J.Score(ジェイスコア)の審査落ちでも大丈夫!スコアアップで借入可能!

ジェイスコア

J.Score(ジェイスコア)は、審査を通過するためにスコアを増やさなければなりません。

スコアが足りていない場合、審査に落とされてしまいます。

しかしスコアは後から増やせるように作られており、審査落ちを受けた人も将来的に審査を通過できる可能性があります。

ここではJ.Score(ジェイスコア)のスコアが低くて審査を通過できない人が、審査を通過するためにスコアを増やす方法などを紹介します。

ジェイスコアの審査は甘い?厳しい?スコアを上げるにはどうすればいい?
最近盛んになっているFintech、ご存知でしょうか。 financialとtechnologyをかけ合わせた造語で、「次世代の金融サービス」を指します。これまでも、「CASH」や「CYURICA」など、スマートフォンを使った新時代の...

J.Score(ジェイスコア)はスコアが足りないと審査を通過できない

J.Score(ジェイスコア)は、仮審査に該当しているスコアレンディングシステムを採用しています。

スコアが600点を超えなかった場合、J.Score(ジェイスコア)の審査は通過できません。

どれだけ収入を持っていても、スコアが600点に満たない人は審査を通過できないのです。

しかも最初の質問だけでは600点を超える可能性がそこまで高くないため、審査を通過できない人が多く出てしまいます。

つまり最初の質問だけで600点を超えなかった場合、スコアを増やさなければなりません。

しかしスコアを増やすのはなかなか大変です。

最初の時点で相当点数が低い場合、スコアアップを図っても審査通過は難しいと考えておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)のスコアが低くなる理由

J.Score(ジェイスコア)の初期スコアが低くなってしまう理由は以下の通りです。

  • 収入が足りない
  • 仕事に関連する問題がある
  • 他社借入がある
  • 居住方式に問題がある
  • 企業の規模に問題がある

これらの問題により、J.Score(ジェイスコア)の初期スコアは低くなりやすいのです。

どうしてスコアが下がってしまうのか詳しく説明します。

収入が足りない

J.Score(ジェイスコア)でスコアを落としてしまう理由は、収入不足が多くなっています。

多くの収入を持っている人は、スコアを高められる可能性があります。

しかしJ.Score(ジェイスコア)が求めている収入に該当していない人は、初期スコアが大幅に下がってしまいます。

どの会社でも、安定した収入を持っていることは重要なポイントです。

従って収入が足りないと判断されるような場合、J.Score(ジェイスコア)でも初期スコアを大幅に落とし、借りられないようにします。

仕事に関連する問題がある

勤務年数がとても重要とされるキャッシングの審査ですが、J.Score(ジェイスコア)の場合は変わって部分も審査を受けます。

その部分とは業種と職種です。

他社の審査では、勤務年数と雇用形態を確認する傾向が多いのです。

しかしJ.Score(ジェイスコア)の審査では、上記の2つに加えて業種と職種についても確認されており、この確認によって本当に安心してお金を貸せるのか決めています。

業種と職種に問題がある、もしくは明らかに貸せないと判断される仕事であれば審査に落とされます。

自分の仕事で初期スコアがかなり下がってしまう可能性もあるので、業種と職種には気を付けたほうがいいかもしれません。

他社借入がある

J.Score(ジェイスコア)の審査では他社借入が大きくスコアを落としてしまいます。

スコアを落とす原因は返済能力が足りないと判断されるからです。

他社借入を持っている状態でJ.Score(ジェイスコア)の審査を受けると、初期スコアがかなり落とされてしまい、審査を通過できない場合があります。

他社借入を持っている人は、まず審査を通過するためには返済したほうがいいでしょう。

少しでも他社借入が残されていると、審査通過の確率は劇的に下がってしまうのです。

居住方式に問題がある

J.Score(ジェイスコア)では居住方式も初期スコアで計算されています。

持ち家であればスコアが高くなり、賃貸物件だと初期スコアが下がってしまいます。

賃貸で初期スコアが下がってしまう理由として、毎月の家賃支払いで返済能力が足りないのではないかと判断されるからです。

従って居住方式にも気を付けたほうがいいでしょう。

ただ、居住方式をすぐに変えられるわけではないので、この部分でスコアが下がってしまうのはやむを得ないと考えてください。

企業の規模に問題がある

企業の規模もJ.Score(ジェイスコア)の審査で確認されています。

企業の規模が足りないと判断されれば初期スコアはかなり落とされてしまいます。

中小企業はあまり多くのスコアを得られない可能性が高いと考えてください。

一方で大企業で仕事をしていればスコアがかなり高くなり、安定した収入を持っていると判断されやすいのです。

大企業に勤めている人は、J.Score(ジェイスコア)の審査では優遇されるものと考えてください。

J.Score(ジェイスコア)のスコアは後から増やせるので安心

J.Score(ジェイスコア)のスコアは、初期スコアだけで判断されるのではありません。

追加の質問に答えていくだけで、しっかりとスコアが増える仕組みを採用しています。

初期スコアがかなり低くて、このままではJ.Score(ジェイスコア)を利用できないと判断している方も、まずは追加の質問に答えてください。

質問内容はとても多くありますし、お金に関連のない質問も多数あります。

ただ、質問に答えていけばどんどんスコアは増えていき、J.Score(ジェイスコア)の審査を通過できる600点を超えられる可能性があります

時間をゆっくりと取り、追加の質問にもしっかり答えてスコアを増やしておくといいでしょう。

J.Score(ジェイスコア)のスコアを増やすための追加質問は?

