ひとり親の支援団体を6つ紹介!支援方法も解説

ひとり親の支援団体を6つ紹介!支援方法も解説-アイキャッチ ライフ

「ひとり親の方に支援したいけど、どんな支援団体があるのかな?」

「ひとり親の支援方法について、詳しく知りたい。」

現在ひとり親で苦しんでいる方は非常に多く、そんな方に向けて支援をしたいと考えている方もいますよね。

しかし、どんな支援団体があるのか、支援方法や寄付金額はどうなっているのか、分からない事も多いと思います。

そこで今回は、ひとり親を支援している団体を6つ紹介します。

記事の後半では、支援方法やひとり親の現状まで詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

ひとり親を支援している団体6選!

パソコンを触る親子

今回紹介するひとり親を支援している団体は以下の6つです。

  • 認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
  • 一般財団法人ひとり親支援協会
  • 認定NPO法人フローレンス
  • NPO法人リトルワンズ
  • 一般社団法人ハートフルファミリー
  • 認定NPO法人ノーベル

認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ

認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむでは、シングルマザーが子どもといっしょに楽しく生きられるような支援を行っています。

シングルマザーの方のサポートとしては以下のようなものがあります。

  • 仲間作りのための「ママカフェ」や「ほっとサロン」
  • 「ライフプランセミナー」や「エンパワメントセミナー」
  • ママを支援する人を増やす「支援者養成講座」
  • ママの悩みや不安を解消する「電話相談」や「メール相談」

上記のサポートは定期的に行われているので、確認してみましょう。

電話相談は毎週火曜日と木曜日の16:00~21:00に受け付けています。

また、子どもたちの支援としては以下のようなものがあります。

  • 悩みや不安を解消できる「新入学お祝い金」
  • BBQやクリスマス会などの「親子イベント」
  • 「だいじょうぶだよ!基金」

シングルマザーの方には、経済面で厳しい状況に置かれている方も多いです。

また、自分と同じような仲間と出会う機会は非常に貴重です。

認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむには、上記のような悩みも解消してくれるサポートが整っています。

全国に姉妹団体があるのもポイントです。

寄付の使途お米や食料など緊急食糧支援や新入学お祝い金
寄付の種類毎月の寄付・今回の寄付
支払い方法毎月の寄付 クレジットカード・ゆうちょ自動払込

今回の寄付 クレジットカード・銀行振込・郵便振替

一般社団法人ひとり親支援協会

一般社団法人ひとり親支援協会では、「ひとり親家庭を孤立から守る活動」、「ひとり親家庭の生活向上にかかる活動」をしています。

「ひとり親家庭を孤立から守る活動」としては以下のような内容があります。

  • ひとり親の交流サークル運営
  • ひとり親家庭のこどもたちへの遊びや教育の場の提供
  • ひとり親予定者および離婚準備支援
  • 配偶者と死別したひとり親支援
  • 未婚で子どもを産む決断をしたひとり親支援
  • ステップファミリー支援

また、「ひとり親家庭の生活向上にかかる活動」としては以下のような内容があります。

  • お役立ち情報・行政連携
  • 講演会・講座・セミナー・会議の運営
  • 相談対応・専門家連携
  • ひとり親支援者の人材育成
  • キャリア支援
  • 調査研究・普及啓発・政策提言
  • 食糧支援
  • 学習支援
  • スポーツ支援(野球、サッカー、バスケ、水泳、ヨガ)など

上記で紹介した支援の他にも、法人の目的を達成するために必要な事業を行っています。

また、支援については不要になった洋服や文房具などの物品の支援もあるので、気軽に支援できますよ。

同じひとり親同士の交流機会もあり、役に立つ情報も多くしることができます。

あまり交流の機会が少ないシングルファザーの方にもおすすめですよ。

寄付の使途食糧支援・学習支援など
寄付の種類継続的に支援するサポーター制度・今回のみの寄付
支払い方法継続的に支援するサポーター制度 クレジットカード

今回のみの寄付 クレジットカード・直接送金

(子どもたちへのプレゼントや物品提供も可能)

認定NPO法人フローレンス

認定NPO法人フローレンスは、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指している社会問題解決集団です。

社会問題を解決することで、多くの親子を救う活動をしています。

認定NPO法人フローレンスが解消する社会問題には以下のようなものがあります。

  • 病児保育問題
  • 待機児童問題
  • 障害児保育問題
  • 赤ちゃん虐待死問題

ひとり親家庭の貧困問題に対しては、「ひとり親家庭支援事業」で解決を目指しています。

フローレンスのひとり親支援には以下のようなものがあります。

  • 低価格で利用できる病児保育の「ひとり親支援プラン」
  • コロナ禍の休園・休校対応として会員に健康時保育を提供
  • 食品や日用品の提供
  • 困窮家庭の見守り支援
  • 「ひとり親向けライター育成プログラム」の提供

