コロナウイルスでカードローン返済に困ったら?

スマホを持って悩む女性 ライフ

現在世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

コロナウイルスは市民の健康だけでなく、経済的にもダメージが入ります。

するとどうなるかと言うと、現在返済しているカードローン返済も滞ってしまいます。

カードローン返済が滞るということは、普通の生活に回すお金もなくなるということ。

お金がなくてカードローン返済が遅れてしまうと、信用情報にその記録が残るので、後の人生で大ダメージです。

コロナウイルスで影響を受けるカードローン返済について、今回考えていきましょう。

コロナウイルスでもカードローン返済は進む

どれだけ世界中の人がコロナウイルスに感染しようと、カードローン利用者の返済は終わりません。

コロナウイルス前にカードローンでお金を借りた人は、そのままのペースで返済を続けます。

これが嫌なら、カードローンを利用するのを辞めるしかありません。

これからのカードローン返済について、前向きに考えていかねばなりません。

コロナウイルスで返済が困難になった人の対策

コロナウイルスで仕事が減るなどして、カードローン返済できない状況の人がどうすればいいかを考えていきましょう。

消費者金融など借入先へ連絡

多くの消費者金融が、「コロナウイルスで返済が難しい方の相談窓口」を用意してくれています。

そこから相談して、「返済の猶予を待ってもらう」「利息のみの返済で済ましてもらう」など、前向きな対応策を間あえてもらえるようにしてください。

新型コロナウイルス感染症に関するご相談と当社の対応について|レイクALSA
新型コロナウイルスにより影響を受けたお客さまへ|アコム

新型コロナウイルス感染拡大にともなう当行の取り組みについて|横浜銀行

カードローン返済で困ってしまったら、相談窓口で返済について相談してください。

債務整理の検討を

返済が進まないなら、返済の元金を減額する「債務整理」を検討してください。

個人再生や任意誠意で、今後の返済計画を現実的なものにしましょう。

最終手段としては、自己破産で今後の返済を免責しましょう。

コロナウイルスでもカードローンは利用するべきか?

コロナウイルスでお金が無くなったとしても、カードローンでお金を調達するのはアリかナシか?

今の場面でカードローンを利用することの是非について考えてみましょう。

長い目でみるとキャッシング利用はおすすめできない

コロナウイルス騒ぎが治まったとして、その後もあなたの人生は続きます。

カードローンで今お金がない状況を乗り切ったとして、その後の人生に対応できるでしょうか?

私は長い目でみれば、カードローンを利用して、その返済で家計が圧迫され続けるのは考えものです。

なるべくカードローンでお金を借りることなく、ノーリスクにお金を手に入れて現状を乗りきってください。

現状カードローンですぐにお金を借りることで楽をしても、その後ずっと苦しい生活が続くのは、誰しも望むところではないはずです。

カードローンは「要所」で使うべき

カードローンはたしかに、「即日融資で借りられる」という圧倒的に便利なポイントがあります。

その他の方法でお金を手に入れようとしても、即日お金を手に入れるのはかなり難しいです。

すぐにお金が必要な時に便利なカードローン。

必要な時にのみ利用するのは有用です。

必要な時に必要な額だけ借りることで、返済に関しても無理なく行うことができるはず。

大手消費者金融が中心にやっている「無利息サービス」も使いながら、賢くカードローンで借入を行って下さい。

無金利でお金を借りるには?無利息サービスを最大限お得に活用する方法
貸金業者から借りたお金には、設定された金利で利息が発生してしまいます。 利息は、返済の折元金の支払いと同時に支払うことになります。 返済を行う誰しも思うはずなのが、「できれば利息は払いたくない…」ということ。 返済時に元金...

返済のために「自転車操業」もやめて

すでにカードローンを利用している人がやりがちなのが、「返済に給して自転車操業を行う」ということ。

別のキャッシングで借りたお金を返済にあてるやり方では、返済が終わることは一生ありません。

「返すためにお金を借りる」をはじめてしまうと、すぐに借金地獄へ直行です。

カードローン以外の方法でお金を調達しましょう

カードローンでお金を借りる以外の方法でお金を手に入れるようにしてください。

具体的な方法を以下に紹介しておきます。

生活福祉資金貸付制度で資金調達

生活に困った人に向けた制度が「生活福祉資金貸付制度」です。

特に、緊急小口資金なら、時間をかけずに無利子にて最大10万円借りることができます。

コロナウイルスで生活がままならないならぜひ、生活福祉資金貸付制度の活用を考えてください。

生活福祉資金貸付制度とは?借入方法を解説します
景気がなかなか回復しないために、失業や年収などで生活に困る人が増えています。 「今この苦しい時期を乗り越えられれば生活を立て直すことができるのに…」 そんな場合は、生活福祉資金貸付制度に申し込みをしてみるのも一つの方法です。 ...

クラウドソーシングで家にいながら副業

副業でお金を稼がないと、あなたは生活がままならないわけですが、普通に働いてはいけません。

最近はランサーズなどで、クラウドソーシングの仕事へ申し込めます。

家にいながら副業することで、コロナウイルスの感染リスクも押さえながらお金稼ぎが可能なのです。

くれぐれも、どこかへ出勤するタイプの副業をするのだけはやめてください。

株式投資

コロナウイルスで家にいる時間が長いからこそ、この時間を株式投資に活かすという手もあります。

投資なら家にいながらできますし、FXと比べれば比較的リスクが低いです。

しかし問題は、現状日本がかなり不安定なこと。

日経平均株価が乱高下しているので、投資するにしても少し勉強しなくてはいけないですね…。

コロナウイルスのカードローン返済へ与える影響

コロナウイルスによって受ける影響は体だけではありません。

仕事がなくなる。

もしくは仕事が減らされることで、カードローン返済もままならない人も多いはず。

そうした人は、消費者金融と相談するなどして、カードローン返済について前向きに考えていく必要があるのです。