貧乏性ってどんな意味?貧乏性の恋愛事情なども解説!

貧乏

「人からよく貧乏性って言われるけど、どんな意味で言われているの?」

ケチケチしている人に対して貧乏性ということがありますが、はたしてそれはどのような意味で言われているのでしょうか。

こちらの記事では、貧乏性の意味とその対策について解説していきます。

人からよく貧乏性と言われている人は、この記事を読んで自分の性格を客観視してみましょう。

貧乏性は決して悪い意味ばかりではないので、改善できれば長所にもなりますよ。

貧乏性ってどんな意味?

まずは貧乏性とは、一般的にどのような意味で使われているのか解説していきます。

貧乏性=貧乏ではない

「あの人はけちけちしていて、貧乏性だ」
みなさんも貧乏性という言葉は、このような使い方で聞いたことがあるのではないでしょうか。

貧乏性の辞書的な意味は
貧乏が身についたような性質。

また、いつもけちけちしてゆとりのない性質。

時間や金銭などをゆったり使うことのできない性質。
出典::精選版 日本国語大辞典

このような解説がされています。

つまり貧乏性=貧乏ではなく、けちな人のことを表す総称と言ってもいいでしょう。

時間や金銭などをゆったり使うことができないので、1円単位で割り勘にこだわったりする人のことを指しますね。

倹約家とは違う意味で使われる

貧乏性と似た意味の言葉として、倹約家という言葉が使われます。

倹約家の意味は以下の通りです。

物や金を無駄遣いしない人のこと。

なお、無駄遣いしている人のことを「浪費家」という。
出典:実用日本語表現辞典

貧乏性と倹約家は似たような意味ですが、マイナスの意味で使われがちなのが貧乏性です。

一方倹約家は無駄使いをしないという意味なので、プラスの意味で使われることが多いですね。

貧乏性のすべてが悪いわけではない

貧乏性という言葉はマイナスの意味でとらえられがちですが、すべてが悪いという意味ではありません。

時間やお金にきっちりしていると捉えられるので、うまく使えば長所にもなりえます。

しかし人間関係を形成していくうえであまりけちけちしていると、どうしても嫌われてしまうということがあります。

たとえば会社の飲み会に誘われたとしても、お金がもったいないからという理由で断ると、貧乏性で付き合いが悪いとみなされることがありますね。

このように人付き合いをしていく上では、貧乏性であることがマイナスになることがあります。

貧乏性であることすべてが悪いわけではないので、いい箇所はそのままに悪い部分を直していくといいでしょう。

貧乏性のメリットとデメリット

貧乏性の意味を聞いて、あなたは自分が貧乏性と言われていることに納得できましたでしょうか?

上記の項目で貧乏性のすべてが悪いわけではないと紹介したように、貧乏性の人にはその性分に合った貧乏性であることのメリットとデメリットが存在します。

貧乏性の特徴とも言いかえることができるでしょう。

貧乏性と呼ばれる性格に納得しているし、改善する気もない。

そもそも貧乏性の何が悪いのかわからない…と貧乏性を貫く方のために貧乏性の性格の人のメリットとデメリットを紹介していきますよ。

人には個性があるのですべてが当てはまるとは思いませんが、簡易的な自分の教科書代わりに参考にしてみてください!

