三井住友銀行のローン契約機は、WEBで審査を通過してから利用しないと二度手間

三井住友銀行ローン契約機4 三井住友銀行カードローン豆知識

三井住友銀行カードローンのローン契約機を見たことはありますか?

ローン契約機は三井住友銀行の支店などに設置されていますが、個室になっているので中まで入って確認したことがあるという人は少ないかもしれません。

ローン契約機では、三井住友銀行カードローンをはじめとするさまざまなローンの事務手続きを行えますが、他にもいろいろなことができるんですよ。

今回は、三井住友銀行のローン契約機にスポットを当ててみたいと思います。

三井住友銀行のローン契約機とは?ATMとは違うの?

三井住友銀行の支店内などでローン契約機のボックスを見かけて、あれは何の機械だろう?と思ったことがある人もいるでしょう。

ローン契約機を設置している銀行カードローンは数少ない!

自動契約機を設置している銀行はとても珍しいです。

現在は三井住友銀行と三菱UFJ銀行の2行だけですが、三井住友銀行のローン契約機は三菱UFJ銀行と比べて設置台数が圧倒的に多いという特徴があります。

ところで、三井住友銀行ローン契約機(ACM)と三井住友銀行ATMって、いったい何が異なるのでしょう?

見た目はATMとよく似ていますが、ローン契約機は、

  • 三井住友銀行カードローンの申し込み
  • 必要書類の提出
  • 契約書類やローンカードの発行

など、事務的な手続きだけを行います。

現金の取り扱いは一切していないという点でATMとは大きく異なるのですね。

三井住友銀行ローン契約機の設置場所

三井住友銀行のローン契約機の設置台数は、三井住友銀行内に限っても400台以上、その他も合わせると全国で1400台以上もあります。

ローン契約機は三井住友銀行の支店にはもちろん、三井住友銀行の無人ATMにも設置されています。

またそれ以外に、三井住友銀行グループのプロミスの自動契約機コーナーにも設置されています。

設置台数が非常に多いので、便利に利用できる点が魅力です。

ローン契約機の設置場所は三井住友銀行の公式ページから検索できます。

三井住友銀行カードローンの申し込みや契約の手続きをしたいときには、最寄りのローン契約機をパソコンやスマホでカンタンに調べられます。

三井住友銀行ローン契約機の営業時間

時計とカレンダー

三井住友銀行ローン契約機の営業時間は、9:00~21:00ですが、店舗によって営業時間が異なる場合があります。

ローン契約機の営業時間はあらかじめ公式ページで調べてから出かけることをおすすめします。

ローン契約機は平日だけでなく土日祝日も利用可能ですから、仕事帰りや休日、また外出したついでに気軽に三井住友銀行カードローンの申し込みやローンカードの発行手続きを行えてとても便利です。

三井住友銀行のローン契約機でできること

三井住友銀行のローン契約機ではどのような手続きを行えるのでしょうか?

三井住友銀行カードローンの契約

ローン契約機では、三井住友銀行が取り扱っている各種ローンの申し込みなど、さまざまな手続きを行うことができますよ。

もちろん三井住友銀行カードローンの無担保型のフリーローンの手続きもOK!

ローン契約機では、必要書類を持って行きさえすれば三井住友銀行カードローンの申し込みから契約、ローンカードの発行までの全ての手続きを行えます。

また、三井住友銀行カードローンの増額審査の申し込みも受け付けています。

ローン契約機は見やすい画面のタッチパネル方式で、案内に従って入力するだけですから操作はとてもカンタンです。

スマホやパソコンでの入力が苦手な人でもローン契約機でならスムーズに三井住友銀行カードローンの各種手続きを行えるでしょう。

また、分からない点があればオペレーターと会話をしながら手続きを進められますので、一人で手続きするのは心配だという人にもおすすめです。

三井住友銀行カードローンはプロミス自動契約機でも契約可能

プロミス CM

ローン契約機で三井住友銀行カードローンの申込や契約の手続きを行いたいけど、近くに三井住友銀行の支店がない、なんてこともあるでしょう。

実は、三井住友銀行カードローンは三井住友銀行のローン契約機からだけではなく、プロミスの自動契約機からでも契約やローンカードの発行ができるんです。

プロミスの自動契約機は郊外にも設置されていて、台数も多いので利用しやすいですね。

プロミス自動契約機の営業時間は9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります。)と三井住友銀行ローン契約機の営業時間よりも少し長めです。

