フリーローンはカードローンと何が違う?おすすめのフリーローンも紹介

フリーローン

フリーローンとカードローンは同じような商品のように思われますが、実は全く違う商品です。

フリーローンとカードローンの違いを理解して、同じローンだと考えないようにしましょう。

特にフリーローンとカードローンには、金利や審査基準で明確な違いがあります。

違いを理解して、自分にあったローンと契約できるように心がけましょう。

ここではフリーローンとカードローンの違いについて説明します。

銀行が提供しているフリーローンとは

フリーローンは銀行が主に提供している商品です。

基本的に用途は自由に設定されています。

ただ、事業資金と投資目的のお金として利用できないルールが設定されているため、あらゆる用途に対応しているわけではありません。

フリーローンは低金利で借りられる傾向が多く、融資される金額も多くなっています。

これはフリーローンを提供している銀行側が借りやすいように金利や限度額の設定をしているからです。

ただ、契約時に用途を説明しなければならないため、用途が決まっていない状態では利用できません。

絶対に用途を先に決めて、銀行側に納得してもらってから契約しなければなりません。

また、借入が1回だけできません。

他のローンは2回目以降の融資が可能となる場合もありますが、フリーローンは1回だけしか借りられません。

従って計画を立てて借りないと余計な借入をして失敗する場合があります。

このように自由に使えるものの色々な制限を受けているのがフリーローンなのです。

当然ですが、用途の確認等が行われるため審査基準も厳しく、審査を通過できないケースも多々あります。

多くの会社が提供するカードローンとは

一方でカードローンはカードを発行し、融資を受けられる方法です。

用意されたカードを利用して借入を実施します。

カードを受け取らない場合でも、振込融資などで借りられる場合があり、借入の方法は多く用意されています。

カードローンですが、銀行以外にも消費者金融等が提供しています。

銀行が提供するカードローンは低金利を実現しているものもありますが、消費者金融のカードローンは高い金利が設定される傾向があります。

ただ、融資額はフリーローンとさほど変わらないため、場合によっては大きな借入が実現できる場合があります。

また、用途の説明がそこまで求められないため、フリーローンよりも契約しやすい傾向があります。

用途がまだ決まっていない場合でも、自分が使うと思われる用途を説明しておけばカードローンの契約が可能です。

つまり用途については後から考えても問題はありません。

更に何度も借入できるメリットがあります。

カードローンは限度額の間で何度も融資を受けられる商品にしており、お金を借りたいときに何度も融資を受けられる良さがあるのです。

こうした利便性を持っているカードローンですが、審査基準はバラバラです。

消費者金融は審査基準が甘めに設定されているものの、銀行は厳しい審査を実施する場合が多くなっています。

審査基準をしっかりと確認し、確実に審査を通過できるように心がけましょう。

場合によっては希望した限度額が認められない場合もあります。

限度額が制限されてしまった場合は、決められた金額までの借入でやりくりするように心がけてください。

フリーローンとカードローンの違いはどこにある?

