家を買うタイミングはいつがいい?さまざまな項目から家を買うタイミングを考える

家を買う

「家を買うタイミングがわからない」

自宅は人生で1番大きな買い物なので、買うタイミングはとても重要。

子供が産まれたタイミングなどさまざまなタイミングがありますが、家を買う時はさまざまな項目を検討したうえで購入することが大切です。

はたして家を買うタイミングは、いつがいいのでしょうか。

こちらの記事では、さまざまな項目から家を買うタイミングを考えていきます。

家を買う平均年齢は何歳?年齢・年収・ローン金額など住宅購入事情の統計を調べてみた
「家を買おうと思っているけど、周りの人が何歳くらいで家を買っているか気になる」 家は人生で1番大きな買い物と言われているので、購入するときは慎重にならなければなりません。 もちろんその時には、他の人が何歳くらいで家を買っているのかな...

家を買うタイミングはさまざまな項目から考えるべき

家を買うタイミングは一つの項目だけでなく、さまざまな項目から考えるべきです。

たとえば子供が産まれたタイミングで家を買うというのは一つの選択肢ですが、不動産価格が高騰している時期であれば少し待った方がいいケースもあります。

まずは家を買うタイミングにおいて、重要な項目を考えていきます。

人生のタイミングから考える

家を買うタイミングの1つが、結婚・出産など人生のタイミングから考えることです。

独身時代は1人で住めればいいので、マンションや戸建住宅の購入を考えることは少ないでしょう。

しかし結婚すると自分だけの人生でなくなるので、パートナーと安心して過ごせる家がほしくなるのは当たり前のこと。

さらに出産になるとあらたに家族が増えるので、今住んでいる家では狭くなってしまうこともあります。

また子供が進学するタイミングも、家を買うタイミングの一つ。

進学先の学区問題などもありますので、子供にあわせて家を買うのも選択肢の一つです。

このように人生にはさまざまな転機があるので、それにあわせて家を買うのも一つの考え方ですよ。

住宅ローンから考える

家を買う時には、金融機関で住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンは30年ローンや35年ローンなど、支払いが長期間になるので住宅ローンのことももちろん考えなければなりません。

また住宅ローンを組むときには、頭金を支払うケースが多いです。

頭金なしで組める住宅ローンもありますが、契約できる物件が限られてしまうので、できれば頭金を貯めてから住宅ローンを組みたいところ。

そう考えると住宅ローンの支払い計画は、あらかじめ考えておかなければなりません。

金融機関によって住宅ローン商品に違いがあるので、自分にあった住宅ローン商品を選ぶことが大切ですよ。

時代の流れから考える

家を買うタイミングでもう1つ大切なのが、時代の流れを考えることです。

国土交通省の調査によると、マンション価格は2013年1月の日銀金融緩和発表から徐々に上昇して約6年半で45%も上昇しています。
参考:中原中也 在りし日の歌より春日狂想