遅い時間に契約機で三井住友銀行カードローンの契約の手続きをしたいという場合には、プロミスの自動契約機を利用してもいいでしょう。

プロミス・SMBCモビットの契約

三井住友銀行内にあるローン契約機では、同じグループ企業である消費者金融のプロミスやSMBCモビットの手続きも行えます。

プロミスの場合、申し込み自体は三井住友銀行ローン契約機では行えないのですが、契約やローンカードの発行は問題ありません。

事前にプロミスのWEB申し込みさえしておけば、後の手続きは三井住友銀行ローン契約機でもできるということです。

また、SMBCモビットなら三井住友銀行ローン契約機で申込からローンカードの発行まで全ての手続きを行えます。

この辺りの相互サービスは、グループ企業ならではの強みでしょう。

三井住友銀行の口座開設

三井住友銀行のローン契約機は、カードローンの契約だけではなく三井住友銀行の普通預金の口座開設もできます。

三井住友銀行の口座を開設しておくと三井住友銀行カードローンを大変便利に利用できますから、ついでに口座開設をしてしまってもいいですね。

三井住友銀行の口座を所持している場合、カードローンの返済を口座振替で行うことができます。

返済日に約定金額分を自動で引き落としてくれるので、遅延損害金の発生を防げますし、返済の手間もかからないのでおすすめです。

会社の指定する銀行と異なっても口座振替で指定日にメインバンクから三井住友銀行の口座にお金を振り込むことも可能なので、メインバンクとして利用しなくても三井住友銀行カードローンを利用するなら検討する価値はあります。

ローン契約機での三井住友銀行カードローンの契約方法

それでは、実際にローン契約機で三井住友銀行カードローンを契約する方法をご紹介します。

ローン契約機で申し込みから借り入れまで完了させる場合

三井住友銀行カードローンの申し込みをスマホやパソコンでしているところを家族に見られたくないという場合は、ローン契約機を利用するとよいでしょう。

ローン契約機は三井住友銀行の店舗の中に設置してあり、周りから見えないような配慮もっされているので安心してお近くの店舗で契約できるのもうれしいですね。

ローン契約はいくつかのステップにわかれていて、以下の順で行われます。

ステップ1

  1. ローン契約機で「三井住友銀行」を選択
  2. 本人確認書類提出
  3. 収入証明書提出
  4. 資金用途(使い道)の確認

ステップ2

  1. 申し込み内容の審査
  2. 審査結果の連絡

ステップ3

  1. ローン契約機にて契約の手続き
  2. 指定の口座に希望額の入金
    ※はじめての借り入れは融資スピードを考慮し口座に入金の形で行われます。

それぞれのステップごとに解説していきます。

ステップ1

1.ローン契約機で三井住友銀行を選択

最寄りのローン契約機で三井住友銀行カードローンの申し込み手続きをします。

ローン契約機の最初の画面には

  • 三井住友銀行
  • SMBCモビット
  • プロミス

の3つのボタンがあります。

「三井住友銀行」にタッチして「新規申し込み」に進みましょう。

後は画面の案内に従って、氏名や生年月日などの個人情報をタッチパネルで入力していきます。

2.本人確認書類の提出

画面の案内に従って、本人確認書類の提出及び入力を行います。

個人情報を入力し終えたら、申込者の本人確認書類をスキャナーで読み取って提出します。

本人確認書類などの必要書類は申込時に提出しますので、ローン契約機を利用する場合は運転免許証など顔写真付きの本人確認書類を忘れずに持参してください。

【申込時に使える本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、保険証とあともう1点現住所のわかる書類を用意しておきましょう。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話など)
  • 納税証明書

などです。

3.収入証明書の提出

書類

借り入れ希望額が50万円をこえる場合は、収入証明書が必要になります。

【申込時に使える収入証明書】

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

など

必要書類を提出すると申込書が出てきますので、記入の上、必要書類と同じようにスキャナーで読み込むと申し込みが完了します。

また信用情報や属性によっては、借り入れ希望額が50万円以下の場合でも収入証明書の提出を求められることもありますので、必要なものとして用意しておいた方がスムーズに行きますよ。

