他社借入の件数が多い人が審査に落ちる本当の理由

三井住友銀行カードローン豆知識

すでに数社の消費者金融から借り入れをしている人が、新規でカードローンに申し込む場合、もっとも不安になるのが「借り入れ件数の多さが原因で審査に落ちるのでは?」ということではないでしょうか?

たしかに、他社借り入れ件数の多さと審査落ちの可能性は比例します。

しかし、カードローンの審査で落ちてしまう人には、借り入れ件数以外にも共通しているポイントがあります。

この記事では、借り入れ件数が何件くらいあると審査に落ちてしまうのか?

また、審査に落ちる人には他社借り入れ件数以外にどんな共通点があるのか…という点について詳しく見ていきたいと思います。

<この記事はこんな人にオススメ>
・現在、カードローンを3件以上利用しており、新規でカードローンに申し込もうとしている人
・審査では、他社借り入れ件数以外にどんな点が重視されるのか知っておきたい人
・他社借り入れ件数が多くて審査落ちした場合、どんなリスクがあるのか知っておきたい人

カードローン審査時に重視される他社借入

カードローンに申し込んだ場合、本人の年収や勤務先などの基本的な情報のほかに、「他社カードローンやクレジットカードのキャッシングの利用額」が重視されます。

他社消費者金融カードローンの利用件数と利用額

カードローンのなかでも消費者金融カードローンは総量規制の対象となります。

したがって、アコムやプロミスなどの消費者金融カードローンに申し込む場合は、他社消費者金融からどれだけ借りているか…ということが厳密に審査されます。

総量規制では「消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング利用額が年収の三分の一を超えてはならない」というルールがあります。

したがって、すでに他社消費者金融で年収の三分の一ギリギリまで借りている場合は、審査落ちしてしまいます。

また、借り入れ件数が「4件以上」になると審査通過はかなり厳しくなります。

そのため借り入れ総額が総量規制の範囲内でも、借り入れ件数が多い人は審査にとおることはできません。

「総量規制範囲内におさまるように申し込んでいるのに、なぜ審査に落ちるのか…」と不思議に思う方も居るかもしれません。

このあたりの「借り入れ件数と審査の関係」については、後の見出しで詳しく解説していきたいと思います。

総量規制対象外のローンも審査時にはチェックされる

総量規制対象にはならない「銀行カードローン」に申し込んだ場合でも、他社借り入れは厳格にチェックされます。

銀行カードローンに関しては「顧客への過剰融資」が社会問題化してから、金融庁からの指導が銀行に入り「返済能力を超えた融資を自粛する」という動きが広まっています。

そのため、以前であれば他社借り入れを含めて「年収の二分の一前後までの融資が可能」としていた銀行も、総量規制のルールにのっとって「融資は他社借り入れを含めて年収の三分の一まで」という自主規制を設けている銀行もあります。
参考:朝日新聞デジタル カードローン、9割の銀行が融資上限 金融庁調査
参考:金融庁 銀行カードローンの実態調査結果について

他社借入件数が多いとなぜ審査に落ちるのか?

では、なぜ他社借り入れが多いとカードローンの審査に落ちてしまうのでしょうか?

その理由を探ってみたいと思います。

他社借入額よりも件数が多い人が敬遠される理由

他社借り入れ件数が多い人が審査落ちする理由…、それは「そもそもなぜ2件以上のカードローンを利用するのか?」という点を探れば、おのずとその答えは見えてきます。

大手消費者金融のカードローンに申し込んだ場合、年収300万円程度の人の初回限度額は30~50万円です。

そしてカードローン利用中に限度額いっぱいまで借りて「いまの限度額が足らない」となると、通常は利用中の消費者金融に申し出て「限度額アップ」を依頼し、ローン会社は増額審査をおこないます。

審査の結果、年収や利用実績に問題がなければ増額審査に通過し、利用者はあらたな借り入れができるようになります。

しかし、残念ながら増額審査に落ちてしまった人は、あらたなキャッシングをするためには他社カードローンに申し込むしかありません。

要するに「他社借り入れ件数が多い人」は、「利用中のローン会社から増額を断られた人」というケースがほとんどなのです。

そのためカードローンの借り入れ件数が多い人が新規で別のカードローンに申し込むと、審査担当者は「増額審査に落ちるくらい返済能力に問題がある人」という判断をし、結果として審査落ちしてしまいます。