メリット

物持ちが良い

生活や自分にとって必要なものは人それぞれですが、自分にとって必要なものが壊れてしまうと、当然ですが買い替え費用が発生します。

貧乏性の人は、その買い替え費用を少しでも抑えるために物を大切に扱って少しでも長く使おうとします。

理由はどうであれ、物を大切にするのはとてもいいことですよね。

お金は貯まりやすい傾向にある

貧乏性ということはお金が出ていくことに対して、敏感ということ。

つまり貧乏性の人ほど、お金が貯まりやすい傾向にあることは大きなメリットです。

物持ちもいいので、うまくその性質を利用すれば、お金は貯まっていきます。

お金の管理にもシビアなので、貸し借りをしても覚えていることが多く、損をすることは少ないです。

お金は人生においては必要なものなので、しっかり管理するに越したことはありません。

あまりシビアになりすぎるとよくありませんが、お金が貯まりやすい傾向にあるという点はメリットですね。

デメリット

ドライな印象がもたれやすい

一方でお金の管理を徹底していると、ドライな印象がもたれやすいです。

人間関係を遮断したいのであれば問題ないですが、仕事や学校ではある程度人と付き合っていくことが求められることが多いです。

その場合孤立してしまうこともあり、その点は貧乏性のデメリットですね。

貧乏性な印象を周りにもたれると

  • 損得勘定で人付き合いをしそう
  • 細かいことを指摘されそう

といった印象をもたれることがあるので、人によっては敬遠されてしまいます。

自分が貧乏性だという自覚がある人は、周りの人からそのような目で見られていることを覚えておくといいでしょう。

たとえば会社の飲み会を断ったとしても、他の部分でしっかりコミュニケーションをとっていれば、人間関係が崩れることはありません。

周りの状況を見ながら判断できると、このデメリットはだいぶ薄れてきますよ。

部屋に物が多くなってしまいがち

貧乏性の人は、物持ちがいいというメリットがありますが、一方で部屋に物が多くなってしまいがちというデメリットがあります。

これは使わないものでも捨てるのがもったいないからという考えをするので、どうしても物が残ってしまうからです。

この点の対策としては、ある程度の期間使わないものはスッパリと捨てる習慣をつけることです。

たとえば半年単位で家の物を見直して、使わないものはすべて捨てる。

極端な例ですが、半年も使わないものは今後も使わない可能性が高いです。

それであれば期間を決めて、きっぱりと捨ててしまったほうが今後のためです。

家の中に物があふれかえっていると、精神的な余裕がなくなってストレスになることもあります。

ある程度の期間で断捨離すると、このデメリットは解消できますよ。

周りに貧乏性の人間がいるときの対処法

自分は貧乏性ではないけど、身内に貧乏性の人がいてたまに対処に困ってしまう…。

そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

「対処法」なんて言ってしまうと少々大袈裟ですが、貧乏性を発揮されてその場の空気が壊れそうになることを防ぐという意味ではあながち間違いではありません。

以下から貧乏性の人への対処法を書いていきます。

身近に貧乏性の人がいて対応に困ったことがあるという人は、使ってみてくださいね。

開き直って少額の料金などは全部自分が持ってしまう

友達や家族といると休憩にコーヒー屋に立ち寄ろうなんて話にもなりますよね。

そんな時に「そこのコーヒーは値段が高いから缶コーヒーでよくない?」と言ったり、一緒に店に入りはしてもコーヒーを注文せずに水で過ごそうとするのが貧乏性の人です。

後者は一緒に店に入ってくれるだけマシですが、自分たちがおいしいコーヒーを飲んでる間、水で過ごされるとなんとなく気まずいですよね。

そんなときは、自分から「奢るから一緒にコーヒー屋に入ろうよ」と誘うのが有効です。

+300円程度の出費で気持ちよくコーヒーを飲むことができます。

奢られるのは悪いから奢られるくらいなら自分で払うという似非貧乏性の人もいます。

貧乏性も個性と割り切る

正直な話、これが一番有効な対処(?)法です。

そもそもあなたのお金に対する価値観を人に押し付けるほうがおかしな話だと思いませんか。

あなた側から見れば、あなたのお金に対する考え方は正義です。

しかし貧乏性の人からしたら、その人のお金に対する考え方こそ正義なのです。

あなたが貧乏性の人に対して感じている不満と同じように、貧乏性の人はあなたに対して「金遣い荒井」と不満に思っている可能性もあります。

どうしても個性として許すことができないなら一度意見がぶつかったときの折衷案などを腹を割って話し合いましょう。

接する人の価値観を大切にした付き合いを心掛けると個性の一つとして済ませることができるかもしれません。

ようは気の持ちようです。

倹約上手として尊敬してみる

あなたがその人を貧乏性と思うということは、少なくともあなたよりお金を節約する術を知っている倹約上手と言い換えられますよね。

貧乏性を倹約上手だというと、必ず「貧乏性はやせ我慢しているだけだから、やろうと思えば同じことができる」という人がいます。

しかし本当はやりたいこと、できることならやりたいことを我慢してお金を貯めることができるのが貧乏性の人です。

あなたが普段何気なく買っているジュース一本しても、貧乏性の人は恐らく我慢して持参した水などを飲みますが、貧乏性の人だってできれば水よりもジュースを飲みたいはずですよ。

塵も積もれば山となると言います。

このようなことを我慢できるのは充分立派だと思いませんか?

我慢できるマインドを素直に凄いと見習うことができれば、貧乏性の人への印象も尊敬に代わるのではないでしょうか?

