学生ローンとはどのような商品?使う際の注意点やメリットも理解しよう

学生ローン

学生ローンは学生だけが利用できるローンで、貸付条件を厳しくすることで審査基準を緩和しているローンです。

学生でお金を借りる必要があるなら、学生ローンと契約してもいいでしょう。

ただ、学生ローンは大手の消費者金融などと違い色々なメリットとデメリットを持っています。

特にデメリットの部分はしっかりと理解しておくように心がけましょう。

ここでは学生ローンとはどのようなものか説明します。

学生ローンとは学生向けに作られた少額ローン

学生ローンとは、学生に使ってもらうために用意されたローンです。

基本的に学生ローンを専門に扱っている会社だけが提供しており、大手の消費者金融などは学生ローンを提供していません。

学生ローンの特徴ですが、基本的に借入額を制限し、高い金利で貸す傾向があります。

多くの学生ローンは限度額を50万円に設定しているほか、金利は15.0%~17.0%程度に設定しています。

限度額が50万円に設定されているのは、収入証明書を提出しなくてもいいからです。

大手の消費者金融でも採用されていますが、限度額が50万円以下の場合は収入の確認を取らなくても契約できます。

このルールを学生ローンは採用して、収入証明書の提出をしなくてもいい50万円を上限としたローンにしているのです。

また金利が高めに設定されているものの、大手の消費者金融よりも低く設定される場合があります。

特に少額の借入の場合は少しだけ金利を抑えられる可能性があるため、低金利で借りたい人には便利です。

更に学生ローンは審査基準も甘めで、中小の消費者金融と同じくらいの難易度が設定されています。

ただ、一部厳しい対応を取る会社もあるため、審査に落とされる場合もあります。

確実に審査を通過できるように、安定した収入は確保したほうがいいでしょう。

なお、卒業後は学生ローンを利用できない傾向が多く、卒業後もお金を借りたいなら他のローン契約が必要です。

学生ローンを利用するメリットは?

色々な部分を制限している学生ローンですが、メリットが多数あります。

学生ローンのメリットは以下の通りです。

  • 少額の借入が容易にできる
  • 借入にかかる時間が短い
  • 大手の消費者金融と違い低金利の借入も可能
  • 返済を楽にする方法を採用する会社もある
  • 卒業後も契約し続けられる学生ローンもある
  • 生活費などの出費が多い時にすぐ借りられる