カードローン別、借り入れ件数の危険ゾーン

では実際にカードローンに申し込んだ際、どれくらいの借り入れ件数があると審査落ちしてしまうのか、具体的なカードローンを例に検証してみたいと思います。

他社借り入れ件数がどれくらいなら審査にとおるのか…ということは実際に申し込んでみないとわかりません。

ただカードローンの公式サイトにある「簡易診断」を利用すれば、おおよその判断はつきます。

レイクアルサ

まずレイクアルサの簡易診断で、他社借り入れ件数がどれくらいなら審査落ちするのか見ていきましょう。

レイクアルサの場合、以下のとおり簡易診断の結果で、おおよその審査結果がわかります。
審査通過の可能性 簡易診断の結果(画面に表示されるメッセージ)
審査通過の可能性が高い ご融資できる可能性がございます
審査通過の可能性が低い ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした

ちなみに、レイクアルサの簡易診断を実際に利用し、「他社借り入れ5件以上」と入力すると「ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした」という表示がでることがわかりました。

ただ、どんなカードローンでも言えることですが、簡易診断はあくまでも「審査の目安」です。

他社借り入れ件数が5件以上でも審査にとおる可能性は「0」ではありません。

逆に他社借り入れ件数がまったくない人でも、信用情報機関の内容にキズがあるような人は審査落ちしてしまいます。

レイクALSAから即日融資を受ける方法&コツ-土日でも即日融資は可能?
「今すぐお金を借りたい」 「レイクALSAで即日融資が受けたいけど、どうすればいい?」 こちらの記事では、そんな人に向けてレイクALSAで即日融資を受けるための方法を紹介しています。 消費者金融のレイクALSAでは、他の消費者金融...

三菱UFJ銀行バンクイック

つぎに銀行カードローンの簡易診断でもチェックしてみたいと思います。

今回は、三菱UFJ銀行バンクイックの簡易診断で実際に他社借り入れ件数を入力してみます。

バンクイックの簡易診断の場合は、審査通過の可能性に応じて以下のメッセージが出ます。

審査通過の可能性 簡易診断の結果(画面に表示されるメッセージ)
審査通過の可能性が高い バンクイックをお申込み可能と考えられます
審査通過の可能性が低い ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした

今回「他社借り入れ額は50万円」と仮定し、他社借り入れ件数を入力してみました。

バンクイックの場合は他社借り入れ件数が「4件以上」となると、「ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした」という表示が出ました。

バンクイックの場合は、やはり銀行カードローンということもあってか、消費者金融カードローンよりも他社借り入れ件数の条件は若干厳しくなることがわかります。

三菱UFJニコスのクレジットカードの審査難易度は?どのカードを作るのが簡単なのか?
国内最大のクレジットカード会社、それが三菱UFJニコス株式会社です。 三菱UFJニコスは発行しているクレジットカードの種類も多く、利用者側の選択肢も広いです。 しかしいくら選択肢が広いとしても、考えなくてはならないのが「三菱UF...

他社借入件数が多い人の審査結果

さきほど「他社借り入れ件数が多くても、審査にとおる可能性はある」ということをお伝えしました。

では、実際のところ他社借り入れ件数が多くても、どんな人なら審査通過できるのか、詳しく見ていきます。

借り入れ額が少ないなら審査通過も可能

消費者金融などのローン会社が審査時に重視するのは、「貸金業法に触れないか?」という点と「返済能力に問題はないか?」という点です。

貸金業法では総量規制のルールが定められており、消費者金融やクレジットカードのキャッシング借り入れ額が年収の三分の一を超えると、新規融資はできません。

一方、「返済能力に問題はないか?」という点については、利用者によっては借り入れ件数が多くても返済能力に問題がない人はいくらでもいます。

たとえば、借り入れ件数が多くても審査にとおる人には、以下のような特徴があります。

  • 他社から4件以上借りているが、各々の借り入れ額が少ない
  • カードローンの利用件数は多いが、無利息キャッシングの恩恵を受けるために契約しただけで、実際にはカードローンをほとんど利用していない

