「死幣」とyahooで検索すると呪われる?お金の呪いとは?

ライフ

「yahooで死弊と検索してはいかない」

なんて言説が、一時期ネット界に流れました。

死弊とは? なんで検索してはいけないのか?

そして、それにお関連して、「お金の呪い」によって金欠で苦しむ人が多いこと。

「お金の呪い」と聞くとなんだか胡散臭く感じてしまうでしょうが、なかなかどうして馬鹿にできないもの。

今回は、「お金に呪い」に関するドラマ「死弊」について。

また、お金の呪いを解いてあなたの人生を好転させるための方法も学んでいきましょう。

どうしてYahooで「お金 呪い」を検索してはいけないのか

2018年現在、すでにこの情報は当てはまらなくなっていますが、以前Yahooで死弊と検索すると、検索結果丈夫に「呪われたお金に関することをさらに調べたいか」という警告文が出ていました。

この警告文に対して「調べる」という選択をすることで、怖い動画が自動的に再生されるという広告サービス?が過去展開されていました。

この動画がこわいと評判になり、一部で「お金 呪い」で検索してはいけないと評判になったのです。

検索するとどうなる?

実際に検索するとどうなるのか?

実際に動画で見てみるのが早いです。

「調べる」と警告文に答えることで、スマホが操作不能となり、見知らぬ女性から電話がかかってきます。

その電話に出ると…。

死弊の番宣が怖い

この一連の流れは、2018年7月からTBS系列で放送されていたテレビドラマ「死弊」の宣伝でした。

勝手にスマホが操作される(実際は動画が流れるだけ)なんて、なかなか手の込んだ番宣ですよね。

「お金」という身近なものに呪いというホラー要素を絡ませるという、なかなか斬新なドラマです。

ホラーは、どれだけ視聴者が身近に感じるかで、恐怖の度合いが変わるもの。

お金に絡ませるなんて、ホラーを身近に感じざるを得ないですよね…。

「お金の呪い」に関するドラマ「死弊」とは?

TBSの深夜ドラマ枠で放送されていた「死弊」について、もっと詳しく調べてみましょう。

7月から9月まで放送されていたということで、やはり夏はホラー、ということなのでしょう…。

あらすじ

大学で経済学を学ぶ南由夏は、妹の小夢から「死幣」にまつわる怪談を聞かされる。「死幣」はお金を欲する人の元に突然届く一万円札の束であり、使ってしまった人は凄惨な死を迎えるという。

ある日、由夏は財津ゼミの同級生である親友、郁美の怪死体を発見してしまう。彼女の部屋には一万円札が散乱していた。お札に描かれた福沢諭吉の両目は、どれも黒いシミで染まっていた…

「死幣」の呪いによって次々と命を落としていくゼミ仲間。由夏は若本刑事と共に、呪いを止めるべく奔走する
引用:Wikipediaより

人の欲望と死を絡ませたドラマのようです。

死弊のキャスト

死弊の主演は、人気アイドルグループSKE48の松井珠理奈さん。

松井珠理奈さんが、ドラマの主人公である南由夏を演じています。

由夏と共に死弊を追いかける刑事役は戸次重幸さんが演じています。

また、由夏と同じ大学に通う生徒役には、元AKB48グループの川栄李奈さんも出演しています。

AKBグループを中心に、なかなか魅力的なキャストが揃っているのではないでしょうか。

松井 珠理奈さん プロフィール

愛称 じゅりな、おじゅり、じゅりぼう
生年月日 1997年3月8日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本・愛知県
血液型 B型
公称サイズ(2016年[注 1]時点)
身長 / 体重 163 cm / ― kg
スリーサイズ 78 – 60 – 85 cm
単位系換算[表示]
活動
デビュー 2008年10月5日
ジャンル アイドル
所属グループ SKE48
ラブ・クレッシェンド
活動期間 2008年10月5日 –
備考 SKE48 チームS
元AKB48 チームK兼任
他の活動 女優
事務所 アービング
主な出演作 『モウソウ刑事!』
『マジすか学園2』
『死幣-DEATH CASH-』
『豆腐プロレス』

