家賃滞納したらカードローンで借りるのもひとつの手?

家賃滞納

賃貸に住んでいれば、毎日決められた日時に家賃を納めなくてはいけません。

家賃とはいわばその家に住むのに必要な対価。

この対価が払えないなら、その家に住む資格はないのです。

家賃と契約して、そこに住んでいる本人が、「これからもその家に住み続けたい」と思うなら家賃を払い続ける必要があるのです。

しかし誰の身にも訪れる「金欠」のピンチによって、家賃を納めることができず、「家賃滞納」してしまうこともあるでしょう。

そんな時頭をかすめるのは、家賃滞納するくらいなら、もしくはしたら「借金するというのも一つの選択肢なのか…?」というもの。

今回はずばり、「家賃を収めるための借金はアリかなしか」をお話したいと思います。

家賃滞納したら借りたお金で支払って良いのか?

まずはそのものずばり、家賃滞納した場合、カードローンなどキャッシングで借りたお金を使った遅れた家賃を払って良いのか。

結論から言うと「アリ」です。

家賃滞納したまま生活するくらいなら、カードローンで借りてください。

カードローンは本来、家賃が払えなくて困っているような人のためにあるのです。

「お金がない」状態でずっと過ごすのはあまりにも危険です。

私個人的には、家賃を滞納し続けるくらいなら、早くどこかでお金を借りて!と言いたい。

カードローンは借り入れ意図自由のキャッシング

まず大前提として、消費者金融や銀行のカードローンは、借り入れ目的に制限がありません。

借りたお金をどのように使おうと、どこの誰に支払おうと、誰にも怒られません。

つまり「家賃滞納の状態でお金を借りる」ことを考えたら、必然的にカードローンを利用することになるのです。

審査にさえ通れば、カードローンでお金を借りて、そのお金で家賃を支払うことができる…ということです。

どんな人が審査に通るか、というと、「消費者金融や銀行に返済能力を認められた人」ということになります。

借り入れ審査に通りやすいカードローンはどれ?審査対策と合わせてご紹介
借入審査に通らないと、カードローンを利用してお金を借入ることができません。 「それなら…」と、誰しも借入審査に通りやすいカードローンを利用してお金を借りたいと思うもの。 …とはいえ、カードローンの詳しい審査基準は、内部の人間...

カードローンで生活費の補填を行うのもアリ

カードローンでお金を借りる人の多くが「生活費」の借り入れを行います。

生活のなかで支払う固定費の借り入れを行う人、食費の借り入れ、生活を送る事情によって借り入れ目的も十人十色です。

生活がどうにもならないがうえの借り入れを行うのも自由なのです。

家賃滞納しているとカードローン審査に落ちる?