そもそも本当にお金に困っている可能性を考慮する

あなたが貧乏性だと思っている人は、実は本当にお金に困っているだけかもしれません。

お金はないけど「お金がないから遊びの誘いを断るのは悪い」と思っているから、お金はないけどわざわざ遊びにきてくれているのかもしれません。

そのような人を見分けるには、文句などを言うかどうかです。

文句も言わずに店などにもついてきて、「自分は水でいい」と少しでも節約するような人は本当にお金がないだけかもしれません。

貧乏性だと思っていた友達で上述のようなことに思い当たる節があれば、外に遊びに行くのではなくお金のかからない遊びを提案してみましょう。

お金がない時の過ごし方を紹介します!金欠でも休日を楽しめる!
「給料日までもう少しだけどお金がない」 「毎月給料日前になると金欠になる」 こちらの記事では、そんな人に向けてお金がない時の過ごし方を紹介していきます。 お金がない時はやることがないということで、1日中寝ているという人も多いのでは...

貧乏性の人の恋愛事情

貧乏性の人の特徴や貧乏性の人との付き合い方を見てきて、なんだか生きにくい性格だなぁ…と思ってしまう人は多いのではないでしょうか。

そんな貧乏性の人は異性とまともに付き合っていけるのでしょうか?

貧乏性の人の恋愛事情について紹介していきます。

貧乏性な人は異性にモテない…

男性を置き去りにする女性

貧乏性な人は、気を付けていないと異性にモテなくなる可能性があります。

ここからは貧乏性な人が異性とのデートで思われてしまうことと、貧乏性な人が異性に好印象を持ってもらうにはどのような点が異性に不評となってしまうのか、解説していきますよ。

デートの時の支払いに細かい

貧乏性な人は、お金の支払いに細かい傾向があります。

そのためデート時の支払いに細かい一面が見え、異性が醒めてしまうことがあります。

たとえばデートの会計時にクーポンを積極的に見せたり、店員さんに値引き交渉をしていたりすると、ひいてしまう異性が確実にいます。

食事であればできる限り楽しい雰囲気で終わりたいですし、ショッピングでも値下げ交渉をしているとせっかくの雰囲気が台無しになってしまう可能性もあります。

既に付き合っているカップルの関係であれば問題ないかもしれませんが、これから仲を深めて付き合いたいと思っている人とのデートでやってしまうとひかれてしまいますよ。

根が貧乏性のあなたにとっては当然の行動でも相手がそう思ってしまうことがあるので、そのようなことをしたくなったとしても相手の性格を考えて行動しましょう。

たとえば「デートにお金を使わなくても、あなたと一緒にいられれば幸せだよ」と伝えられれば、相手を尊重しつつ自分の意見も通せます。

相手の状況を見つつ判断することで、貧乏性だと思われない行動をしましょう。

セール・割引という言葉に弱く、物を購入して汚部屋になりがち

貧乏性の人は、セール・割引という言葉に弱いです。

そのためセール品を見つけるとついつい買ってしまって、使わないものが部屋であふれてしまいます。

そのような状態が続くと、当然ですが部屋が物であふれてしまいますよね。

物持ちの良い人が多い貧乏性の人にとって「いつか使うかもしれない」物を簡単に捨てることは中々難しいです。

部屋が物であふれれば、よほど収納センスに優れていない限り、あなたの部屋は「汚部屋」になってしまいます。

いざ好きな人や気になる人が部屋に遊びに来るというときに物であふれた汚部屋を披露することになってしまいます。

既に物であふれていてとてもじゃないが気になる人に見せられる部屋じゃないと自覚がある人は、普段から物を購入するときに本当に必要なものかどうか、判断してから購入しましょう。

たとえセール品であったとしても使わないものであれば、それは買った意味がありません。

セール・割引という言葉にまどわされないように、的確な判断をするようにしましょう。

チラシやダンボール、ペットボトルなどのゴミも捨てられない

貧乏性の人は物持ちは良いが物が捨てられないという一長一短の特徴を持っています。

さらに貧乏性の人はチラシやダンボール、ペットボトルなどの「工夫次第ではいつか使える可能性のあるゴミ」を捨てることができない特徴も持っています。

メモ帳が見つからない時にチラシの裏をメモ代わりに使用できるのではないか…。

どこかに郵送する荷物ができたときにこの大きさのダンボールはちょうど良いのではないか…。

ペットボトルでアート作品を作成してみようか…。

本当にこのような理由でゴミを捨てられずに溜めてしまうことがあります。

「もしかしたら何かに使えるかもしれない…」と思考してしまう物持ちの良い貧乏性の性ではあるのですが、ただでさえ物が多いのに、これらのゴミまで取っておいていると異性から確実にひかれてしまいます。