引用元:wikipedia

 

戸次 重幸さん プロフィール

本名 佐藤 重幸(さとう しげゆき)
生年月日 1973年11月7日(46歳)
出生地  北海道札幌市手稲区
国籍  日本
民族 日本人
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優・脚本家・演出家・タレント・声優
ジャンル 演劇・テレビドラマ・CM
活動期間 1993年 –
配偶者 市川由衣(2015年 – )
事務所 CREATIVE OFFICE CUE

出演:
テレビドラマ
『33分探偵』
『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』
『ザ・クイズショウ』(第1シーズン)
『歌のおにいさん』
『宇宙犬作戦』
『昼のセント酒』
『グッド・ドクター』
『なつぞら』
『監察医 朝顔』
『おっさんずラブ-in the sky-』
映画
『人生、いろどり』
『相棒シリーズ X DAY』
『らくごえいが』
『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』
『空母いぶき』

引用元:wikipedia

「お金の呪いは怖い」というドラマ

死弊は、呪われた紙幣を使うことで、使った人間が呪われて死んでしまう…というドラマ。

一度呪われてしまうと、死ぬ運命からは逃れられず、ただ死んでしまうという、なんとも救いのないお話です。

紙幣のキャラクター達は、目の前に現れた紙幣によって自分の運命を狂わされてしまいます。

お金は欲望に直結する、人間の欲望を体現した欲望そのもの。

お金の誘惑からは、逃れることが難しいのです…。

実際にお金の呪いにかかっている人はいる?

紙幣は、お金の呪いを大げさに描いた「フィクション」です。

現実には、使ったら呪われて死んでしまうような紙幣は存在しません。

現実のお金も、使って死んでしまうような目にあいかねない、危険性に満ちてはいますが…。

しかし私は現実に、お金によって人生がおかしくなっている「呪い」に苦しんでいる人に心当たりがあります。

現実にある「お金の呪い」とはどんなものか?

お金に呪われると実際はどうなるのか?

少し調べてみましょう。

お金の呪いにかかるとお金に精神が支配される

私が、「この人お金に呪われてるな」と感じるのは、お金に精神が支配されてしまっている人です。

「お金がない」
「何も買えない」
「お金が無いから好きなことができない」

というふうに、お金がないことを理由に行動も思考も阻害されてしまっている人が、私は「お金に呪われてる」と思っています。

お金に関して余裕がない人というのは、まるで呪われているかのように、行動がお金中心になってしまうもの。

逆にお金持ちは、自分の都合いい時しかお金のことは考えたりしません。

お金を使うのではなく使われる

お金に呪われてる人は、お金を使うのでなくお金に使われてしまいます。

お金を使うための行動ではなく、お金に使われるための行動をしてしまいます。

例えば、欲しくもないものを買うためにお店へ行く、単純にカツカツの金銭状態を平穏に維持するため働くのもそうですよね。

お金に対して弱い立場にいるひとも、まるでお金に呪われてるみたいだなと私は感じます。

当然お金はたまらない

当然ですが、お金に呪われている人は、貯金も下手です。

お金に呪われているからか、貯金できないからお金が貯まらないのか…お金に呪われている人は貯金も下手です。

お金の呪いにかかってしまう人の特徴

お金の呪いにかかっている人の思考について紹介しましたが、お金の呪いにかかりやすい人の特徴なども行動心理学などの観点から考えてみました。

自分の特徴と見比べてみて当てはまっていたら要注意ですよ。

目先のことに熱くなってそれしかみえなくなってしまう

目先のことに熱くなりすぎてしまう人はお金の呪いにかかりやすくなってしまう傾向にあります。

熱くなる…というよりも周りがみえなくなってしまう・計画性なく行動してしまうなどです。

目先のことしか考えられなくなる人は、たとえばスマホゲームなどでも欲しいキャラが出るまで課金してしまったり、ショッピングなどでも目的の商品じゃないものに目移りして衝動買いしてしまいます。