上記の支援のおかげで、仕事を休めないひとり親の方や経済的に厳しい状況のひとり親家庭も支援してもらうことができます。

「こども宅食」として、定期的に食品を届けるこども宅食事業も非常にありがたいですね。

寄付の使途ひとり親家庭の就労・子育て支援
寄付の種類毎月定額を寄付するマンスリーサポーター・今回の寄付
支払い方法クレジットカード

NPO法人リトルワンズ

NPO法人リトルワンズは、都内を中心にシングルママやシングルパパのサポートをしている団体です。

活動内容としては以下のようなものがあります。

  • 交流会
  • 毎月のイベント
  • 相談
  • お部屋探し
  • お母さんに就業・情報・居住支援・心理ケアの提供
  • 子どもたちに「体験」の機会の提供
  • 社会に子どもの貧困を啓発

交流会では、ママ同士で仲間を見つけることや情報を交換することができ、服の無料プレゼントもあります。

相談については、どんなことでも相談可能で専門家に繋げてもらうこともできるので、非常に心強いですね。

ひとり親家庭では、親子での交流も少なくなりがちですが、毎月の親子イベントで楽しむこともできますよ。

また、ひとり親であれば自分の経済状況などの希望に合った部屋探しが大変なことも多いです。

部屋探しにおいても、無料で希望に合う物件を探してもらえるので、より仕事にも集中できますね。

他にも、子どもたちに向けた「習い事」に特化した給付型奨学金もあるので、自分の子どもにも体験を与えることができます。

寄付の使途学習や生活などの子ども支援
寄付の種類毎月の寄付・今回の寄付
支払い方法クレジットカード・銀行振込や郵便振替

一般社団法人ハートフルファミリー

一般社団法人ハートフルファミリーは、「ひとり親家庭が未来に向かって元気に強く生きる力をもたらすことができる環境を整備する」ことをビジョンに掲げています。

主な活動内容としては以下のようなものがあります。

  • あらゆる情報を提供
  • ひとり親応援認定事業主活動
  • 在宅ワークサポート
  • 就業サポート
  • 完全独立開業サポート

上記の仕事に関するサポートは、ひとり親世帯でも仕事を持って自立できるためのサポートです。

ひとり親家庭に優しい労働環境への取り組みで、郎度環境を整える動きにも挑戦しています。

また、提供してもらえる情報としては主に以下のものがあります。

  • 手当や手続き
  • お仕事事情
  • 食の支援
  • 住まいの応援
  • 法律相談
  • 教育・学習
  • コミュニティ
  • 保育・託児

ひとり親になって、分からない事ばかりで不安という方は多いです。

一般社団法人ハートフルファミリーでは、自分の知りたいことを全て知ることが出来る情報を提供してもらえるので安心できます。

自分と同じ境遇のシングルマザーやシングルファザーのコミュニティもたくさんあるので、助けになりますね。

寄付の使途ひとり親家庭の本当の自立
寄付の種類マンスリーサポーター(8種類)・今回のみ
支払い方法クレジットカード・銀行振込

認定NPO法人ノーベル

認定NPO法人ノーベルは、「子どもを産んでも当たり前に働ける社会へ」というビジョンを基に、保育事業を主軸に仕事と子育ての両立をサポートしています。

主な活動内容としては以下のようなものがあります。

  • 病気の子どもに特化した自宅保育の訪問型病児保育
  • 1日35円からできる支援の寄付

自分が働いていても、子どもが病気になったら仕事を休むため、お給料にも響いてくるという問題は多いですよね。

ノーベルでは、病児保育を行っているので、急な病気でも仕事を休まずに安心して子どもを預けることができます。

病児専門スタッフによる病児保育で、実績もあるため、安心して利用できますよ。

また、寄付では経済的困難を抱える「ひとりおかんっ子家庭」とお預かりに専門性が必要となる「スペシャルニーズっ子家庭」を支援する「ドノ親子ニモ応援プロジェクト」があります。

「ひとり親家庭」には、月会費を安価に、「スペシャルニーズ家庭」には、オプション料金を無料になどの対応があります。

そのため、ひとり親で仕事が忙しいという方におすすめですよ。

寄付の使途病児保育のサポート
寄付の種類継続的に寄付(4種類)
支払い方法クレジットカード・銀行口座振替

ひとり親への支援や寄付方法は?

