フリーローンは他のローンより借りやすい?あらゆる項目で比較してみた

フリーローン

フリーローンは様々な商品が提供されていますが、厳しい審査基準によって利用できる人を制限しています。

また、会社ごとに様々な違いを出しており、利用できる人に得をしてもらうための優遇措置も色々と取られています。

様々なフリーローンを比較して、実際にどのようなメリットがあるのか知っておくといいでしょう。

ここではフリーローンを比較した内容を紹介します。

フリーローンは厳格な審査基準が設けられている

フリーローンの審査基準は厳しい傾向で、審査を通過できない人も多数出てしまいます。

これはカードローン審査を通過できる状態だったとしても、フリーローンは落とされる場合があるのです。

最大の理由は低金利でローンを提供しているためです。

フリーローンはカードローンよりも低い金利が適用されているため、どうしても審査基準を厳格化しなければなりません。

また、低金利で貸している以上、本当に信用できるか確認しなければローンを提供しづらいと考える銀行が多いのです。

どうしても契約したいなら、カードローン以上に信用を得なければなりません。

フリーローンの審査を通過できるように、様々な項目でしっかりした情報を提供できるように心がけましょう。

フリーローンを様々な項目で比較してみた

様々な会社が提供しているフリーローンを比較しておけば、最終的に契約しやすいフリーローンが見つけられるかもしれません。

ここからはフリーローンを様々な項目で比較した結果を紹介します。

具体的に比較する内容は以下の通りです。

  • 金利
  • 審査の難易度
  • 審査にかかる時間
  • 融資にかかる時間
  • フリーローンの知名度
  • フリーローンを扱う会社数
  • フリーローンの利便性
  • フリーローンの信用性
  • フリーローンの返済方法
  • フリーローンのトラブル