しかし2022年には生産緑地制度が解除され、2025年には全人口のうち5人に1人が75歳以上の高齢者という状態にもなります。

このような時代背景を考えると、今後マンションの価格が下がる可能性も十分考えられます。

もちろんマンションの価格が今後も上がり続けるのであれば、今のうちに購入しておいた方がお得なケースもあります。

時代の流れをしっかり考えたうえで、ベストなタイミングを見極めることも大切ですよ。

人生のタイミングから家の購入を考える

それでは家を買う時のタイミングについて、項目ごとにチェックするポイントを詳しく見ていきましょう。

まずは人生のタイミングから、家の購入を考えるときの考え方です。

結婚・出産は家を買うタイミングの一つ

結婚・出産は新たな家族が増えるタイミングです。

そのタイミングにあわせて家を買うことを考えはじめる人は、とても多いです。

特に出産後は子供がのびのび過ごせるような環境を求めて、新たな場所に引っ越す人もいます。

ただし自身の仕事に転勤がある場合、家を買うことはしっかり検討しましょう。

転勤があったらせっかく家を買っても、そこに住めないという事態がありえるので、そうなったとしても大丈夫なのかはしっかり考えておきましょう。

子供の進学にあわせて家を買う

子供が大きくなると、子供の進学にあわせて家を買うというのも選択肢の一つです。

子供が産まれてからお金を貯めておけば、住宅ローンの頭金もかなり貯まってきているころでしょう。

そう考えると子供の進学にあわせて家を買うことは、タイミング的にもいいことです。

子供の進学先は住んでいる場所にあわせて学区も決まるので、希望の学校に子供を通わせるために家を購入するというのもいいでしょう。

自分たちだけでなく子供のことも考えて家を買うということは、長い目で人生を見ることにもつながります。

一度家を買ってしまうと、基本的には死ぬまでその家に住むことになるので、短期的な目線だけでなく長期的な目線で物事を考えなければなりません。

パートナーや子供としっかり話し合ったうえで、今後の人生にとってよりよい選択をしましょう。

自分にあった家が見つかったタイミングで家を買う

結婚・出産・進学などはわかりやすいタイミングですが、それ以外に物件重視で家を買うというのも一つの選択肢です。

大手ディベロッパーを中心に日々新しい不動産が建てられているので、情報をチェックしていると自分に合った物件が見つかることがあります。

新築物件は他の誰かに購入されてしまうと、その後他の人が購入できることはまずありません。

そのことを考えると、自分にあって家が見つかったのであれば、そのタイミングで家を買うというのも一つの選択肢です。

もちろん家を買いたいと思ったタイミングで、住宅ローンが組めなかったり頭金が足りなかったりすると大変なので、お金の計画はあらかじめ立てておくことが大切です。

自分にあった家が見つかったタイミングで購入できるよう、常日頃から備えておきましょう。

住宅ローンから家を買うタイミングを考える

続いては住宅ローンの観点から、家を買うタイミングについて考えていきます。

住宅ローンは75歳もしくは80歳までに完済しなければならない

住宅ローンにはさまざまな金融機関の商品がありますが、おおむね75歳もしくは80歳でまでに完済しなければなりません。

また日本の定年は60歳もしくは65歳なので、定年までに支払いを完了したいという人も多いでしょう。

そのことを考えると、住宅ローンを完済するタイミングを逆算して家を買うタイミングを決めるというのも考えの一つです。