女性・はてな

ひとり親へ支援したいけど、寄付方法が分からないという方もいますよね。

そこでこのトピックでは、寄付の方法について解説します。

ひとり親へ寄付する際は支援団体を調べてそこから寄付することが簡単です。

上記でも紹介したとおり、ひとり親を支援している団体はたくさんあるので、調べてみましょう。

団体ごとに自分も共感できる理念や事業内容も変わってくるので、詳しく確認することが必要です。

また、寄付の方法やどれくらいの金額から寄付できるのかも異なるので、気をつけましょう。

寄付金控除の条件も様々なので、考えている方は事前に把握することが重要です。

他にも、フードバンクなどに食料を寄付することもおすすめです。

例えば、認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンが運営する、ひとり親家庭を対象としたフードバンクもありますよ。

ひとり親世帯の現状について解説

人差し指を立てる女性

ひとり親世帯であれば、経済的に厳しい状況である方、貧困で苦しんでいる方も多いです。

そのため食料や学費が十分でない場合もあります。

また、ひとり親世帯でも、シングルマザーとシングルファザーでは、年収にも差があります。

特にシングルマザーの場合、経済面が厳しく生活が大変な方が多いです。

シングルマザーの多くは貧困状態に置かれていて、年間収入も十分ではありません。

かといってシングルファザーが困っていないわけでもなく、子どものために時間を割くことで収入が大幅に減る可能性も高いです。

ひとり親世帯で、経済面でも安定できることは少ないというのが現状です。

ひとり親世帯の割合や年収はどのくらい?

厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査から分かる、母子世帯、父子世帯の数や平均年収は以下の通りです。

世帯の種類世帯数平均年間収入平均年間就労収入
母子世帯123.2万世帯243万200万
父子世帯18.7万世帯420万398万

上記の通り、ひとり親世帯には母子世帯が圧倒的に多いです。

しかし、母子世帯の平均年間収入は父子世帯に比べて少なく、経済面が厳しい状況であることが分かります。

そのため、ひとり親支援の団体でもシングルマザーに向けた支援団体も多くあります。

また、母子家庭の方が少しでも負担を減らせる手当や制度について紹介するので、ぜひチェックしてみましょう。

母子家庭の方が利用できる手当や制度を紹介!

母子家庭の方が利用できる手当や制度には、主に以下の10個があります。

なかには父子家庭の方でも利用できる制度がありますが、母子家庭の方が利用しやすい場合が多いです。

  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 母子家庭・父子家庭の住宅手当
  • 遺族年金
  • 特別児童扶養手当
  • 生活保護
  • ひとり親家族等医療費助成制度
  • 乳幼児や義務教育就学時の医療費助成
  • 障害児福祉手当

それぞれ、支給対象や支給額は異なるので、詳しく確認しておきましょう。

母子家庭の方が利用できる割引制度を紹介!

母子家庭の方には、手当の他にも利用できる割引制度がいくつかあります。

以下の項目を確認しましょう。

  • 所得税や住民財の減免制度
  • 国民健康保険の免除
  • 国民年金の免除
  • 電車やバスの交通機関の割引制度
  • 粗大ゴミの手数料の減免制度
  • 上下水道料金の減免制度
  • 保育料の免除や減額

上記のような公共料金の割引制度もあります。

自分でも利用できるか、どれだけ減額されるのかなど、詳しいことは自分の住んでいる自治体に確認することが必要です。

上記のような割引制度でも、普段に比べて少し負担を軽減させることができますよ。

ひとり親に関するよくある質問

はてなマーク

このトピックでは、ひとり親に関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • ひとり親で相談したいことがある場合どこに相談すれば良い?
  • ひとり親の方への支援方法ってどんなのがあるの?

ひとり親で相談したいことがある場合どこに相談すれば良い?

ひとり親になると、分からないことや相談したいことはたくさん出てきますよね。

そんなときは、各区役所こども家庭支援課などに相談すると良いでしょう。

他にも支所保健福祉課や子育て支援センターでも、相談を受け付けているので、調べてみましょう。

また、ひとり親支援団体でも、相談を受け付けているところや、しりたい情報を提供しているところは非常に多いです。

一度調べてみると、自分の相談したい内容に対する回答が見つかることも多いですよ。

ちなみに、認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむでは電話相談が可能です。

また、一般社団法人ハートフルファミリーではあらゆる情報を提供してもらうことができますよ。

ひとり親の方への支援方法ってどんなのがあるの?

ひとり親の支援方法として、基本的には、お金を寄付することがほとんどです。

お金の寄付の際は、継続して寄付する場合と、都度寄付する場合の2つがあります。

寄付を考えている方は、自分の状況と照らし合わせて合っている方を選びましょう。

しかし、お金の寄付以外にも、食料や自分の使わない服などを寄付することも可能です。

ちなみに一般社団法人ひとり親支援協会では、不要になった洋服や文房具などの物品も寄付することができます。

また、グッドごはんは、認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンが運営する、ひとり親家庭を対象としたフードバンクです。

気になる方は利用条件を一度調べてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したひとり親を支援している団体は以下の6つです。

  • 認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
  • 一般財団法人ひとり親支援協会
  • 認定NPO法人フローレンス
  • NPO法人リトルワンズ
  • 一般社団法人ハートフルファミリー
  • 認定NPO法人ノーベル

ひとり親を支援している団体はたくさんあるので、困っている方は積極的に調べてみるようにしましょう。

また、寄付する団体を選んで自分に合った方法でひとり親を支援することもできます。

少しの支援でも助けになる方は多いですよ。