池田泉州銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

池田泉州銀行は大阪市に本店を置く地方銀行で、大阪府や兵庫県では非常によく知られています。

今回は池田泉州銀行カードローンについて調べてみました。

審査の通りやすさ、借入限度額や金利、さらには借り入れ方法や返済方法について詳しく解説していきます。

池田泉州銀行カードローン利用を検討している人に役立つ情報が満載です。

ぜひ参考にしてください。

池田泉州銀行カードローンの基本情報

最初に、池田泉州銀行カードローンの基本情報を確認していきましょう。

池田泉州銀行カードローン商品概要

借入限度額 10万円~300万円(10万円単位)
金利 14.5%
利用条件 契約時年齢20歳以上69歳以下の人

本人または配偶者に安定した収入がある人

2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)に居住している人

口座開設 必要
保証会社 新生フィナンシャル株式会社

池田泉州銀行カードローンの利用限度額は最大300万円ですから、メガバンクのカードローンと比べるとこじんまりした商品だといえます。

池田泉州銀行カードローンの借入利率

池田泉州銀行カードローンの金利は、借入限度額に関わらず一律14.5%です。

借入金額が少額の場合なら、適用金利が14.5%というのは一般的だといえるでしょう。

しかし、借入限度額が高額になっても適用金利が14.5%では、お得感に欠けます。

池田泉州銀行カードローンの借入限度額は最高でも300万円ですから、それほど大型のカードローンではありません。

100万円以上の限度額を獲得できるだけの返済能力があるのに適用金利が14.5%となると、かなり高金利だといわざるを得ません。

消費者金融でも、100万円の限度額をもらえれば金利は15%まで下がります。

そう考えると、少額利用者にとってはメリットがあるけれど、まとまった金額を借りられる能力がある人には、金利面でのメリットはほとんどないといっていいでしょう。

池田泉州銀行カードローンは少額融資を希望する人に向いているカードローンだといえます。

池田泉州銀行カードローンの審査基準

次に、気になる池田泉州銀行カードローンの審査基準について見ていきたいと思います。

地域制限がある

池田泉州銀行カードローンは、池田泉州銀行の営業エリア内に(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)居住している人が申し込みできます。

他の地域に住んでいる人は、別の銀行カードローンに申し込みをしましょう。

池田泉州銀行との取引歴が2年以上あるならMaxⅤがおすすめ!

池田泉州銀行を普段から利用しているなら、池田泉州銀行カードローンMaxⅤの審査に申し込みをすることを強くおすすめします。

借入限度額 30万円、50万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円の各コースの中から選択
金利 5.95%

こちらも、池田泉州銀行カードローンと同じように一律金利を採用していますが、金利5.95%で借り入れができるのです。

通常のカードローンでここまで低い金利の商品はなかなか見かけません。

ただし、MaxⅤに申し込むには以下の条件をすべて満たしている必要がありますので、要確認です。

池田泉州銀行と2年以上の取引があって以下のいずれかを利用しているひと

住宅ローン
給与振込
貸金庫
定期預金
池田泉州銀行子会社が取り扱うクレジットカード
公共料金の自動引き落とし(電気、ガス、水道、電話)
  • 契約時年齢が20歳以上59歳以下の人
  • 税込年収が400万円以上の人
  • 現在の勤務先に2年以上勤続している人

専業主婦も利用可

池田泉州銀行カードローンは、パートやアルバイト、また専業主婦も申し込み可能です。

上で紹介した池田泉州銀行のカードローンMaxⅤと比べると申込条件はかなり緩やかだといえます。

ただし、パートやアルバイト、専業主婦の人は正社員と比べると返済能力が低いですから、審査に通過したいなら限度額をできる限り低く抑えた方がいいでしょう。

  • 金利は銀行カードローンとしては平均的
  • 専業主婦も申し込み可能

などから、審査基準はそれほど厳しくないと考えられます。

池田泉州銀行カードローンの申し込み方法

池田泉州銀行カードローンにはどのような申し込み方法があるのでしょうか?

