【はじめてクレジットカードを使う人へ】クレジットカードの使い方を徹底解説!

クレジットカード

「はじめてクレジットカードを作ったけど、実際にお店で使うのが不安」
「これからクレジットカードを作ろうと思っているけど、クレジットカードを持った時のシミュレーションがしたい」
こちらの記事では、そんな方に向けてクレジットカードの使い方を詳しく解説していきます。

クレジットカードをはじめて持つと大人の入り口に立ったみたいでワクワクしますが、どうやって使えばいいのかわからなくて不安という人も多いのではないでしょうか。

しかしクレジットカードの使い方はとても簡単で、手続きをしてみるとあまりにあっさり決済できてしまいます。

クレジットカードの使い方が不安だという人は、この記事を読んでクレジットカードの使い方をマスターしましょう。

クレジットカードの作り方をわかりやすく説明します!
「クレジットカードを作ろう!」 と思い立っても、クレジットカードの作り方がわからないと、クレジットカードを実際に作ることはできません。 今回は、そんな「これからクレジットカードを作ろう」と思い立った方に向けて、クレジットカードの...

目次

クレジットカードを使う前に確認しておくこと

「クレジットカードが手元に届いたからさっそく使ってみよう」
そう思うことはとてもいいことですが、一旦ストップ。

クレジットカードが手元に届いたのであれば、使う前に確認しておくことがあります。

まずは落ち着いて確認事項に対応しましょう。

カードの裏面にサインがしてあるかどうか

クレジットカードが手元に届いたら、まず裏面の書名欄にサインをしましょう。

サインはボールペンでもサインペンでも、消えないものであれば大丈夫。

カタカタ、漢字、アルファベットどれでも構わないので、自分の筆跡がわかるようにサインをしましょう。

このサインをするという行為をせずにクレジットカードを使っている人は意外と多いのですが、サインをせずにクレジットカードを使うと大変なことになります。

サインがしていないクレジットカードは不正利用されても文句が言えない

サインをせずにクレジットカードを持ち歩くということは、不正利用し放題のクレジットカードを持っていることです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、これは本当のことなのでしっかり確認しましょう。

それではなぜクレジットカードの裏面に、サインが必要なのでしょうか。

後ほど詳しく解説しますが、クレジットカードでは本人確認のためサインを求められることがあります。

クレジットカードが不正利用されてしまったとき、サインが本人のサインと違えば補償が受けられます。

つまりカード裏面のサインと店舗で書いたサインを照合し、本人確認をしているということですね。

それではサインのないクレジットカードを、他人に拾われたときはどうなるでしょうか。

カードの表面には名前が印字されているカードがほとんどなので、カードの持ち主はすぐわかります。

その状態でカードを拾った人が裏面にサインをして、店舗でも同じサインをした場合、補償が受けられず不正利用し放題です。

もちろんカードを失くしたことに気がつけばカードの利用停止はできますが、カードを失くしたことに気づくのが遅れると、その間に不正利用されてしまうことがあります。

こうした事態を防ぐためにも、クレジットカードが手元に届いたらまずサインをしましょう。

クレジットカードの利用条件を確認してみよう

クレジットカード裏面にサインをしたら、次はクレジットカードの利用条件を確認してみましょう。

確認すべき主な事項は以下の通り

  • 締め日と支払い日
  • 利用限度額
  • 引き落とされる銀行口座

クレジットカードは後払いの決済システムで、締め日と支払い日がわかれています。

たとえば楽天カードは、月末締め翌27日支払いなので、締め日は月末で支払い日は翌月27日です。

この場合6月中にクレジットカードで決済した金額を、7月27日に登録された銀行口座からまとめて引き落とされます。

またクレジットカードには利用限度額が決められており、利用限度額以上の決済はできません。

クレジットカード支払いの仕組みは理解しにくいかもしれませんが、まずはこの辺りをしっかり覚えておきましょう。

お店でクレジットカードを使うときの流れ

それでは実際にお店でクレジットカードを使うときは、どのような流れでクレジットカードを使えばいいのでしょうか。

お店でクレジットカードが使えることを確認し店員さんにカードを渡す

お店でクレジットカードを使うときには、まずクレジットカードが使えるお店かどうか確認しましょう。

お店の店頭やレジには、クレジットカードの国際ブランドのシールが貼られています。

VISAやMastercardのシールが貼られているのを、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

