スマホの分割払い審査に落ちた理由は?どうしたらスマホが手に入れられるか解説

「スマホの分割払い審査に落ちてしまったけどなんで?」
「どうしても最新のiPhoneが欲しいのだけどどうすればいい?」
こちらの記事では、そんな人に向けてスマホの分割払い審査について解説していきます。

今や日常に欠かせなくなったスマートフォンですが、機能が充実するとともに価格も上昇し、今は10万円を超える機種は珍しくありません。

そして高額なスマホは分割払いをすることが多いと思いますが、実は分割払いをするときには審査がおこなわれています。

そこで審査落ちするとスマホが手に入らず、絶望してしまうことも。

最新機種を手に入れたい人にとって、これは避けたいことですよね。

こちらの記事ではスマホの分割払い審査について解説しているので、スマホの分割払い審査について知りたい人はぜひ読んで参考にしてみてください。

目次

スマホの分割払い審査に落ちたけどなぜ

まずはスマホの分割払い審査がどのようにおこなわれて、なぜ審査に落ちてしまったのかを解説していきます。

分割払いはローン契約

スマホは本体代金が高いため、契約時も分割払いを勧められることが多いです。

分割払いは本体代金を2年かけて支払う契約が多く、つまり2年間で支払うローン契約をするということ。

ローン契約時にはその人が本当にローン契約をしてもいいかどうか、審査がおこなわれます。

その審査に落ちてしまうと分割払いでは契約できず、スマホが手に入りません。

特に本体代金が10万円を超えると、審査もより厳しくなる傾向にありますね。

一括払いの場合は分割審査なし

一方スマホ本体代金を分割払いにせず、一括払いで支払うという方法もあります。

この場合ローン契約ではないので、審査に落ちることは基本的にありません。

一括払いで審査落ちと言われたら、それは過去に携帯電話料金の支払いを滞納し、キャリアのブラックリストに載っている可能性が高いです。

その場合申し込みをしたキャリアでは、しばらくスマホが買えないと思ったほうがいいでしょう。

現在は格安SIMなど携帯キャリアが増えていますので、他のキャリアで契約するなどの手段をとりましょう。

カードローン・クレジットカードの情報が確認される

スマホの分割審査では、「個別信用情報機関」と呼ばれる機関に問い合わせをします。

細かなポイントは後ほど解説しますが、「個別信用情報機関」には、カードローン・クレジットカードなどの支払い情報が掲載されています。

そこで支払い遅れが多いと、審査に落ちてしまうということです。

なぜ審査に落ちるのかは、携帯電話会社の人の立場になってみるとわかりやすいでしょう。

クレジットカードの支払い情報を見たところ、申込者が毎月のように支払いを遅らせていたとします。

このような人から申し込みがあると、スマホ代金の支払いをしっかりしてくれるか不安になりませんか?
スマホ代金の料金を滞納されると後々の回収がかなり手間になるので、そうした人ははじめから契約しないでおこうということですね。

スマホの支払いはしていてもクレジットカード支払いの影響で審査落ちすることもあることを、しっかり頭に入れておきましょう。

スマホの乗り換えを頻繁にしたことがある

少し特殊な事情ですが、数年前スマホを乗り換えることで高額のキャッシュバックがもらえる時代がありました。

これに乗じてスマホを大量に契約してキャッシュバックを得ている人がいましたが、その後支払いができなくなったりした場合、携帯会社からの信用がかなり落ちてしまっています。

