いよぎん新スピードカードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

今回は愛媛に住んでいる方にはとくにおすすめしたい「いよぎん新スピードカードローン」を詳しくご紹介していきます。

「いよぎん新スピードカードローン」に申し込める人の条件、そして金利や限度額などの基本的なスペックについてもお伝えしていきます。

また「銀行のカードローンは審査が厳しい」というイメージがありますが、「いよぎん新スピードカードローン」の審査では、どんな点がチェックされるのか、詳しく見ていきたいと思います。

<この記事はこんな人におすすめ>
・「いよぎん新スピードカードローン」の基本スペックを知りたい人
・「いよぎん新スピードカードローン」は愛媛に住んでいないと利用できないのかなど、利用条件を知りたい人
・「いよぎん新スピードカードローン」の審査通過条件を知りたい人

いよぎん新スピードカードローンの基本情報

まずは「いよぎん新スピードカードローン」に申し込める人の条件や、金利や限度額などの基本スペックから見ていきましょう。

なお「いよぎん新スピードカードローン」には、「返済口座あり方式」と「返済口座なし方式」の2種類があります。

それぞれ金利や限度額などの条件は同じですが、返済方法が若干異なってきます。

申し込める人の条件

以下が「いよぎん新スピードカードローン」に申し込める人の条件です。

なお「いよぎん新スピードカードローン」の「返済口座なし方式」に申し込む場合は、伊予銀行に口座がなくても申し込めます。

<利用条件>

  • 利用時の年齢が満20歳以上満75歳未満であること
  • アコム株式会社の保証が受けられること

なお伊予銀行の公式サイトを見ても「いよぎん新スピードカードローン」の利用条件は上記の2点しか記載されていません。

ただアコムの保証を受けられること…ということは、安定した収入があり返済能力がある人しか審査通過できませんので、無職の人や専業主婦の方は申し込めないことになります。

一方で、雇用形態によらず安定した収入があり返済能力に問題がなければ、パートやアルバイトをしている人でも申し込みは可能です。

金利と限度額

「いよぎん新スピードカードローン」の金利と限度額は以下のとおりですが、「いよぎん新スピードカードローン」の金利は限度額がアップすればするほど、下がる仕組みになっています。

また上限金利が設定されたとしても、消費者金融の上限金利「18.0%」よりは低い金利で利用できますので、「できるだけ毎月の返済負担を軽くしたい」という方には、おすすめのカードローンといえます。

<金利と限度額の条件一覧表>

限度額 金利
10~100万円以下 14.5%
100~200万円以下 12.8%
200~300万円以下 10.6%
300~400万円以下 9.5%
400~990万円以下 4.5%
990万円~1,000万円以下 2.0%

必要書類

「いよぎん新スピードカードローン」に申し込む際には、当然ながらいくつかの書類が必要となります。

以下が必要書類の一覧となりますが、カードローンの申し込み極度額が50万円未満なら、運転免許証やパスポートだけで申し込めます。

またインターネットからの申し込みであれば、必要書類もWEB上で提出できますので、手続きはとても簡単です。

必要書類 詳細
本人確認書類 運転免許証やパスポート
収入証明書(極度額が50万円超の場合のみ) 源泉徴収票や確定申告書の控えなど

本人確認書類提出時の注意点

なお運転免許証やパスポートなどの書類を提出する際には、1点だけ注意すべき点があります。

それは「実際の居住地と本人確認書類記載の住所が合致しているかどうか?」という点です。

実際に住んでいる住所と、運転免許証やパスポートに記載されている住所が異なる場合、審査が中断されたり別の補助書類の提出を求められるケースもありますので、注意が必要です。

転居してすぐに「いよぎん新スピードカードローン」に申し込む場合は、先に運転免許証などの住所変更手続きをしてから申し込むようにしてください。

収入証明書類提出時の注意点

また収入証明書類の提出を求められた場合は、以下の点にも注意しましょう。

  • 源泉徴収票や確定申告書の控えは最新年度のものを用意する
  • 勤務先から発行される書類は、会社名や本人氏名が明記されている書類を用意する
  • 市役所から発行される書類は、市町村長の印鑑が鮮明に写っている状態で提出する

なお勤務先に源泉徴収票の発行を依頼する場合は、依頼してから1~2週間程度かかることもあります。

カードローンの申し込みが事前にわかっている場合は、あらかじめ発行を依頼しておくようにしましょう。

アコムが絡んでいるローンの利用者は注意が必要

さきほどの「利用できる人の条件」でもお伝えしましたが、「いよぎん新スピードカードローン」は消費者金融のアコムが保証会社となっており、審査時にはアコムの審査を通過する必要があります。

そのため、過去にアコムのカードローンで金融事故を起こしていたり、アコムが保証会社となっている銀行のカードローンで延滞や債務整理をした履歴がある人は、審査落ちの可能性が高くなります。