自分の持っている国際ブランドのシールがあれば、その店ではクレジットカードが使えるということです。

会計時クレジットカード支払いをしたい旨を店員さんに伝え、クレジットカードを店員さんに渡しましょう。

店員さんもクレジットカードの支払いには対応していますので、その後手続きをしてくれます。

暗証番号やサインで本人確認がおこなわれる

店員さんにクレジットカードを渡すと、暗証番号の入力もしくはサインで本人確認がおこなわれます。

どちらで本人確認されるのかは店舗によって違いますが、レストランや百貨店ではサイン、家電量販店やドラッグストアでは暗証番号の入力が求められることが多いです。

サインを求められた場合、カード裏面に書いたサインと同じサインをしましょう。

サインをするためのペンやタブレットは、お店から渡されるのでサイン欄にサインをすれば問題ありません。

暗証番号の入力を求められた場合、暗証番号入力後緑色の確定ボタンを押しましょう。

暗証番号を他人に知られると不正利用の可能性があるので、周りの人が見ていないかは確認しましょう。

ちなみに暗証番号を忘れてしまった場合、店員さんに言えばサインでの本人確認に切り替えてくれます。

暗証番号を忘れてしまっても、焦らず対応しましょう。

本人確認が問題なければ、そのまま決済がおこなわれます。

ちなみにコンビニなど少額決済をする店舗であれば、サインや暗証番号の入力不要で決済できることもありますよ。

はじめてクレジットカードを使うのであればコンビニがオススメ

「はじめてクレジットカードを使うのに緊張してしまう」
そのような人はまずコンビニでクレジットカードを使ってみましょう。

先ほども紹介したようにコンビニでクレジットカードを使う場合、クレジットカードを手渡すだけでサインや暗証番号の入力はありません。

決済は店員さんがしてくれるので、あっという間に決済が終わってしまいます。

一度クレジットカードで決済をすると、あまりにあっけなく決済できることにびっくりするでしょう。

財布の中から小銭を探す必要もなくなるので、かなり楽に支払いができますよ。

ネット通販でクレジットカードを使うときの流れ

店舗でのクレジットカードで決済ができたら、次はネット通販でクレジットカード決済を使ってみましょう。

ネット通販でクレジットカードが使えれば、家から一歩も出ることなく買い物ができます。

生活の利便性が一気に向上するので、ぜひやり方を覚えておきましょう。

クレジットカード番号・セキュリティコードなどの情報を入力する

ネット通販で買い物をして、決済画面に進んでいくと支払い方法でクレジットカードが選択できます。

クレジットカード決済をするときは

  • カード番号(16桁の数字)
  • カード名義人(カードに明記されているローマ字通りの名前)
  • 有効期限(年と月を入力)
  • セキュリティコード(クレジットカード裏面に印字されている数字の下3桁)

これらの情報を入力すると、あとはサイトの方で決済を進めてくれます。

一度手続きをしてしまえば問題なくできますので、ぜひ一度試してみてください。

クレジットカード情報を登録しておくと便利

Amazonや楽天市場など、日常的に使う店舗があれば、クレジットカード情報を登録しておくと便利です。

クレジットカードのカード番号やセキュリティコードをいちいち覚えている人は、まずいないでしょう。

そうするとネット通販のたびにカードを取り出して、入力しなければなりません。

クレジットカード情報を登録しておくと、わざわざカードを出す必要もないので、クレジットカードを選択するだけで決済ができます。

サイトによっては複数のクレジットカード登録もできるので、自分の使いたいカードが使えますよ。

クレジットカードの有効期限切れに注意

クレジットカードの登録はとても便利ですが、有効期限切れには注意しましょう。

クレジットカードには有効期限が設定されており、大体カードを発行してから5年後に設定されています。

これはカードの機能低下や再審査のために設定されており、有効期限が切れたカードはもちろん使えません。

クレジットカードの有効期限が切れそうなときは、数カ月前にクレジットカード会社からカードを更新するかどうかのメールがきます。

自動更新になるカードも多いので、その場合新しいカードが自宅に送られてきます。

ちなみに有効期限が切れたカードは、ハサミで裁断してゴミに出しましょう。

クレジットカードには個人情報が詰まっているので、そのまま捨ててしまうと悪用される可能性がゼロではありません。

クレジットカードはとても便利ですが、その分扱いには注意しましょうね。

クレジットカードを使うときの注意点

 

