J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は避けられない?在籍確認なしにする方法はあるの?

三井住友銀行カードローン豆知識

J.Score(ジェイスコア)からお金を借りるには、在籍確認をしなければなりません。

特殊な方法で審査をしているJ.Score(ジェイスコア)ですが、在籍確認は他社と変わりません。

同じ方法で確認しているため、電話による確認作業はしっかりと実施しておきましょう。

ただ、J.Score(ジェイスコア)は在籍確認を免除する方法があるので、困ったときは電話による確認を使わない方法もあります。

ここではJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認について説明します。

ジェイスコアの審査は甘い?厳しい?スコアを上げるにはどうすればいい?
最近盛んになっているFintech、ご存知でしょうか。 financialとtechnologyをかけ合わせた造語で、「次世代の金融サービス」を指します。これまでも、「CASH」や「CYURICA」など、スマートフォンを使った新時代の...

J.Score(ジェイスコア)は在籍確認を実施している

J.Score(ジェイスコア)で融資を受けるためには在籍確認が必要です。

仕事をしているか確認し、本当に収入を得られているか判断しなければお金を貸せないのです。

在籍確認により、本当に信用できると判断されればJ.Score(ジェイスコア)からお金を借りられます。

在籍確認ができないと審査に落とされるので注意してください。

どのような場合でも在籍確認はしっかり終わらせて借りるようにしましょう。

J.Score(ジェイスコア)で在籍確認を免除する方法がある?

J.Score(ジェイスコア)は在籍確認を免除するケースがあります。

免除されると言っても、全ての人が対象になるわけではありません。

対象となるのは、ある程度信用できる人で在籍確認を免除したいとお願いした人だけです。

在籍確認を免除する方法を取れば、スコア次第では在籍確認を免除してくれます。

在籍確認を免除する対策をしっかり取り、無駄に電話をされないように心がけましょう。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認を免除する方法

在籍確認を免除するためには、まずはJ.Score(ジェイスコア)へお願いしなければなりません。

その上で以下の条件を達成できる人が免除できます。

  • 電話をされるのが困ると説明する
  • 勤務先に関連する書類を出す
  • 勤務先に関連する情報を詳細に記載
  • 限度額を抑えて審査基準を確実にクリアする
  • 情報連携で信用性を上げる
  • 他社借入など不利な情報を出さない

上記の条件を満たした人だけがJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認を免除できます。

条件を満たせなかった人は在籍確認が普通に実施される可能性もあるので気を付けてください。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認を免除させる方法を詳しく説明します。

電話をされるのが困ると説明する

J.Score(ジェイスコア)に対して、電話をされると困るので他の方法でお願いできないか説明してください。

電話をされると困る職種としては、夜の仕事がなどあまり電話に出られない仕事が該当します。

夜の仕事だと昼に連絡をされても在籍していないと告げられるほか、電話に出られない可能性があります。

他にも会社の都合で電話をされると困る人も、J.Score(ジェイスコア)に対して電話に出られないと告げたほうがいいでしょう。

しっかりと電話に出られない旨を伝えることが、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認を免除するために必要な行為です。

勤務先に関連する書類を出す

勤務先に関連する書類を出してください。

勤務先で仕事をしていると示せる書類がなければJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認は免除できません。

