貧乏性ってどんな意味?貧乏性のメリット・デメリットも解説!

貧乏

「人からよく貧乏性って言われるけど、どんな意味で言われているの?」

ケチケチしている人に対して貧乏性ということがありますが、はたしてそれはどのような意味で言われているのでしょうか。

こちらの記事では、貧乏性の意味とその対策について解説していきます。

人からよく貧乏性と言われている人は、この記事を読んで自分の性格を客観視してみましょう。

貧乏性は決して悪い意味ばかりではないので、改善できれば長所にもなりますよ。

貧乏性ってどんな意味?

まずは貧乏性とは、どのような意味で使われているのか解説していきます。

貧乏性=貧乏ではない

「あの人はけちけちしていて、貧乏性だ」
みなさんも貧乏性という言葉は、このような使い方で聞いたことがあるのではないでしょうか。

貧乏性の辞書的な意味は
貧乏が身についたような性質。

また、いつもけちけちしてゆとりのない性質。

時間や金銭などをゆったり使うことのできない性質。
出典::精選版 日本国語大辞典

このような解説がされています。

つまり貧乏性=貧乏ではなく、けちな人のことを表す総称と言ってもいいでしょう。

時間や金銭などをゆったり使うことができないので、1円単位で割り勘にこだわったりする人のことを指しますね。

倹約家とは違う意味で使われる

貧乏性と似た意味の言葉として、倹約家という言葉が使われます。

倹約家の意味は以下の通りです。

物や金を無駄遣いしない人のこと。

なお、無駄遣いしている人のことを「浪費家」という。
出典:実用日本語表現辞典

貧乏性と倹約家は似たような意味ですが、マイナスの意味で使われがちなのが貧乏性です。

一方倹約家は無駄使いをしないという意味なので、プラスの意味で使われることが多いですね。

貧乏性のすべてが悪いわけではない

貧乏性という言葉はマイナスの意味でとらえられがちですが、すべてが悪いという意味ではありません。

時間やお金にきっちりしているということも捉えられるので、うまく使えば長所にもなりえます。

人間関係を形成していくうえであまりけちけちしていると、どうしても嫌われてしまうということがあります。

たとえば会社の飲み会に誘われたとしても、お金がもったいないからという理由で断ると、貧乏性で付き合いが悪いとみなされることがありますね。

このように人付き合いをしていく上では、貧乏性であることがマイナスになることがあります。

貧乏性であることすべてが悪いわけではないので、いい箇所はそのままに悪い部分を直していくといいでしょう。

貧乏性のメリット・デメリット

それでは貧乏性であることのメリットやデメリットは、どのような点があるのでしょうか。

お金は貯まりやすい傾向にある

貧乏性ということはお金が出ていくことに対して、敏感ということ。

つまり貧乏性の人ほど、お金が貯まりやすい傾向にあることはメリットです。

物持ちもいいので、うまくその性質を利用すれば、お金は貯まっていきます。

お金の管理にもシビアなので、貸し借りをしても覚えていることが多く、損をすることは少ないです。

お金は人生においては必要なものなので、しっかり管理するに越したことはありません。

あまりシビアになりすぎるとよくありませんが、お金が貯まりやすい傾向にあるという点はメリットですね。

ドライな印象がもたれやすい

一方でお金の管理を徹底していると、ドライな印象がもたれやすいです。

人間関係を遮断したいのであれば問題ないですが、仕事や学校ではある程度人と付き合っていくことが求められることが多いです。

その場合孤立してしまうこともあり、その点は貧乏性のデメリットですね。

