学生ローンのマルイは使いやすい会社なの?実際の口コミからわかる評判を紹介!

学生ローンのマルイ 学生ローン

学生ローンを提供しているマルイは、少額ではありますが学生でも融資を受けられる会社です。

どうしてもお金を借りたいと考えているなら、マルイに相談してみるといいでしょう。

ただ、マルイはあまり高い知名度を持っているわけではありません。

実際に利用している人の情報などを知ってから、マルイの利用を考えてみましょう。

ここでは学生ローンを提供するマルイについて説明します。

マルイの基本情報

マルイは以下の条件で融資をしています。

借入額 1~50万円
金利 15.0%~17.0%
遅延損害金 20.00%
返済方式 自由返済方式
返済期間 5年間
担保・保証人 不要
融資の対象 安定した収入を持つ学生であること

以上がマルイの基本情報です。

借りられる限度額は50万円までに制限されており、多くの融資が受けられるわけではありません。

ただ、金利は限度額に対してあまり高く設定されていないため、消費者金融を利用する場合よりも借りやすいかもしれません。

ただ、遅延損害金を取られた場合は、大手の消費者金融と同じくらいの金利を取られてしまうので気を付けておきましょう。

また、学生以外の職業では原則として借りられないようにしています。

申込の際に学生であることをしっかり証明できるように心がけましょう。

マルイから借りるための方法

マルイはインターネットを中心に申し込みを受け付けている会社です。

これからマルイと契約したいと考えているなら、マルイから借りるための方法をしっかり覚えておきましょう。

契約の方法がわからないと、マルイと契約できずに借入ができなくなってしまいます。

しっかり借りるための方法を覚えて、確実に借入を実施しましょう。

ここからはマルイとの契約方法について説明します。

申込

マルイは以下の方法で申込を可能にしています。

  • インターネットによる申込
  • 電話による申込
  • 来店して申込

以上の方法を採用しています。

インターネットの方法は、マルイのホームページへアクセスし、新規申込をクリックして申込ページに入ってください。

ホームページのトップに申込みに関連している部分が表示されているほか、契約の流れという部分にアクセスすると申込のページに入れるようにしています。

一方で電話による申込は、営業している時間内に連絡しなければなりません。

営業時間は9:15~17:00とあまり長くありませんので、早めに申込手続きを取るようにしてください。

営業時間外に電話を入れても対応されないので、絶対に営業時間外に連絡を入れないように気を付けておきましょう。

来店する場合も電話と同様に、営業時間内に来店しなければなりません。

営業時間外の場合は店舗が閉まっているため契約できないのです。

来店して契約する場合でも、しっかりと営業時間を守って入店するようにしましょう。

なお、マルイは土日祝日の営業は実施していないため、平日に来店しなければ契約できません。

休日に来店して契約できる会社ではないとしっかり把握しておきましょう。

申し込み完了から審査まで

マルイに対して申し込みが完了した後、マルイ側の審査が実施されます。

マルイは学生であることを証明しなければ借りられないため、契約したいと考えている人に学生証のコピーを提出するように求めています。

学生証のコピーが出せない場合は審査が完了しないほか、マルイの審査に落とされてしまう点に気を付けてください。

学生証のコピーを提出しておけば、後は審査が実施されて借りられるか判断されます。

審査では収入面で問題がないかしっかりと確認を取られます。

収入面で問題がある場合は、基本的に審査に落とされてしまうので注意してください。

また、仕事をしていない場合も審査に落とされるため、アルバイトでもいいのでしっかりと仕事で収入を得ておきましょう。

収入面での問題がないと判断されれば、マルイは審査を通過して電話による連絡を入れます。

マルイから審査通過の電話が入った時点で、学生ローンの契約が可能となります。

契約から融資まで

最後にマルイと契約書を交わします。

契約書に同意しなかった場合は、契約する意思がないと判断されてしまい、審査に落とされてしまいます。

基本的に契約に関しては電話で連絡されるほか、契約書が送付されますので同意して送付してください。

契約書に同意した後、マルイは学生ローンの融資を可能にしてくれます。

借入方法は振込と店舗窓口での借入が用意されています。

基本的に振込以外の方法で借りるのは難しいため、なるべく振込を選ぶようにしてください。

マルイが近くにあるようなら、来店して借りてもいいでしょう。

マルイを利用するメリットとデメリット

本当にマルイを利用しても大丈夫なのか、気になる方はとても多いでしょう。

どれだけ契約までの手続きが簡単だったとしても、そして契約から振込までをスムーズに実施してくれたとしても、本当に安心して借りられるかが不安に感じるかもしれません。

ここからはマルイのメリットとデメリットについて説明します。

紹介するメリットとデメリットを理解して、マルイから融資を受けるべきかしっかりと考えておきましょう。

マルイのメリット

マルイからお金を借りるメリットは以下の通りです。

  • 学生でも簡単に融資ができる
  • 大手消費者金融よりも低金利で借りられる場合がある
  • 返済期間が長く自由に返済可能
  • 卒業後も融資を受けられる
  • キャンペーンで金利を下げられる