以上のメリットを持っています。

短時間での審査と少額の借入に便利なサービスで、すぐに借りたいと考えている方には向いているでしょう。

ここからは学生ローンのメリットについて説明します。

少額の借入が容易にできる

学生ローンは少額の借入が簡単にできます。

理由は学生ローンの審査基準が甘めで、あまり収入を持っていない人でも借りられるからです。

大手の消費者金融だと、ある程度の収入を持っていないと10万円程度の契約も難しくなります。

一方で学生ローンの場合、アルバイトで稼げる収入で10万円の限度額を設けてくれる場合が多いのです。

稼ぎが少ないもののお金を借りられるようにしてくれる学生ローンはとても使いやすいのです。

ただ、アルバイトをしていないと契約できないため、必ず自分で収入を得る仕事を見つけておきましょう。

借入にかかる時間が短い

学生ローンのメリットは審査時間が短いため、短時間で借りられる点にあります。

大手の消費者金融が30分としている審査時間ですが、学生ローンの場合は5分で審査を完了させ、融資を受けられる会社もあります。

5分というのは審査をしていないように思われますが、審査項目を簡略化して審査を確実に完了させられるようにしているのです。

他にも10分や20分程度で審査を完了させ、契約してくれる会社もあります。

学生ローンは全般的に審査時間が短いため、即日融資を希望している方には利用しやすいかもしれません。

より早く契約したい場合は、学生ローンを提供する会社に来店し、店頭で契約して借りる方法もあります。

早く借りるという部分では学生ローンは大きなメリットを持った商品でしょう。

大手の消費者金融と違い低金利の借入も可能

大手の消費者金融が適用している金利よりも低い金利を実現している学生ローンは、最終的に支払う利息が抑えられます。

上限ギリギリの金利を適用している消費者金融と違い、学生ローンは1%以上の低金利が狙えます。

大手の消費者金融で利息を多く支払うくらいなら、学生ローンと契約したほうが得をします。

金利抑えたいと考えている方にも学生ローンは使いやすいでしょう。

返済を楽にする方法を採用する会社もある

学生ローンは返済方法が少し不便で、基本的に振込や来店しての返済が主体です。

ただ、一部の会社はATM返済に対応しています。

ATM返済ができるのは高い利便性を実現しているという部分で使いやすいでしょう。

また、返済期限を少しだけ考慮して、1週間程度の遅延であれば遅延損害金を取らない会社もあります。

学生ローンは返済遅延の際も安心して相談できるメリットがあるのです。

卒業後も契約し続けられる学生ローンもある

一部の学生ローンは卒業後も契約を維持して借りられます。

別の会社と契約するくらいなら、そのまま学生ローンでお金を借り続ける方法を取ってもいいでしょう。

学生ローンは少額の借入で金利を抑えられるため、大手の消費者金融を利用するよりも返済額が減る可能性もあります。

利息を抑えたいと考えているなら学生ローンと契約し続けてもいいでしょう。

なお、卒業と同時に契約が完了する学生ローンもあるので注意してください。

生活費などの出費が多い時にすぐ借りられる

生活費が足りないと感じている時、学生ローンに相談すれば簡単に借りられます。

学生ローンは生活費が足りない場合はもちろんのこと、他にもお金に困っている時に利用できます。

学生にとってお金が必要な場面で簡単に使える学生ローンはとても助かる商品です。

お金に困ったら学生ローンに相談してもいいでしょう。

学生ローンのデメリットは?

一方で学生ローンにはデメリットもあります。

デメリットは以下の通りです。

  • 会社の信用性が不足気味
  • 返済期間が短い
  • 土日祝日の借入ができない
  • 返済できない場合は親に連絡が入る
  • 本人確認が面倒
  • 提出書類が多い

以上のデメリットを持っています。

消費者金融よりも提出する書類が多くなっているほか、土日祝日の対応ができないなどの問題もあります。

デメリットを理解してから学生ローンと契約しておきましょう。

ここからは学生ローンのデメリットについても説明します。

会社の信用性が不足気味

学生ローンの会社は信用性が不足しており、大手の消費者金融ほど信用できるわけではありません。

中には来店しようと思ったら、怪しい雰囲気を持っている店舗もあります。

安心して契約できるという部分では大手の消費者金融を使ったほうがいいでしょう。

学生ローンと契約の際は、会社の信頼性や安心感を確認したほうが安心です。

返済期間が短い

学生ローンの中には、3年程度で完済するように求めている会社もあります。

3年というのはかなり短い期間です。

計画をしっかり立てないと返済が終わらず、最後の返済で一括返済となる場合があるので注意してください。

また、返済方法が自由返済方式の場合、利息だけを返して元本がなかなか減らない問題もあります。

利息だけを返すような状況は作らず、なるべく多くの返済を実施してください。

土日祝日の借入ができない

学生ローンの会社は土日祝日は営業していません。

土日祝日に借りたいと考えても手続きはできませんし、契約時の審査も受けられません。

土日祝日は大手の消費者金融を利用しなければ借りられない点に注意してください。

なお、一部の学生ローンは土曜日は営業していますが、土曜日は営業時間が制限されているほか、不定期で営業するためあまり期待はできません。

返済できない場合は親に連絡が入る

借りた学生ローンの返済ができない場合、学生ローンの会社に伝えた実家の電話番号に連絡が入ります。

この時点で学生ローンを利用していると気づかれるほか、親に返済するように求められてしまうのです。

親に迷惑がかかるという部分は大きなデメリットと言えるでしょう。

どうしても親に隠しておきたい場合は、大手の消費者金融のように気づかれない会社を選んだほうがいいでしょう。

本人確認が面倒

本人確認の連絡が電話によって実施されればいいのですが、中には郵便等による確認を取る会社があります。

また、昔ながらの電報を利用する方法を取る会社もあり、本人確認が消費者金融よりもかなり面倒に感じやすいのです。

すぐに本人確認を済ませたいなら、学生ローンを提供する店舗へ行って確認したほうがいいでしょう。

電話による確認の場合は、電話だけで確認が完了するか事前に確認しなければなりません。

提出書類が多い

学生ローンは提出する書類が多くなってしまいます。

学生証の提出が必要となる他、場合によっては公共料金の支払い明細なども必要となります。

住民票の確認が必要な場合もあるため、消費者金融に比べると書類を集めるだけでも苦労してしまいます。

書類確認の負担を減らしたいなら消費者金融を選んだほうがいいでしょう。

学生ローンの借入時に気を付けたいポイント

学生ローンの借入を希望しているなら、以下のポイントに気を付けておきましょう。

  • 学生ローンの会社を調べておく
  • 借入前に学生ローンを比較する
  • 来店よりもインターネット契約を優先する
  • 営業時間内に借入までを完了させる
  • 毎月の返済をしっかりと続ける
  • 返済遅延を絶対に起こさない

