借金地獄の末路はどうなる?夜逃げをしたら借金から逃れられる?

借金問題

「借金の支払いができずに、最終的には夜逃げをした」
ドラマや映画でよく見るシーンですが、実は現実でもこのような状況は起こりえます。

人気漫画の闇金ウシジマくんでは、借金地獄に陥ってしまった人の末路が描かれています。

ハッピーエンドで終わる話もありますが、悲惨なエンディングを迎えるシリーズもあり、その末路は悲惨なもの。

こちらの記事では、借金地獄の末路がどのようになってしまうのか解説していきます。

借金地獄の人は?借金地獄体験談と借金地獄からの脱出法
借金地獄で苦しんでいる人の数、意外と少なくありません。 最初はちょっとだけのつもりが、だんだんとしゃれにならない金額になった借金…。 そんな借金地獄から抜け出すためには、どんな対応策を選ぶ必要があるのでしょうか。 そして、...

借金地獄への道はどのようになる?

まずは借金地獄になる人は、どのような道をたどるのか解説していきます。

金融機関からの借金が積み重なる

借金をする人は、ほとんど銀行カードローンや消費者金融からの借金からはじまります。

生活費・ギャンブル・事業など借り入れをする目的は様々ですが、借金が増えてくるとある現象が起こります。

それは借金をしたお金を自分のものだと思ってしまうこと。

カードローンの借金はATMにカードを入れれば出てくるので、キャッシュカードを使っているような感覚になってしまいます。

筆者は500万円以上の借金地獄に苦しみましたが、気づいたらそのような感覚になっていました。

借金への慣れというのは本当に恐ろしいものです。

闇金に手を出すと借金地獄へのはじまり

借金が積み重なってくると、日々の支払いがかなり苦しくなります。

家賃や生活費が支払えなくなり、金融機関からの返済もできなくなります。

そうなると毎日金融機関から電話がかかってきて、次第に精神的に追い込まれていきます。

その苦痛から逃れようと闇金に手を出す人がいますが、そうなると借金地獄へのはじまり。

闇金はそもそも法律違反な金利で貸付をしているので、取り立ても法外な対応をしてきます。

金融機関からの借金のみであれば早めに債務整理をするべき

闇金に手を出してしまうと、いよいよ借金地獄から抜け出せなくなります。

もしあなたが借金をしているのであれば、金融機関からの借金以上の借金は絶対にやめておきましょう。

金融機関からの借金であれば債務整理をしてゆっくり返済することもでき、死ぬことはありません。

しかし闇金に手を出してしまうと、本当に人生が終わってしまうことがあります。

金融機関からの借金だけであれば、まだ借金地獄から抜け出すことは可能ですよ。

夜逃げをすれば借金地獄から逃れられる?

