学生ローンのカレッヂは安心感と利便性の高い会社!他社との比較も紹介

学生ローン

学生ローンを提供しているカレッヂは、長くにわたって学生ローンのサービスを続けている会社です。

学生がお金を借りたいと考えている時、安心して借りられるようにサービスを提供しています。

利用する場合は、どのような申込み方法が用意されているほか、そして借入方法についてもしっかり確認しておきましょう。

また、学生ローンを利用する場合は、他社との比較もしっかり考えておきましょう。

ここでは学生ローンのカレッヂについて説明します。

学生ローンカレッヂの基本情報

学生ローンのカレッヂは以下の条件でお金を貸しています。

限度額 50万円まで
金利 17.00%
遅延損害金 20.00%
返済方式 元利均等自由返済方式
返済期間 5年間
担保・保証人 不要
契約条件  高卒以上の大学生や専門学校生であること
日本国籍を持っていること

以上がカレッヂを利用する場合の条件です。

限度額は学生でも借りられる最大限の50万円を準備しています。

50万円まで借りるためには返済能力が重要となりますが、返済能力に応じて限度額を柔軟に設定してくれるので安心してください。

金利は他社に比べるとやや高い傾向にある17.0%が採用されています。

利息は多くなる傾向があるのでしっかりと考えて返済するようにしましょう。

担保や保証人を利用しないで借りられるのは、大手の消費者金融と同じです。

自分の返済能力さえ持っていれば、安心して借りられる会社だと考えておきましょう。

学生ローンのカレッヂを利用するための方法

ここからは学生ローンのカレッヂを利用する場合、どのように申し込んで審査を受けるのかなど、借りるための方法を説明します。

カレッヂは他の学生ローンに比べると様々な方法に対応しているほか、短時間での審査に対応しているメリットがあります。

どうしてもお金を借りたいと思っているなら、カレッヂが採用している申込み方法を理解して、すぐに借りられるようにしましょう。

カレッヂへ申込む

まずはカレッヂに申し込みます。

申込の方法は以下の3つが採用されています。

  • インターネットによる申込
  • 来店による申込
  • 電話による申込

以上の方法が採用されています。

申込方法ですが、基本的にインターネットを利用したほうが楽に申し込めます。

インターネットの場合はカレッヂのホームページにアクセスして、「新規申込」をクリックすれば申込ページに入れます。

カレッヂはかなり前にホームページを作った会社なので、今のホームページに比べると簡素ですが、様々な情報が掲載されています。

インターネットを利用する方法であれば、カレッヂに関連する様々な情報が簡単に見られるので安心できるでしょう。

他にも電話や来店による方法も採用していますが、電話の場合は利用できる時間が限られているので気を付けてください。

利用できる時間は平日の10時から18時までの間です。

また、土曜日は10時から14時までの間であれば申込みが可能です。

ただ、第2土曜日と第4土曜日は休業していますので、土曜日の利用はかなり難しいものと考えてください。

カレッヂに必要な情報を提示する

カレッヂ側に対して様々な情報を提示します。

基本的には以下の内容が必要です。

  • 個人情報
  • アルバイト先の情報
  • 用途
  • 連絡先
  • 振込先
  • 親元の情報
  • マルチ商法等の利用ではないことの約束

以上の内容を提示した場合、カレッヂへの申込が完了します。

個人情報はどのようなローンでも必要であり、個人的な情報を全て記入しなければなりません。

アルバイト先は収入を確保しているかしっかり確認するために必要であり、バイト先の収入等も記載しなければなりません。

用途は禁止されている使い方に引っかかっていなければ問題はありません。

ちなみに禁止されているのはギャンブル等の資金に利用する、他社の返済等に利用するなどの明らかに問題となる行為が該当します。

連絡先は携帯電話の番号を記入しておけば問題ありません。

振込先は現在利用しているメインの銀行口座を利用しておきましょう。

次に親元の情報を記入するように求められます。

親元の情報は返済されない場合に連絡が必要なので、しっかりと記述しておきましょう。

特に電話番号の間違いがないように気を付けてください。

最後にマルチ商法等のために利用しないという確約を提示すれば、この時点で申込みが完了します。

カレッヂの審査を受ける

カレッヂ側が審査を実施して、最終的に融資できるのかしっかりと確認します。

カレッヂの審査は電話による確認が実施される程度で、あまり厳しい審査は行われません。

ただ、収入がないなどの理由により、電話をかける前に審査に落とされる場合があります。

審査を通過したいと考えているなら、しっかりと返済できる能力を見せるようにしましょう。

