学生ローンを提供している会社はどこ?提供している会社を一覧で紹介!

学生ローン

学生ローンは多くの会社が提供しています。

しかし、提供している会社の情報はあまり知られておらず、多くの方は名前すら知りません。

こうした名前すら知らない状況は、お金を借りる時にはよくありません。

どうしてもお金を借りたいと考えているなら、学生ローンの名前やメリットを覚えておきましょう。

また、学生ローンと契約する際の注意点を理解しておきましょう。

ここでは学生ローンを提供している会社について説明します。

おすすめの学生ローンを徹底解説!審査に通るコツも紹介
この記事では、学生ローンの基本的な情報や、利用するメリットやデメリットをご紹介します。 また、学生ローンと大手消費者金融とは何が違うのか?という点についても、詳しく解説していきます。 普段、CMやネット広告では見かけない、この「...

学生ローンを提供している会社は?

学生ローンを提供している会社は多々ありますが、その中でも知られている会社は以下の通りです。

  • マルイ
  • カレッヂ
  • アミーゴ
  • キャンパス
  • フレンド田
  • ニチデン
  • 学協
  • 学灯社
  • 友林堂
  • トーエイ

以上の会社が学生ローンを提供しています。

上記の会社は学生ローンのサービスに他社との違いを出しながら融資をしています。

学生ローンを使いたいと考えているなら、上記の会社を検討してみるといいでしょう。

ここからは学生ローンを提供する会社について詳しく説明します。

マルイ

マルイは学生ローンの中でも知名度の高い会社です。

知名度が高くなっている理由としては、金利の引き下げキャンペーンを実施しているからです。

マルイでは友達を紹介すると、1人ごとに金利を引き下げてくれるキャンペーンが使えます。

キャンペーンによって金利を引き下げられれば、返済する利息を抑えられるでしょう。

また、15人以上を紹介できれば金利は0%となり、無利息での借入が可能です。

友人を誘って金利を引き下げたいと考えている方に向いている会社です。

基本的な貸付条件は借入額が50万円、金利は15.0%~17.0%です。

この数字は学生ローンであれば一般的な金利や借入額であり、低金利というわけではありませんが、高い金利でもありません。

キャンペーンを利用して返済を楽にしたいと考えているなら、マルイを検討してみるといいでしょう。

カレッヂ

カレッヂは創業してから長く学生ローンのサービスを提供している老舗です。

学生ローンの信頼性が高いというメリットを持っているため、信用できない会社と契約したくない人はカレッヂを考えるといいでしょう。

また、実際の店舗は看板がわかりやすいところに配置されているほか、大きな看板で店舗の場所を示しているためわかりやすいメリットもあります。

基本的な貸付条件は借入額が50万円まで、金利は17.0%で固定されています。

低金利で借りるのは難しいものの、消費者金融よりも低金利で借りられる利点はあります。

学生ローンの中では高い信頼性を持っている会社なので、安心して借りられる点では使いやすいでしょう。

アミーゴ

アミーゴも長く学生ローンのサービスを提供している会社です。

ただ、カレッヂよりも提供している期間は短く、老舗の中でも新しい会社の1つです。

基本的な貸付条件は借入額が50万円、金利は14.4%~16.8%に設定されています。

金利は他の学生ローンよりも低く設定されているため、契約すると利息を抑えられるメリットがあります。

また、アミーゴは審査も早く、30分程度で利用可能となる会社です。

来店不要で契約できる点も利便性の高さに繋がっています。