フリーローンとカードローンは明確な違いがいくつかあります。

違いをしっかりと理解して、2つのローンを同じものとして考えないように心がけましょう。

具体的に違うポイントしては以下の通りです。

  • 金利
  • 借入回数
  • 審査基準
  • 借入額の制限
  • 提供する会社の数
  • 担保の有無

以上の違いがあります。

場合によっては借りづらいと感じる部分もあるため、しっかりと違いは理解しておきましょう。

ここからはフリーローンとカードローンの違いについて説明します。

金利

フリーローンとカードローンは、金利がかなり違います。

フリーローンの金利は固定金利が採用されているほか、変動金利が採用されているローンもあります。

一方でカードローンは固定金利のみが採用されています。

まず金利の種類が異なる場合もあるので、どのような金利が採用されているかしっかり確認しておきましょう。

次に金利の数字が異なります。

フリーローンの金利はかなり低く設定されており、固定金利の場合でも10%以下の金利を提供する会社があります。

一方でカードローンの場合、利息収入を多くとるために金利が高く設定されており、金利が上限である18%に設定される場合もあります。

基本的にカードローンの方が金利は高くなるものと考えてください。

ただ、審査結果によってはフリーローンの金利が高くなり、カードローンの方が借りやすい場合もあります。

借入回数

フリーローンは借入回数が1回に固定されているローンです。

何度も借りるためには、フリーローンの契約を何度も結ばなければなりません。

従って何度もお金を借りるためにフリーローンは向いていないのです。

一方でカードローンは、決められている限度額までの間で何度も借りられるメリットがあります。

自分が持っている限度額までなら、どのような使い方や借り方をしても問題はありません。

何度も借りたいと考えているなら、カードローンを選んだほうがいいでしょう。

フリーローンは1回で多くの借入を希望している人に向いているローンと考えてください。

審査基準

フリーローンは用途を確認しているほか、借入額が多くなる想定で審査を実施するため、相当厳しい審査を受ける場合があります。

他のローン審査を通過できるほどの申込内容なのに審査に落とされてしまう場合もあります。

それだけフリーローンの利用は慎重に審査を受けているものと考えてください。

一方でカードローンは会社によって審査基準が変わっています。

消費者金融が提供するカードローンは審査が甘く、あまり収入を持っていない人でも審査を通過できます。

一方で銀行が提供するカードローンは厳しい審査を受ける傾向があります。

ただ、フリーローンのよりも審査基準は甘めで、審査を通過できる可能性は高いのです。

つまり借入を絶対に実現したいと考えるなら、フリーローンよりもカードローンで審査を受けた方が成功します。

どうしても借入がしたいならカードローンを検討するといいでしょう。

404 NOT FOUND | お金マニュアル

借入額の制限

フリーローンは基本的に申込者が希望した借入額でローン融資を実施します。

つまり借入額を制限するという方針を取っているわけではありません。

ただ、審査基準ギリギリの場合は、少しだけ借入額が制限される場合もあります。

一方でカードローンは総量規制等により、借入額が制限される傾向が多くなっています。

総量規制は、年収の3分の1までしか融資ができない法律です。

このルールは消費者金融に適用されているほか、最近では銀行側も自主的にルールを加えて借入額を制限しています。

従ってカードローンを利用する場合、希望している限度額で借りられない場合があります。

借入額の制限を受けた場合は、用意された金額で借りるしかありません。

提供する会社の数

フリーローンは銀行が提供しているローンで、日本に存在する銀行の大半が提供しています。

しかし、消費者金融は提供していない傾向があります。

一方でカードローンは銀行が提供しているほか、消費者金融も提供しています。

他にも信販系の会社が提供しているカードローンも用意されています。

従ってカードローンの方が利用できる会社の数は多い傾向があります。

フリーローンは提供する会社がカードローンよりは少ないものの、他のローンに比べると借りられる会社は多い傾向があります。

担保の有無

基本的にフリーローンもカードローンも担保は不要としています。

ただ、一部のフリーローンは不動産担保が必要で、担保を出さないと借りられない場合があります。

担保を出すメリットは借入額が多くなるという部分ですが、逆にデメリットとして支払えない場合は担保を差し出さなければなりません。

借入額が多くなるメリットを得られるフリーローンはいいものの、リスクがかなり高くなる点を想定して借りるように心がけましょう。

フリーローンのメリットとデメリットは?