計画性のない衝動的な買い物を繰り返していると持ち合わせの現金では支払いが足りなくなることもあるので、クレジットカードやカードローンでキャッシングをして買い物をするのが当たり前になります。

そうなると自分がいくらお金を使っているのかを把握できなくなってしまうのです。

クレジットカードやカードローンを多用して買い物をしてしまうまではいくつか段階を踏みますが、本来購入する予定のなかったものを衝動買いしてしまいがちな方は気を付けた方がいいでしょう。

時間にルーズ

遅刻が確定した男性

お金と時間の関係ってなに?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが「自分に甘い」部分で共通しているとおもいませんか?

「時間はお金くらい大事なので時間は有意義に使いましょう。」ということを謳った「時は金なり」なんて有名な諺があります。

時間にルーズな人は時間を有意義に使うことができない人間です。

少し無理な結び付けかもしれませんが、上記の方式でいうと、

時間にルーズ=お金にルーズ

といえるのではないでしょうか?

要は自分に甘いのです。

「少しくらい予定の時間に遅れてもいいか」と考える人は、

「少しくらい無駄遣いしてもいいか」と考えると思いませんか?

寝坊や横着で無駄にした時間も積み重ねれば膨大な時間になりますし、人からの信頼も失います。

同じように少しの無駄遣いも積み重ねれば膨大な金額になる可能性があります。

一度自分を甘やかすと「理性」は崩れて、ボーダーの判断もつきずらくなり、結果的に一度に無駄にする時間やお金の額も大きくなっていくのです。

子供のころ家が貧乏だった

正直、この項目については特徴というよりも環境に依存するので「気を付けて」と言ってもなかなか難しいものがあります。

さらに「子供のころ家が貧乏だった人」全員がお金に呪われやすくなるわけではありません。

  • お金の恐さや大切さを知り、お金の管理を厳しく、出費も節制する
  • 大人になってある程度、自由にお金の使用できるようになって金銭感覚のタガが外れる

このどちらかのパターンに振りきれる場合が多いのです。

テレビなどでも昔貧乏だった芸能人が貧乏エピソードを話すことがよくありますよね。

貧乏癖が抜けずにいまだに貧乏飯を作って食べている、高級な料理は緊張して味がしない…など真偽は不明ですが、幼少期貧乏だった人はいまだに何らかの形で貧乏の影響を残していることが多いです。

貧乏癖が抜けないのは、むしろお金を大切に管理することに繋がるので「怪我の功名」と言えます。

しかし貧乏によって現在に生じた影響が後者の「金銭感覚のタガが外れてしまう」方だった場合、とんでもなく危険です。

貧乏をバネにして成功を収めて多少散財しても手元にお金があまるくらいの収入があれば、問題ないです。
※ダウンタウンの松本さんや浜田さんはこのタイプですね。

しかし大した収入もないのに金銭感覚が壊れてしまうととんでもないことになります。

そもそも収入がないのに金銭感覚が壊れるようなことにならないのでは?

と思われる方もいると思いますが、支払いを先延ばしにする「クレジットカード」やクレジットカードの機能である「リボ払い」など、現代では一般的な収入の人でも金銭感覚が壊れるのに充分なサービスが世の中に溢れているのです。

既にお金の呪いにかかってしまっている人の行動

お金を持って不敵に笑う男性

お金の呪いにかかりやすい人の特徴について紹介してきました。

しかし「自分の目は自分の目で見えない」ように、人のことは気づきますが自分のことって指摘してくれる人がいないとなかなか知ることができませんよね。

もしかしたら自分は既にお金の呪いにかかっているのではないか?と不安な人の為に既にお金の呪いにかかってしまっている人の行動を紹介します。

当てはまった人は一度自分を見つめなおしましょう。

当てはまれば当てはまるほど、お金に呪われている可能性が高いですよ。

クレジットカードを頻繁に利用する

クレジットカードで支払う人

現金をあまり使わずに基本的にクレジットカードで支払いを済ましてしまう人は既にお金の呪いにかかってしまっている可能性が高いです。

もちろん一括払いを利用すれば手数料などもかからないうえに、現金払いでは手に入らないポイントや最近では「キャッシュレス還元」など日常生活においてとても便利なのは間違いないです。