J.Score(ジェイスコア)が追加の質問として用意しているのは以下の通りです。

  • 生活に関連している項目
  • お金に関連している項目
  • 貯金に関連している項目
  • 性格に関連している項目
  • 自分の個人情報
  • 外部サービスとの提携

以上の質問に回答すると、スコアを増やせます。

質問の内容はかなり多いですし、質問数も増えていますが、しっかりと質問に回答しておけば問題はありません。

ここからは追加質問について詳しい内容を紹介します。

生活に関連している項目

自分の生活に関連する質問に回答すると、J.Score(ジェイスコア)のスコアが増える仕組みです。

これまで多くのスコアを得られなかった方も、自分の生活に関連する情報を伝えればスコアアップが期待できるでしょう。

生活の中にはあまりお金に関連しない内容もあります。

それでもスコアアップに関連している項目が多数あるので、全ての質問に答えておきましょう。

お金に関連している項目

お金に関連する質問も提示されます。

お金に関連する内容は、基本的にはキャッシングというより、普段の使い方に関連する内容が多くあります。

質問の内容はとても簡単なので、キャッシングなどの知識がない方も安心して質問に回答できるでしょう。

普段から安定したお金の使い方をしていれば、問題なくJ.Score(ジェイスコア)のスコアを増やせます。

貯金に関連している項目

貯金に関連する質問も出てきます。

貯金をしている人は、安定した返済能力を確保している可能性があるので、よりJ.Score(ジェイスコア)のスコアをアップさせられます。

つまり貯金に関連する質問の内容次第では、かなりのスコアアップも期待できるのです。

ただ、自分の貯金額などを記入する項目はありません。

基本的に貯金についての考え方について聞かれるケースが多いので、自分の方針を素直に答えておきましょう。

性格に関連している項目

自分の性格に関連する質問が提示されます。

一見すると全く関係ないように思われますが、お金の借りすぎが発生しているかもしれないと判断され、スコアを上げられない可能性もあります。

自分のスコアを増やしたい時は、性格を素直に回答してください。

安心して貸金ができると判断されれば、J.Score(ジェイスコア)のスコアアップもかなり期待できるのです。

自分の個人情報

自分の個人情報を追加で記入すると、信用度がアップするのでスコアを得られます。

記入する内容はそこまで多くありませんが、詳細な情報を送っておけば簡単にスコアを増やせるのです。

できる限りスコアを増やしたいなら、個人情報を多く提供するようにしましょう。

なお、難しい内容まで記入する必要はありません。

外部サービスとの提携

外部サービスとの提携ができれば、更にスコアを得られます。

みずほ銀行やソフトバンク、Yahooなどと提携すると、より高いスコアに変わってくれるのです。

外部サービスと提携できるのであれば、どんどん外部と提携したほうがいいでしょう。

ちょっとした提携だけで簡単にスコアを増やせるのはとてもいいことでしょう。

追加の質問に答えてもスコアが下がる可能性がある

追加の質問に答えておけば、ほぼスコアアップが期待できるでしょう。

しかしJ.Score(ジェイスコア)のスコアレンディングは、スコアを増やすだけでなく下げてしまう場合もあります。

質問に答えた内容次第では、お金を貸すのは難しいと判断されてしまい、スコアが初期よりも下がっている場合があるのです。

外部サービス提携など、確実にスコアをアップできる方法を中心に使って、まずは600点以上のスコアを超えるようにしましょう。

それ以上のスコアを狙うなら、質問にしっかり回答しておくといいでしょう。

質問で虚偽の回答は止めよう

J.Score(ジェイスコア)のスコアを増やしたいために、質問に対して虚偽の回答をするのは止めてください。

虚偽の回答をしているとスコアは増えますが、申込内容を最終的に提出した際、虚偽の記載があると思われてしまうのです。

虚偽の回答を続けてスコアを増やしても、最後の審査で落とされる可能性があると考えてください。

正しい回答を続けて、安心できる状態を作りだすのです。

J.Score(ジェイスコア)はスコアを増やせば簡単に審査を通過できる

J.Score(ジェイスコア)は後からでもスコアを増やせるため、最初の時点でスコアが低くてもスコアアップが簡単にできます。

色々なサービスを使って、まずはスコアを増やす方法を取りましょう。

質問に多く回答し、自分の情報をしっかり伝えればJ.Score(ジェイスコア)が求める600点というスコアを超えられるでしょう。