以上のメリットがあります。

他の消費者金融では採用していないようなメリットも多数ありますので、学生ローンを検討しているならメリットを生かしてお金を借りるといいでしょう。

ここからはマルイのメリットを詳しく説明します。

学生でも簡単に融資ができる

学生ローンの中でもあまり審査基準が厳しくないため、マルイは簡単に融資を受けられる場合があります。

マルイは金利をやや高くしているほか、借りられる限度額を抑えているため、学生でも安心して借りられる状況を作りだしています。

貸す側としても、あまり高い限度額を設定していないため、審査基準を多少甘くしても大丈夫だと考えています。

そのため大手の消費者金融で落とされている場合でも、審査を通過できる場合があります。

更に、必要な書類が原則として学生証だけなのもいいところでしょう。

学生証さえ持っていれば、他に必要な書類が要らない安心感もあります。

簡単に契約できる方針を取っている点は、マルイのメリットと言えるでしょう。

なお、より契約条件をいいものにしたいのであれば、運転免許証などの身分証が必要です。

大手消費者金融よりも低金利で借りられる場合がある

マルイの金利は15.0%~17.0%に設定されています。

大手の消費者金融であれば、限度額を50万円まで引き上げたとしても、金利は18.0%に設定される傾向が多くなります。

つまり大手の消費者金融よりも1%程度金利を引き下げられるため、返済するための利息を抑えられるのです。

より低金利で借りたいと考えているなら、マルイを選んだほうがいいかもしれません。

返済期間が長く自由に返済可能

実はマルイは自由返済方式という変わった返済方法を採用しています。

消費者金融などは残高スライドリボルビング方式など、毎月の返済である程度の元本を返すように求めています。

しかし、マルイでは返済期間であれば自由に元本を返してもいいルールを採用しています。

つまりお金がない状態であれば利息だけ返して毎月の返済を完了させられるのです。

最終的に5年間で借りた金額を全て返済しておけば、マルイとトラブルは起こらないのです。

毎月の返済に余裕を持てるのはいいところでしょう。

なお、利息の支払いができない場合は遅延損害金を取られるので気を付けてください。

卒業後も融資を受けられる

マルイでは卒業後も融資を受けられます。

もし学生を卒業してもマルイでお金を借りたいのであれば、契約を維持して借り続けるという方法もあります。

1度契約しておけば、マルイから借り続けられるのはいいところでしょう。

卒業後も簡単に融資を受けられる安心感が得られます。

キャンペーンで金利を下げられる

マルイでは友達を紹介すると金利を下げてくれるキャンペーンが存在します。

1人紹介すると1.2%の金利を引き下げてくれます。

つまり多くの人を紹介しておけば、金利が大幅に下がる可能性もあるのです。

友人にマルイの方が借りやすいなどと説明して、契約してもらえばどんどん自分の金利は下がっていきます。

上手に15人以上を紹介できれば金利は0%となり、利息を取られなくなります。

無利息で契約できるのはとても画期的なサービスですし、毎月の支払いがとても楽に変わるでしょう。

なお、無利息を必要としていないなら、クオカードを受け取る方法もあります。

友人が借りた金額に対して、クオカードを受け取るという方法です。

ただ、こちらは最大で5,000円までしか用意されていないため、思っていたほど得をしないかもしれません。

マルイのデメリット

メリットの多いマルイですが、デメリットもあります。

デメリットは以下の通りです。

  • 限度額が低い