ですがクレジットカードの性質は「立替」で、特徴として「現在、現金も口座にもお金が無くても」お金を借りられてしまいます。

極端ですが「将来の負担と引き換えに何もないところから価値を手に入れられてしまう」のです。

いくら使ったか把握していない

クレジットカードもアプリなどでいくら使ったのかを把握して、管理できていれば問題ないのです。

しかしいくら使ったのか把握していない、もしくは「次入る給料で支払える範囲なら問題ない」考え方で使用している場合は、お金に呪われている状態と考えていいでしょう。

リボ払いの危険性

頻繁なクレジットカードの使用の中でも特にリボ払いを使用している人はかなり危険です。

さきほども触れましたがクレジットカードの性質は「立替」で、支払いの先延ばしの特徴を持ちます。

リボ払いはクレジットカードの支払いの先延ばしの特徴を特に増幅させた支払い方法です。

システム上、特定の商品ではなく、リボ払いで支払ったものすべてに対して返済義務が生じます。

いくら使っても月に支払う金額が定額のため、クレジットカードの一括支払い以上に「支払ってる感」が薄れてしまいます。

手数料もかかるので、もはや借金に近いのです。

しかし月に支払う金額は「1~3万円」で問題なく支払えてしまうため、家賃や水道光熱費などの固定費のように考えてしまい、借金をしている危機感が薄れてしまうのです。

リボ払いを多用している方はいますぐ支払い残高を調べてみてください。

思わぬ金額になっている可能性があります。

使い方を間違えると闇金より恐い!?リボ払いを早く返す方法について解説
リボ払いは使い方や認識を少しでも誤ると、「地獄」と呼ばれるほど返済が長引き、支払額も膨れ上がってしまうことがあります。 どうして長引いたり、支払額が膨れ上がってしまうのか? それはリボ払いのシステムに理由があります。 リボ...

返済の計画性なくカードローンを利用する

お金が無いとすぐにカードローンに頼る人も既にお金に呪われている可能性があります。

クレジットカードと似たような信販商品に見えて、実際はカードローンとクレジットカードの性質は異なります。

クレジットカードの性質が「立替」であると説明しましたが、カードローンの性質は「融資」になります。

クレジットカードは支払期日が明確に決まっているのに対して、カードローンの返済はある程度の融通が聞きます。

クレジットカードの一括払いなどは使用した一か月分まとめて支払います。

一方カードローンは消費者金融と相談のうえ、月々の返済額を設定します。

クレジットカードの機能の中でもリボ払いに似ているかもしれません。

リボ払いが危険ということは、当然カードローンの頻繁な利用も危険なります。

カードローンはリボ払いよりはマシ

しかしカードローンはリボ払いよりはマシです。

明確に借金と認識しやすい点でカードローンはリボ払いよりもお金を使っている感覚を持ちやすいです。

また利用額が多い場合、金利や利用料を比較して総額でリボ払いよりも安く済む場合も多くあります。

リボ払いの地獄にハマった人は、カードローンでお金を借りて一括返済で借金の乗り換えをする人もいるくらいです。

たdしそのような状況に陥っている時点で、お金に呪われている状態と考えていいでしょう。

コンビニ・外食が多い

クレジットカードやカードローンの話からいきなりグレードダウンしたないようになったと思うかもしれません。

しかし基本的にご飯をコンビニなどの出来合いの物やレストランなどの外食で済ましてしまう人は注意が必要です。

「時間をお金で買っている」言えば、かっこよく聞こえます。

しかし大した収入もないのに自炊をせずに食事を済ませるのは「時間をお金で買っている」のではなく「ただの面倒くさがり」になります。

お金を払って確保するほど貴方の時間に価値はあるのですか?