たとえば65歳までに完済を目指すのであれば、35歳から30年ローンを組む。

そのために30歳から頭金を貯めて、ローンが組めるようにしておくと先の見通しがかなりたちます。

住宅ローンを組むことを前提で家の購入を考えている人は、住宅ローンの期限から逆算して考えるとタイミングがわかりやすいですよ。

支払い期間が長くなると総支払額は増える

住宅ローンにはさまざまな商品がありますが、支払い期間が長い方が安心かというとそうではありません。

支払い期間が長くなるとその分月々の支払額は少なくなりますが、総支払額は多くなります。

金利はローンが残っている期間ずっとかかりますので、早めに完済したほうが総支払額は少なくて済むということですね。

ただし支払い期間を短くするため、日々の生活費をギリギリにするというのもあまりおすすめしません。

人生では病気や怪我などで突然の出費が必要なときがあり、そうした出費に対応できないとかなり大変です。

そのため住宅ローンは返済期間と月々の返済額をバランスよく考えて、ローンを組まなければなりません。

どのような住宅ローンを組めばいいかわからないという人は、ファイナンシャルプランナーに相談してみるというのもいいでしょう。

住宅ローンを組むということは今後の人生に大きく影響があるので、事前にしっかり家計状況を把握しておくことが大切ですよ。

頭金や諸経費もあらかじめ考えておこう

住宅ローンを組むときに忘れがちなのが、ローン事務手数料、保証料、各種保険料などの諸経費です。

これらの費用は契約時に支払うパターンもあれば、月々の金利に上乗せして支払うパターンもあります。

しかしいずれにしても物件購入価格の1割ほどが、諸経費としてかかるのが一般的です。

そのため頭金とは別に、諸経費の支払い分もあらかじめ用意しておきましょう。

諸経費分を用意していないと、頭金を諸経費に回さざるを得ないので、月々の支払額がアップしてしまいますよ。

時代の流れから家を買うタイミングを考える

続いては時代の流れから、家を買うタイミングを考えてみましょう。

2022年以降首都圏で不動産価格が下がる可能性が高い

2019年現在都心部を中心に、不動産価格が上昇し続けています。

これは東京オリンピックを見越していることや、海外の富裕層が日本に不動産を購入していることが原因と言われています。

しかし2020年の東京オリンピック後は、景気が後退する可能性が高いです。

過去の事例でも北京・リオデジャネイロなどで、オリンピック終了後景気が後退しています。

また2022年には、生産緑地制度が解除されます。

生産緑地制度の解除によってこれまで農地として使われていた土地が、宅地になりマンションや戸建住宅がたくさん建てられることが予想されています。

そうなると物件を買いたい人に比べて、物件の数が多くなり、結果的に不動産価格が下がることが予想できますね。

このように時代の流れを考えると、特に都市部では今後不動産価格が下がることが考えられます。

そのためすぐに家を買うのでなく、時代の流れを見ながら家を買うことも大切ですよ。

焦って家を買うと損する可能性がある

時代の流れを見ずに不動産を購入してしまうと、結果的に損をしてしまうことがあります。

日本でもバブル崩壊後不動産価格が下がり、大変な事態が起こりました。

住宅用の物件であれば投資用物件に比べて影響は少ないですが、それでも5,000万円で購入した物件が数年後には3,000万円になっていたら、かなり損をしていることになりますよね。