基本的には振込対応となりますので、平日に借入の手続きを実施しなければお金を借りられない点が少し使いづらいかもしれません。

ただ、低金利で借りられる学生ローンとしては使いやすく、より低金利で契約したい人におすすめです。

キャンパス

キャンパスは女性向けに学生ローンを提供している会社です。

一般的な貸付条件である金利14.4%~16.8%という数字は、女性だとさらに引き下げられます。

つまり男性が契約するより、女性が契約したほうが圧倒的に得をする会社なのです。

更に来店しなくても契約が可能で、借りる方法も振込という手段がありますので、来店して借りなくても大丈夫です。

返済方法も振込に対応しているため、わざわざキャンパスの店舗まで行って返済する必要はありません。

女性が不安に感じているポイントも解消できるように、しっかりと説明してくれる会社でもあります。

安心して契約できる状況をしっかり作り上げている会社と言えるでしょう。

なお、似たような名称であるイー・キャンパスという学生ローンの会社もありますが、この会社はキャンパスの系列店舗ではありません。

似ているようですが全く違う会社だと考えておきましょう。

フレンド田

名前が少しわかりづらい会社ですが、「ふれんどでん」と呼びます。

貸付条件は借入額が50万円まで、金利は15.0%~17.0%に設定されています。

基本的な条件は他社とあまり変わらないのですが、この会社が優れているのは年齢制限という部分です。

実はフレンド田は借りられる年齢が18歳以上に設定されています。

ほとんどのローンは20歳以上での契約が必要となっていますが、フレンド田を利用すれば18歳の大学生なども借りられるのです。

どうしてもお金を借りたいと考える18歳や19歳の人は、フレンド田に依頼してお金を借りるといいでしょう。

即日融資も期待できる会社ではありますが、他社よりも審査は少し遅い傾向があるので注意してください。

しっかりと即日融資を実現したいのであれば、審査のタイミングやスムーズな申込み処理などを実現しておきましょう。

ニチデン

ニチデンは学生ローンを提供している消費者金融です。

学生ローンを提供している会社は、学生ローンを専門に扱っている傾向があります。

しかしニチデンの場合は消費者金融としての融資も実施しているため、学生ローンを専門に扱っている会社ではありません。

他社とは全く違う方針でサービスを提供する会社だと考えておきましょう。

そして学生ローンですが、貸付条件は限度額が30万円まで、金利は9.125%で固定されています。

限度額は学生ローンとしては低くなっていますが、金利が他社よりも圧倒的に低い数字を実現しています。

10%以下の金利で契約できるのは、借入時の利息を抑えられるメリットがあるため、契約できるようなら狙ってみるといいでしょう。

ただ、ニチデンが置かれているのは関西地方であり、関東では契約すらできません。

ニチデンはインターネット契約を実現していますが、関西地方の一部でしか融資を実施してくれないのです。

その結果、関東の学生はニチデンを利用できないのです。

基本的にニチデンを使える人は関西の学生だけだと考えてください。

ただ、ニチデンと契約できれば間違いなく返済は楽になります。

学生ローン用に設けられている180日間の無利息期間も合わせて、とても使いやすい会社なのは間違いありません。

学協

学協は学生ローンを提供している会社の中ではあまり知られていません。

知名度はないものの契約までの早さを持った会社です。

貸付条件は借入額が40万円まで、金利は17.52%て固定されています。

金利は他社に比べると高い傾向があるため、契約すると利息が増える点に気を付けておきましょう。