最後にカレッヂが電話をかけて、本人の確認を取れば審査は完了します。

審査後はカレッヂと契約する手続きに入ります。

カレッヂと契約する

カレッヂとの契約ですが、複雑な方法が採用されているため注意してください。

まずは必要な書類を送るように告げられます。

書類として認められているものは以下の通りです。

  • 学生証
  • 免許証か保険証
  • 銀行のキャッシュカード(コピー)
  • 公共料金の領収書

以上の4つを送付しなければなりません。

この4つが送付できない場合、カレッヂは必要な契約ができないと判断し、契約前に審査落ちと同じ扱いとします。

従ってこの書類はしっかり準備しなければなりません。

公共料金の領収書が存在しない場合の対応

公共料金の書類がない場合、かなり複雑な方法を取らなければなりません。

基本的には固定電話に電話をかけてもらい、電話による確認が取れれば問題なく処理されます。

しかし固定電話を持っていない人は、次の方法を採用しなければなりません。

その方法ですが、まず電報が送られてきます。

一人暮らしの人が本当にその場所に暮らしているのか、確認のために電報を送っているのです。

この作業は実家暮らしの場合は行われませんし、最近利用されているシェアハウスでも実施されません。

一人暮らしに限って利用される方法だと考えてください。

この電報をスマホなどで撮影して保存し、他の必要書類と一緒に送付するというものです。

この書類送付ができれば、確認ができたと判断されます。

電報という昔ながらの方法を採用しているため、最近の人には馴染みがないかもしれません。

ただ、この方法によって確認が取れないと、カレッヂからお金を借りられません。

面倒ではありますが、しっかりと対処しておきましょう。

カレッヂから融資を受ける

最後にカレッヂから融資を受けます。

カレッヂは振込でお金を借りられるため、最初に提示した銀行口座に振り込んでもらう方法でお金を借りるといいでしょう。

また、カレッヂカードと呼ばれるキャッシング用のカードも発行しています。

契約後に別途申し込みが必要となりますが、カレッヂカードを発行すればセブン銀行ATM、もしくはカレッヂが持っているATMでも借りられます。

最初の融資を受けた後、カレッヂカードを発行すれば利便性が拡大すると考えておきましょう。

面倒であれば常に振込で借りる、もしくは来店してお金を借りる方法を利用してください。

カレッヂを利用するメリットとデメリット

カレッヂを利用するとどのようなメリットが得られるのか、そしてデメリットはどのようなものがあるのかしっかりと考えておきましょう。

メリットとデメリットをしっかり考えていないと、契約後に大きな問題に直面したり、借りづらいと感じて後悔する場合もあります。

しっかりとメリットとデメリットを理解しておきましょう。

ここからはメリットとデメリットに分けて、カレッヂについて説明します。

カレッヂのメリット

カレッヂを利用するメリットは以下の通りです。

  • 短時間で融資が受けられる
  • カードを発行すれば大手の消費者金融と同じ利便性がある
  • 信頼性が高く安心できる

以上のメリットを持っています。

融資を受けるまでの時間はもちろんのこと、カードを発行して借りられるのは高い利便性を持っているでしょう。

ここからはメリットについて詳しく説明します。

短時間で融資が受けられる

カレッヂは審査にかかる時間が短いため、当日中でも融資が受けられます。

急いでいる場合は、13時までに申込みが完了し、契約まで審査が進めば融資が受けられます。

短い時間でお金を借りられるのはとても安心できるところです。

どうしてもお金が必要な時は早めに申込んでカレッヂからお金を借りましょう。

カードを発行すれば大手の消費者金融と同じ利便性がある

カレッヂカードによってセブン銀行のATMでお金を借りられるメリットがあります。

カードの発行手続きには時間がかかるものの、カードさえ受け取ればどこでもお金を借りられます。

また、カードを利用すればATM返済も可能になりますので、返済をより楽にしたいと思っている時にも便利です。

長くカレッヂを利用したいと考えているなら、カードを発行するといいでしょう。

信頼性が高く安心できる

カレッヂは創業してから42年という長い歴史を持っており、他社よりも信用性が高くなっています。

安心して経営を続けるためのノウハウを持っているほか、安心して借りられる環境をしっかり整備しています。

不安で信用できない会社ではないので、安心して契約できるでしょう。

カレッヂのデメリット

一方でカレッヂのデメリットもあります。

デメリットとしては以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 学生以外は利用不可
  • 外国籍では借りられない