書類としては、社員証が一番使いやすいものです。

ただ、社員証だけでは免除できない場合があり、追加で給与明細なども一緒に出しておきましょう。

会社で仕事をしていると判断される書類が多くあれば、J.Score(ジェイスコア)側は在籍確認を免除できると判断してくれます。

一方で書類が少ないと判断された場合は、J.Score(ジェイスコア)側は不足している書類が多いと考えて在籍確認を実施します。

提出した書類によって在籍確認が免除できるか決められますので、信用できる書類をしっかり提出しておきましょう。

勤務先に関連する情報を詳細に記載

申込みの段階で勤務先の情報を詳細に記載してください。

詳細な記載があれば、書類による確認がスムーズにできて、しかも在籍確認が免除される可能性があります。

勤務先の情報がしっかり記載されていない場合、J.Score(ジェイスコア)は在籍確認をして情報を得なければなりません。

結局電話による確認をされてしまえば、在籍確認が免除できずに苦労してしまうでしょう。

しっかりと勤務先に関連する情報を記載して、安心して在籍確認が免除できるようにしてください。

面倒でも詳細まで記載するように心がけたり、会社に関連する詳細な書類を出しておくといいでしょう。

限度額を抑えて審査基準を確実にクリアする

限度額が高くなると、貸す側にとっても利息が非常に高くなってしまいます。

貸す側に高いリスクを背負わせてしまうと、在籍確認を免除させる方法が取れなくなります。

そこで限度額を抑えて審査基準をクリアします。

安心して貸せると判断されれば、最終的に在籍確認が免除できる場合もあるのです。

もちろん自分から在籍確認を免除させてほしいと連絡しなければ、在籍確認は実施されます。

審査基準を確実にクリアした時点で自分から連絡すれば、在籍確認を免除しやすくなるでしょう。

情報連携で信用性を上げる

外部連携などのサービスを使って、情報を多く提供するといいでしょう。

信用性が高くないと判断されれば、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認が実施されます。

そこで外部連携などを使って、より多くの情報をJ.Score(ジェイスコア)に提供するのです。

信用できる情報が多数あると判断できれば、在籍確認を免除して書類の確認で済ませる場合もあります。

一方で信用できないと判断されれば、在籍確認は実施されます。

本当に信用できると判断されるよう、外部の情報も有効に使って在籍確認を免除しましょう。

他社借入など不利な情報を出さない

不利な情報が多くなってしまうと、在籍確認を実施されます。

他社借入や信用情報の不安があれば、J.Score(ジェイスコア)は在籍確認に踏み切ってしまうのです。

電話による在籍確認を避けたいなら、不利な情報は絶対に出さないように心がけましょう。

同時に不利な情報が残っているようなら、情報が消えてからJ.Score(ジェイスコア)へ申込んだほうがいいでしょう。

他社借入が残っているなら返済し、信用情報に悪いものがあれば消えるまでゆっくりと待つのです。

安心して審査を受けられると判断できれば、在籍確認を免除できるでしょう。

在籍確認を免除しようとして失敗する恐れも

在籍確認を免除する方法を使っても在籍確認を受ける場合があります。

一番の理由は信用できないと判断される場合です。

信用できない人は在籍確認を受けなければ信用して貸せません。

J.Score(ジェイスコア)としても、信用できない人にまでお金を貸せる状況は作れないのです。

在籍確認となれば電話による確認が実施されるので、書類による確認は取られません。

電話を受けられる時間を説明するなどして、確実に在籍確認をしてください。

なお在籍確認を免除できるのであれば、自分から連絡を入れれば確実に免除してくれます。

在籍確認を免除できない人は?

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認を免除できない人は以下の状況が考えられます。

  • 希望限度額が高い
  • 勤務先に関連する情報が不十分
  • 勤務先の情報に怪しいところがある
  • 他社借入など信用できない情報が残っている

以上の理由により、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認をしなければ借りられない状況が生まれているのです。

ここからは在籍確認を免除できない理由について説明します。

希望限度額が高い

J.Score(ジェイスコア)に対して高い限度額を希望した場合、在籍確認を免除できません。

大きなお金を貸すと判断されれば、書類による確認では信用性が足りないと判断されるからです。

確実に電話による確認を実施して、しっかりと安心して貸せる状況を作っておくのです。

希望する限度額が高いと、ほぼJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認が電話で実施されると考えてください。

