山形銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

銀行や消費者金融など、様々なカードローンがあります。

カードローンを選ぶ時、審査の通りやすさや金利、返済方法など色々と気になることもあるでしょう。

今回は山形県内だけでなく、秋田県や東京都など幅広い営業エリアを持つ山形銀行が提供するカードローンについて詳しく解説していきます。

金利や借入方法などがどうなっているか、詳しく見ていきましょう。

山形銀行カードローン詳細情報(スペック表)

申し込み条件 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
必要書類 本人確認書類
審査時間 最短2営業日程度
利用用途 自由(事業性資金は除く)
契約期間 1年間
限度額 10万円以上500万円以内
保証会社 アコム株式会社

山形銀行カードローンのメリット

  • 申し込みから融資までWEBで完結できる
  • 10万円以下の借り入れなら2000円から返済可能
  • 山形銀行の口座を持っていれば事前振り込みしてもらえる

申し込みから融資までWEBで完結できる

カードローンは会社によって申し込み方法が変わります。

山形銀行カードローンは、店頭や電話での申し込み以外に、WEBからの申し込みに対応しています。

また融資まで全てWEB上で完結できるので、手続き中に店頭に出向く必要はありません。

山形銀行カードローンを利用したいけれど、近くに店舗がなくて申し込みに行けない方もいるでしょう。

そういう方でも、ネット上から気軽に手続できるのは大きなメリットです。

カードローンの中には、WEBから申し込みができても契約時に店頭に出向かなければならないものもあります。

そういったカードローンに比べると、手続はかなり楽です。

なかなか店頭に出向く時間がない方も、山形銀行カードローンなら気軽に申し込みできるでしょう。

10万円以下の借り入れなら2000円から返済可能

カードローンでお金を借りた時、毎月いくら返済するかはカードローンによって変わります。

無理なく返済するためには、無理のない範囲で返済できるようなカードローンを選ばなければなりません。

山形銀行カードローンは借入額によって毎月の返済額が変わるのですが、10万円以下の借り入れなら2000円から返済することができます。

他のカードローンに比べても少額なので、返済しやすいカードローンと言えるでしょう。

返済額が固定されているのも、初めてカードローンを利用する方には嬉しいポイントです。

返済額が変動しないので分かりやすく、返済計画が立てやすくなります。

山形銀行の口座を持っていれば事前振り込みしてもらえる

カードローンは申し込みをしたからといって、必ずしもすぐに融資が受けられるわけではありません。

融資までのスピードはカードローンによって変わります。

特にローンカードを使って借り入れを受けるようなカードローンは、カードが自宅に届くまで融資を受けられないことがあります。

山形銀行カードローンもローンカードで借り入れするのですが、事前振り込みサービスにも対応しています。

これを利用すれば、ローンカードが届く前に振り込みで融資が受けられるので便利です。

少しでも早くお金が必要な方は、事前振り込みサービスを利用しましょう。

ただし、これは山形銀行の口座を持っている方が利用できるサービスです。

口座がない人は利用できないので注意してください。

山形銀行カードローンのデメリット

  • 即日融資には対応していない
  • 営業地域内に住んでいる方しか利用できない
  • コンビニのATMだと手数料がかかる

即日融資には対応していない

カードローンを利用する人の中には、少しでも早く融資して欲しい方もいるでしょう。

そういう方に便利なのが即日融資です。

即日融資に対応しているカードローンなら、申し込みしたその日に借り入れすることができます。

しかし、山形銀行カードローンは即日融資に対応していません。

申し込みしてから融資を受けるまで、数日はかかってしまうので注意しましょう。

即日融資に対応しているのは、消費者金融のカードローンのみです。

山形銀行に限らず、銀行系のカードローンは即日融資に対応しなくなりました。