くれぐれも気を付けましょうね。

人によっては堅実的な人と見てくれることも…

紐で硬く縛られた財布

貧乏性の人は外出先で自販機でジュースを購入するなんてお金の無駄遣いはしませんよね。

水筒に水道水を入れて持ち運び、のどを潤すのがデフォルトです。

もしくは水筒にお金を出すのさえもったいないとペットボトルを水筒ががわりに持ち歩く強者までいます。

しかしその硬く閉ざされた財布の紐を見て、将来結婚した場合にお金の管理をしっかり行ってくれそうと好印象を抱いてくれる人も存在します。

お金のやりくりが上手なので長所になれば強い

先ほども少し説明しましたが、貧乏性であることは言い換えれば堅実的とも言えます。

貧乏性ということはお金のやりくりが上手ということなので、結婚する相手としてはぴったりです。

しかし一歩間違えると相手にうるさいと思われてしまい、うまくいかないケースがあります。

貧乏性を長所にするためには、相手の気持ちを尊重しつつ節約をうながしていくことです。

貧乏性と倹約家の違いをしっかり理解しつつ、相手の気持ちを尊重していきましょう。

具体的には、誕生日やクリスマスなど付き合ってる人との大切な時間の時は、いままでお金を貯めた分少しだけ奮発することです。

普段あなたの貧乏性に理解を持って付き合ってくれてる人な訳ですから、普段なら絶対払わないような出費をすれば、自分のことを大切に思ってくれてるんだと惚れ直してくれるはずですよ。

貧乏性を理解してくれる人を見つけるのは大変

貧乏性のあなたのことを「堅実的な人」と思ってくれるような人が現れれば、それに越したことはありません。

貧乏性なあなたにとっては、それこそ白馬の王子様か女神様のような異性でしょう。

しかし残念ながら多くの異性は貧乏性のあなたの性格を良い特徴としては捉えてくれないでしょう。

上述したような異性を見つける難易度がそもそも高いことを理解しておきましょう。

貧乏性ってどうすれば直る?

悩んでいる女性

これまでは貧乏性として生きていくことを決めた人や周りに貧乏性の人がいる人に向けて記事を書いてきました。

しかし中には貧乏性と呼ばれるのが嫌で、できることなら貧乏性な性格を直したいと思う方もいると思います。

貧乏性をなんとかして直したい

そう考えている人のために、貧乏性の直し方を解説していきます。

お金の使い方を学ぶ

貧乏性を直すための方法1つ目は、お金の使い方を学ぶことです。

貧乏性の人はその場の損得で、お金の使い方を考えがちです。

しかしその場では損をしていても、いずれは自分の得になることもたくさんあります。

たとえば後輩にご飯をおごるという行為も、お金は倍支払うことになりますが、後輩からは好かれて仕事がやりやすくなるというメリットがありますね。

会社員として給料をもらっているなら、仕事のやりやすさはお金の稼ぎやすさに直結することではないでしょうか?

このように日本では損得だけでない感情面で、世界が動くことがよくあります。

これはすぐに変えられないので、そういうものだと認識して動いたほうが効率的です。

貧乏性を直したいのであれば、お金の使い方を学んで、お金を使うところではしっかり使うようにしましょう。

コストパフォーマンスを考慮する

「この商品を買ってしまうとお金が減ってしまう…」

確かに汗水垂らして苦労して稼いだお金を使うのは貧乏性の人にとっては少々気が引けますよね。

しかし世の中には便利なものがどんどん開発されています。

貧乏性の人もスマートフォンを持っている方が大半なのではないでしょうか。

なぜ高額にも関わらずスマートフォンを所持しているのでしょうか?