金融事故を起こした場合、一定期間を過ぎると信用情報機関のデータは消えますが、アコムの社内情報には金融事故歴がずっと残っている可能性があるからです。

参考までにアコムが保証会社となっている銀行のカードローンの一部を抜粋しておきましたので、以下のローンを利用したことがある人は、過去の利用状況をよく確認してから「いよぎん新スピードカードローン」に申し込むことをおすすめします。

<アコムが保証会社となっている銀行のカードローン※一部抜粋>

銀行の種類 カードローン名
メガバンク 三菱UFJ銀行バンクィック
ネット銀行 ソニー銀行カードローン
じぶん銀行カードローン
セブン銀行カードローン
地方銀行 北海道銀行カードローン「ラビット」
群馬銀行「ナイスサポート」
常陽銀行カードローン「キャッシュビット」
鳥取銀行カードローン
広島銀行「ハローローン」
四国銀行「カードローン4‘S」

伊予銀行カードローン申し込みから契約までの流れ

「いよぎん新スピードカードローン」はインターネットや電話、そして店頭でも申し込めますが、今回は手軽に申し込めるインターネットからの申し込みの流れについて、詳しく見ていきましょう。

インターネットでの申し込み

以下がインターネットでの手続きの流れとなります。

銀行カードローンによっては、本契約の際に店頭に行く必要があるカードローンもあります。

その点「いよぎん新スピードカードローン」の場合は、契約手続きまではインターネットで完結できますので、平日仕事で忙しくて銀行の窓口に行けないという方にもおすすめです。

<手続きの流れ>

STEP1 申し込み 伊予銀行公式サイトから申し込む
STEP2 審査 審査
STEP3 必要書類提出 必要書類をアップロードする
STEP4 審査結果連絡と契約 審査結果、契約内容などの連絡

在籍確認の実施

STEP5 カード発送 専用ローンカードが自宅に郵送される
STEP6 借り入れ開始 ATMでキャッシング可能

ただ契約後は専用ローンカードが自宅に郵送されてきますので、「家族に内緒でカードローンを利用したい」という方は、家族バレの可能性がありますので要注意です。

伊予銀行カードローンの借り入れや返済方法

「いよぎん新スピードカードローン」の借り入れや返済方法は、一般の銀行カードローンとほぼ同じですが、それぞれの方法についても詳しく見ていきましょう。

借り入れ方法

「いよぎん新スピードカードローン」の借り入れは、ATMからのキャッシングのみとなります。

大手銀行のカードローンや消費者金融カードローンのように、振り込みキャッシングやアプリローンでの借り入れはできません。

なお利用できるATMは伊予銀行ATMをはじめ、全国の提携コンビニATM(イーネット、ローソン銀行、セブン銀行)が利用可能です。

コンビニATMは銀行のメンテナンス時間を除き24時間利用できますので、夜間や早朝に急にお金が必要になった場合でも、すぐにキャッシングできます。

またカードローン契約後の1年間は、コンビニATMの手数料が無料となります。

低金利のカードローンで、かつコンビニATMの手数料が1年間無料となるため、「余分な費用をおさえたい」という方には、とくにおすすめしたいカードローンといえます。

即日融資は不可

上記のとおり「いよぎん新スピードカードローン」はインターネットから簡単に申し込め、ATMから手軽にキャッシングが可能ですが、残念ながら即日融資には対応していません。

銀行のカードローンは2018年から「利用者が反社会勢力でないかの確認」が義務付けられており、その確認に時間がかかるためです。

即日審査回答・即日融資を希望する場合は、アコムやプロミスなどの大手消費者金融をおすすめします。

返済はATMでOK

「いよぎん新スピードカードローン」の返済は、「返済口座あり」と「返済口座なし」で方法がことなります。

<返済方法>

返済口座なし方式 ATMからの随時返済のみ
返済口座あり方式 口座引き落とし

※カートローン口座への随時入金も可能

毎月の最少返済金額は以下のとおりです。

銀行カードローンのなかには最少返済額が5,000円~や10,000円~となっているところがありますが、「いよぎん新スピードカードローン」の場合は10万円以下の借り入れ残高なら「最少返済額は2,000円」となっています。

「毎月の返済額を少しでも少なくしたい」という方にとっても、おすすめのカードローンといえます。

<借り入れ残高と最少返済額一覧>

借り入れ残高 最少返済額
10万円以下 2,000円
10万円超、20万円以下 4,000円
20万円超、30万円以下 6,000円
30万円超、40万円以下 8,000円
40万円超、50万円以下 10,000円
50万円超、100万円以下 15,000円
100万円超、200万円以下 25,000円
200万円超、300万円以下 35,000円
300万円超、400万円以下 45,000円
400万円超、1,000万円以下 50,000円

伊予銀行カードローンの審査は厳しい

「いよぎん新スピードカードローン」の審査は、基本的な本人確認などを伊予銀行がおこない、利用者の与信調査は保証会社であるアコムが実施します。

では「いよぎん新スピードカードローン」の審査ではどんな点がチェックされるのか、詳しく見ていきましょう。

審査で重視されるポイント

「いよぎん新スピードカードローン」の審査では、おもに利用者の返済能力や他社のローン利用状況などがチェックされます。

利用者の属性

まず「いよぎん新スピードカードローン」に申し込んだ際には、申し込み情報をもとに以下の点が確認されます。

  • 本人氏名や住所と本人確認書類に記載された情報に相違はないか?
  • 安定した勤務先に勤めているか?また勤続年数は何年か?
  • 住んでいるところは持ち家か?賃貸か?
  • 既婚者か独身者か?