以上のデメリットを持っています。

デメリットをしっかり理解して、本当にカレッヂを利用すべきか考えておきましょう。

ここからはデメリットについて説明します。

金利が高い

カレッヂの金利は17.0%と高い数字が設定されています。

他の学生ローンではもっと低金利で借りられる場合があります。

より低金利で借りたいなら、カレッヂ以外の会社を使うといいでしょう。

ただ、大手の消費者金融よりもカレッジを使えば低金利で借りられる利点はあります。

学生以外は利用不可

学生以外は利用できないため、卒業後はカレッヂを使えなくなります。

卒業後も利用したいと考えているなら、他の学生ローンを利用したほうがいいでしょう。

ちなみに返済期間が5年に設定されているのは、卒業後までに返済してほしいという思いも加わっているためです。

外国籍では借りられない

カレッヂは日本国籍を持っていないと借りられません。

海外の国籍の人はお金を借りられないので注意してください。

留学生はもちろんのこと、日本で生まれたものの韓国籍の人は利用できません。

国籍は最終的に確認される項目の1つですので、確実に日本国籍だと証明できるようにしましょう。

カレッヂを利用している人の口コミ

実際にカレッジを利用した人の口コミをいくつか紹介しましょう。

カレッヂは割と融資が早くてよかったです

カレッヂは13時までに申し込めば即日で借りられるのが良かったと思います。

インターネットの申し込みにも対応しているので、思い立った時に申し込める良さもありました。

電話の対応も良かったですし、返済も自由に返せる方式なので安心できました。

学生時代には本当にお世話になった会社です。

カレッヂはカードを作ったほうがいいですよ

カレッジカードを利用すると、大手の消費者金融と同じような使い方ができるようになり、とても利便性が向上しました。

カードを発行している学生ローンというのはとても珍しいですし、他社では使えないサービスの1つかもしれません。

お陰でセブンイレブンに行けば借入も返済も簡単にできて、手続きにかかる時間も節約できてよかったです。

カレッヂと他の学生ローンはどのような違いがあるの?

カレッジはかなり利用しやすい会社ではありますが、他社としっかり比較して情報を理解したほうがいいでしょう。

ここではカレッジと他の学生ローンを比較してみました。

会社名 限度額  金利  その他
カレッヂ 50万円 17.00% カードが使える
アミーゴ 50万円 14.4%~16.8% 毎月の返済額がやや多くなる
マルイ 50万円 15.0%~17.0%  卒業後も利用可能

以上の違いがあります。

カレッヂは金利面では不利な会社ですが、カードを発行できる部分で利便性はしっかり確保されています。

借りるだけならアミーゴが一番低金利ではありますが、残高スライドリボルビング方式を採用している会社なので、毎月の返済額は多くなってしまいます。

自由返済方式を採用しているカレッヂやマルイの方が返済しやすいと考えておきましょう。

また、マルイは卒業後も利用可能ですので、仕事をしている場合でもお金を借り続けられる良さがあります。

会社ごとの違いをしっかり理解して、どの会社の学生ローンを使うのか慎重に検討しましょう。

カレッヂはカードを使える利便性を持っている

カレッヂは学生ローンでもカードを発行している変わった会社です。

カードを発行してくれるという利便性は、他の学生ローンにはない利点でしょう。

その代わり、やや金利が高く設定されている点に気を付けてください。

返済のタイミングなど、より安心して借りられる状況を考えてから利用しましょう。

おすすめの学生ローンを徹底解説!審査に通るコツも紹介
この記事では、学生ローンの基本的な情報や、利用するメリットやデメリットをご紹介します。 また、学生ローンと大手消費者金融とは何が違うのか?という点についても、詳しく解説していきます。 普段、CMやネット広告では見かけない、この「...