インターネット

インターネットからなら、24時間365日いつでも好きなときに池田泉州銀行カードローンに申し込みできます。

スマホを利用すれば時間も場所も選びませんから、一番おすすめの申し込み方法だといえます。

まず、池田泉州銀行カードローン公式ページの「かんたん仮審査申込み」をクリックして申し込み画面に進んでください。

池田泉州銀行の口座をすでに持っているなら、来店なし、インターネットのみで契約までの
手続きを済ませられます。

池田泉州銀行の口座を持っていないのなら、池田泉州銀行のスマホ用口座開設アプリを利用することで、口座開設とローンの手続きの両方を済ませられます。

ただし、アプリで口座開設手続きをするには運転免許証が必要なので気をつけましょう。

FAX

インターネットの操作が苦手なら、FAXでの申し込みも可能です。

FAX申し込みは、インターネットと同様24時間365日受付しています。

池田泉州銀行の店頭窓口やATMコーナーに設置されているパンフレットをもらってきてもいいですし、池田泉州銀行カードローン公式ページからFAX専用の申込用紙をダウンロードしてもOKです。

店頭窓口

池田泉州銀行カードローンは、店頭窓口で申し込むことも可能です。

池田泉州銀行カードローンの商品内容や手続きに関して不明な点があれば、問い合わせ専用ダイヤルで相談できます。

ですが、目の前でいろいろ説明してもらい、一緒に手続きしてもらえば間違いがありません。

  • 相談しながら申し込み手続きを進めたい
  • 誤りがないように確実に申し込み手続きをしたい

という場合は、店頭窓口で申し込みするのがいいでしょう。

池田泉州銀行カードローンの審査の流れについて

それでは、池田泉州銀行カードローンの審査の流れについて解説していきましょう。

仮審査申込

池田泉州銀行カードローンの仮審査に申し込みをします。

仮審査の申込時には本人確認資料を提出してください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票または住基カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート

のいずれかを提出します。

仮審査の結果連絡

池田泉州銀行カードローンの仮審査の結果は、

  • メール
  • 電話
  • 郵送

のいずれかの方法で連絡があります。

申し込みから仮審査の結果連絡までには通常2~3営業日程度の時間がかかります。

正式申込・契約

無事仮審査に通過したら、

  • インターネット
  • 来店

いずれかの方法で正式申し込みをし、契約手続きを行いましょう。

ただし、インターネット契約を利用できるのはインターネット申し込みをした人のみです。

FAX、来店で申し込みをした人は、来店して契約手続きを行います。

仮審査の結果は30日間有効なので、その間に正式申込をしてください。

正式申込の際にも本人確認書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票または住基カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート

のいずれかを提出してください。

また、申込金額が50万円を超える場合には、収入証明書も提出しなければなりません。

給与所得者なら、源泉徴収票、または住民税決定通知書などを提出します。

自営業者の人は、確定申告書、または納税証明書その1・2を提出してください。

融資

池田泉州銀行カードローンはキャッシュカード一体型で、専用のローンカードは発行していません。

そのため、契約手続きが完了すればキャッシュカードを利用してすぐ借り入れできます。

池田泉州銀行カードローンの申し込みと同時に口座開設をした場合は、手元にキャッシュカードが届けばすぐ借り入れできます。

ただし、キャッシュカードが手元に届くまでには1週間程度かかりますので、その点は承知おきください。

池田泉州銀行カードローンの審査時間は?即日融資は可能?

池田泉州銀行カードローンの審査時間は2~3営業日程度です。

その後、正式申込から契約へと進み、借り入れできるようになるまでにさらに2~3営業日を要します。

申し込みから借入まで最短で3営業日、通常は1週間程度かかるものと考えておきましょう。

ただし、これは池田泉州銀行の口座を持っている場合です。

池田泉州銀行の口座を持っていない場合は、口座開設後に発行されるキャッシュカードが手元に届くまでの時間としてもう1週間程度見ておく必要があります。

このように、池田泉州銀行カードローンは即日融資には対応していません。

即日融資可能な銀行カードローンを探している人もいるかもしれませんが、現在、銀行カードローンは審査手続き上即日融資には対応できなくなっています。

従って、借り入れを急いでいるのなら、即日融資に対応している大手消費者金融に申し込みすることをおすすめします。

池田泉州銀行カードローンの提携ATM

池田泉州銀行カードローンの借り入れや返済が可能な提携ATMをご紹介します。

利用できるATM

池田泉州銀行カードローンは、

  • 池田泉州銀行ATM
  • 駅のATM「Patsat(パットサット)」
  • コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)

で利用可能です。

ATM 平日 土日祝日
池田泉州銀行ATM 7:00~8:45:110円

8:45~18:00:無料

18:00~23:00:110円

7:00~21:00:110円
駅のATM「Patsat(パットサット)」 7:00~8:45:110円

8:45~18:00:無料

18:00~23:00:110円

7:00~21:00:110円
セブン銀行ATM

ローソン銀行ATM

イーネットATM

7:00~8:45:220円

8:45~18:00:110円

18:00~23:00:220円

7:00~21:00:220円

上記手数料は、池田泉州銀行カードローンの借入時に必要な金額です。

返済時には手数料はかかりません。

基本的に、土日祝日に池田泉州銀行カードローンの借り入れをする場合はATM利用手数料がかかりますが、池田泉州銀行をメインバンクにしている人にはATM手数料が無料になるサービスが用意されています。

メインバンクサービスの活用でATM手数料が無料に!