フリーローンのメリットとデメリットは以下の通りです。

フリーローンのメリット

  • 1回で多くの金額を借りられる
  • 低金利で借りられる
  • 継続して借りないため依存しづらい

フリーローンのデメリット

  • 審査基準が厳しい
  • 借入が1回しかできない
  • 計画を立てる必要がある

以上のメリットとデメリットが存在します。

しっかりとメリットとデメリットを確認し、自分が使いやすいか慎重に考えておきましょう。

ここからはフリーローンのメリットとデメリットを詳しく説明します。

フリーローンのメリット

1回で多くの金額を借りられる

フリーローンは1度に多くの金額を借りられるメリットがあります。

場合によっては1,000万円近くの金額が借りられます。

多くの借入が期待できるほか、1回で多くの金額が入るため、大きな買い物に利用できるメリットもあります。

計画を立ててしっかりと使っていけば、融資された金額はしっかり使い切れるでしょう。

低金利で借りられる

フリーローンは基本的に低金利で借りられます。

10%以下の金利で融資を受けられるほか、変動金利の場合は6%程度の金利で借りられる時期もあります。

借入による利息を減らせるという部分でもメリットのある借入方法です。

より低金利で借りたいと考えているならフリーローンを考えておくといいでしょう。

継続して借りないため依存しづらい

フリーローンは1度だけの借入に抑えられているため、基本的に継続して借りるような状態が起こりません。

借入に依存しづらいという部分では、フリーローンの方が使いやすいでしょう。

1回だけ借りたいと考えているなら、フリーローンを使って借りたほうが安心です。

フリーローンのデメリット

審査基準が厳しい

フリーローンの審査は厳しく、カードローンの審査を通過できる程度では審査を通過できません。

しっかりした利用目的の説明はもちろんのこと、できる限りフリーローンの審査を通過できるような申込内容を作り上げましょう。

中途半端な申込内容では審査を通過できない場合が多いため、まずはしっかりと審査を通過できるように条件を整えましょう。

借入が1回しかできない

複数回の借入が認められていないため、1回の融資で大金が支給されてしまいます。

このお金の使い道を誤ってしまうと、本当に使いたい用途に使う資金が不足する場合もあります。

しっかりと計画を立てて融資を受けるようにしましょう。

計画を立てる必要がある

先ほども説明した通り、計画を立てて借入を実施しなければなりません。

また、返済も計画を立てて進めなければお金を返すのが難しくなります。

しっかりと計画を立てるという部分から始めましょう。

カードローンのメリットとデメリット

一方でカードローンのメリットとデメリットは以下の通りです。

カードローンのメリット

  • 審査基準の甘い会社もある
  • 高い限度額が狙える
  • 追加の借入が容易

カードローンのデメリット

  • 金利が高い
  • 限度額を制限されやすい
  • 信用性の確認が必要

以上のメリットとデメリットを持っています。

借りやすいものの返済は厳しい傾向があるので、こちらは返済計画を立てるなどの対策が必要です。

ここからはカードローンのメリットとデメリットを説明します。

カードローンのメリット

審査基準の甘い会社もある

審査基準の甘い消費者金融のような会社もあるため、借りやすい傾向にあります。

カードローンの審査を受ければ、少額ではあるもののお金を借りられる場合があるのです。

あまり収入を持っていない人はカードローンを狙うといいでしょう。

高い限度額が狙える

カードローンでも高い限度額を狙える場合があります。

特に銀行のカードローンは、返済能力がしっかりしていればかなり大きな限度額を認めてくれます。

大きな借入が必要と感じているなら、カードローンを狙ってみるのもいいでしょう。

追加の借入が容易

カードローンは何度も融資を受けられる商品で、現時点でまだ借入が残っていた場合でもお金を借りられる良さがあります。

何度も融資を受けられるという部分では、いつでもお金を借りられるメリットもあるでしょう。

ただ、計画をしっかり立てないと返済が厳しくなるため、しっかりと計画は立てて使いましょう。

カードローンのデメリット

金利が高い

カードローンのデメリットは金利が高い点です。

消費者金融は最大で18%の金利が設定されているほか、銀行でも15%弱程度の数字が示されています。

フリーローンでは14%程度の最大金利が設定される傾向があるため、単純に1%以上の金利を余計に負担することとなります。

借りる額が多くなってしまうと返済時の利息も多くなるので注意しましょう。

限度額を制限されやすい

限度額が制限される傾向があり、場合によっては10万円未満の借入しかできないカードローンもあります。

特に総量規制に引っかかった場合、借入額は大幅に制限されてしまいます。

借入額を多くしたい場合は、総量規制を回避できる銀行のカードローンを利用するか、フリーローンに相談したほうがいいでしょう。

信用性の確認が必要

カードローンを提供する会社は多くなっていますが、信用できる会社かどうか自分で確認しなければなりません。

中には信用できるかわからない会社もあります。

届け出を出している会社でも、詳細を調べてから契約するように心がけましょう。

怪しいと感じられるカードローンは利用しない方が無難です。

おすすめのフリーローンはこれだ!

フリーローンの中でもおすすめされる商品がいくつかあります。

おすすめのフリーローンを利用すれば、より安心して借りられるほか、大きな融資を受けられるでしょう。

ここからはおすすめのフリーローンを3つ紹介します。

三井住友銀行フリーローン

三井住友銀行のフリーローンは、1万円刻みで融資を受けられるフリーローンです。

無担保型であれば、最大で300万円まで借りられます。

担保を出す場合なら1億円まで融資が受けられる商品なので、かなり大きな借入も期待できるでしょう。

また、金利も変動金利を採用しているため、場合によってはかなり低い金利で融資が受けられます。

利息を軽減できるというメリットも含めて、三井住友銀行フリーローンはおすすめです。

イオン銀行フリーローン

イオン銀行フリーローンは固定金利を採用している商品です。

金利は3.8%~13.5%に設定されています。

借りる額が多ければ多いほど金利を下げてくれるため、大きな借入の場合は低金利での借入が狙えます。

また、融資される金額が最大で700万円まで用意されており、無担保型のフリーローンとしてはかなり多くの借入が期待できます。

さらに返済をしやすい方法を準備しており、1万円からの返済が容易にできる設定を取っています。

借りやすいという部分ではイオン銀行フリーローンはおすすめです。

JAフリーローン

各地の農協が提供しているフリーローンです。

地域によって条件が異なっており、限度額や金利に違いがあります。

ただ、変動金利を採用しているほか、金利自体は低い数字が設定されており、借りやすい傾向があります。

限度額もある程度確保してくれるため、大きな借入も期待できるでしょう。

何よりも相談しやすいという部分が魅力で、いつでも相談できる相手がいるのはいいことでしょう。

近くで借りたいときはJAのフリーローンを考えてください。

フリーローンはカードローンよりも使いやすい傾向がある

フリーローンはカードローンより使える場面が多く、色々な用途に対応しています。

多くの借入を希望している人は、カードローンよりもフリーローンを検討したほうがいいでしょう。

また、借入額が多くなるフリーローンも多数準備されているので、色々なローンを調べれば将来的には多くの借入が期待できるでしょう。

しっかりとカードローンとフリーローンの違いを理解して融資を受けるようにしましょう。

404 NOT FOUND | お金マニュアル