以上の情報を比較して、本当に利用しやすいのか確認してみました。

これからフリーローンを使いたいと考えている人は、フリーローンの情報をしっかりと理解し、確実にフリーローンを利用できる状況を作りましょう。

なお、比較するフリーローンは以下の通りです。

  • 三井住友銀行フリーローン(担保ありも含む)
  • イオン銀行フリーローン
  • JAフリーローン
  • ジャパンネット銀行フリーローン

金利

フリーローンの金利は会社ごとに異なります。

一見すると同じような金利で提供しているように思われますが、かなり金利には違いがあります。

特に気を付けておきたいのは、金利が固定金利と変動金利に分かれている点です。

フリーローンは会社ごとに金利を固定しているか、それとも景気などの動向によって変動させるか決めています。

つまり金利の情報はしっかり確認しておかないと、フリーローンで大きな損失を出す場合があるのです。

しっかりと金利については比較して、どちらの金利を使ったほうがフリーローンで契約しやすいのか考えておきましょう。

固定金利

固定金利はカードローンなどと同じように、常に同じ金利でローンを利用するという方法です。

固定金利を適用している会社としては、イオン銀行フリーローンがあります。

金利が固定されているため、契約後も金利が勝手に変更される心配はありません。

しかし、固定金利の場合、全体的に金利が高くなる傾向にあります。

つまり金利が固定されている場合、変動金利よりも余計に利息を支払う可能性があるのです。

ただ、景気の動向で一気に金利が跳ね上がる心配がないこと、そして返済計画を立てやすいという部分では固定金利の方がいいでしょう。

一方で利息を単純に減らしたいと考えているなら、固定金利は避けたほうが安心です。

変動金利

変動金利は三井住友銀行フリーローン、JAフリーローン、ジャパンネット銀行フリーローンが採用しています。

フリーローンの変動金利は、基本的に金利を10%以下に設定し、借りやすいように設定します。

最初から低金利での契約が可能となるのはいいところでしょう。

しかし、景気の動向により勝手に金利が上がってしまうほか、会社の経営状況により金利を引き上げないと駄目な場合も出てしまいます。

つまり勝手に金利が上昇した結果、フリーローンの借入で多くの利息が適用される場合があるのです。

特に大きな借入をしている場合、変動金利だと最終的に支払う利息が多くなる可能性もあります。

利息をあまり支払いたくないと思っているなら、固定金利で大きな借入額と低金利を狙ったほうがいいでしょう。

少額の借入では変動金利の方が有利ですので、あまり多くの借入をしない場合は変動金利を採用してもいいでしょう。

審査の難易度

フリーローンの審査は難易度が高い傾向にあります。

審査を通過するために必要な条件が厳しく設定されるほか、返済能力がしっかり確保されていないと審査を通過できません。

特に変動金利を採用しているフリーローンは、審査基準が固定金利よりも厳しい傾向にあり、しっかりした返済能力がないと審査通過は厳しくなります。

一方で固定金利を採用しており、フリーローンでもあまり金利を引き下げていない会社であれば、審査を通過する難易度は低くなります。

どうしてもフリーローンを利用したいと考えているなら、まずは審査を通過しやすい会社を探しておくといいでしょう。

審査の難易度が低いフリーローンとしては、ジャパンネット銀行フリーローンがあります。

審査の難易度が低い理由は、限度額が最大200万円と低いからです。

ただ、ジャパンネット銀行は金利がかなり高く、どれだけ低い金利にしても14%以上の数字が適用されてしまいます。

審査の難易度を下げてしまうと、最終的に支払う利息が多くなるので気を付けてください。

審査にかかる時間

審査にかかる時間ですが、フリーローンは基本的に長い傾向にあります。

フリーローンの審査はカードローンなどと違い、色々な項目でチェックされています。

また、即日融資を実現しているローンではないので、基本的に銀行側もローン審査を遅くする傾向があります。

その結果、短時間での融資が受けられず、どれだけ短くても3営業日程度の時間がかかってしまいます。

当然ですが、土日祝日のように審査を実施していない期間は、フリーローンと契約できません。

長期休暇を挟んでしまうと、フリーローンの申し込みから審査完了までにかかる時間が相当長くなるので気を付けてください。

特にJAフリーローンは審査が遅く、すぐに借りられません。

場合によっては1週間以上も待たされる場合があります。

比較的早く審査を完了させてくれるのは三井住友銀行フリーローンです。

ただ、三井住友銀行は最短で2営業日程度の時間がかかるため、融資までには少し待たなければなりません。

イオン銀行やジャパンネット銀行のフリーローンは三井住友銀行よりも審査が遅くなるため、こちらも1週間程度は覚悟しておきましょう。

どのような場合でも、フリーローンを使うためには時間がかかるものと考えてください。

融資にかかる時間

審査が終わってから契約までにかかる時間はそこまで長いものではありません。

場合によっては審査終了後すぐに契約し、融資を受けられる状況を作れる場合もあるのです。

しかし、契約する会社によっては、郵送で契約書を送付されてしまいます。

郵送で契約書を送付された場合、契約書を返送するまで融資を受けられません。

つまり郵送契約となった場合、契約までに相当な時間がかかる場合もあると考えてください。

特にイオン銀行フリーローンは、一部の地域でフリーローンの郵送契約が実施されてしまいます。

フリーローンを郵送契約に変えられてしまうと借りるまでに時間がかかります。

なるべくWEB契約を採用している会社を選ぶといいでしょう。

ジャパンネット銀行フリーローンであれば確実にWEB契約が可能なので、契約までの時間は縮小できるでしょう。

なお、三井住友銀行とJAフリーローンは店舗でしか契約できませんので、WEB契約はありません。

フリーローンの知名度

フリーローンの知名度はカードローンなどと違いあまり高いわけではありません。

銀行としても、まずフリーローンよりカードローンを紹介する傾向があります。

理由として、フリーローンは1回しか借りられないローンという部分が影響しています。

高額な借入を何度も実現できるカードローンと違い、フリーローンは借入回数が1回だけに制限されており、あまり多くの借入ができないのです。

より多くの利息収入を期待している銀行としては、何度も借りられるカードローンを紹介する傾向が多くなっているのです。

