマートフォンやパソコンからも振り込みも簡単なので、時間の節約にもなります。

銀行口座を変えるだけで節約につながるので、銀行口座を見直してみてはいかがでしょうか。

格安SIMを利用する

毎月の支出を減らすための方法2つ目は、格安SIMを利用することです。

これまで携帯電話は大手キャリアが牛耳ってきましたが、近年多くの会社が格安SIMに参入しています。

大手キャリアから格安SIMに切り替えるだけで、毎月の利用料は大幅に減ります。

利用料が半額以下になることも、珍しくありません。

まだ大手キャリアを使っているという人は、格安SIMへの切り替えを検討してみましょう。

電力会社を切り替える

毎月の支出を減らすための方法3つ目は、電力会社を切り替えることです。

電力自由化が実施され、これまでのように決められた電力会社と契約をしなくてもよくなりました。

そのため少しでも料金の安い電力会社に切り替えることで、毎月の出費が減らせます。

また電力会社によっては、料金以外の特典を設けている会社もあります。

たとえば楽天電気であれば電気代200円の支払いに対して、1ポイント楽天ポイントが貯まる仕組みです。

楽天カードで支払いをすればその分のポイントも貯まるので、電力会社を切り替えるだけで楽天ポイントがガンガン貯まります。

電力会社をそのままにしているという人は、自分にあった電力会社を調べてみてはいかがでしょうか、

コンビニでの買い物を減らす

毎月の支出を減らすための方法4つ目は、コンビニでの買い物を減らすことです。

深夜でも営業していてあらゆるものがそろっているコンビニは、今や生活になくてはならない存在です。

しかし便利であるがゆえに、商品は高めに設定されています。

また目に入るところに美味しそうな商品が置いてあるので、ついつい手に取ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そうした積み重ねがあると、月々の出費も増えていきます。

そのためには帰り道などで、コンビニに寄ることをやめましょう。

コンビニに入ってしまうとつい商品を買ってしまうというのであれば、コンビニ自体に行かなくすればいいということですね。

人によってはコンビニでの買い物を減らすだけで、かなり支出が減らせます。

コンビニに寄る行為をしないことで、コンビニでの買い物は抑制できますよ。

家計簿アプリで収支を管理する

毎月の支出を減らすための方法5つ目は、家計簿アプリで収支を管理することです。

近年さまざまな家計簿アプリがリリースされ、かなり便利になってきています。

たとえばクレジットカードや銀行口座と情報を連携させる、レシートを撮影するだけで分類をしてくれるなど、便利な機能が満載です。

従来までのように入力の手間がかなり少なくなっているので、家計の管理はかなり楽になっていますね。

家計簿アプリを使えば、自分が毎月何にお金を使っているのかが一目瞭然。

減らせる支出があるのであれば、その部分を減らしてその分を返済に回しましょう。

便利な家計簿アプリが増えているので、家計簿アプリで家計を管理することをオススメします。

借金地獄の人は?借金地獄体験談と借金地獄からの脱出法
借金地獄で苦しんでいる人の数、意外と少なくありません。 最初はちょっとだけのつもりが、だんだんとしゃれにならない金額になった借金…。 そんな借金地獄から抜け出すためには、どんな対応策を選ぶ必要があるのでしょうか。 そして、...

支払いをクレジットカードでおこなう

ここまでは支出を減らす方法を解説してきましたが、これらのことを実践したうえで、しなければならない支払いはクレジットカードでおこないましょう。

近年キャッシュレス化が進んでおり、家賃以外の出費はほとんどクレジットカードや電子マネーで支払いをするという人も増えてきています。

飲食店などでもクレジットカード決済に対応できる店舗が増えていますし、都心在住であればキャッシュレス生活も難しくありません。

クレジットカードで決済する1番のメリットは、ポイントが貯まること。

楽天カードやリクルートカードで決済をすれば、支払い額の1%以上がポイント還元されます。

普段の買い物はもちろん、光熱費・携帯電話代・税金など、クレジットカードの支払いに対応しています。

毎月10万円を使う人であれば、ポイント還元率1%のクレジットカードで支払うと、毎月1,000円の収入が増えているのと同じこと。

クレジットカードでの支払いをすることで、生活がかなり楽になりますよ。

返済が難しければ債務整理も検討してみる

ここまで借金の返済方法について解説してきましたが、どうしても返済できなければ債務整理の検討もしなければなりません。

ここからは債務整理について解説していきます。

債務整理で毎月の返済額が減らせる

先ほど説明したように、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つのパターンがあります。

この中で借金の返済額が減れば返済ができそうな人におこなわれるのが、任意整理です。

任意整理とは金融機関と交渉して、毎月の返済額や金利を引き下げて、返済しやすくするというもの。

自分で金融機関と交渉することもできますが、弁護士に依頼することが一般的です。

カードローン会社としても返済できなくなるよりは、返済額を減らした方がいいということで、交渉が通ることが多いです。

毎月の返済額をどうしても減らしたいという人は、任意整理をするということも頭に入れておきましょう。

信用情報がブラックになるリスクはある

しかし債務整理をすることには、リスクも存在しています。

代表的なリスクが、信用情報がブラックになってしまうこと。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

クレジットカード会社やカードローン会社は審査のとき必ず信用情報を確認するのですが、ここに債務整理をした履歴があると即審査落ちします。

債務整理の記録は借金を完済してから5年間は残るので、少なくとも5年間はクレジットカードやカードローンと契約できません。

また返済が61日以上遅れた場合も、信用情報がブラックになります。

そのため返済が行き詰まりそうであれば、早めに債務整理をして返済体制を整えた方がいいケースが多いですよ。

弁護士に依頼すれば手間は少ない

債務整理は自分でもできますが、弁護士に依頼したほうが手間は少なくて楽です。

筆者は自己破産をしたとき弁護士に依頼しましたが、膨大な書類のチェックや金融機関・裁判所への連絡を代行してくれ、無事自己破産が成立しました。

もちろん弁護士費用は必要ですが、債務整理の依頼であれば分割支払いが可能な弁護士事務所も多いです。

また国が設立した法テラスであれば、無料で弁護士への相談も可能。

債務整理を考えているのであれば、まず弁護士に相談染みることをおすすめします。

一刻も早く借金を返済するためにしっかり人生を考えよう

ここまで借金の返済方法について解説してきました。

借金があると生活が制限され、自分のできないことができない状況になってしまうことが多いです。

そのために一刻も早く借金を完済して、自由な生活を取り戻したいと思うでしょう。

借金を早く完済したい人は、返済方法をしっかり考えて行動していきましょう。