最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短1時間融資も可能
  • 2020年度オリコン顧客満足度ランキング1位
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
無料審査申込みはこちらから

即日借入におすすめのキャッシングランキング!

即日融資豆知識

即日借入を考えている方が利用するべきキャッシングは限られてきます。

なぜなら、そもそも即日お金を借り入れることができるキャッシングの数は限られてくるからです。

今後もしお金を即日借りたいならば、あなたは即日借り入れに適したキャッシングを選ばなければなりません。

そしてその、即日借入に向いたキャッシングを考えるとき、今回ランキングで紹介するキャッシングが大きな助けとなるはずです。

先に結論から言っておくと、即日借入で利用するべきキャッシングは、大部分が「消費者金融のカードローン」です。

即日借入にぴったりのキャッシングランキング

即日借入で借りたいなら、利用するべきキャッシングがあります。

どうして選択肢に制限がかかるのかというと、この世に存在するキャッシングには即日借入しやすいものとそうでないもので明確に分けることができるからです。

即日借入しやすいキャッシングを上位として、ランキング形式で紹介していこうと思います。

1位 プロミス

数あるキャッシングの中で、「一番即日借入で借りやすいキャッシングは?」と聞かれると、私は「大手消費者金融のプロミス」と答えます。

プロミスは即日借入に対応したカードローンであるというだけでなく、キャッシング利用者が利用しやすいサービスが盛りだくさんです。

まずプロミスのカードローンで即日借入を助ける、スマートフォンアプリを使った借入「アプリローン」、はじめての借入で適用される無利息サービスなど。

即日借入可能だということにとどまらない魅力が、プロミスのカードローンにはあります。

キャッシングを利用した借入というのは、実際に借りたあとの返済をいかにうまく行なうかがコツです。

そうした、「即日借入後の返済」を視野に入れた借入ができるのが、プロミスの大きな利点です。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

2位 アコム

アコムのカードローンも即日借入で借りやすいキャッシングです。

大手消費者金融らしく、ネットキャッシングや無人契約機など、即日借入で借りるためのサービスは一通り揃っています。

また、アコムのカードローン借入カードにはクレジットカード機能をつけることができる「ACマスターカード」です。

カードローンで即日借入にも対応していますが、アコムなら「クレジットカードの即日発行」も可能ということです。

3位 アイフル

即日借入で借りやすいキャッシングといえば、アイフルのキャッシングもおすすめです。

アイフルのキャッシングは、申込後審査を優先してくれるフリーダイヤルがあります。

アイフルの申込後フリーダイヤルに電話すれば、アイフルからの審査対応を待つ必要もなくこちらから、「申込情報に間違いはないので審査をはじめてくれ」とお願いすることができます。

即日借入後の「無利息サービス」も対応。

3位に恥じない優秀な設定が凝らされています。

何時の申込みでアイフルから即日融資を受けられるのか?即日融資のコツは?
「明日家賃を振り込まなければならないのだけどお金がない」 「どうしてもすぐお金を用意しなければならない」 そんな状況に強い味方なのが、アイフルをはじめとした消費者金融。 2018年から銀行カードローンの即日融資ができなくなりました...

4位 SMBCモビット

SMBCモビットも、借りやすい即日借入キャッシングで見事4位です。

ネットからの申込対応が良いSMBCモビットは、WEBから申込そして借入がスムーズに完結します。

最近ではどこもWEB完結キャッシングを当たり前のものとしていますが、SMBCモビットがその走りだと思って良いでしょう。

WEBから申込、借入を行なうことで、不要な郵送物なし、連絡もなしという「なしなし」のキャッシング利用が可能になるのです。

即日借入で「早く借りたい」というニーズだけでなく、「バレないように借りたい」と思っている方なら、ぜひSMBCモビットのキャッシングを利用して借入を行ってください。

SMBCモビットで即日融資を受ける条件を紹介!急いでお金が欲しい方は要チェック
2017年12月従来のモビットという社名から、SMBCモビットに変更なりました。 SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融なので、安心感もあり多くの人が利用しています。 また2018年から銀行カードローンの即日融資ができな...