このような事情があるとスマホ分割審査に落ちる可能性があるので、該当する人は一度契約を確認してみましょう。

スマホの分割払い審査に落ちた理由1.料金の滞納

スマホの分割払い審査に落ちる理由は大きく分けて3つの理由があります

  • 料金の滞納
  • 信用情報の問題
  • クレジットカードヒストリーの問題

ここからはそれぞれの原因について、詳しく解説していきます。

スマホ・クレジットカードの支払いが滞納中の場合審査落ちする

スマホを販売しているキャリアは、それぞれお客さんの情報をデータ化して保存しています。

そのため名前や生年月日を入力すれば、その人の支払い情報が一目瞭然。

現時点でスマホ料金を滞納しているとわかると、即審査落ちします。

現在も料金を滞納している人が新しくスマホの契約をしても、代金を支払ってくれる保証がありませんからね。

携帯キャリアは毎月の通信料をしっかり徴収することで、ビジネスが成り立っています。

毎月の利用料金が支払われていないと、携帯キャリアにとって致命的なので、その可能性が高い人は容赦なく審査落ちしてしまいますよ。

過去に滞納履歴があるときは注意

リアルタイムで支払い忘れがない人でも、過去に滞納履歴がある人は注意が必要です。

もちろん過去に1日だけ支払いを忘れていて遅れたレベルであれば、問題になることはまずありません。

ただし毎月のように支払い遅れをしている人は要注意。

毎月支払い遅れをしているのがうっかりだったとしても、携帯キャリアからはお金がギリギリで支払いができないと思われてしまいます。

そのように思われている人から新しく高額なスマホを購入すると申し込みがあっても、支払いされるかどうか不安なので審査落ちするケースがあります。

携帯電話料金の支払いを忘れがちな人は、口座振替かクレジットカード支払いで支払いをするように切り替えましょう。

口座振替かクレジットカード支払いであれば自動で引き落としをしてくれるので、支払い忘れをすることもなくなりますよ。

強制解約履歴がある場合審査落ちする可能性大

携帯電話料金の支払い遅れが何度もあると、キャリア側から強制解約されることがあります。

当社は、お客様が本サービス規約または約款等 (利用料金の支払いを遅延した場合を含みます) に違反した場合、何ら通知または催告を行うことなく、本サービスの全部または一部の利用を一時的に停止し、または本サービス利用契約を解除することができるものとします。
出典:My au利用規約10条2

こちらはauの規約ですが、他のキャリアも似たような規約が記載されています。

強制解約の履歴がある場合、そのキャリアとはしばらく契約ができなくなってしまいます。

これは分割払いだけでなく一括払いの場合も同様ですね。

強制解約前には何度か通知がくるので、そのときは早急に支払い対応をしましょう。

スマホの分割払い審査に落ちた理由2.信用情報が原因になっている

スマホ分割審査では、信用情報が必ず確認されます。

信用情報とはどのようなもので、どのような点が確認されるのでしょうか。

信用情報って何?

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

このようにクレジットカード・カードローンなど、後払いや分割払いになる金融情報は、すべて信用情報に反映されます。

そのためスマホの分割払いや、テレビショッピングの分割払いも、信用情報に掲載されるということですね。

日本で発行されているクレジットカード・カードローンの情報は、すべて信用情報に掲載されているという認識で間違いありません。

クレジットカードやカードローンで支払い遅れがある場合、スマホ分割払い審査にも大きな影響が出てしまいますよ。

信用情報機関とは?自分の信用情報を開示請求する方法はあるのか
信用情報機関っていくつもあるみたいだけど、何か違いがあるの? 信用情報機関ってそもそも何をしている機関なの? 今回は、信用情報機関の特徴や役割について解説します。 後半では、信用情報の開示方法や開示した情報の見方について説明します...

信用情報がブラックの場合審査落ちする

信用情報にはブラックと呼ばれる状態があります。

  • 支払い日から61日以上経っても支払いがない
  • 債務整理や自己破産をした記録がある

いずれかの条件を満たしてしまった場合、信用情報がブラックと呼ばれる状態になります。

支払いが61日以上遅れるのは、クレジットカード・カードローン・スマホ分割払いなど、何か1社でも遅延した場合対象になります。

とくにスマホの分割払いは携帯電話料金の支払いと一緒に請求されるので、携帯電話料金の支払いができていないと、いつの間にか信用情報もブラックになってしまったという事態になりかねません。

ブラック状態は支払い遅延を解消するもしくは債務整理や自己破産が認められてから、5年間ブラック状態が続きます。

信用情報がブラックの場合即審査落ちしてしまうので、ブラックにならないように注意しましょう。

信用情報は自分でも確認できる

ちなみに信用情報は自分でも確認できます。

信用情報はCIC、JICC、KSCという3つありますが、スマホ分割審査の場合基本的にCICの情報をもとに審査がおこなわれます。

CICの場合クレジットカード支払いにすれば、すぐに情報開示ができます。

自分の信用情報が気になる人は、CICのホームページから確認をしてみましょう。

スマホの分割払い審査に落ちた理由3.クレジットヒストリーに問題がある

スマホ分割審査では、信用情報が確認されその中にあるクレジットヒストリーがとても重要です。

クレジットヒストリーはクレジットカードやカードローンの審査にも影響するので、しっかり確認しておきましょう。

クレジットヒストリーって何?