借り入れ件数が多くても、信用情報機関の内容を見ると実際の借り入れ額はわかります。

審査の結果「年収に対して過剰な借り入れをしていない」という判断に至る場合は、審査通過の可能性は十分あります。

希望限度額が下げられる

ただ借り入れ件数が多い人は、件数が少ない人と比較すると、どうしても信用度は落ちてしまいますので、審査にとおっても限度額が下がる可能性があります。

たとえば、年収300万円の人が通常であれば限度額30万円となるところ、他社件数が多いために「限度額が10万円になった」というのはよくある話です。

他社借り入れ件数が多い場合、実際の借り入れ額が少なくても。他社カードローンの限度額まで余裕があると「他社借り入れが増えるリスクがある」とみなされて、限度額を減らされてしまいます。

審査落ちした場合のリスク

また、他社借り入れ件数が多いことが理由でカードローン審査に落ちてしまった場合、「審査落ちした」という残念な結果以上のリスクがあることも忘れてはいけません。

6ヶ月間は新規ローンの審査にとおりにくい

カードローンの審査に落ちてしまった場合、その履歴は信用情報機関に6ヶ月間残ります。

そのため、一度審査に落ちてしまうと6ヶ月間は別のカードローンに申し込んでも、同じ結果になるケースが多くなります。

カードローンの審査の際、金融機関は信用情報機関に照会をかけますが、その照会履歴も信用情報機関に残ります。

通常、ローン審査にとおった場合は「照会履歴+契約履歴」が信用情報機関に残りますが、審査に落ちてしまった場合は「照会履歴のみ」が残ることになります。

この照会履歴は、信用情報機関に加盟している金融機関なら見ることができますので、1件程度ならともかく複数のローン審査に落ちていることがわかると、ますます審査通過は難しくなります。

申し込みした会社のローン審査通過は難しくなる

審査落ちの履歴が残るのは、信用情報機関だけではありません。

カードローンに申し込んだ場合には、当然その金融機関の社内データには申し込み履歴や審査履歴がすべて残ります。

信用情報機関の照会履歴は6ヶ月で消えます。

しかし「金融機関の社内データをいつまで残すか」という点については、は金融機関の判断次第です。

最悪のケースでは半永久的にデータが残り続け、一度落ちた金融機関からは一生ローン契約ができない…という可能性も0ではありません。

銀行の保証会社をしている消費者金融に注意

他社借り入れ件数が原因で審査に落ちた場合、申し込んだローン会社によっては、そのあと申し込むカードローン選びに細心の注意を払う必要があります。

とくに銀行カードローンの場合、大手消費者金融が銀行カードローンの保証会社となっているケースがあります。

そのため、消費者金融カードローンの審査に落ちてから銀行カードローンの審査に申し込むと、その銀行カードローンの保証会社は審査に落ちた消費者金融だった…という事もあり得ます。

下記は、おもな銀行と保証会社の関係を表にしたものです。

下記の表を見るとアコムのカードローンで審査落ちした人が三菱UFJ銀行バンクイックに申し込むと、審査落ちしてしまう可能性は高くなることがわかります。

<銀行カードローンと保証会社の関係>

銀行カードローン 保証会社
三菱UFJ銀行バンクイック アコム
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
じぶん銀行カードローン アコム

新規ローンの審査にとおるコツ

他社借り入れ件数が多い人が新規でカードローンに申し込む場合、なにも対策をせずに申し込むと審査に落ちてしまいますが、どうしても審査にとおりたいなら以下の方法を試してみることをおすすめします。