特にジャパンネット銀行はフリーローンよりもカードローンの宣伝を優先しているため、フリーローンは知られていません。

イオン銀行もカードローンの方が知名度は高めで、フリーローンよりも宣伝を優先する傾向があります。

一方で三井住友銀行のように、フリーローンをしっかり宣伝している会社もあります。

知名度という部分ではまだまだ足りない点もありますが、これから宣伝によって多くの方に知られる可能性もあるでしょう。

なお、JAフリーローンは店舗ごとに対応が異なる他、地域ごとのサービスとなりますので知名度はその場所によって変わります。

フリーローンを扱う会社数

フリーローンを扱っているのは全国の銀行です。

銀行以外の会社は基本的に扱っていませんが、一部の消費者金融でも採用されています。

提供されているフリーローンの数は100以上であり、ローンの数としてはかなり多いと言えるでしょう。

ただ、同じ銀行が2つ以上のフリーローンを提供する傾向はほぼありません。

従って1銀行に対してフリーローンは1つだけ用意されているものと考えてください。

カードローンのように銀行がいくつもローンを持っているというわけではないのです。

イオン銀行、ジャパンネット銀行、JAはフリーローンを1つだけ準備しています。

一方で2つ以上のフリーローンを採用している会社としては三井住友銀行があります。

違いは不動産担保を出すか出さないかの違いです。

当然ですが借入額や金利は変わりますし、審査に関連する条件も厳しくなります。

フリーローンの利便性

フリーローンの利便性は非常に高く、様々な用途に使えます。

利用できないのは会社の事業用資金と投資目的の資金です。

この2つを除けば、基本的に多くの用途で利用可能となります。

ただ、フリーローンを利用する場合、しっかりと用途の説明をしなければなりません。

特に三井住友銀行は用途の説明が不十分だと審査を通過できない場合もあります。

JAも用途は自由ですが説明で納得しても輪ないと審査は厳しくなります。

イオン銀行もNGとされている用途には厳しく対応しています。

一方でジャパンネット銀行は、多少用途の説明が不十分でも審査を通過できる場合があります。

会社によって用途のチェックが変わっている点に気を付けておきましょう。

また、しっかりと審査を通過するためには、わかりやすく用途を説明しておきましょう。

フリーローンの信用性

フリーローンも高い信用性を確保しています。

提供している会社は銀行が主体で、しかも万全の経営状況を作り上げています。

ローンの信用性が不足するという問題は基本的に起こらないでしょう。

ただ、三井住友銀行のようにメガバンクが提供するフリーローンと、ジャパンネット銀行のようにネットバンクが提供するフリーローンでは信頼性に少し違いがあります。

基本的に三井住友銀行が一番信用性が高く、次にJAが信用できます。

イオン銀行はジャパンネット銀行よりも信用できる程度と考えてください。

一番信用度の低いジャパンネット銀行ですが、それでも銀行のフリーローンとしてはそれなりに高い信用度は持っているので安心して利用できます。

フリーローンの返済方法

フリーローンの返済方法は色々と用意されていますが、基本的に口座引き落としを利用します。

今回比較した4つのフリーローンは、いずれも口座引き落としによる返済としています。

基本的にATMによる返済はどの銀行も認めていません。

一見すると返済方法に違いはないように思われますが、店舗での返済を可能にしている会社もあります。

イオン銀行は店舗へ来店して繰り上げ返済が実施できます。

来店して返済などで相談したいことがあれば使ってみるといいでしょう。

ただ、イオン銀行の有人店舗は少ないので利用できない地域もあります。

フリーローンのトラブル

どのフリーローンもトラブルを起こしたという事例はありません。

安心して契約してもいいでしょう。

過払い金等の問題もフリーローンではほぼ起きていませんので、心配しなくても大丈夫です。

基本的にフリーローンは、適切な金利と限度額、そして正しい運営によって提供されています。

トラブルが起きるという問題は基本的に考えなくてもいいでしょう。

フリーローンを比較して見えてきた情報は?

資料を見る女性

フリーローンの比較をしたところ、色々な情報が見えてきました。

その情報を簡単にまとめると以下のようになります。

  • フリーローンは変動金利と固定金利を採用しているが、変動金利の方が基本的に低い
  • フリーローンの審査は時間がかかるが、一部銀行で早く終わる場合がある
  • フリーローンを提供する会社によってはWEB契約ができない
  • 口座引き落としを採用しているフリーローンを利用したほうが安心
  • フリーローンは過去にトラブルを起こしていないので信頼性が高い
  • 知名度はあまり高くないのでしっかりと比較サイトで調べること

以上がフリーローンの比較によって出てきた情報です。

フリーローンは変動金利を採用する三井住友銀行のような会社と、固定金利を採用しているイオン銀行のように分かれています。

金利がトップページに表示されていれば固定金利、金利表に変動金利だと書かれていれば変動金利だと考えてください。

この金利の情報こそがフリーローンの契約ではかなり重要な項目だと考えてください。

また、フリーローンの限度額は会社によって変わりますので、限度額も併せて確認しておきましょう。

限度額は不動産担保を提供する場合だと1億円程度まで達する場合があります。

ただ、不動産担保を出すフリーローンはリスクが相当高くなる場合もあるため、基本的には担保や保証人のないフリーローンを使ってください。

その場合は最大で1,000万円程度の限度額に抑えられてしまいます。

ただ、リスクを軽減して借りられるという部分が何よりも重要だと考え、フリーローンを比較するようにしましょう。

フリーローンは他のローンと比較しても謙遜ない優れたローン

フリーローンは他のローンと比較しても使いやすい商品です。

もちろんフリーローンごとに違いが色々と存在しますので、しっかりと比較して使いやすいフリーローンを見つけておきましょう。

もしフリーローン選びに困ったのであれば、名前を知られている銀行のフリーローンを中心に考えるといいでしょう。

また、金利はできる限り低い会社を選んだほうが将来的な返済額を抑えられます。

フリーローンは大きな借入が予想されますので、しっかりと比較して情報を得るようにしてください。