各々の審査項目が審査にどのように影響するのかは不明ですが、本人情報の確認や勤務先情報については、とくに厳格にチェックされます。

信用情報データ

銀行の基本審査が終了すると、つぎはアコムが利用者の与信調査を実施します。

具体的には信用情報機関のデータを確認し、利用者としての返済能力に問題はないか細かく審査されます。

与信審査ではおもに以下の点が確認されます。

  • 他社ローンの借り入れ状況や返済状況
  • クレジットカードの利用状況
  • 過去の債務整理履歴

したがって他社ローンで延滞を繰り返していたり、消費者金融や銀行で任意整理や自己破産などの債務整理をした履歴がある場合は、審査通過が難しくなります。

伊予銀行カードローンの審査に落ちる人の特徴

ここまでの情報を整理すると、「いよぎん新スピードカードローン」の審査に落ちる人には以下のような特徴があることがわかります。

  • 申し込み内容に誤りがある、または虚偽の申告をした
  • 勤務先が安定していない(個人商店など)、または勤続年数が短い(理想は3年以上だが、少なくとも1年以上の勤続年数が望ましい)
  • 他社ローンでの借り入れ額が多い(年間の借金返済額が年収の35%を超えていると、審査落ちの可能性が高くなる)
    ・過去に他社ローンで金融事故を起こした履歴がある

在籍確認の電話はかかってくる

なお「いよぎん新スピードカードローン」の審査終盤では、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることが予想されます。

在籍確認の電話は、「利用者が申告した勤務先に本当に勤めているか?」「毎月給料を得ている人か?」ということを確認するために実施されます。

在籍確認の電話では銀行名やローンの名前を出されることはなく、本人が在籍していることさえわかれば、2~3分で終了します。

伊予銀行カードローンの利用に向いている人

「いよぎん新スピードカードローン」の利用条件や、審査でのチェックポイントをみたうえで、結局のところ「いよぎん新スピードカードローン」の利用に向いている人はどんな人なのか、いくつかのポイントを整理しておきます。

伊予銀行の営業エリアに住んでいる人

「いよぎん新スピードカードローン」の「返済口座なし方式」なら、伊予銀行に口座がなくても申し込めます。

ただ借り入れに際しては伊予銀行のATMを利用することが多くなりますし、ローンカードの紛失や盗難の際には伊予銀行の窓口で相談するケースも想定されます。

これらのことを考えると、結局は伊予銀行の営業エリアである愛媛県に住んでいる人が、「いよぎん新スピードカードローン」の利用には適しているといえます。

他社カードローンからの借り換えを検討している人

「いよぎん新スピードカードローン」の上限金利は14.5%ですので、消費者金融よりは低金利で利用できます。

他社ローンの借り入れ総額が多すぎると「いよぎん新スピードカードローン」での借り換えはできない可能性がありますが、借り換えに成功すればおまとめローンとしても利用できます。

消費者金融の上限金利と「いよぎん新スピードカードローン」の上限金利の差は、実質年率で年間3.5%です。

総返済額で考えるとかなりの差となりますので、他社借り入れがあっておまとめを検討している人は、一度申し込んでみる価値はありそうです。

伊予銀行カードローンの口コミ

最後に「いよぎん新スピードカードローン」を利用した人の口コミについても、いくつかご紹介しておきます。

<45歳 会社員 Y・Yさん>

普段から伊予銀行は給与振り込み口座として使っていましたので、今回いよぎん新スピードカードローンに申し込みました。審査回答までは1日程度かかりましたが、1週間後にはローンカードも自宅に届き比較的スムーズに融資が受けられました

<32歳 パート主婦 K・Fさん>

伊予銀行に口座がなかったのですが、思い切って申し込んでみました。プロミスに20万円の借り入れがあったのですが、きちんと返済していることを評価してくれたのか、こちらも20万円で可決しました。なんとか親戚の結婚式費用に間に合わせることができました

 

まとめ

伊予銀行の「いよぎん新スピードカードローン」は、銀行カードローンにはめずらしく伊予銀行に口座がなくても申し込めるカードローンです。

ただ即日融資ができなかったり、専用ローンカードが自宅に届くのを待たないと借り入れができないなど、大手消費者金融カードローンと比較すると若干利便性に劣る部分はあります。

それでも低金利で利用できるメリットは大きいと思いますので、愛媛に住んでいる方はぜひ検討してみる価値はありそうですね。