ドラマや映画で借金地獄に陥った人がおこなうことが夜逃げ。

画面の中でおこなわれていることですが、現実にも夜逃げ屋というものは存在します。

はたして夜逃げをすれば、借金地獄から逃れることができるのでしょうか。

夜逃げをしても住民票が移せない

夜逃げとはその名の通り、多くの人が寝ている夜に逃げるように引っ越しをすること。

もちろん家主さんにも告げず、ひっそりと引っ越しがおこなわれます。

夜逃げを専門にする夜逃げ屋の中には、引っ越し先の手配をしてくれる会社もあるようですね。

夜逃げは借金の取り立てから逃げることが目的なので、住民票も移せません。

住民票を移してしまうと調査されて、新しい住所に取り立てが来てしまいます。

住民票が移せないと生活にさまざまな支障をきたす

「たかが住民票を移せないだけで、生活ってそんなに変わるの?」
このような疑問を持つ人もいると思いますが、夜逃げの場合生活は大きく変わってしまいます。

まず夜逃げをするということは借金の取り立てに追われているということなので、元の住所にはしばらくもどれません。

また住民票を移せないということは、公的なサービスが一切受けられないということ。

つまり運転免許証の住所変更や保険証の発行などが、できなくなることがあります。

運転免許証の住所変更をしていないと、銀行口座の開設もままならず、就職も一苦労。

保険証の発行ができないと、風邪をひいても病院に行けない状態になります。

このように夜逃げをして住民票を移せないと、生活にさまざまな支障をきたします。

夜逃げをしても取り立てにおびえる日々を過ごすことになる

そして夜逃げをしたとしても、完全に借金の取り立てから逃げられたわけではありません。

街中で偶然見つかってしまうかもしれませんし、何らかのツテがあり見つかってしまうこともあるでしょう。

つまり夜逃げをしたとしても、取り立てにおびえる日々を過ごさなければなりません。

そのような生活をしていては、生きた心地もしませんね。

人生を長い目で見るのであれば、夜逃げをするというのは決していい選択肢ではありません。

借金地獄に陥らないためにすべきこと

それでは借金地獄に陥らないためには、どのようなことができるのでしょうか。

借金が積み重なる前に対応する

借金地獄に陥らないためにしなければならないこととして、借金が積み重なる前の対応が挙げられます。

先ほども借金が積み重なることが、借金地獄への入り口であることを解説しました。

金融機関からの借金であればまだ対応できる部分も多いですが、闇金に手を出してしまうと対応できる方法も少なくなってしまいます。

大切なのは借金が積み重なる前にしっかり反省して、今の状況を改善しようと思う気持ちです。

無料法律相談を活用する

借金の返済に悩んでいるのであれば、まずは無料法律相談を活用しましょう。

法テラスという国が設立した法律相談機関であれば、誰でも無料で法律相談ができます。

相談相手は借金のことに詳しい弁護士なので、今の状況をどうすればいいのかアドバイスをくれますよ。

弁護士は客観的な視点でアドバイスをくれるので、自分では気づけなかったことに気づかせてくれることも多いです。

借金してしまったことを責められるのではなく、現状をどうすれば打破できるのかを考えてくれるので、とても貴重な場ですよ。

債務整理をしても人生は終わらない

借金の返済ができない人が、無料法律相談に行くと債務整理を勧められることが多いです。

債務整理にはおもに3つの種類があり

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産

のいずれかを選択することになります。

返済可能な借金であれば任意整理を、返済不可能だと判断されれば自己破産を勧められることが多いですね。

債務整理をすると人生が終わってしまうと考えている人がいるかもしれませんが、債務整理は人生をやり直すための手段です。

たとえば自己破産をすると借金が一度ゼロになるので、そこから人生の立て直しができます。

筆者も過去に自己破産をしたのですが、自己破産後生活を立て直し、今では平穏な生活を送っています。

債務整理は人生を終わらせる手段ではなく、人生をやり直すための手段であることを、今一度認識しておきましょう。

債務整理とおまとめローンは何が違う?多重債務の人はどちらを選ぶべきか
複数社から借金をしてしまい、返済が難しくなった人には債務整理とおまとめローンという解決手段があります。 どちらも多重債務を解決する手段ではありますが、それぞれにメリット・デメリットがありどちらを選ぶべきか人によって異なります。 ...

借金地獄から自己破産をした体験談

ここまで借金地獄に陥った人の末路について解説してきました。

筆者もかつて500万円以上の借金に苦しみましたが、自己破産をして人生を立て直しました。

つまり借金地獄の末路に行く一歩手前から、なんとか立て直したということです。

もし借金地獄に苦しんでいる人がこの文章を読んでいるのであれば、この体験談を参考にして抜け出す方法を模索してください。

借金が積み重なり日々の生活費が支払えなくなる

筆者が借金地獄に苦しんだ原因は、自身の事業がうまくいかなくなったことが原因です。

サラリーマンから独立する前に金融機関からお金を借りて、独立後はその資金をもとに事業をしていました。

はじめのうちはうまくいっていて借金も減っていたのですが、取引先が倒産してから事業が一気に傾きます。

毎月の返済日が苦しくなり、借金をして借金をなんとか返済するという日々を1年ほど過ごしていました。

まともな食事ができず体重もどんどん減っていきましたし、夜もうまく眠れませんでした。

そのような状態では仕事もうまくいくはずもなく、どんどんと窮地に追い詰められていきます。

取り立ての恐怖で精神的にも追い詰められる

借金地獄に苦しんでいるとき、1番きつかったのが精神的に追い込まれていたことです。

なんとか借金を返済している最中に事業の立て直しができず、いよいよ日々の返済ができなくなります。

そうなると毎日金融機関から電話がかかってきて、借金返済の催促をされます。

もちろん自分が返済できないのが悪いのはわかっているのですが、電話にでられず精神的に追い込まれてしまいます。

精神的に追い込まれてしまうと正常な判断ができず、電車に飛び込もうと思ったこともありました。

精神的に追い込まれるということはそれほど辛いことで、正常な判断を奪ってしまいます。

自己破産後生活を立て直す

そんな追い込まれた状態の筆者でしたが、家族にも借金の通知がいったことから、両親から呼び出しをうけます。

そこで両親と相談し、弁護士に相談することを決めました。

自分の人生を案じてくれた両親には、今でも本当に感謝しています。

弁護士に相談した結果、筆者の借金をすべて返済することは難しく、自己破産を勧められます。

はじめは自己破産に抵抗がありましたが、弁護士から今後の生活をしっかり考えなさいと諭され手続きを進めます。

その後半年ほどかけて自己破産手続きが終わり、今では平穏な生活を取り戻しています。

金融機関から電話がかかってくることもないので、精神的に落ち着いていることが1番の要因でしょう。

筆者の場合自己破産をしたことで、借金地獄から抜け出せました。

借金地獄の末路は悲惨なものです

ここまで借金地獄の末路について解説してきました。

筆者の場合借金地獄からなんとか抜け出せたので、かなりラッキーなパターンでしょう。

しかし現実には借金地獄に陥ってしまったがため、悲惨な末路を迎えた人もたくさんいます。

借金地獄の末路は本当に悲惨な状態になるので、その前に対応することがとても大切です。

借金に苦しんでいる人は、債務整理などの手段をつねに頭に入れておきましょう。