貧乏性な印象を周りにもたれると

  • 損得勘定で人付き合いをしそう
  • 細かいことを指摘されそう

といった印象をもたれることがあるので、人によっては敬遠されてしまいます。

自分が貧乏性だという自覚がある人は、周りの人からそのような目で見られていることを覚えておくといいでしょう。

たとえば会社の飲み会を断ったとしても、他の部分でしっかりコミュニケーションをとっていれば、人間関係が崩れることはありません。

周りの状況を見ながら判断できると、このデメリットはだいぶ薄れてきますよ。

部屋に物が多くなってしまいがち

貧乏性の人は、物持ちがいいというメリットがありますが、一方で部屋に物が多くなってしまいがちというデメリットがあります。

これは使わないものでも捨てるのがもったいないからという考えをするので、どうしても物が残ってしまうからです。

この点の対策としては、ある程度の期間使わないものはスッパリと捨てる習慣をつけることです。

たとえば半年単位で家の物を見直して、使わないものはすべて捨てる。

極端な例ですが、半年も使わないものは今後も使わない可能性が高いです。

それであれば期間を決めて、きっぱりと捨ててしまったほうが今後のためです。

家の中に物があふれかえっていると、精神的な余裕がなくなってストレスになることもあります。

ある程度の期間で断捨離すると、このデメリットは解消できますよ。

貧乏性な女性の特徴

貧乏性な女性は、気を付けていないと男性にモテなくなる可能性があります。

ここからは貧乏性な女性の特徴と、貧乏性な女性はどのようにしていけばいいのか解説していきます。

デートの時の支払いに細かい

貧乏性な人は、お金の支払いに細かい傾向があります。

そのためデート時の支払いに細かい一面が見え、男性が醒めてしまうことがあります。

たとえばデートの会計時にクーポンを積極的に見せたり、店員さんに値引き交渉をしていたりすると、ひいてしまう男性がいることも事実。

男性は女性から頼られると嬉しいので、クーポンや値引き交渉は自分のことを信用していないと勘違いしてしまうことがあります。

自分にその気がなくても相手がそう思ってしまうことがあるので、そのようなことをしたくなったとしても相手の性格を考えて行動しましょう。

たとえば「デートにお金を使わなくても、あなたと一緒にいられれば幸せだよ」と伝えられれば、相手を尊重しつつ自分の意見も通せます。

相手の状況を見つつ判断することで、貧乏性だと思われない行動をしましょう。

セール・割引という言葉に弱い

貧乏性の女性は、セール・割引という言葉に弱いです。

そのためセール品を見つけるとついつい買ってしまって、使わないものが部屋であふれてしまう。

そのような状態が続くと、悪循環に陥ってしまいます。

そんな自覚がある人は本当に必要なものかどうか、判断してから購入しましょう。

たとえセール品であったとしても使わないものであれば、それは買った意味がありません。

セール・割引という言葉にまどわされないように、的確な判断をするようにしましょう。

お金のやりくりが上手なので長所になれば強い

先ほども少し説明しましたが、貧乏性であることはすべてが悪いわけではありません。

貧乏性ということはお金のやりくりが上手ということなので、結婚する相手としてはぴったり。

しかし一歩間違えると相手にうるさいと思われてしまい、うまくいかないケースがあります。

貧乏性を長所にするためには、相手の気持ちを尊重しつつ節約をうながしていくことです。

貧乏性と倹約家の違いをしっかり理解しつつ、相手の気持ちを尊重していきましょう。

貧乏性ってどうすれば直る?