4.資金用途(借入金の使い道)の確認

カードローンでお金を借り入れて、そのお金をなにに使おうとしているのかの確認があります。

正直ここは、三井住友銀行側も確認のしようがないので適当に審査に通過しやすそうな「投資」あたりでこたえておけばいいです。

ステップ2

1.申し込み内容の審査

ローン契約機にて提出された本人確認書類や収入証明書、入力情報をもとに融資の審査が行われます。

審査を行うのは、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。
※審査には有効期限が設定されており、審査に通過しても有効期限以内に契約しないと有効期限が切れて、あらためて審査を受けなければならなくなります。

2.審査の結果連絡

申し込み内容に登録してある連絡先あてに審査結果の連絡が来ます。

営業時間内である9:00~21:00の間に連絡がきます。

また、審査の結果は最短でも翌日になります。

審査に通過しても審査に通過できなくても連絡が来る点には注意が必要になります。

ステップ3

1.ローン契約機にて本契約

審査結果の連絡を受けたら有効期限内にローン契約機にて契約を完了させてください。
※有効期限を過ぎてしまうとあらためて審査を受けなおす必要があります。

ローン契約機で本契約の際には、あらためて本人確認書類が必要になるので忘れずにご準備くださいね。

出来れば審査時に提出したものと同じ書類が好ましいでしょう。

2.指定の口座に入金の形で借り入れ

契約が完了したら指定の口座に入力の形で初の借り入れは完了となります。

以降の借り入れはローンカードを使用し、提携先のATMで行ってください。

WEB申込後にローン契約機で契約をする場合

ローン契約機で申し込みする以外に、WEBであらかじめ三井住友銀行カードローンの申し込み手続きだけを済ませておき、審査結果の連絡がきたらローン契約機で契約とローンカードの受け取りをすることも可能です。

スマホ・パソコンから申し込み

事前、にスマホやパソコンから三井住友銀行カードローンの申し込みをしておきましょう。

三井住友銀行の公式ページからログインをし、必要事項を入力して送信します。

本人確認書類はWEBから提出可能です。

提出する本人確認書類の種類や条件は、ローン契約機で申込する場合と変わりありません。

翌日以降に、申し込み時に入力した電話番号、またはメールアドレスに審査結果の連絡が入りますので、無事に三井住友銀行カードローンの審査に通過したらローン契約機に向かいましょう。

ローン契約機に行くのが一度でいいので便利

ローン契約機で申し込みから融資開始までを完了させようとすると、銀行のルールの性質上、即日融資が不可能なので融資の開始が最短翌日になってしまいます。

つまりローン契約機に日を跨いで二回行かなくてはいけないのです。

それは少々面倒ですよね。

なので個人的にはWEBで申し込みをと審査を終了しておいて、ローン契約機に足を運べば契約が完了できるこちらの方法を推奨します。

ローン契約機からは借り入れや返済はできないけど…

ローン契約機からは借入や返済はできませんが、ローン契約機は三井住友銀行ATMの近くに設置されているので、

  • 契約後にすぐ借り入れしたいとき
  • ローン契約機でも借り入れ・返済ができると思って立ち寄ってしまった

といった状況でも問題なく三井住友銀行カードローンの借入や返済ができます。

また、以下のATMなら三井住友銀行カードローンの借入や返済の際に手数料が一切かかりません。

  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行・イーネットATM)
  • ゆうちょ銀行ATM

これだけのATMが手数料無料で利用できますから、借り入れや返済のためにATMを探すのに一苦労する、といったこともなさそうですね。

おわりに

銀行カードローンのローンカードは郵送で送られてくるので、通常ならローンカードの到着まで融資の開始はできないのですが、三井住友銀行カードローンの場合は、審査に通過し油脂の開始が決定次第指定の口座に希望借入額が入金されます。

つまり銀行系でありながら、素早い融資に対応しているのです。

三井住友銀行カードローンを利用する場合は、WEBであらかじめ申し込みと審査を済ませておきローン契約機を使用するのをお勧めします。

ローン契約機を活用してその便利さをぜひ実感してみてください!