ここまでクレジットカードの使い方を解説してきましたが、クレジットカードを使っているときにはいくつか注意しなければならない点であります。

ここからはクレジットカードを使うときの注意点を解説していきます。

暗証番号は他人に知られないようにする

クレジットカードを使うときの注意点1つ目は、暗証番号は他人に知られないようにすることです。

先ほどクレジットカードを使うときには、暗証番号もしくはサインで本人確認することを解説しました。

サインで本人確認をした場合、カード裏面にあるサインと同じ筆跡かどうかを確認されます。

一方暗証番号の場合、暗証番号を入力できたかどうかで本人確認がおこなわれます。

クレジットカードには顔写真もないので、暗証番号が入力できてさえしまえば、他人でも決済ができてしまいます。

そのため家族や友人であっても、クレジットカードの暗証番号を教えてはいけません。

また誕生日など他人でも推測しやすい番号を暗証番号にすることもNGです。

暗証番号を他人に知られてしまうとカードを不正利用されてしまうので、暗証番号を他人教えてはいけません。

クレジットカードの代金は期日通りに支払う

クレジットカードを使うときの注意点2つ目は、クレジットカードの代金は期日通りに支払うことです。

クレジットカードの代金はほとんど銀行口座からの引き落としで、支払い日に引き落としがおこなわれます。

このとき銀行口座に引き落とされるはずの金額が入っていないと、代金の支払いができません。

その後再引き落としや銀行振り込みで支払いもできますが、支払いを期日通りにしないと信用情報に遅延情報が記録されます。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

クレジットカードやカードローンは審査の時、信用情報が確認されてどのくらい遅延記録があるのかチェックされます。

遅延記録が多い人は支払いをしっかりしてくれるのか不安なので、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