困る女性

「貧乏性をなんとかして直したい」
そう考えている人のために、貧乏性の直し方を解説していきます。

お金の使い方を学ぶ

貧乏性を直すための方法1つ目は、お金の使い方を学ぶことです。

貧乏性の人はその場の損得で、お金の使い方を考えがちです。

しかしその場では損をしていても、いずれは自分の得になることもたくさんあります。

たとえば後輩にご飯をおごるという行為も、お金は倍支払うことになりますが、後輩からは好かれて仕事がやりやすくなるというメリットがありますね。

このように日本では損得だけでない感情面で、世界が動くことがよくあります。

これはすぐに変えられないので、そういうものだと認識して動いたほうが効率的です。

貧乏性を直したいのであれば、お金の使い方を学んで、お金を使うところではしっかり使うようにしましょう。

定期的に断捨離をする

貧乏性を直すための方法2つ目は、定期的に断捨離をすることです。

貧乏性の人は物を大切にするというメリットがある一方で、使わないものでもずっと持っていてしまうというデメリットがあります。

そのため貧乏性の人は物が多くなりやすいのですが、それを防ぐためには定期的に断捨離をすることが必要ですね。

半年や1年などの期間を決めて断捨離をすれば、部屋の中が物であふれることはありません。

断捨離のポイントとしては、使わないものは勇気をもって捨てること。

半年や1年使っていないものは、今後も使わない可能性が高いです。

その意識を持っておけば断捨離ができるので、しっかり実行して物があふれないようにしましょう。

必要な物かどうかを判断してから購入する

貧乏性を直すための方法3つ目は、必要な物かどうかを判断して購入することです。

貧乏性の人はセール・割引という言葉に弱く、お得感を感じると商品を購入してしまいがちです。

しかしいくらお得な商品でも使わなければ、意味がありません。

その結果部屋の中にものがあふれてしまい、ストレスがたまるという悪循環がうまれてしまいます。

それを防ぐためにはセールや割引という言葉を見てもすぐに飛びつくのではなく、必要な物かどうか冷静に考えてから購入しましょう。

極端に言えばすぐ使わないものであれば、購入する必要はありません。

必要なものでなければ買わないということを意識すれば、お金の管理もよりうまくなりますよ。

他人からの視点を気にする

貧乏性を直すための方法4つ目は、他人からの視点を気にすることです。

何度か説明していますが、貧乏性自体が悪いということではありません。

貧乏性の人はお金の管理がしっかりしているので、金銭面では非常に優れた力を発揮します。

会社で言えば経理担当や経費を考える部門であれば、向いているでしょう。

しかし貧乏性の人の欠点として、他人からけちけちしていると見られてしまうことです。

そのため他人からの視点を気にすると、貧乏性の人は印象が変わってきます。

貧乏性の人と倹約家の人の違いは、他人からどのように見られているかです。

貧乏性の人でもお金を使うべき場所でお金を使えば、貧乏性には見られずいい人だと見られます。

そのためには他人からどのように見られているかを把握することが大切。

他人からの視点をしっかり把握しておけば、お金を使うべきところで使えるので、他の人から悪く見られることもなくなりますよ。

収入を増やして余裕をもつ

貧乏性を直すための方法5つ目は、収入を増やして余裕を持つことです。

貧乏性の人はお金にシビアになることが多いですが、そもそもお金に余裕を持っておけば心にも余裕がでてきます。

そのため単純に収入が増えれば、けちけちすることもなくなりますね。

収入を増やすためには転職をする、副業をはじめるといった方法がありますが、現代ではクラウドソーシングなど個人でも仕事をできるチャンスが増えています。

自分でビジネスを立ち上げたいのであれば、ブログやYouTubeをはじめるという手もありますね。

ただしブログやYouTubeをはじめる場合、有料の情報にいきなり手を出すことはやめましょう。

ブログやYouTubeは少額ではじめられる点がメリットですし、ウェブ上に無料でも有益な情報はたくさんあふれています。

そして残念なことに有料の情報でも質のいい情報でないケースも多く、副業をはじめたい人を狙った詐欺も横行しています。

そのためまずは自分の力と無料情報ではじめて、それでも稼げないのであれば有料の情報を買うかどうか検討しましょう。

このようにコツコツ努力して収入が増やせれば、生活にも余裕ができて貧乏性も直っていきますよ。

今すぐお金になる仕事はこれ!手っ取り早く稼いで金欠をのりこえよう
「借りたお金を返済しなければならないけど、お金がない!」 「支払いの期日が迫っているので、どうしてもすぐにお金になる仕事をしたい」 お金を返済しなくてはならないから今すぐお金になる仕事をしたい、そんな人に役に立つ情報をお届けします。...

貧乏性はすべてが悪いわけではない

ここまで貧乏性について解説をしてきました。

貧乏性自体は悪いことではありませんので、いい部分をしっかり活かして対応することが大切です。

そのためには周りからどのように見られているかを意識して、行動していくと貧乏性は直っていきますよ。