  • 営業時間が短い
  • 休日の借入や申込みができない

以上のデメリットを抱えています。

特に営業時間が短いという部分は、申し込む際に注意しておきたい部分です。

しっかりと対策を立てて、確実に契約できるようにしましょう。

ここからはマルイのデメリットを説明します。

限度額が低い

マルイの限度額は50万円までしか用意されていません。

大きな借入を希望している場合、マルイではお金が足りない場合も出てしまいます。

ただ、学生の場合は融資できる金額が制限される傾向にあるため、余程多くの融資を希望しない場合はマルイでも十分に足りる金額です。

どうしても多くの金額が必要であれば、マルイではなく大手の消費者金融で審査を受けるといいでしょう。

それでも100万円近くの融資はかなり難しいですし、アルバイトで多くの収入を確保できていないと借りられる可能性はほぼありません。

あまり高い限度額を学生は期待しないほうがいいでしょう。

営業時間が短い

マルイは17時営業を終了している会社で、17時以降は申込どころか審査も実施されません。

早く借りたいと考えている人も、営業時間が過ぎているようではその気持ちが実現しないのです。

営業時間が短いという部分は、他の会社にはないデメリットと言えるでしょう。

休日の借入や申込みができない

マルイは休日の対応が何もできないため、休日にお金が必要だと感じても借りられません。

マルイは休日は全て休業扱いとなっており、融資についても全く対応してくれないのです。

どうしても休日に借りたいと考えているなら、休日でも対応している大手の消費者金融を使ったほうがいいでしょう。

マルイを利用する場合は、平日で全ての対応を取るようにしましょう。

マルイを利用した人の口コミを紹介

マルイを利用している人はあまり多くありませんが、実際に利用した人が色々な口コミを出しています。

口コミを確認しておけば、何も知らないでマルイを利用する問題は避けられるでしょう。

ここからはマルイの口コミをいくつか紹介します。

マルイを利用してすぐに借りられたので良かったです

最初、マルイは本当に安心して借りられる会社なのかなと感じていました。

理由は色々なサイトで検索してもあまり情報が見つからなかったからです。

しかし、実際に利用してみると、審査はすぐに完了して30分くらいで連絡がきました。

連絡の内容も審査を通過したという通知で、審査自体もあまり厳しいものではないと思います。

融資を受けられたのは10万円程度ですが、お金を借りられる媒体を簡単に得られたので良かったです。

マルイはキャンペーンを使うと返済が楽でいいですね

マルイは友達を呼び込むキャンペーンを利用したほうがいいと思います。

キャンペーンを使うと金利を引き下げられて、より自分の返済が実施しやすくなるのがいいですね。

自分の友達もお金に困っていたので、困っている人にマルイを紹介して金利を引き下げることに成功しました。

金利が引き下げられるだけで返済が楽になるのはとても安心です。

マルイは休日の対応が良くないので気になります

平日の対応には問題ないのですが、休日の対応が良くない会社なので気になっています。

休日に審査も借入もできないのは少し不便ですね。

大手の消費者金融の方がまだいいかなと感じる点は多くあります。

マルイは学生ローンを早く契約したいならおすすめ

マルイは学生ローンでも審査が早いほか、契約後は返済もかなり楽に済ませられる利点があります。

まだ借入等を実施したことのない学生でも、安心して借りられる利点があるでしょう。

これからお金を借りたいと考えている学生は、マルイで借りる方法も検討してください。