ここからは、気になっている人も多いかもしれない「家賃滞納がカードローン審査にどんな影響を及ぼすか」についてお話していきたいと思います。

生活が苦しくなっており、「カードローンでお金を借りたい」と思っても、申し込んだカードローンの審査に通らないとその願いは叶わないわけです。

具体的に、家賃滞納によりどれくらいカードローン審査で不利になるのか、考えていきましょう。

「保証人つき」の賃貸契約なら問題なし

家賃滞納しているとしても、その賃貸契約において保証人ではなく保証会社をつけている場合、カードローン審査に影響は出ません。

保証人がついていると、家賃滞納時は保証人へ請求がいくので、家賃滞納の記録が信用情報に記録されることはないのです。

保証人付きの賃貸契約で、家賃未払いがあったとしても、管理人、管理会社、居住者、保証人などの間で家賃の未払い問題を解決できるのです。

しかし最近の実感として、都内の賃貸は「保証会社つき」のほうが多いように感じます。

保証会社がついている賃貸契約なら不利になる

家賃保証会社を利用している場合は、話が変わって家賃滞納がカードローン審査に悪影響を及ぼします。

保証会社利用の場合は、居住者が家賃滞納した場合は、保証会社が建て替える形になります。

つまり、居住者は家賃を保証会社から借りたお金で支払うわけです。

借金の記録は信用情報に残りますから、極端に言うと家賃滞納によって「ブラックリスト入り」となってしまうのです。

信用情報に傷がついている時点で、カードローン審査にはかなり不利です。

家賃滞納以外に問題がなければ審査に通るかも

とはいえ、家賃滞納というブラックな情報以外に、とくに審査で不利な記録がないなら審査に甘いところから借りることができる可能性があります。

確かに家賃滞納はあまりにも痛いですが、それだけで「審査に落ちた」と判断するのは時期尚早です。

大手消費者金融、銀行のカードローン審査はクリアするのが難しいかもしれません。

しかし借入先を選ばなければ、小さい消費者金融のように「債務整理していても相談してください」というような甘い基準で審査してくれるところもあります。

家賃滞納していても、十分借りることができるのです。

家賃滞納しているときにおすすめのカードローン

家賃滞納していた時、おすすめしたいカードローンがあります。

カードローンさえ利用できれば、生活立て直しのヒントを得ることができるのです。

とはいえ、「家賃滞納している」ということは、それなりに金銭状況が圧迫されているということ。

金銭的にピンチでも、利用して自分に悪影響がないカードローンをいくつか紹介していきます。

プロミスのカードローン

まず家賃滞納している人に利用してもらいたいカードローンが「プロミスのカードローン」です。

プロミスは皆知っている大手消費者金融で、その信頼感もバッチリです。

初回借り入れは30日間無利息になるので、それまでカードローンに触れたことがない人にもおすすめです。

しかしプロミスの審査は誰でも通るほど甘いとは言えないので、あくまでここではあなたが「家賃滞納以外は何もステータスに問題ない」ことを過程しています。

プロミスなら即日融資にも対応しているので、あなたの家賃滞納を借り入れた当日までとすることができるのです。

プロミスから借り入れて、あなたの家賃滞納のカウントを止めましょう。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

アコムのカードローン

アコムのカードローンも家賃滞納者におすすめです。

アコムも即日融資に対応していますし、初回借り入れは30日間無利息です。

クレジットカード機能を載せられる借り入れのカード「ACマスターカード」もありますから、家賃滞納でもアコムのカードローンがあれば安心です。

404 NOT FOUND | お金マニュアル

家賃滞納時に役立つ対処法

「お金を借りる」のは最後の手段にしたい方のために、ここでは家賃滞納時にできる対処法を紹介します。

ある程度のお金の不足なら、お金を借りずともなんとかなるはずです。

クレジットカード払いに切り替える

家賃の支払い方法を「クレジットカード払い」に切り替えることができれば、カード利用料金請求までの期間猶予を得ることができます。

クレジットカード払いにすることさえできれば、分割払いにする未来も見えてきます。

しかしくれぐれもリボ払いだけはしないようにしましょう。

リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介
「リボ払い」と聞くと、「なんだかよくわかってないけどなんか嫌な感じがする…なんだかやばそう…」なんて思う方も多いです。 確かにその通り。 リボ払いは時に「地獄」と言われるほど、関わると良いことにならないと有名です。 リボ払...

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードをすでに持っていれば、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるのも一つの手です。

しかもクレジットカードを持っているということは、すでにクレジットカードの審査に通っているということ。

「審査に通るか」の心配すらいらないのです。

すでにキャッシング機能がついたクレジットカードを持っている方はぜひ、キャッシング機能を使ってお金を借りた後、家賃滞納分の納入を行ってください。

親に借りる

親に借りるというのも家賃滞納時ひとつの対策です。

親に借りた金はかなり無責任に返さなくても許されるもの。

当然借りたものは返さなくてはいけないですが、この世にあるあらゆる借金のなかで「親に借りた金」ほど無責任な金もないです。

親からの借金は贈与とみなされる?贈与税を取られてしまうのか?
贈与税なんてお金持ちの人にしか関係がない税金だと考えている人が多いですが、お金に困って親から借金をしただけで、贈与税がかかってしまうことがあるって知っていましたか? えっ!借金に贈与税がかかるってどういうこと?と誰でも思いますよね。 ...

家賃滞納で借りる まとめ

ここまで読んでくだされば、「家賃滞納時にお金を借りる」ことに関するあらゆる知識が身についたのではないでしょうか?

すでに家賃滞納しているとしたら、保証会社を利用しているならなおさら、カードローン審査は不利です。

「家賃の支払い」で困っているなら、カードローンで借りることも含めて、自分の今後の身の振り方について、よく考えてみてください。