借入額も少し抑えられていますが、1万円から融資を受けられるメリットがあるので、少額の融資には便利です。

この会社は来店しなければ契約できないため、来店できる関東の学生に限って利用できます。

来店できない地域の方は他の学生ローンを検討したほうがいいでしょう。

来店時に様々な注意点を説明してもらえるほか、安心して借りられるサービスを紹介してくれるので、安心して契約できる利点があります。

学灯社

学灯社は学生ローンでも素早い審査に対応している会社です。

来店しなくても10分程度で学生ローンの融資を受けられるメリットを持っています。

とにかく早く契約したいと考えている方には向いている会社でしょう。

審査までの手順もかなり楽なので、手続きに時間のかかる会社を避けたい時にも便利です。

貸付条件は借入額が最大50万円まで、金利は16.5%~18.0%に設定されています。

金利は他社に比べると高いため、利息を多く取られる点に気を付けてください。

借入額は学生ローンの最大である50万円を実現しているため、多くの借入も期待できるでしょう。

更に、この会社は全国規模でサービスを提供しており、どの地域でも学生ローンが利用できます。

特定の地域に限って利用できるローンではないので、契約の難易度がかなり低い会社だと考えていいでしょう。

地方の学生でも学生ローンを利用したいと考えている時は、学灯社を検討するといいでしょう。

友林堂

友林堂は低金利で契約できる可能性を持つ学生ローンです。

貸付条件は借入額が30万円まで、金利は12.0%~16.8%に設定されています。

金利はニチデンよりも高いものの、他の学生ローンより低い会社です。

低金利で借りられるのはいいことですし、返済の負担を抑えやすくなるでしょう。

ただ、借入額が30万円までと低いので、少額の借入を前提として利用するように心がけてください。

また、友林堂は審査時間がかなり短く、5分程度の審査で融資を実現する場合があります。

他社では10分程度の審査がかかりますが、友林堂を利用すればさらに半分程度の時間で融資まで持っていけるのです。

短時間での融資を実現したい人も友林堂がおすすめです。

更に紹介料をサービスしてくれるキャンペーンも用意されています。

友達の紹介で更に貸付条件などが良くなりますので、友達を誘えるようなら積極的に狙いたい会社です。

トーエイ

トーエイも学生ローンの中では老舗の会社です。

貸付条件は借入額が50万円まで、金利は15.0%~18.0%に設定されています。

金利は上限に関しては少し高い傾向があるものの、一番低い金利で契約できれば少し低くなります。

なるべく高い限度額を狙うと同時に、低金利で契約できるように情報を整えておきましょう。

ただ、この会社は来店しなければ契約できないため、インターネットを利用して契約したいと考えても実現しません。

どうしても契約したいと考えているなら、電話で予約を入れて来店するようにしてください。

予約を入れないで来店しても契約手続きができません。

来店して相談しながら契約したいと考えている方に向いている会社です。

学生ローンを利用する場合の注意点は?

様々な学生ローンを紹介しましたが、学生ローンを使うのであれば以下の注意点を守ってから利用してください。

  • 融資先が地域限定の場合もあるので気を付けること
  • 融資を受けるまでに時間がかかる場合もある
  • 来店する場合は所在地をしっかり確認する
  • 学生証を提示すること
  • 実家の情報を提示する必要がある
  • 本人確認の方法が複雑な会社もある
  • 返済期間が限られているので気を付けること
  • 必ず貸金業者の番号を確認すること
  • 追加融資は再度申込みが必要になる