クレジットヒストリーとは、信用情報に記載されている情報の履歴のこと。

信用情報には支払い遅れや途中解約などさまざまな情報が記載されており、その情報は長期間残ります。

情報が残る期間は内容によって異なり、たとえば先ほど紹介したブラック情報は5年間残ります。

一方でクレジットカードやカードローンへの申し込み情報は、半年間のみ記録が残ります。

同時に多数のクレジットカードに申し込みをすることを申し込みブラックと呼び、申し込みブラックになるとクレジットカードやカードローンの審査には通らなくなります。

しかし申し込みブラックの場合半年間で情報が消えるので、半年後には普通に申し込みができるようになります。

クレジットヒストリーはとても大切なので、しっかり把握しておきましょう。

クレジットカードやカードローンの支払い遅延はスマホ分割審査にも影響する

信用情報にはあらゆるクレジットカードやカードローンの支払い情報が掲載されています。

そのため契約しているクレジットカードの支払いが遅延すると、スマホ分割審査にも影響がでます。

スマホの審査はクレジットカードやカードローンに比べると甘いのですが、逆のことを考えるとクレジットヒストリーはとても大切。

たとえば将来的に住宅ローンを組みたいと考えている人は、日々のクレジットカードやカードローンの支払いをしっかりしておくことが大切。

クレジットカード支払いが遅れている場合、高額な住宅ローンの審査に通る可能性は少ないです。

クレジットヒストリーは人生においてとても大切なので、意識して作っておくことが大切ですよ。

クレジットヒストリーが何もない場合も注意

カードローンやクレジットカードと契約をしない場合、信用情報には何も記録されません。

このことは一見よさそうに思えますが、この状態実はあまりよくありません。

信用情報に何も記録がない人のことをスーパーホワイトと呼びますが、スーパーホワイトの人は逆に本当に支払いをしてくれるかどうかわかりません。

そのためたとえば30歳までスーパーホワイトの人が、クレジットカードの審査に落ちるということがあります。

スマホ分割審査であればスーパーホワイトの人でも審査に通る可能性は高いですが、クレジットカードやカードローンの審査には落ちる可能性が十分あります。

今後ローンを組みたいと考えている人は、意識的にクレジットヒストリーを作ることが大切ですよ。

スマホの分割払い審査に落ちたときの対策

ここまでスマホ分割払いの審査について解説してきましたが、それでは審査に落ちてしまったときはどうすればいいのでしょうか。

今やスマホは生活必需品になりつつあるので、スマホが契約できないことは一大事。

料金を滞納している場合すぐ支払いをする

スマホ料金の対応が原因で審査に落ちてしまった場合、すぐに料金の支払いをおこないましょう。

現状滞納がある人は、問答無用で審査落ちします。

料金を滞納している場合キャリアのショップで支払いができるので、すぐに対応をしましょう。

料金の支払いが反映されても審査落ちするようであれば、他のことが原因で審査落ちしているということです。

その場合他の対策を考える必要がありますが、まずは料金の支払いをしっかりおこないましょう。

現金一括払いで購入する

スマホ分割審査に落ちた場合、現金一括払いで購入する方法があります。

スマホの本体代金は10万円以上するので、現金で支払うのは余裕がないと難しい状況です。

しかし分割払いができないのであれば、一括払いで購入する他ありません。

そのため分割払いができないとわかったら、現金で購入できるようにスマホ用の代金を貯めておきましょう。

たとえ信用情報がブラックだったとしても、現金一括払いであればスマホの購入ができます。

ただし強制解約の履歴があるなどして、キャリアのブラックリストに載っている場合、現金一括払いでも購入できないことがあります。

その場合キャリアのブラックリストがあけるまで待つか、他のキャリアと契約するかという選択肢しかありません。

キャリアのブラックリストに載っている場合いつブラックリストから外れるかわからないので、他のキャリアに乗り換える方が無難でしょう。

格安SIMの会社も増えていますので、これを機に格安SIMに乗り換えるのもありですね。

クレジットカードで購入して支払い方法を分割支払いにする

「スマホの分割払い審査に落ちてしまったけど、一括購入できる現金はない」
そのような場合、クレジットカードで購入するという方法があります。

スマホの本体代金を一括購入する場合、現金だけでなくクレジットカードでの購入もできます。

クレジットカードで購入する場合、一括支払いだけでなく分割支払いが選択できるので、クレジットカードがあればクレジットカード支払いも選択肢に入れましょう。

クレジットカード支払いにするとポイントもつくので、現金支払いをするくらいであればクレジットカードで支払ったほうがお得です。

スマホ代金は高額なので、クレジットカード支払いをすると、たくさんのポイント還元が受けられますよ。

またクレジットカードの支払いは、2回払いであれば手数料がかかりません。

分割払いでも比較的手数料は低いので、使いやすいです。