面倒くさがらずに米を買って炊いて自炊して食事してください。

自炊などの面倒なことをお金を使って解決してしまうのはお金にルーズな証拠です。

お金の呪いを解くことはできる?

人生を狂わしてしまいかねない「お金の呪い」ですが、この呪いを解く方法はあるのでしょうか。

もしあなたが「自分はお金に呪われているのでは」と思うなら、なんとかこの呪いを解くための方法を模索してください。

どうしてお金に呪われてるのか?

そもそも「どうしてお金に呪われているのか」を一度考えてみるべきです。

私が思うに、何もしなければお金に呪われることはありません。

明確になにかしでかしてしまってはじめて、「お金の呪い」に苦しむことになるのです。

「軽い気持ちで借りたカードローン」がきっかけなのか。

「あの日調子にのって賭け金を引き上げすぎたギャンブル」がきっかけなのか。

自分の人生をもう一度思い返してみてください。

お金との主従関係をはっきりさせる

お金に「弱い」と思われるととたんに呪われてしまいます。

お金には、「自分がお金を使う側」だということをハッキリさせておくことで、お金から呪われるリスクを減らすことができるはずです。

お金は確かに偉大です。

人の一生を左右し得るだけの力をもっています。

しかし、必要以上にお金に対しへりくだるのはやめましょう。

お金をうまく稼げると呪われない

上でも言ったように、お金は強い人を呪いません。

例えばZOZOTOWNの前澤社長が、お金に呪われているように見えますか?

そうです。お金を稼ぐのがうまい人は、お金に呪われたりしないのです。

「どうすればお金を稼げるか」

を考えて、実際そのとおりにお金を稼ぐことができていれば、呪われることなくお金を使いこなすことができるのです。

お金に呪われない人は、お金のことを考えるのが上手い人とも言えますね。

要するにお金を手に入れる手段の問題

つまり、自分の手元にあるお金を上手に手に入れていれば、

お金に呪われるようなことはありません。

お金は敵になりえる怖い存在ですが、上手に扱えばこれ以上心強い味方もないのです。

お金に呪われている人は、お金の手に入れ方も、お金の使い方も、お金に関するあれこれがほとんど下手です。

お金のことに真剣になろう今すぐできるお金の呪いを解く方法

死弊なんてドラマが放送されるほど、お金の呪いは怖いものです。

そして直接的に死んでしまうことはないとしても、お金によって間接的な死に追いやられる人というのは確かに存在します。

お金がないと苦しんでいる人が、お金の呪いから離れるためにできること、簡単でいますぐできる「お金の呪いを遠ざける方法」をご紹介します。

財布に入れるお札を同じ方向で入れよう

私もこれを実践しています。

「お札の方向を揃える」

というもの。

お札を上向きに入れて、「金運が上向く」なんてことを言う人もいれば、お札を下に入れて、「お札が出ていくのを防ぐ」なんて意見もあるようです。

わたしはこれに関して、割とどっちてもいいかなと思っています。

大事なのは「お金のことを考える」ことかな、と。

節約しよう

日々使うお金を減らすのも大切です。

お金に呪われているあなたは、間違いなく日々無駄なお金を使っています。

このムダを省くことで、金銭的な余裕が生まれます。

お金の呪いを遠ざけるために、まずは節約するところからはじめてください。

投資の勉強をしよう

簡単にできる、少額からはじめられる「株式投資」の勉強もおすすめです。

株式売買のための口座を開いて、目星をつけた株を買って、上がった頃に株を売って、差額で儲ける。

こんな一見単純な取引で、成功すれば何千万円も設けることができます。

お金に関する勉強…一見大変そうですが、お金の呪いから無縁な生活を送るために絶対必要だと私は考えてます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「お金の呪い」に関するドラマ死弊に関する情報から、現実に存在するお金の呪いについて説明しました。

お金の呪いで人生をだめにしないためには、お金について真剣に考えることが何より大切。

一度お金に呪われてしまうと、その後の人生はまさしく「転落人生」といえるほど悲惨なものに。

お金の呪いに苦しまないために、まずはできるところからコツコツやっていきましょう。