以上の注意点を守っておけば、安心して契約できるでしょう。

一見すると色々な注意点が存在しますが、安心してお金を借りるためには必要不可欠な条件ばかりです。

しっかりと注意点を守ると同時に、確認作業を進めて安心して融資を受けられるように心がけておきましょう。

ここからは学生ローンの注意点を詳しく説明します。

融資先が地域限定の場合もあるので気を付けること

先ほどの会社紹介でも取り上げましたが、一部の会社は融資できる地域が限定されています。

ニチデンは関西限定、学協は関東地方限定のように、一部地域でしか融資を実施できない会社があります。

どれだけ貸付条件がいい会社だと思っても、借りられる場所が限定されているのであれば使えないケースもあります。

まずは融資を受けられる地域に住んでいるかチェックしておきましょう。

もし融資を受けられないのであれば、全国に対応している学生ローンを探しておきましょう。

全国で借りられる学生ローンであれば、どの場所にいても確実に融資を受けられます。

融資を受けるまでに時間がかかる場合もある

学生ローンの大半は融資までにかかる時間が短くなっています。

短時間で契約できる利点は消費者金融にも負けない要素です。

しかし、学生ローンは土日祝日の審査を担当していない会社が多く、休日に申し込みができません。

更に、申込みのタイミングが悪いと審査が翌営業日まで実施されません。

土日祝日を挟んでいた場合、翌営業日まで何も審査を受けられないまま過ぎてしまう可能性があります。

審査を確実に実施してもらうためには、申込みのタイミングに気を付けてください。

他にも審査が混みあっているなどの理由で審査が早く進まない場合もあります。

特にインターネット契約で学生ローンを利用する場合は審査スピードにも気を付けておきましょう。

来店する場合は所在地をしっかり確認する

学生ローンの中には来店しなければ契約できない会社もあります。

どうしても来店しなければならない場合、まずは所在地の確認をしてください。

学生ローンの会社は目立った看板を配置していないケースが多く、なかなか見つけられないのです。

現在は所在地の検索が楽になったほか、地図アプリなどを利用してどのように移動すればいいかわかりやすく表示させられます。

来店する場合に備えて、必要なアプリなどを利用して場所をしっかり確認しておきましょう。

なお、カレッヂのように大々的に看板を出している会社もあります。

大々的に看板を出している会社であれば、ある程度見つけやすいかもしれません。

また、大半の学生ローンは高田馬場に置かれているので、高田馬場を歩いて探してみるのもいい方法です。

学生証を提示すること

学生ローンは学生証の提出が必要とされており、学生証を出さないまま契約する方法は用意されていません。

理由は学生に対して融資をするローンであり、学生ではない人に融資をするわけにはいかないのです。

そのため学生証を提示できなければローン契約は不可能となっています。

学生ローンと契約したいのであれば、必ず学生証を出すようにしてください。

また、ネットで提出する場合はスキャナやスマホで撮影した画像を利用して学生証を出すようにしてください。

どのような場合でも学生証が出せなかった場合は契約不可能と判断され、審査落ちと同じ扱いを受けてしまいます。

しっかりと学生証を出すように心がけておきましょう。

実家の情報を提示する必要がある

学生は返済能力に不安がある他、返済できなかった場合に個人で対処することが難しいと判断されています。

多くの学生ローンはリスク回避のために、実家の情報を提示するように求めてきます。

詳細な情報までは求められませんが、実家の電話番号を聞かれるケースは多くなっています。

この時にしっかりと実家の情報を提示できなかった場合、審査に落とされてしまいます。

学生ローンを使いたいと考えているなら、実家の情報は必ず教えておきましょう。

返済できない場合は実家に連絡が入るので注意しよう

もし学生ローンの返済が困難となり、遅延状態となった場合は実家に電話が入ります。

そして実家の親に返済するように求めてきます。

実家に借入を気づかれてしまうほか、返済までお願いしなければならない状態は非常に厳しいと言えます。

返済遅延を起こしてしまうとかなり厳しい立場に置かれるという部分をしっかり理解しておきましょう。

絶対に実家に気づかれたくないと思っているなら、返済遅延は絶対に起こさないでください。

毎月の返済はしっかりと続けて、安心して学生ローンを使い続けられるようにしましょう。

本人確認の方法が複雑な会社もある

学生ローンの契約には本人確認が必要です。

本人確認ができなかった場合、信用できないと判断されて審査に落とされてしまいます。

学生ローンを契約したいと考えているなら、本人確認はしっかり実施しましょう。

ただ、本人確認の方法を複雑にしている会社もあるため、中には本人確認に時間がかかる場合もあります。

一番簡単に完了するのは電話をかけてもらう方法です。

これなら確実に電話に出て本人確認が実施できます。

しかし、自宅の固定電話に掛けないと本人確認として認めてくれない会社もあります。

固定電話を持っていない人は、審査を通過できない可能性が高くなってしまうので気を付けてください。

もし固定電話を持っていない場合は、携帯電話に連絡をしてもらえば本人確認だと認めてくれる会社と契約しましょう。