そのため家を買う時に、焦って家を買うと損をする可能性があります。

不動産会社や金融機関はビジネスのために家の購入を勧めますが、一度冷静になって判断することが大切です。

自分で今後の不動産事情について調べる、客観的な第三者の意見を求めることも、家を買う時には大切なことです。

焦って家を買うと損する可能性があるので、一度冷静になって考えてみることは大切ですよ。

金利の上下動にも注目

また住宅ローンを組む場合、不動産価格だけでなく金利の上下動にも注目しましょう。

2019年現在住宅ローンは超低金利時代と言われており、金利が1%前後の商品も多いです。

金額が高いので支払い額は多いのですが、金利が1%前後というのはかなり低い状態です。

しかしこの超低金利時代が、いつまで続くのかはわかりません。

さらに住宅ローン商品の中で変動金利のローンを組んだ場合、後々金利や月々の支払額がアップするリスクもあります。

金利がアップすると支払いに大きく影響するので、金利の上下動にも注目するといいですよ。

家を買う時に注意すべき点

ここまで家を買うタイミングについて解説してきましたが、続いては家を買う時に注意すべき点について解説していきます。

家を買う時には注意すべきことがたくさんあるので、あらかじめ全容を把握してくことがとても大切ですよ。

頭金・諸経費はあらかじめ用意しておく

家を買う時に注意すべき点1つ目は、頭金・諸経費をあらかじめ用意しておくことです。

住宅ローンを組むとき、頭金を支払わなくても組める住宅ローンはあります。

しかし頭金を支払わないと、月々の返済額がアップして、結果として日々の生活が苦しくなります。

生活のために家を買ったのに、日々の生活が苦しくなってしまっては意味がありませんね。

また先ほど紹介したように、住宅ローンには頭金以外に諸経費という初期費用が必要です。

これは頭金なしの住宅ローンでも必要なので、諸経費は最低でも用意しれおかないと住宅ローンの契約ができません。

人によっては引っ越し費用がかかる人もいますので、その場合は引っ越し費用も必要ですね。

さらに今後の生活のことも考えると、頭金と諸経費プラスアルファのお金は残しておきたいところです。

家を買う時には想像以上にお金がかかるので、余裕をもった資金計画が必要ですよ。

頭金を支払うメリット

頭金を支払うメリットとしては

  • 月々の住宅ローン支払額を軽減できる
  • ローン完済までの期間が短くなる
  • 選べる物件が増える
  • 住宅ローンの審査が通りやすくなる

このような点が挙げられます。

月々の支払額が減ることや完済までの期間が短くなることは、頭金の分が引かれたローンが組まれることからわかると思います。

意外と忘れがちなメリットなのが、選べる物件が増えることと住宅ローンの審査に通りやすくなること。

これは住宅ローンの審査側に立つとわかるやすいです。

同じ3,000万円の物件に対して、頭金1,000万円を用意したAさんと頭金なしで契約したいBさん。

年収など他の条件が同じであれば、まず間違いなく金融機関はAさんと契約します。

頭金を持っているということはローン金額が少なくてすみますし、しっかり貯金できる人なので支払いも滞りなくいくことが予想できるからです。

そのため頭金を用意しておくと、選べる選択肢も増えて理想の家が見つかりやすくなります。

頭金を用意しておくメリットはたくさんあるので、早めに頭金を貯める準備をしていきましょう。

長い目で見て家を選ぶ

家を買う時に注意すべき点2つ目は、長い目で見て家を選ぶことです。

住宅ローンを組んで家を買うのであれば、支払いは今後何十年も続きます。

そこで自分に合わない物件を選んでしまうと、今後の生活がかなりマイナスになってしまいます。

特に中古物件を購入するときは、隅々まで内覧して不備がないかチェックしましょう。

また第三者のホームインスペクションを利用して、第三者に物件をチェックしてもらうという手もあります。

ホームインスペクションでは普通の人が確認できない施工不良などもチェックしてくれるので、客観的な意見としてとても重宝します。

現在の給料や生活だけでなく、今後の給料や生活、子供の成長、老後の生活など、家を選ぶときには考えるべきポイントがたくさんあります。

さまざまな観点を長期的な視点で見たうえで、自分にあった家を見つけていきましょう。

家を買う前に近くに住んでみるのも一つの手

「家を買ってしまった後、生活が不便なことに気づいた」
新興住宅地の場合、周辺施設が整っておらず、このようなことになってしまうことがあります。

そうした事態を防ぐために、家を買う前近所に住んでみるという方法もあります。

近年ウィークリーマンションなど短期間だけ住める物件が増えているので、一度住んでみて住み心地を確かめてみると、意外な発見があることがあります。

たとえば夜8時を過ぎるとスーパーや飲食店が閉まっていて、食事ができないといったことがわかれば、人によってはかなり不便を感じるでしょう。

実際に住んでみてわかることはたくさんあるので、家を買う前におためしで住んでみるというのも一つの手ですよ。