ただしリボ払いは手数料が高いので、利用することはオススメしません。

クレジットカードで一括購入する場合、支払い方法をどうするのか考えておきましょう。

下取り・ポイントなどで本体代金を下げる

スマホの分割払い審査は、本体代金が10万円を超えると審査が厳しくなります。

そのため下取りやポイントなどを使って、本体代金を10万円以下にできれば審査に通りやすくなります。

iPhoneを持っている人は、もともとiPhoneを使っている人が大多数です。

iPhoneは一つ前の型でも価値があるので、下取りに出すことで本体代金が安くなり、スマホの分割払い審査に通りやすくなります。

たしかに下取りに出すのであれば、中古ショップなどに売った方が利益は得られます。

ただしその場合本体代金はかわらないので、審査には影響がありません。

審査に通過するために、本体代金を下げられるのであれば下げる対応をすると、審査に通る可能性が高くなりますよ。

本体代金10万円以下の機種を購入する

下取りやポイントで本体代金を下げられないのであれば、そもそも本体代金が安いスマホを購入するという方法があります。

iPhoneの場合容量が少ないものを買えば、本体代金は安くなります。

またiPhoneにこだわらないのであれば、比較的安価なスマホを購入すれば、本体代金が安くなります。

もし希望のスマホが持てないのであれば、他のスマホに申し込みをするなど、対応を考えてみましょう。

スマホの審査はカードローンやクレジットカードに比べると甘い

ここまでスマホの分割払い審査について解説してきましたが、そもそもスマホの審査はカードローンやクレジットカードに比べると甘いです。

そのためスマホの審査に落ちたのであれば、クレヒスなどを踏まえて今後の人生を考えたほうがいいです。

最後にスマホの審査に落ちた人に向けて、スマホの審査に落ちたときに考えるべきことについて考えていきます。

金額の安いスマホの審査は厳しくない

そもそもスマホは高いものでも十数万円です。

一方カードローンは元手があるものの、数十万円の返済をしなければなりません。

またクレジットカードは利用限度額内であれば、何度でも使えます。

そのためスマホに比べてカードローンやクレジットカードは、高額の扱いをする可能性が高いということ。

そのためスマホの審査よりも、カードローンやクレジットカードの方が審査は厳しくなります。

無料のクレジットカードであれば、働いていて信用情報に問題がなければほぼ審査に通ります。

つまりスマホはそれよりも審査ハードルが低いということで、スマホの分割払い審査に通らなければ、ローン系の審査にはほぼ通りません。

もしスマホの分割払い審査に通らなかったのであれば、ローン系の審査にはほとんど通らないことを認識しておきましょう。

スマホの審査に落ちたらクレヒス作りを意識しよう

そのためもしスマホの審査に落ちてしまったのであれば、クレヒス作りは意識して生活しましょう。

クレジットカードを持っているのであれば、クレジットカードを毎月期日通りに支払う。

カードローンを毎月支払って、できれば早めに完済する。

そのような対応ができるのであれば、クレヒスは徐々によくなっていきます。

またクレジットカードやカードローンと契約できないのであれば、しばらく期間を置くなどして対応しましょう。

スマホの審査に通らないのであれば、クレジットカードやカードローンと新規契約することが難しいので、時間を置くことが1番の対策です。

クレヒス作りを意識するだけで、生活はガラッと変わりますよ。

クレヒス作りは将来のために必要

なぜここまでクレヒス作りについて説明するかというと、クレヒス作りは将来のために必要だからです。

現代ではクレジットカードなどキャッシュレス化が進んでおり、国としてもキャッシュレス化を推進しています。

そのためクレジットカードを使うと消費税増税分が還元されるなど、キャッシュレス化手段を優遇する流れもできてきています。

さらに年金問題などもあり、自分の資産は自分で守らなければなりません。

こうした事情がある以上、クレジットカードを使ってポイント還元を受けるなど、少しずつでも節約していくことが大切です。

また将来住宅ローンやカーローンを組みたいと思うことがあるかもしれません。

住宅ローンやカーローンを組むとなると、かなりの高額なので審査も厳しくなります。

そのようなことまで考えると、クレヒス作りはしておいて損はしません。

これを機にクレヒス作りを意識して、生活してみてはいかがでしょうか。

スマホ分割払いの審査をクリアしよう

ここまでスマホ分割払い審査について解説してきました。

スマホの分割払い審査に落ちてしまうと、どうすればいいのかわからないという人の参考になれば幸いです。

またスマホの分割払い審査に落ちたということは、クレジットカードやカードローンの審査に落ちる可能性が高いということを頭に入れておきましょう。

人生は長いのでクレヒス作りをしっかり意識しておけば、スマホの分割払い審査は問題なく通るようになります。

コツをしっかりおさえてスマホの分割払い審査をクリアしましょう。