どうしても申し込みしたその日に融資を受けたいなら、消費者金融のカードローンを利用するしかありません。

営業地域内に住んでいる方しか利用できない

全国から申し込みを受け付けているカードローンもありますが、山形銀行カードローンは全国対応していません。

申し込みできるのは、山形銀行の営業地域内に住んでいる、もしくは勤務している方のみです。

山形県以外では、宮城県、秋田県、福島県、栃木県、埼玉県、東京都の特定地域に住んでいる方が申し込みできます。

申し込みできる人が限定されているのはデメリットになるでしょう。

山形銀行カードローンの利用を検討しているなら、まずは自分が住んでいるエリアが営業地域内か確認しておきましょう。

地方銀行のカードローンは、申し込み条件で住んでいる地域が限定されていることが多いです。

全国どこからでも申し込みできるカードローンを探しているなら、大手の消費者金融カードローンを探してみるとよいかもしれません。

コンビニのATMだと手数料がかかる

カードローンは借り入れや返済などで、ATMを利用することが多いです。

そのため、ATMを無料で利用できるかどうかが重要になります。

山形銀行カードローンの場合、銀行のATMなら無料で利用できますが、コンビニのATMを利用する時には手数料がかかってしまいます。

コンビニのATMは設置数も多いですし、24時間利用できるので非常に便利です。

身近に山形銀行のATMがない方は、コンビニATMを利用する機会が多くなるでしょう。

その時、毎回手数料がかかってしまうのはデメリットです。

1回の手数料は少なくても、使用する回数が多くなると大きな負担になります。

山形銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

カードローンの審査基準は、基本的に公開されていません。

それぞれに審査基準があり、A社で融資が受けられなかった人が、B社で融資を受けられることもあります。

申し込み条件や金利の高さなどを見ると、ある程度審査基準が甘いかどうかが推測できます。

山形銀行カードローンは、正社員だけでなくパートやアルバイトの方、さらには専業主婦や年金受給者も申し込み可能です。

申し込みの対象が広いため、特別審査基準が厳しいとは言えないでしょう。

金利に関しては低ければ低いほど、審査基準が厳しくなる傾向があります。

山形銀行カードローンは他銀行に比べても平均的な金利です。

色々な面から見て、審査基準はそれほど厳しくないと考えてよいかもしれません。

山形銀行カードローンの金利は他社より高い?

【金利一覧】

山形銀行カードローン 4.5%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

大手カードローンの金利は上記の通りです。

他の銀行系カードローンと比較すると、山形銀行カードローンは上限金利も下限金利も平均的な数字です。

プロミスやアイフルなど大手消費者金融と比べると、上限金利は低く設定されています。

金利が高ければ高いほど、返済する時の利息額も大きくなるため見逃せないポイントです。

返済の負担を減らすためには、なるべく金利の低いカードローンを選ぶほうがよいです。

山形銀行カードローンは、金利が低く利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

山形銀行カードローンの利息一覧

利息額は金利や借入期間、借入額などによって変動します。

同じ金額を借り入れていても、利用するカードローンによって支払う利息額が変わるので注意しましょう。

山形銀行カードローンは、利用限度額によって金利が変わります。

100万円未満なら14.0%、100万円以上200万円未満なら12.0%といったように、利用額によって適用金利が決定されます。

借り入れする時は、返済時に利息額がいくらかかるのか把握しておくとよいでしょう。

山形銀行カードローンで7日間借り入れを受けた場合の利息額の一例は以下の通りです。

【7日間借り入れた場合の利息額】

借入額 利息
1万円 26円
5万円 134円
10万円 268円
20万円 536円
50万円 1342円
100万円 2301円
150万円 3452円
200万円 3068円
300万円 4602円
500万円 4315円

山形銀行カードローンは返済しやすい?