5位 レイクALSA

かつては新生銀行のカードローンブランドとして運営されていたレイクですが、2018年4月より消費者金融の「レイクALSA」として生まれ変わりました。

消費者金融のカードローンとなったことで、審査やサービス面で大きく方向転換しています。

以前のように銀行カードローンだから総量規制以上借りられる、という自由な借入はできなくなっているものの、以前より借りやすいカードローンとなりました。

銀行カードローンではありえない即日借入からはじまり、「いくらでも30日間無利息」というサービスと、「5万円まで180日間」という二種類の無利息サービスを利用した借入が可能になります。

WEBからの申込ならさらに「60日間の無利息サービス」も利用可能となります。

やはりカードローン利用時に気がかりなのは金利、そして利息です。

レイクALSAからの借入ならこの利息について考えなくて良いということです。

これでなんの心配もなく、レイクALSAから即日借入できるというものです。

即日借入ランキングの5位も、これなら納得ですね。

レイクALSAから即日融資を受ける方法&コツ-土日でも即日融資は可能?
「今すぐお金を借りたい」 「レイクALSAで即日融資が受けたいけど、どうすればいい?」 こちらの記事では、そんな人に向けてレイクALSAで即日融資を受けるための方法を紹介しています。 消費者金融のレイクALSAでは、他の消費者金融...

即日借入で借り入れるキャッシングの選び方

即日借入で利用するべき優秀なキャッシングはいくつかありますがその中から自分が利用するキャッシングを選ぶとなると話は別です。

たくさんある候補から、自分がどのように利用するキャッシングを選ぶべきか。

どの分野を比較してキャッシングを選ぶべきか。

ここではそうした「キャッシングの比較項目」をお話します。

金利設定

やはりというか、キャッシングで一番わかりやすい比較項目は「金利」です。

金利の数字が高いか低いかで、返済時に支払う利息の金額が安くもなり高くもなります。

そして当然支払う利息は少ないほうが嬉しいですから、「金利の低いキャッシング」は優秀なキャッシングとなるわけです。

即日借入で借りるという、急いでいるスケジュールだったとしても、実際にお金を借りる前にしっかり金利をみて「実際に支払う利息はどれくらいか」を調べておくべきでしょう。

金利の条件に納得してはじめて、実際に即日借入を行なうようにしましょう。

借入と返済のサービスは充実しているか

「借りやすい」「返しやすい」は、キャッシングの優劣を決める上でとても需要です。

いくら金利が低い即日借入に対応しているキャッシングだったとしても、借りやすいサービスが少ない、または返済しやすいサービスが少ないようでは優秀なキャッシングだとはとても言えないのです。

借入方法は多いか。

いつても返済できるなど返済の自由度はあるか。

目当てのキャッシングがそうしたサービス面に力を入れているか、しっかり事前に考えておきましょう。

即日借入ばかり見ていると、他のポイントを見落としてしまいますよ。

即日借りる借入方法は充実しているか

即日借入に対応しているとはいえ、借入方法はどんな方法になっているでしょうか?

申込後カードを発行して、ATMからカードを使った借入のみ?

便利なネットからの借入には対応しているでしょうか?

特にネットから借り入れるができるかは要チェックです。

また、中小消費者金融のキャッシングなどになると、カードローンにすら対応しておらず「振込のみ」となりがちなのにも注意が必要です。

どういった方法で即日借入ができるのか?

