「家を出たいけどお金がない」と思っている方が家を出るためにこれからやること

疑問に思うパソコンを持つ男性 三井住友銀行カードローン豆知識

長く実家に住んでるけど、そろそろ実家を出て一人暮らししたい…。

そんなことを考えている方も多いはず。

しかしご存知の通り、一人暮らしをはじめるためにはお金がかかるものです。

たとえ彼氏、彼女と同棲するとしても、家を出るにはお金がかかります。

じゃあそこで必要なお金をどうやって捻出すればいいのか。

お金はそのへんを掘っても出てこない、空から落ちてくるものでもありません。

しかしお金がなくても、なんとか家を出るためのお金を容易うする方法はあります。

今回は私から、「どうすれば家を出るためのお金を捻出することができるか、お教えしたいと思います。

お金がなくても家を出るためにできること

さっそく、お金がない人が家を出るためにできることを学んでいきましょう。

住み込みで働けるところを探す

「住み込みで働けるところ」ならば、家賃を払う必要はありません。

仕事先で働けるので、無料で住むことができ、給与まで発生します。

場所によっては食費すらかからないところも。

これなら家を出るために必要な初期費用を大幅にへらすことができるはずです。

シェアハウスに住む

シェアハウスは、通常の賃貸に住むのと比べるとかなり安い賃料で住むことができます。

一つの家をシェアする形で住むことになるので、他人と住むことにストレスを感じるタイプの人はちょっと苦しいかもしれませんが、

お金がない人が家を出て安く住む目的ならシェアハウスはかなりおすすめです。

電気代などの光熱費がかからないことが多いのもメリットです。

公的支援を受ける

ただ「家を出たい」という場合ではなく、「家から逃げたい」と思っている方には公的支援を受けて家を出るのもおすすめします。

家庭環境が崩壊している場合は、婦人保護施設や民間シェルターなどに逃げ込むことで、保護を受けられます。

その後きちんと一人暮らしをするとなったら、そのときはまた「生活保護」などの公的支援を受けることで生活の立て直しができます。

カードローンでお金を借りる

最終手段とはなりますが、「カードローンで借りる」という方法もあります。

カードローンで借りたお金は利用意図に制限を受けないので、家を出るためのお金として借りることもできるというわけです。

しかしカードローンで借りたお金は利子をつけて消費者金融などに返さないといけないので、以前にもまして支払いの負担がかかります。

本当にどうしようもないときのみ、カードローンで借りるようにしてください。

超初心者向けに即日キャッシングの借入方法を丁寧に紹介
これまでキャッシングを利用したことのないような、キャッシング超初心者にとっては、キャッシングを利用した借り入れはわからないことばかりです。 そこで今回は、超初心者でもわかりやすく、即日キャッシングでの借入方法、具体的にどのキャッシング...