最低限の10万円なら免除できる可能性はあるものの、500万円以上に達するとほぼ在籍確認を免除できない点に気を付けておきましょう。

なお、J.Score(ジェイスコア)は総量規制が適用されています。

総量規制ギリギリと判断される金額を希望している場合も在籍確認は免除できません。

ある程度余裕を持ってお金を借りないと、J.Score(ジェイスコア)から電話がかかってくるので気を付けてください。

勤務先に関連する情報が不十分

勤務先に関連する情報が不十分で、確認作業を取らないとお金を貸せないと判断した場合も在籍確認が実施されます。

J.Score(ジェイスコア)では、勤務先の情報を申込みで確認しています。

しかし申込みの内容でよくわからない点があると、書類による確認だけでは信用できないと判断してしまうのです。

そこでJ.Score(ジェイスコア)に対して書類を出して、信用できる情報を伝えて在籍確認を免除します。

ただ、書類を出しても情報が不十分で、この内容ではお金を貸せないと判断されれば電話がかかってくるのです。

つまり書類を出してもあまりいい情報が書かれていないなら、J.Score(ジェイスコア)から電話がかかってくる点に気を付けてください。

勤務先の情報に怪しいところがある

勤務先の情報を確認したのはいいものの、書類の中に怪しいところがあったり、確認して不安に感じられるポイントがあれば在籍確認に踏み切ります。

J.Score(ジェイスコア)としては、信用できない情報があればすぐにでも電話をかけるようにしています。

書類を受け取ったのはいいものの、信用できない情報が多数あるようならその時点で電話をかけてきます。

怪しいと思われるポイントが作られないよう、提供する書類には気を付けておきましょう。

もし信用できないと思われる情報が1つでもありそうなら、別の書類を出すようにしてください。

もしくは会社から必要な書類を請求し、提出できるように準備する対策を取るようにしましょう。

他社借入など信用できない情報が残っている

他社借入が残っていると、信用できないと判断されて在籍確認を実施されます。

J.Score(ジェイスコア)は、他社借入に関連する情報はあまりいいものと考えていません。

他社借入が多く残されている場合は、在籍確認を実施して本当に貸せるか判断します。

在籍確認で仕事をしていると判断されれば、お金を貸しても問題なしと判断できるからです。

また、信用情報に問題が残されている場合、過去に債務整理等を実施している場合も電話による在籍確認を実施します。

信用情報に悪い情報が残されてもJ.Score(ジェイスコア)は審査を通過させる可能性もあります。

しかし信用できる情報と判断してくれないので、信用できる情報を得るために電話をかけてくるのです。

電話を免除したいのであれば、確実に信用情報も整えたほうがいいでしょう。

在籍確認は個人名義なので安心しよう

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は個人名義で実施します。

どの会社でも同じですが、在籍確認で会社名を出さないようにしています。

会社名を出してしまうと、該当する人がお金を借りるかもしれないと判断し、色々と会社で都合の悪い状況を作ってしまいます。

そこで会社の名前を出さないようにしています。

会社の名前を出さないため確認作業もスムーズに進み、不安に思われるポイントも生まれません。

安心して在籍確認ができるようにJ.Score(ジェイスコア)が対策をしているのです。

どうしても電話による確認が気になる人は、クレジットカードの在籍確認という名目で実施してもらうといいでしょう。

実はJ.Score(ジェイスコア)もクレジットカードの確認だと説明してくれる可能性があるのです。

クレジットカードであれば会社に気づかれても問題にはならないですし、ただカードの審査を受けているだけなので変に思われないのです。

どうしても不安ならクレジットカードの確認だと告げてもらうようにお願いしてください。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は免除できる可能性がある

J.Score(ジェイスコア)は在籍確認は必ず実施されるものですが、方法次第では免除できる場合があります。

積極的に免除のために行動し、電話による確認が実施されないように対策をするのです。

しっかりといい情報を提供できれば、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認が免除できる可能性は高まります。

同時に限度額を下げるなどして、できる限り信用できるように心がけてください。

不安に思われるポイントさえ作らなければ、J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は書類による確認に置き換えられるのです。