カードローンを選ぶ時は、返済しやすいかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

対応しているATMが少なかったり、用意されている返済方法が限定されていたりすると、返済がしにくく遅延などのトラブルが発生しやすくなります。

山形銀行カードローンは毎月決まった額を返済する約定返済と、好きなタイミングで返済できる任意返済が可能です。

約定返済も最低毎月2000円という少額から可能なので、返済しやすいカードローンと言えるでしょう。

山形銀行のATMだけでなく、コンビニのATMから返済可能なのもポイントです。

対応しているATMが多ければ、それだけ返済もしやすくなります。

ただし、コンビニのATMを利用する場合手数料がかかってしまう点には注意してください。

返済方式

山形銀行カードローンの返済方式はいくつかありますが、基本的な返済方式は約定返済です。

約定返済は多くのカードローンで取り入れられている返済方法で、毎月決められた日に指定口座から自動引き落としで返済します。

返済する金額は借り入れ残高によって決まります。

一定範囲内なら返済額が変わらないのが大きな魅力です。

何度か借り入れしても、決められた範囲内なら返済額が変動しないため、返済計画も立てやすくなるでしょう。

約定返済とは別に、任意返済することも可能です。

任意返済はローン専用カードを使い、ATMから返済する方法です。

約定返済とは違い、自分の好きなタイミングで返済することができます。

山形銀行カードローンを利用した場合、この2つの方法で返済することになります。

返済日

山形銀行カードローンの毎月の返済日は3日です。

3日に指定口座から自動引き落としで返済することになります。

もし3日が休日の場合は、翌営業日が返済日になるので注意しましょう。

返済する金額は、返済日前日の借入残高に応じて決定されます。

残高不足で3日に引き落としが行われなかった場合、遅延扱いになってしまうので注意してください。

カードローンで返済の遅延を起こしてしまうと、様々なトラブルが発生します。

遅延損害金が発生した場合、年18.0%の金利を支払わなければなりません。

それだけでなく、あまりに遅延が酷い場合には信用情報に傷がつく可能性もあります。

新たにローンが組めなくなったり、クレジットカードが発行できなくなったり、大きなリスクを負うことになるので返済は遅れないように気をつけましょう。

毎月の返済額

毎月の返済額を事前にチェックしてカードローンを選ぶことも大切です。

返済方法や金利によって、毎月の返済額は変わります。

無理のない範囲で返済できるカードローンかを見極めないと、返済に困ることもあるので注意しましょう。

山形銀行カードローンは、借入残高によって毎月の返済額が変わります。

借入残高 返済額
1万円 2000円
5万円 2000円
10万円 2000円
20万円 4000円
50万円 1万円
100万円 2万円
150万円 2万5000円
200万円 3万円
300万円 4万円
500万円 6万円

毎月の返済額は上記の通りです。

10万円までの借り入れなら、2000円と少額の返済になるのが大きな魅力でしょう。

借入残高が増えると、毎月の返済額も大きくなります。

限度額いっぱいの500万円を借り入れした場合でも、毎月の返済額は6万円です。

他のカードローンと比べても、特別大きな返済額ではありません。

返済の負担が少ないカードローンを探している方にも、利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

山形銀行カードローンの借り入れ方法

山形銀行カードローンでは、3つの借り入れ方法が用意されています。

ATMを利用した借り入れ

山形銀行カードローンに申し込みすると、専用のローンカードが発行されます。

このローンカードを使えば、ATMから限度額の範囲内で融資を受けることができます。

山形銀行ATMの他に、ローソン銀行やセブン銀行などコンビニのATMも利用可能です。

コンビニのATMなら、銀行の営業時間外でも融資が受けられます。

ただし、手数料がかかってしまうATMもあるので、利用前にチェックしておきましょう。

振り込みによる借り入れも可能

振り込みによる借り入れに対応しているのも魅力の1つです。

ただし、これは初回のみのサービスなので注意してください。

カードローンの申し込みをした時、ローンカードが届く前に融資を受けたい方向けのサービスです。

申し込みすれば、返済用の指定口座に限度額の範囲内で融資金を振り込みしてもらえます。

自動融資機能を利用した借り入れ

山形銀行カードローンには、自動融資機能というサービスがあります。

これは公共料金やクレジットカードの支払いを、山形銀行の口座からの引き落としで行っている時に利用できるサービスです。

口座の残高が不足していた時、利用限度額の範囲内なら不足分を自動的に融資してもらえます。

公共料金の支払日に入金を忘れてしまった時、支払いできなくなるのを防ぐことができます。

ただし、カードローンの返済やつみたて投信の購入代金など、自動融資できないものもあるので注意してください。

山形銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

30代 会社員

友人と海外旅行に行くことになったのですが、その旅行費用が工面できずカードローンを利用しました。

銀行系のカードローンは審査が厳しいイメージだったのですが、問題なく融資を受けることができました。

もともと山形銀行の口座を持っていたので、手続きがスムーズに進んだのも良かったです。

コンビニのATMだと手数料がかかってしまうのがちょっと残念ですが、銀行のATMなら無料なのでそれほど不便は感じないです。

20代 会社員

長年付き合っていた彼女と結婚することになったのですが、結婚式を挙げるお金がなく困っていました。

どうにかならないかと思っていた時、利用していた山形銀行にカードローンのサービスがあるのを知ったのです。

カードローンは利用したことはなかったのですが、ネットから申し込みできて簡単ですし、手続きで困ることはありませんでした。

年収がそれほど多くない私でしたが、希望額の融資をしてもらえて大満足です。

20代 パート

パートでも融資してくれるカードローンを探していた時、山形銀行カードローンを見つけました。

申し込み条件にパートOKと書いてありましたが、実際融資が受けられるかすごく不安でした。

しかし、申し込みしてみるとびっくりするくらいスムーズに契約できたのです。

毎月の返済額が固定で、少額なのも収入が少ない私にはありがたかったです。

パートの人でも、気軽に利用しやすいカードローンだと感じました。

40代 会社員

趣味で楽器をやっているのですが、どうしても欲しいギターがありました。

ある程度の収入はあるのですが、100万円と高級なギターだったのでカードローンで少しお金を借りることにしたのです。

銀行系のカードローンで安心できますし、低金利だったのが決め手です。

自動融資機能がついているのが便利でした。

口座の残高が不足している時、自動的に融資が受けられるので公共料金などの支払い忘れを防ぐことができて助かります。