言わずもがな、連絡手段やインターネットとの接続端末として非常に便利だからですよね。

いまどきスマートフォンを所持していなければ連絡手段も限られてきますし、会社によっては仕事にも支障がでることがあります。

そのような手間の解消が面倒だから高額なスマートフォンの購入しているのです。

スマートフォン以外にもあなたが無駄と感じているだけで世の中には使ってみれば時間短縮になって便利なものがたくさんあります。

お金がかかる、費用が高いと出費をひとくくりにせずにコストパフォーマンスを考慮して買い物をしてみれば、出費に対する意識が変わるかもしれませんよ。

定期的に断捨離をする

貧乏性を直すための方法2つ目は、定期的に断捨離をすることです。

貧乏性の人は物を大切にするというメリットがある一方で、使わないものでもずっと持っていてしまうというデメリットがあります。

そのため貧乏性の人は物が多くなりやすいのですが、それを防ぐためには定期的に断捨離をすることが必要です。

半年や1年などの期間を決めて断捨離をすれば、部屋の中が物であふれることはありません。

断捨離のポイントとしては、使わないものは勇気をもって捨てること。

半年や1年使っていないものは、今後も使わない可能性が高いです。

その意識を持っておけば断捨離ができるので、しっかり実行して物があふれないようにしましょう。

必要な物かどうかを判断してから購入する

貧乏性を直すための方法3つ目は、必要な物かどうかを判断して購入することです。

貧乏性の人はセール・割引という言葉に弱く、お得感を感じると商品を購入してしまいがちです。

しかしいくらお得な商品でも使わなければ、意味がありません。

その結果部屋の中にものがあふれてしまい、ストレスがたまるという悪循環がうまれてしまいます。

それを防ぐためにはセールや割引という言葉を見てもすぐに飛びつくのではなく、必要な物かどうか冷静に考えてから購入しましょう。

極端に言えばすぐ使わないものであれば、購入する必要はありません。

必要なものでなければ買わないということを意識すれば、お金の管理もよりうまくなりますよ。

スーパーの半額弁当などをまとめて購入して結局腐らせる

スーパーの半額弁当を見つけるとラッキーですよね。

一般的な感覚の人は、その日自分が食べれる一食を購入して終ります。

しかし貧乏性と呼ばれる人の中には「冷凍すれば明日以降も弁当を半額で食べられる」と大量購入する人が実在します。

驚愕ですよね。

冷凍してもさすがに保存期間に限界があるので半額弁当を見つけるたびに購入し溜める性格もあり、結局腐らせてしまうのです。

他人からの視点を気にする

貧乏性を直すための方法4つ目は、他人からの視点を気にすることです。

何度か説明していますが、貧乏性自体が悪いということではありません。

貧乏性の人はお金の管理がしっかりしているので、金銭面では非常に優れた力を発揮します。

会社で言えば経理担当や経費を考える部門であれば、向いているでしょう。

しかし貧乏性の人の欠点として、他人からけちけちしていると見られてしまうことです。

そのため他人からの視点を気にすると、貧乏性の人は印象が変わってきます。

貧乏性の人と倹約家の人の違いは、他人からどのように見られているかです。

貧乏性の人でもお金を使うべき場所でお金を使えば、貧乏性には見られずいい人だと見られます。

そのためには他人からどのように見られているかを把握することが大切。

他人からの視点をしっかり把握しておけば、お金を使うべきところで使えるので、他の人から悪く見られることもなくなりますよ。

収入を増やして余裕をもつ

貧乏性を直すための方法5つ目は、収入を増やして余裕を持つことです。

貧乏性の人はお金にシビアになることが多いですが、そもそもお金に余裕を持っておけば心にも余裕がでてきます。

そのため単純に収入が増えれば、けちけちすることもなくなりますね。

収入を増やすためには転職をする、副業をはじめるといった方法がありますが、現代ではクラウドソーシングなど個人でも仕事をできるチャンスが増えています。

自分でビジネスを立ち上げたいのであれば、ブログやYouTubeをはじめるという手もありますね。

ただしブログやYouTubeをはじめる場合、有料の情報にいきなり手を出すことはやめましょう。

ブログやYouTubeは少額ではじめられる点がメリットですし、ウェブ上に無料でも有益な情報はたくさんあふれています。

そして残念なことに有料の情報でも質のいい情報でないケースも多く、副業をはじめたい人を狙った詐欺も横行しています。

そのためまずは自分の力と無料情報ではじめて、それでも稼げないのであれば有料の情報を買うかどうか検討しましょう。

このようにコツコツ努力して収入が増やせれば、生活にも余裕ができて貧乏性も直っていきますよ。

今すぐお金になる仕事はこれ!手っ取り早く稼いで金欠をのりこえよう
「借りたお金を返済しなければならないけど、お金がない!」 「支払いの期日が迫っているので、どうしてもすぐにお金になる仕事をしたい」 お金を返済しなくてはならないから今すぐお金になる仕事をしたい、そんな人に役に立つ情報をお届けします。...

貧乏性はすべてが悪いわけではない

ここまで貧乏性について様々な視点から解説をしてきました。

全体的に貧乏性の人を貶めるような内容になってしまいましたが、貧乏性自体はお金を貯められるという点で悪いことではありません。

立派ですし、認められるべき個性の一つです。

ただし人間は自分一人で完結できる生き物ではないので、どうしても他人の目というのは気にしなくてはなりません。

良く思われるように頑張りましょう!とは言いませんが、最低限人から悪く思われないようにしなくては生き辛くなってしまいます。

貧乏性の特徴は裏を返せばいい面も存在するので、その特徴をしっかり理解して対応することが大切です。

貧乏性を直したいという人は周りからどのように見られているかを意識して、行動していくと貧乏性は直っていきますよ。