信用情報は他にも住宅ローン・カーローン・携帯電話本体代金の分割支払い・ショッピングローンなど、さまざまな場面で確認されます。

そのためクレジットカードの支払い遅れで信用情報に遅延記録が残ることは、生活に大きな影響を及ぼしてしまうかもしれません。

そのためクレジットカードの支払いは、期日通りにおこないましょう。

クレジットカードは自分でしか使わない

クレジットカードを使うときの注意点3つ目は、クレジットカードは自分でしか使わないことです。

家族や友人にクレジットカードでの支払いをお願いされたことがあるかもしれませんが、実はこれはあまりよくありません。

クレジットカードはカード契約者としか契約を結んでいないので、他人がカードを使ったときにトラブルが起きると補償の対象外となってしまいます。

もし家族にカードを使わせたいのであれば、別途家族カードを契約しましょう。

家族カードは契約者と家計をともにする家族であれば作成できるので、とても便利ですよ。

利用明細はチェックする

クレジットカードを使うときの注意点4つ目は、利用明細をチェックすることです。

クレジットカードを利用している人には、毎月クレジットカード会社からメールや郵送で利用明細が届きます。

これを無視してしまう人もいますが、できれば毎月チェックしましょう。

クレジットカードの不正利用問題はなかなか解決せず、何もしていなくても不正利用されてしまうことがあります。

クレジットカードの利用明細をチェックして、自分が使った記憶がない明細があればクレジットカード会社に確認しましょう。

クレジットカードの補償はさかのぼって可能なので、不正利用された場合クレジットカード会社が不正利用分を補償してくれますよ。

リボ払いは使わない

クレジットカードを使うときの注意点5つ目は、リボ払いは使わないことです。

クレジットカードは通常1回払いで支払いがおこなわれますが、分割払いやリボ払いでも支払いが可能です。

リボ払いは毎月一定額の支払いでよくなることがメリットですが、金利が高い点がデメリット。

そのため知らず知らずのうちにリボ払いをしていると、いつになっても支払いが終わらないということになってしまいます。

こうした事情があるのでクレジットカードの仕組みを理解するまでは、リボ払いは使わないでおきましょう。

カードのよってはリボ払い専用カードやリボ払いに設定することでの特典もありますが、クレジットカード初心者のうちは避けたほうがいいでしょう。

クレジットカードをより使いこなすために

ここまでクレジットカードの使い方について解説してきましたが、よりクレジットカードを使いこなしたいという人も多いのではないでしょうか。

ここからはよりクレジットカードを使いこなすための方法を解説していきます。

家計簿アプリとクレジットカードを連動させる

クレジットカードをより使いこなすための方法1つ目は、家計簿アプリとクレジットカードを連動させることです。

近年マネーフォワードやMoneytreeなど、便利な家計簿アプリが増えています。

これらの家計簿アプリではクレジットカードが登録でき、クレジットカードの利用履歴を自動で読み込んでくれます。

つまりクレジットカードをどこで使ったのかが一目瞭然で、家計簿アプリによっては項目ごとに振り分けもしてくれます。

家計簿アプリを使えば日々の収支を確認して、自分の家計を見直せます。

とても気軽に使えるので、家計簿アプリとクレジットカードを連動させてみましょう。

あらゆる支払いをクレジットカードに変更する

クレジットカードをより使いこなすための方法2つ目は、あらゆる支払いをクレジットカードに変更することです。

近年キャッシュレス化が進んでおり、クレジットカードで決済できる場所が増えています。

飲食店やコンビニはもちろん、光熱費や携帯電話代金や税金など、あらゆる支払いがクレジットカードでできるようになっています。

支払い方法をクレジットカードに変更すれば、毎月ポイントがどんどん貯まっていきます。

ポイント還元率1%のクレジットカードで毎月10万円の支払いをすれば、支払い方法を変更するだけで毎月1,000円分のポイントが貯まります。

支払い方法を現金からクレジットカードに変更するだけで、家計がかなり変わりますよ。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使う

クレジットカードをより使いこなすための方法3つ目は、ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことです。

日本では100種類を超えるクレジットカードが発行されており、みなさんもたくさんのクレジットカードを目にしたことがあるでしょう。

カードごとにさまざまな特典がありますが、まず注目すべきポイントはポイント還元率。

ポイント還元率とは100円クレジットカードで決済したとき、いくらポイント還元がおこなわれるのかの比率のこと。

たとえば100円クレジットカードで決済したとき、1ポイントが還元されるクレジットカードは、ポイント還元率1%です。

ポイント還元率は0.5%のカードとポイント還元率1%のカードでは、年間にすると貯まるポイントに大きな差がでます。

まずはポイント還元率に注目して、クレジットカードを作ってみましょう。

クレジットカード初心者の方におすすめのクレジットカード

ここまでクレジットカードの使い方を解説してきましたが、クレジットカード初心者の人はどのクレジットカードを作ればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

ここからはクレジットカード初心者におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

まずは年会費無料のクレジットカードを作ろう

先ほどクレジットカードを選ぶ上ではポイント還元率が大切であることを解説しましたが、もう一つ大切な点としては年会費無料のクレジットカードを選ぶことです。

年会費のかかるクレジットカードには空港ラウンジの利用や海外旅行保険の充実など、さまざまな特典が用意されています。

しかし特典が自分に合うのかどうか、クレジットカードの扱いに慣れていないと判断が難しいことがあります。

クレジットカード会社は店舗利用時の決済手数料で収益を得ているので、年会費は無料でも特典が充実しているカードもたくさんあります。

クレジットカードに慣れるまでは、年会費無料のクレジットカードから自分に合うカードを探してみましょう。

ポイント還元率で選ぶならリクルートカード

クレジットカード初心者におすすめのクレジットカード1枚目は、リクルートカードです。

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードでありながら、ポイント還元率1.2%とあらゆるクレジットカードの中でもトップクラスのポイント還元率。

そのためいろいろな店舗でクレジットカードを使いたい人には、とてもお得なクレジットカードです。

とにかくポイント還元率が高いクレジットカードが欲しい人には、リクルートカードがおすすめですよ。

楽天カード

クレジットカード初心者におすすめのクレジットカード2枚目は、楽天カードです。

CMや広告でもおなじみの楽天カードですが、年会費無料でポイント還元率も1%です。

さらに楽天市場で買い物をするときは、楽天SPUというプログラムが適用されるため、ポイント還元率が3%以上になります。

ほかにも楽天関連サービスを使えば、楽天市場でのポイント還元率はアップ。

最大でポイント還元率が16倍になります。

楽天市場のようなネット通販をたくさん使いたい人は、楽天カードがおすすめですよ。

クレジットカードを使いこなしてキャッシュレス生活を実現しよう

ここまでクレジットカードの使い方について解説をしてきました。

はじめてクレジットカードを使う人は、クレジットカードをどのように使うのか不安かもしれません。

しかしクレジットカードを使いこなせば、どんどんポイントが獲得できて生活がかなり楽になります。

さらに生活をキャッシュレスにできると、財布もスマートにできて快適な生活が送れます。

みなさんもクレジットカードを使いこなして、キャッシュレス生活を実現しましょう。

今後の社会ではキャッシュレス生活できるかどうかが、生活のカギになりますよ。