家を買う時の年齢・年収などのデータ

ここまで家を買うタイミングについて解説をしてきましたが、最後に家を買う時の年齢・年収などのデータを紹介していきます。

データは国土交通省が発表した「平成29年度 住宅市場動向調査報告書」をもとに紹介させていただいています。
参考:平成29年度 住宅市場動向調査報告書

このデータは家を買ったすべての人が対象なので、住宅ローンを組んでいない人のデータも含まれていますが、一つの指標としてはとてもわかりやすいです。

家を買うタイミングで悩んでいる人は、他の人がいつ家を買っているかも参考にしてみてはいかがでしょうか。

家を買う時の平均年齢

住宅の種類 平均年齢
注文住宅 43.8歳
分譲戸建住宅 39.6歳
分譲マンション 44.1歳
中古戸建住宅 45.9歳
中古マンション 47.2歳

家を買う平均年齢は、40~45歳ほどというデータが出ました。

この記事で家を買うタイミングについて解説してきましたが、ある程度貯金があり子供も進学するのが40~45歳なのではないでしょうか。

分譲戸建住宅はやや平均年齢が低いですが、これは注文住宅より価格がやや安いからでしょう。

分譲戸建住宅はディベロッパーが設計を担当するので、価格は注文住宅に比べると安いです。

そのため将来一軒家に住みたいという人が、若いうちに分譲戸建住宅を買うというパターンが多そうですね。

家を買う時の平均年収

住宅の種類 世帯平均年収
注文住宅 698万円(三大都市圏の場合734万円)
分譲戸建住宅 701万円
分譲マンション 796万円
中古戸建住宅 608万円
中古マンション 632万円

家を買う時の世帯年収は600万円~800万円ほどのようです。

この数字は世帯年収なので、共働き家庭であれば2人分の収入がデータに残ります。

国税庁の調査によると、日本人の平均年収は440万円ほどのようです。
参考:国税庁
そのことを考えると、夫婦共働きの家庭もしくは平均より収入が高い人が家を買っていることがわかります。

サラリーマンの給料やボーナスはだんだんあがらなくなってきていますので、今後家を買うのであれば共働きが当たり前になるかもしれませんね。

住宅ローンについてのデータ

住宅の種類 自己資金 資金調達内訳における自己資金の割合
注文住宅(三大都市圏) 1,469万円 32.8%
分譲戸建住宅 1,014万円 26.4%
分譲マンション 1,796万円 42.8%
中古戸建住宅 1,318万円 46.1%
中古マンション 1,227万円 51.3%

まずは住宅を購入するときに、いくら自己資金(頭金)を支払ったかのデータです。

この数字を見ると自己資金の割合は、30~50%ほどを自己資金でまかなっているようですね。

ただ国土交通省のデータはすべて自己資金で家を買った人も含まれているため、平均値がかなり高くなっています。

代表的な住宅ローンであるフラット35利用者のデータ「2017年度フラット35利用者調査」<cite参考:2017年度フラット35利用者調査によると、自己資金の比率は10%~20%ほど。

イメージとしては頭金を物件購入価格の2割ほど用意しておけば、住宅ローンは十分に組めるでしょう。

住宅の種類 ローンの平均返済期間
注文住宅 31.1年(建物のみ、土地は33.2年が平均)
分譲戸建住宅 30.7年
分譲マンション 29.7年
中古戸建住宅 26.3年
中古マンション 24.7年

また住宅ローンの返済期間は、25~30年でローンを組む人が多いようです。

住宅ローンはどうしても金額が大きくなるので、月々コツコツ返済していくとそのくらいの期間がかかります。

住宅ローンを組むときには、返済が長期間にわたることも踏まえて対応しましょう。

年間返済額と返済負担率について

住宅の種類 ローンの年間平均返済額 ローンの返済負担率
注文住宅 130.5万円 20.4%
分譲戸建住宅 119.2万円 18.4%
分譲マンション 123.1万円 17.0%
中古戸建住宅 110.0万円 17.7%
中古マンション 96.4万円 15.6%

住宅ローンの年間返済額は100万円~130万円ほどです。

ボーナスを考えなければ、毎月10万円ほど返済しているようですね。

返済負担率は15~20%ほどなので、給料の20%ほどを返済に充てなければならない状況をイメージしてみるといいでしょう。

毎月の給料が30万円であれば、そのうち6万円は返済に回すイメージですね。

そうなると派手な使い方はなかなかできなくなるので、今後の生活についてもしっかり考えなければなりません。

生活費と住宅ローンのバランスをしっかり考えたうえで、家を買うタイミングも考えていきましょう。

家を買うタイミングはさまざまな項目から検討しよう

ここまで家を買うタイミングについて解説してきました。

家は人生でも1番大きな買い物なので、1つの項目だけに絞って買うタイミングを考えると失敗する可能性が高いです。

今後の人生・住宅ローン・時代の流れなど、さまざまな項目を考えたうえで家を買うタイミングを決めていきましょう。