借入額が少ないなら1社にまとめよう

さきほどもお伝えしたとおり、他社借り入れ件数は少ないほうが審査通過率は高くなります。

そのため、現在借りている各社カードローンに限度額の余裕がある場合は、できるだけ1社にまとめてから新規のカードローンに申し込んでみてください。

他社ローンを完済しても解約が必要

また、他社借り入れを1社にまとめたあとは、借り入れ額が0円となったカードローンは必ず解約することを忘れないようにしましょう。

銀行カードローンや消費者金融カードローンは、残債がなくなっても契約状態は続いています。

そのため、信用情報機関には「ローン契約あり」という情報が残ったままになり、この件数が多いと「契約済みのカードローンでまた借りるのでは?」と疑われてしまいます。

そのため、どうしても新規のカードローン審査にとおりたいなら、他社を解約してから新規でカードローンに申し込むようにしてください。

どうしても借りたいなら親に借りて一時的に返済する

「他社借り入れを1本化したいのはわかっているが、利用中のローン限度額がいっぱいで、これ以上新規借り入れができない」という方も多いのではないでしょうか。

そのような場合でも、可能な限り親や兄弟に融資を申し込んで、カードローンの借り入れは一本化しておきましょう。

一度親に借りたあとは、新規で契約したカードローンから再度借りて返済すればいいですし、新規のカードローンに申し込むことで、それまで借りていたローンよりも低い金利で借りることも可能です。

総量規制を超えると借り入れができないケースも

ただ、他社借り入れがある状態で審査通過したとしても、借り入れ総額が増えると「すべてのカードローンで新規借り入れができなくなる」ということになりますので、注意が必要です。

突然新規借り入れができなくなる原因としては、利用中のカードローン借り入れ額が総量規制の範囲を超えたことが考えられます。

たとえば年収300万円の人が、カードローン3社から各々30万円を借りている場合、借り入れ総額は90万円ですから年収の三分の一以内となります。

しかし、新規でカードローンの契約に成功し、あらたに30万円を借りると借り入れ総額は120万円となりますので、総量規制の範囲を超えてしまいます。

こうなると、契約中のカードローンすべてで新規借り入れはできなくなります。

新規借り入れができなくなると、利用中のカードローンは「返済専用ローン」となってしまいますので、注意が必要です。

中小の消費者金融なら他社借入があっても審査は甘い

最後に他社借り入れがあっても、比較的審査にとおりやすいカードローンをいくつかご紹介しておきます。

エイワは人柄重視

「他社借り入れがあっても、比較的審査にとおりやすい」という口コミが多いのが、中小消費者金融の「エイワ」です。

エイワの契約条件は、他社消費者金融とは一風変わっており「店舗での対面審査」が必須となっています。

ほとんどの消費者金融カードローンがインターネットや無人契約機で申し込めるのに対し、「なぜ対面審査なの?」と思われるかもしれませんが、他社借り入れ件数が多い人にとっては対面審査のほうが有利なケースがあります。

エイワの口コミを見てもわかりますが、エイワの審査は「人柄で判断してくれる」という、他社にはない審査方法がとられています。

さすがに他社で延滞していたり、債務整理中という人は借り入れできないかもしれません。

しかし、他社借り入れ件数が多くても誠実な人柄で、かつ返済能力に問題がないなら、総量規制の範囲内で審査通過できる可能性は十分にあります。

キャッシングのエイワの審査は通りやすいの?即日融資の可否や利用者の口コミも紹介
大手消費者金融の審査に落ちても借りられると評判なのが、より小さい経営規模の「中小消費者金融」です。 中小消費者金融のなかでも「エイワ」で借りようかな…なんて思うかたも多いはず。 エイワは創業から50年近く経っている、神奈川の老舗...

自転車操業で新規ローン契約は危険

他社借り入れ件数が多い人は審査落ちしてしまう可能性が高いこと…、その一方でいくつかの対処法を使えば、他社借り入れがあっても新規借り入れは可能であることなど、参考になったでしょうか?

ただ、他社借り入れがある状態で新規カードローンの審査にとおると、「新規のローン会社で借りたお金を返済にまわす」という人が多いのも事実です。

たしかに「ローン会社から取り立てを受けるよりはまし…」という考えもわかりますが、借り入れで返済をする、いわゆる「自転車操業」は破滅への第一歩です。

もし、そのような状態に陥っているなら、早めに任意整理などの債務整理をすることを検討したほうが賢明かもしれませんね。