手続きに多くの時間がかかってしまう会社はもちろんのこと、本人確認の手順が複雑な会社は避けたほうがいいかもしれません。

なお、本人確認の方法は各学生ローンのホームページに掲載されています。

返済期間が限られているので気を付けること

学生ローンは返済期間が決められており、その返済期間で全ての借入を返さなければなりません。

学生ローンの多くは5年間の返済期間を設けています。

5年というのは返済しやすいように思われますが、実は学生ローンには落とし穴があります。

学生ローンの返済方法は自由返済方式を採用しているケースが多く、利息さえ返してくれれば返済として扱ってくれる場合があります。

その結果、元本の返済を延々と進めなかったため、5年後に残されている債務がかなり多くなっている場合もあります。

こうした残されている債務が多くなっていると、1回の返済で全額を返せない状態が生まれている場合もあるのです。

なるべく返済期間を考慮して、確実に返済できる状況を整えてください。

学生ローンの返済がうまく進められないと、卒業後に大きな返済が待っているのです。

必ず貸金業者の番号を確認すること

学生ローンの会社は貸金業者としての登録番号を持っています。

貸金業者の登録番号を持っていない会社は闇金業者です。

闇金業者からお金を借りるのは非常に危険ですし、場合によっては親にも大きな迷惑をかけてしまいます。

絶対に闇金からお金を借りないように、貸金業者の番号は確認してください。

番号は学生ローンのホームページに必ず掲載されています。

貸金業者の番号を確認しても見つからないのであれば、その会社は危険だと判断して契約しないように心がけましょう。

なお、今回紹介した会社は全て貸金業者の登録番号が確認できていますので、安心して利用できる会社です。

闇金業者と契約した場合はどうなってしまうの?

闇金業者と契約した場合、法外な利息を取られてしまいます。

闇金業者は金利のルールである利息制限法を守らずに金利を作っているため、とんでもない金利が適用されてしまうのです。

場合によっては年間で100%以上の金利が適用される場合もあります。

闇金業者は簡単に借りられるという部分だけを説明するため、金利に関連する説明がほとんどありません。

契約の際は金利などの情報をしっかり確認すると同時に、金利について説明をしない会社は避けたほうがいいでしょう。

そして闇金と間違って契約した場合は、速やかに借りた金額を返してください。

また、返済ができずに困っているなら弁護士に相談し、闇金業者の取り立てを回避してください。

しっかり対処できないと、厳しい取り立てなどによって生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

追加融資は再度申込みが必要になる

学生ローンは追加融資を希望する際、もう1度学生ローンの契約を結ぶ場合が多くなっています。

一般的なカードローンのように、何度も融資を受けられる方法を採用しておらず、1回だけの契約としている会社が多いのです。

何度も学生ローンを利用したいと考えている場合、契約している会社にもう1度申込みをしないと借りられない場合があります。

2回目以降の融資について、どのような対応を取っているかしっかりと確認しておきましょう。

また、何度もお金を借りたいと思っているなら、最初から学生ローンではなく消費者金融のカードローン等を考えてもいいでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、1回の契約で何度も融資が受けられます。

何回も融資を受けられる方法を使えば、申込や審査を何度も受ける必要がなくなり、借入も楽になるでしょう。

学生ローンは大手消費者金融より使いやすいの?

学生ローンの会社は、大手消費者金融よりも低金利で貸している会社が多いので返済という部分では楽になっています。

大手の消費者金融は金利を18%に設定しているため、どうしても利息は多くなってしまいます。

しかし、学生ローンの場合は金利を17%程度に設定する会社が多いため、1%分の利息を抑えられるのです。

低金利で借りたいと考えているなら学生ローンの方が向いているでしょう。

ただ、学生ローンは借入の方法が制限されている他、借入額が低くなる傾向があります。

特に借入の方法ですが、来店しないと借りられない場合があります。

来店しないとお金を借りられないのは不便に感じられるでしょう。

簡単にお金を借りたいと考える人には、利便性の高い大手の消費者金融を選んだほうが安心です。

また、学生ローンは知名度もあまりないため、信頼できる業者を選ぶなら消費者金融を考えてください。

学生ローンの会社は知名度や利用者もあまり多くないため、口コミを検索しても見つからない場合が多いのです。

より安心して契約したいときは消費者金融を選んだほうがいいかもしれません。

学生ローンは注意点をしっかりと守って利用しよう

学生ローンは多くの会社が提供していますが、利用する場合はしっかりと学生ローンの注意点を守るようにしてください。

特に学生ローンを装っている闇金業者に気を付けるなど、借入の際は会社の情報をしっかり得ておきましょう。

安心して契約できる状況を作れば、学生ローンでトラブルも起こりません。

しっかりした準備と手順を踏んで、学生ローンと契約しましょう。