そこにもしっかり注意が必要です。

即日借入を行なうための審査通過のコツ

キャッシングを利用した即日借入を行なうには、無論申込後の審査に通らないといけません。

審査通過なくして、即日借入はありえないのです。

「どんなキャッシングの審査でも自分は審査に通る」

なんて自分の状況に自信がある方ならいざしらず、審査に少しでも気がかりな点があるなら事前に審査対策を行っておきましょう。

申し込み時借入希望額を少なめに伝える

キャッシング申込時に、希望する借入額を入力します。

この時入力する希望借入額を、少しでも低くしておくことで、審査通過率を多少上げることができます。

少しでも多くのお金を借りたい気持ちもわかりますが、確実に審査通過したいなら希望借入額を落とすことを忘れないようにしましょう。

希望借入額が少なければ、貸金業者が「返済できなくなるリスクが低い」と判断する可能性があるのです。

早めの申し込みを心がける

審査には時間がかかります。

そして審査がはじまる「審査対応時間」にも多少時間がかかります。

この申込から審査対応時間までの時間を短くして、申込から借入までの時間を少しでも削るなら「早めの申込」を心がけるべきです。

審査対応は、申込が早い人から行われます。

審査申し込み自体は、前日の夜から行われているわけですから、当日申込は早ければ早いほど良いというわけです。

在籍確認の準備をしておく

キャッシング審査で忘れてはいけないのが、「在籍確認」です。

在籍確認とは、貸金業者から申し込んだ人の職場にかけられる「確認電話」です。

確認電話で確認が取れないと、審査を終えることができません。

それまでの年収の審査や信用情報の審査で問題なかったとしても、在籍確認が取れないだけですべて無駄になってしまうのです。

在籍確認は会社の誰が出ても問題ありません。

あらかじめ社内の人間に「自分あての電話があるかもしれない」と周知しておきましょう。

在籍確認は個人名でかかってくるので、電話があることを知らないと、電話に出た人は不審がって対応が悪くなるかもしれないのです。

必要書類を準備しておく

書類の提出でトラブルがあると、審査に時間がかかってしまいます。

まずキャッシング申込時に必ず必要となるのが、免許証やパスポート等「本人確認書類」です。

本人確認書類の準備は簡単でしょう。

しかし場合によっては、本人の収入状況を調べるための「収入証明書」が必要になることもあります。

収入証明書は、直近の給与明細や源泉徴収票など、自身の収入を証明するためのものです。

希望借入額が50万円を越す場合は必ずこの収入証明書の提出が必要になりますし、それ以下の場合も状況によっては収入証明書の提出を求められます。

いつどんなパターンでも対応できるよう、しっかり提出書類の不備がないように準備を怠らないようにしてください。

銀行カードローンは即日借入できない

人によっては、「銀行カードローンを使って即日借入」と考えているかもしれません。

しかしその願いが叶うことはありません。

理由は言うまでもなく、銀行カードローンが即日借入に対応していないからです。

金融庁からお達しがあったこともあり、銀行カードローンは個人の審査をかなり厳格に行なうようになりました。

そして以前は可能だった総量規制以上の借入も、銀行カードローンは自発的に慎むようになりました。

即日借入を行なう時は、消費者金融のカードローンでお金を借りるようにするのがおすすめです。

しかし銀行カードローンは消費者金融のカードローンより低金利で借入が可能

ですが銀行カードローンは、消費者金融のカードローンより低金利設定が組まれています。

消費者金融など、他の金融機関のキャッシングでお金を借りるよりずっと、返済時支払う利息が少なくなるのです。

無論キャッシングは低金利なことに越したことはありません。

「利用するキャッシングは低金利のものしか嫌だ」と考えるなら、消費者金融ではなく銀行カードローンでお金を借り入れるべきなのです。

具体的にどれくらい利息が違うか

まず計算するのが、消費者金融のカードローン(18%)で10万円借りて、1ヶ月で発生する利息です。

10万×18%÷365×30で、利息は1479円となります。

対して、銀行カードローン(14%)で10万円借りて、1ヶ月で発生する利息。

10万×14%÷365×30で、利息が1150円だとわかります。

1ヶ月基準でみれば大したことないかもしれません。

しかしこの返済期間が1年になったら。

借入額が50万円になったら。

利息の金額がばかにできない数字になるのはおわかりでしょう。

中には時間をかけない借入が可能なところも

あまねくすべての銀行カードローンが、借入に多くの時間がかかるかというとそうではありません。

中には、申込から借入までの時間がかからず、とてもスムーズな借入が可能なところも多いです。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、申込後の借入までに時間がかからないことで有名なカードローンです。

なんとその申込から融資にかかる時間は「最短翌日」という早さ。

即日借入こそできませんが、スムーズに進めば翌日にはお金を借り入れることができるということです。

しかしこの最短翌日融資はあくまで手続きが早く進んで、最短で審査が終わり最短で融資を受けた場合の話。

誰でも簡単に、最短翌日融資を受けられるという話ではないので注意してください。

平日の申込、書類の不備をなくす、必要書類をしっかり準備しておくなどして、借入の手続きに時間がかからないように準備しておきましょう。

楽天銀行カードローンでは即日融資を利用できる?
※2017年12月4日追記 2018年1月以降、銀行カードローンは即日融資での借入ができなくなります。 楽天銀行カードローンは「1.9~14.5%」というネット銀行ならではの金利設定、最高800万円の限度額設定が魅力のカードローンで...