池田泉州銀行では、毎月末時点に以下のいずれかの基準を満たしていれば、池田泉州銀行ATM、駅のATM「Patsat(パットサット)」の時間外手数料が無料になるサービスを、翌月20日から翌々月19日まで適用してもらえます。

  • 給与を受け取っている(当月・前月・前々月の3ヶ月間に給与振り込みがあること)
  • 国民年金、厚生年金、共済年金など公的年金を受け取っている(当月・前月の2ヶ月間に年金の振り込みがあること)

また、この条件を満たしていて、なおかつ池田泉州銀行の多機能ICキャッシュカードであるスタシアサイカ、またはミナピタサイカを契約していれば、コンビニATMの利用手数料と時間外手数料も実質無料になります。

コンビニATM利用時に支払った手数料は後日キャッシュバックされます。

池田泉州銀行カードローンの返済について

池田泉州銀行カードローンの返済について解説していきます。

カードローンは確実に返済していくことが非常に重要ですから、返済に関する情報はしっかりと収集しておきましょう。

基本の返済方法は口座引き落とし

池田泉州銀行カードローンの返済方法は口座引き落としです。

毎月10日に、約定返済日前日の残高に応じた返済金額が返済用普通預金口座から自動引き落としされます。

口座引き落としは自動的に返済してもらえるので、返済遅れをしにくいというメリットがあります。

毎月の約定返済の他、

  • 池田泉州銀行ATM
  • 駅のATM「Patsat(パットサット)」
  • コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATM)
  • 池田泉州銀行窓口

から任意返済もできます。

いずれも利用手数料はかかりません。

ゆとりがあるときには、ぜひ積極的に任意返済していきましょう。

池田泉州銀行カードローンの返済金額

池田泉州銀行カードローンの返済金額は以下の通りです。

約定返済日前日借入残高 返済金額
1万円未満 約定返済日前日の借入残高+約定返済日当日の支払利息(合計1万円まで)
1万円超~50万円 1万円
50万円超~100万円 2万円
100万円超~200万円 3万円
200万円超~300万円 4万円

池田泉州銀行カードローンの返済金額は、最低1万円からです。

銀行カードローンは借入残高が少額だと最低返済金額は数千円というケースが多いですから、少額利用の人にはやや返済の負担が大きく感じられるでしょう。

ただ、毎月の返済負担は大きいですが、代わりに返済期間が大幅に短縮されますので総返済額はかなり抑えられます。

池田泉州銀行カードローンはこんな人に向いている!

池田泉州銀行カードローンは、どのような人に向いているかまとめてみました。

借り入れを特に急いでいない人

池田泉州銀行カードローンは、

  • 申し込みから審査結果の回答まで1~3営業日程度
  • 審査結果の回答から融資まで1~3営業日程度

計1週間程度の時間を要します。

従って、借り入れをそれほど急いでいない人、急な出費に備えてカードローンを準備しておきたいという人に向いています。

ローンカードを持ちたくない人

ローンカードを持っていると家族や友人に借金をしていることがバレてしまうこともありますし、紛失や盗難といった事故にあう可能性もあります。

池田泉州銀行カードローンはキャッシュカードにカードローン機能を付加するタイプなので、専用のローンカードは発行されません。

上に挙げたような理由でローンカードを持ちたくないと考えている人には、池田泉州銀行カードローンが非常に向いているといえます。

おわりに

池田泉州銀行カードローンは、金利が一律である点に注意しなければなりません。

せっかく高い返済能力があるのに、高い金利で借り入れをするのはもったいないです。

まとまった金額の融資を希望するなら、別の銀行カードローンに申し込みをする方がいいでしょう。

ただし、何年も池田泉州銀行をメインバンクとして利用していてある程度年収もあるという人には、超低金利で借り入れできる池田泉州銀行カードローンMaxⅤへの申し込みをおすすめします。