クレジットカードのキャッシングって何?返済はどうすればいい?

クレジットカード

「クレジットカードのキャッシング枠って何?」
「月末お金が足りたいのだけど、何とかする方法はない?」
こちらの記事では、そんな人に向けてクレジットカードのキャッシング枠について解説しています。

クレジットカードのキャッシング枠はクレジットカード契約時に付帯していることが多いですが、あまり使わないという人も多いです。

しかし賢く使えばとても便利なものなので、お金に困っている人はぜひこの記事をチェックしてみましょう。

リボ払いは危険!リボ払いによってあなたの生活が地獄に追い込まれる!
リボ払いをご存知でしょうか。 リボ払いとは、種類が豊富なクレジットカード支払い方式の一つで、「毎月一定額支払う」という方式です。 分割払いとも違い、支払い残高に関係なく常に支払い残高は一定。どれだけ大きな買い物をしても、リボ払い...

クレジットカードのキャッシング枠って何?

まずはクレジットカードのキャッシング枠とは、どのようなものか解説していきます。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がある

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠があります。

普段買い物をするときに使うのはショッピング枠。

その名の通り枠内の金額であればお金が決済できます。

一方キャッシング枠は、お金を借りるための枠。

クレジットカードをATMに入れてキャッシングを利用するボタンを選択すると、ATMから現金が出てきます。

もちろん出てきたお金は、あくまで借りているお金なのでつまり借金です。

クレジットカードのキャッシング枠は自分が知らなくても付帯していることがあるので、それはいつでもお金が借りられるということです。

キャッシング枠はカードローンと同じ扱い

つまりクレジットカードのキャッシング枠は、カードローンや消費者金融でお金を借りているのと同じことです。

クレジットカードのキャッシング枠の場合はじめに審査に合格した状態で枠が付帯しているので、いつでも利用できる状態です。

手軽に利用できる反面、返済の計画を立てておかないと大変なことになりますよ。

返済は1回払いとリボ払いから選べる

ちなみにクレジットカードのキャッシング枠を利用した場合、返済は1回払いとリボ払いから選べます。

1回払いの場合金利はかかりませんが、リボ払いの場合規定の金利が発生します。

支払いは毎月の支払いに付与されるので、リボ払いの場合毎月返済していくことになります。

ちなみに早めに返済できるのであれば、返済の繰り上げも可能ですよ。

クレジットカードのキャッシング枠を使うときの注意点

ここまでクレジットカードのキャッシング枠について解説してきましたが、キャッシング枠を使うときはいくつか注意点があります。

キャッシング枠を使おうと考えている人は、一度確認してから使いましょう。

キャッシング枠は金利が高いことが多い

クレジットカードのキャッシング枠を使うときの注意点1つ目は、キャッシング枠は金利が高いことが多い点です。

たとえば楽天カードの金利は実質年率18.0%、一方楽天カードローンの場合金利は実質年率1.9%~14.5%です。

つまり金利は最低でも3.5%以上違うということですね。

金利が高いということはそれだけ返済しなければならない金額も多いということなので、利用するときは注意が必要ですよ。

ATM利用手数料がかかることが多い

クレジットカードのキャッシング枠を使うときの注意点2つ目は、ATM利用手数料がかかることが多い点です。

たとえば三井住友VISAカードの場合、1万円以下の取引は108円、1万円超の取引は216円の手数料がかかります。

(三井住友銀行ATM利用時は手数料無料)
手数料1回あたりを考えると安いのですが、無条件でこの手数料がかかってしまうのは痛いですね。

クレジットカードのキャッシング枠を使うということはお金がシビアな状況のことが多いので、手数料には気をつけましょう

キャッシングを利用するとショッピング枠が減る

クレジットカードのキャッシング枠を使うときの注意点3つ目は、ショッピング枠が減るということです。

たとえばショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円のカードを持っていたとします。

その状況で10万円のキャッシングをした場合、使えるショッピング枠は40万円になります。

またそのカードで45万円の買い物をした場合、使えるキャッシング枠は5万円です。

ショッピング枠とキャッシング枠は独立しているわけでなく、使える限度額はショッピング枠に基づいていることを頭に入れておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は賢く使おう

ここまでクレジットカードのキャッシング枠について解説してきました。

クレジットカードのキャッシング枠はATMに入れるだけでお金が借りられるので、気軽に使えるというメリットがあります。

一方で金利は高く、ATM利用手数料もかかるというデメリットがあります。

そのためどうしてもすぐにお金が必要な状況以外は、あまり使うメリットがないというのが正直なところ。

もし時間に余裕があるのであれば、カードローンの審査を受けてお金を借りたほうが金利も楽になります。

クレジットカードのキャッシング枠を使うときは、仕組みを把握したうえで賢く使いましょう。