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは地方銀行カードローンですが、時間のかからない借入が可能です。

公式の設定で、横浜銀行は申込から融資を受けるまでに3日以内としています。

横浜銀行の営業地域内の関東地方のみの利用となりますが、最短で翌日融資可能な銀行カードローンは嬉しいです。

横浜銀行の口座を持っている方はぜひ、横浜銀行カードローンを使った借入で時間のかからない借入を行ってください。

横浜銀行カードローンで即日融資は受けられる?
最近の銀行カードローンは優秀で、「最短即日審査」「最短即日融資」に対応したカードローンが多くなっています。 そして今日話題にする横浜銀行カードローンも、そうしたスピードキャッシングに対応した銀行カードローンの一つです。しかし、多くのカ...

即日借入を考えている方がやりがちなミス

お金がなくてつらい女性

即日借入を期待する人は多いです。

しかし、時間をかけない借入を期待するからこそ、ミスを犯しがちなのです。

急いでいる人ほど、行動を起こす際何らかのミスをするのは昔から相場が決まっています。

あらかじめ過去過去あったミスを知っておくことで、同じたたらを踏まないように注意しましょう。

即日借入の時間制限に間に合わない

よくあるのが、即日お金を借りようと思っていたのに、即日お金を借りられなかったパターンです。

申し込んだ当日お金を借りるには、定められた制限内に申込、借入を実行に起こす必要があります。

しかしその時間制限を守らなかったなら、即日お金を借入を行なうことはできないのです。

事前にしっかり、「何時までに何をする」をしっかり把握しておくことが大切です。

即日借入に必要なのはとにかく、即日お金を借りるための下準備だということです。

返済計画が不十分で返済できない状態に

キャッシングを利用してお金を即日借入るのは、実は意外と難しくありません。

即日借入対応のキャッシングを、所定の時間内に手続きを進めていくだけです。

しかし簡単にお金を借りても、そのお金を返済するのは難しいです。

即日借入で気をぬいて、返済まで気が回らず、ゆくゆくは返済不能な状態になってしまう。

これでは上手なキャッシング利用とは言えません。

即日融資で簡単に借りすぎて借金グセがつく

即日借入で、利用者のお金を借りることへの抵抗感がなくなり、お金に困ったらお金を借りる「借金癖」がついてしまうのも考えものです。

考えてみれば、借金自体はまっとうな行動ではありません。

本来は、借金はお金を調達するための手段の中でも「最後の手段」とするべきです。

それなのに、即日借入でキャッシングを利用したばっかりに「お金に困ったら借金」という思考回路が出来てしまうのは考えものです。

お金を借りると決めたとしても、借金癖をつけないように注意してください。

即日借入までの手順と所要時間

実際にキャッシングを利用して即日借入を行い場合、どんな手順てお金を借り入れるのか。

借入手続きの流れと、そこにかかる所要時間も説明したいと思います。

※あくまで、一般的なキャッシング利用にかかる所要時間です。かならずしもここで説明する時間が正確とは限りません。

申込

WEBからキャッシング申込を行います。

申込自体は、WEBから24時間365日対応のところが多いですが、審査受付時間はもっとかかるところも。

おすすめなのは、その後の手続がスムーズになる平日の午前中申し込みです。

また、営業時間の関係で土日の銀行カードローンは審査自体できないので、即日借入関係なく銀行カードローン申し込みは平日に行なうべきですね。

審査

申し込みが終わったらいよいよ審査がはじまります。

審査にかかる時間は、様々な要因で決まります。

前述した申し込み時間、申し込んだ人の条件、キャッシングで設定されている審査時間など、総合的に審査に時間が決まります。

審査がスムーズに進めば、審査時間が最短で30分で終わるところも。

審査回答・契約

審査に通れば、金融機関から審査結果の返答が来ます。

あとは実際にキャッシング契約を行なうだけです。

順調に進めば、申し込みから契約までに数時間しか要しません。

借入

契約を結んだあとは、実際に借入を行なうのですが、この時の借入方法は「振込融資」を受けるのがおすすめです。

カードが届くのを待って、カード受け取り後ATMから借入を行っていては時間がかかりすぎます。

無人契約機でカード発行後借入も、時間がかかる、確実性にかけるなどの理由でおすすめできません。

即日借入を行なうために一番確実なのは、WEBから申込後、WEBから振込依頼を出して振込融資を受けることでしょう。

即日借入ランキング まとめ

今回は、借入に急いでいる方向けで「即日借入ランキング」をご紹介しました。

即日借入に対応したキャッシングこそ多いですが、「即日借入で借りやすいキャッシング」は数が限られてきます。