実際家を出るためにはいくら必要なのか

実際のところ、家を出るためには具体的にいくらくらい必要になるのでしょうか。

必要なお金の具体的な提示がないと用意するものもできません。

個人的な実感だと50万円あると安心

家を出るときは、、まず住む家を決めなければいけません。

長く実家に住んでるけど、そろそろ実家を出て一人暮らししたい…。

そんなことを考えている方も多いはず。

しかしご存知の通り、一人暮らしをはじめるためにはお金がかかるものです。

たとえ彼氏、彼女と同棲するとしても、家を出るにはお金がかかります。

じゃあそこで必要なお金をどうやって捻出すればいいのか。

お金はそのへんを掘っても出てこない、空から落ちてくるものでもありません。

しかしお金がなくても、なんとか家を出るためのお金を容易うする方法はあります。

今回は私から、「どうすれば家を出るためのお金を捻出することができるか、お教えしたいと思います。

お金がなくても家を出るためにできること

さっそく、お金がない人が家を出るためにできることを学んでいきましょう。

住み込みで働けるところを探す

「住み込みで働けるところ」ならば、家賃を払う必要はありません。

仕事先で働けるので、無料で住むことができ、給与まで発生します。

場所によっては食費すらかからないところも。

これなら家を出るために必要な初期費用を大幅にへらすことができるはずです。

シェアハウスに住む

シェアハウスは、通常の賃貸に住むのと比べるとかなり安い賃料で住むことができます。

一つの家をシェアする形で住むことになるので、他人と住むことにストレスを感じるタイプの人はちょっと苦しいかもしれませんが、

お金がない人が家を出て安く住む目的ならシェアハウスはかなりおすすめです。

電気代などの光熱費がかからないことが多いのもメリットです。

公的支援を受ける

ただ「家を出たい」という場合ではなく、「家から逃げたい」と思っている方には公的支援を受けて家を出るのもおすすめします。

家庭環境が崩壊している場合は、婦人保護施設や民間シェルターなどに逃げ込むことで、保護を受けられます。

その後きちんと一人暮らしをするとなったら、そのときはまた「生活保護」などの公的支援を受けることで生活の立て直しができます。

カードローンでお金を借りる

最終手段とはなりますが、「カードローンで借りる」という方法もあります。

カードローンで借りたお金は利用意図に制限を受けないので、家を出るためのお金として借りることもできるというわけです。

しかしカードローンで借りたお金は利子をつけて消費者金融などに返さないといけないので、以前にもまして支払いの負担がかかります。

本当にどうしようもないときのみ、カードローンで借りるようにしてください。

超初心者向けに即日キャッシングの借入方法を丁寧に紹介
これまでキャッシングを利用したことのないような、キャッシング超初心者にとっては、キャッシングを利用した借り入れはわからないことばかりです。 そこで今回は、超初心者でもわかりやすく、即日キャッシングでの借入方法、具体的にどのキャッシング...

実際家を出るためにはいくら必要なのか

実際のところ、家を出るためには具体的にいくらくらい必要になるのでしょうか。

必要なお金の具体的な提示がないと用意するものもできません。

個人的な実感だと50万円あると安心

家を出るときは、、まず住む家を決めなければいけません。

この家を決める初期費用が高いです。

初期費用は家賃の6倍と言われています。

敷金礼金、仲介手数料に前家賃、管理費や保証料などあわせると家賃の6倍にもなってしまうのです。

つまり家賃5万円のところに住もうと思ったら、初期費用だけで30万円かかってしまうということ。

ここに引っ越し資金と直近の生活費を考えると最初は50万円ほど持っていると安心ですね。

「もしもの備え」を考えないなら30万円程度でいける

直近の生活費や何かあったときの備えなどを考えないで家を出るなら、「家の初期費用30万円」ほどで行けるはず。

引っ越し資金だって自分でなんとかできるでしょう。

家賃の安いところ、敷金礼金なしの家を選べばもっと初期費用を安くできますよね。

お金がないけど家を出た人の声

ここで、実際にお金が無いけど家を出た人の声を聞いてみましょう。

Kさん26歳フリーター

全然お金はなかったけど、実家に居場所がなくなってきたので家を出ることを考えました。

とはいえ貯金は20万円ほどしかなかったので、友達から借りた分と、カードローンで借りた10万円でなんとか近所に引っ越しました。

引っ越しは軽トラを借りて、自力で行いました。

Oさん19歳お笑い芸人

お笑い芸人になる夢のために、上京しました。当然お金なんてなく…。同じくお笑い芸人を目指していた友達と狭い家で雑魚寝するみたいな生活でした。

貯金もなかったですが、意外となんとかなるなという印象でした。笑

お金がないけど家を出たい まとめ

「お金がないけど家を出たい」と考えている方は多いです。

フリーターで実家ぐらしで、実家に立場がないなど事情は様々でしょうが「家を出たい」という気持ちは同じです。

今回の記事が、「家を出たい」と思っているあなたの助けとなりますように。