以上の注意点を守って学生ローンと契約したほうがいいでしょう。

特に事前の準備が学生ローンでは重要となっています。

しっかりと確認作業を取り、学生ローンが安全に利用できると判断してから申込んでください。

ここでは学生ローンの注意点について説明します。

学生ローンの会社を調べておく

学生ローンの会社が本当に安全なのか、調べてから申し込みましょう。

学生ローンと記載していますが、実は闇金業者や個人で融資をしている場合があります。

貸金業者として登録されているかしっかりと見ておくほか、現在も経営を続けているかインターネットで確認しておきましょう。

中には経営をしていないものの、まだインターネット上でホームページだけが残っている場合もあります。

色々な情報を収集し、本当に申し込みができるか確認を取っておきましょう。

そして、闇金業者や個人の融資を実施している会社を見つけたら、絶対に申し込まないように注意してください。

借入前に学生ローンを比較する

借入前に学生ローンを比較して、どの会社がいいのか確認しておきましょう。

一見すると学生ローンはどれも同じように思われますが、金利や限度額の違いが存在します。

金利が低い会社は返済が楽になりますし、限度額の多い会社は多くの借入が期待できます。

自分が思っている借入に合わせて、どの学生ローンを使ったほうがいいのかしっかりと確認しておきましょう。

比較時には会社の信頼性も知ったほうがいいでしょう。

信頼性が不足している会社の場合、色々な問題が起きて生活に支障をきたす場合があります。

過去に融資で何らかの問題を起こしていないか、しっかりと確認してから学生ローンを決めておきましょう。

来店よりもインターネット契約を優先する

学生ローンは来店しての契約も可能ですが、来店するのは面倒ですし、何よりも場所を調べるまでに多くの時間がかかります。

学生ローンの会社はビルの一室に店舗を構えている傾向が多く、どこに店舗があるのか見つける面い場合が多いのです。

また、学生ローンが置かれているビルは、怪しい店舗が近くにあるなど、本当に入ってもいいのか不安に感じる場合があります。

特に女性の方は、来店して契約するのではなく、インターネット契約を優先したほうが安心できるかもしれません。

ネット契約であれば来店しなくても簡単に学生ローンの契約が可能です。

より安心して契約したいと考えているなら、来店しない方法であるインターネット契約を考えてください。

なお、一部の学生ローンは来店しないと契約できないため注意してください。

営業時間内に借入までを完了させる

学生ローンの営業時間はあまり長くありません。

17時くらいになると閉店する傾向が多く、夜遅くになると何もできなくなります。

特に新規申込の際は、借入までを営業時間内に終わらせるようにしましょう。

多くの学生ローンは、営業時間終了の1時間前になると、新規申込の審査を実施しない傾向があります。

早く審査を完了しておきたいなら、まずは営業している時間内に申込みから契約までの手順を完了させてください。

営業時間内に間に合わないようなら、翌日まで審査がかかるものとして待ったほうがいいでしょう。

ゆっくりと借りるのであればいいですが、即日融資の際は営業時間をしっかり把握しておかないと失敗します。

しっかりと営業時間内に契約まで終わらせて借りられるようにしましょう。

毎月の返済をしっかりと続ける

学生ローンの返済は返済額を利息以上で自由に決定できる会社が多くなっています。

利息だけ支払えば返済扱いとしている会社もあるので、返済額を抑えられるという部分ではメリットが多いかもしれません。

しかし、利息だけを支払っていると借入残高が減らないため、延々と借入を続ける必要があります。

場合によっては返済期間までに返済が終わらず、一括返済を要求されるまで返済が終わらない場合もあるのです。

毎月の返済は計画を立てて、しっかりと続けるようにしてください。

出来れば1万円以上の返済を毎月続けられるように努力しましょう。

返済遅延を絶対に起こさない

返済遅延を起こした場合、親に電話が入ってしまい借入がバレてしまいます。

他にも返済遅延によって遅延損害金の対象となり、追加で金利20%の利息を取られてしまいます。

利息が多くなってしまうのは単純に損をします。

絶対に返済遅延を起こし、遅延損害金を取られないようにしてください。

毎月の返済日がいつまでに設定されているか理解し、数日前になったら返済するように心がけましょう。

また、約定返済日を自由に設定できる場合は、アルバイトの給料が入ってからすぐに返せる日程を選ぶと安心です。

もし返済遅延が発生し、遅延損害金の対象となった場合は、少しでも早くお金を返して遅延損害金を終了させるように心がけておきましょう。

学生ローンはしっかり使えば安心して借りられる商品

学生ローンはメリットとデメリットを持っている商品ですので、いいところと悪いところをしっかり理解してから借りるようにしてください。

また、契約前にしっかり比較を実施して、本当に契約しても大丈夫な会社なのか知っておきましょう。

事前の準備ができていれば、学生ローンで問題が起きる可能性はほぼありません。

安心してお金を借りるためにも、申込前の比較や情報収集を念入りに行ってください。

おすすめの学生ローンを徹底解説!審査に通るコツも紹介
この記事では、学生ローンの基本的な情報や、利用するメリットやデメリットをご紹介します。 また、学生ローンと大手消費者金融とは何が違うのか?という点についても、詳しく解説していきます。 普段、CMやネット広告では見かけない、この「...