みずほ銀行カードローンは特定の条件を満たしていれば在籍確認がなしに!

電話を受ける女性 みずほ銀行カードローン豆知識

みずほ銀行カードローンの審査の中には、申し込んだ人の職場に在籍を確認する電話「在籍確認」があります。

この「在籍確認」は、みずほ銀行だけでなく基本的にどのカードローン審査においても、避けることの難しいものです。

しかし自分の職場に確認の電話が入るのってなんだか緊張しますよね…。

申し込む側からすればできれば「無し」にしてもらいたいもの。

みずほ銀行カードローン審査における在籍確認を避ける手立てはあるのでしょうか。

在籍確認が行われるとしたら、それはどういった内容で行われるのでしょうか。

結論から言いますと「みずほ銀行のカードローンでは、特定の条件を満たしたときに電話での在籍確認を避けることが可能」です!

その特定の条件や在籍確認についての解説をしていきますよ。

みずほ銀行カードローンの審査基準について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

みずほ銀行のカードローンを徹底解説!審査基準や通過しやすくなる裏技も!?
みずほ銀行カードローンを使ってお金を借りようと思っても、実際にお金を借入可能な状況になるには、みずほ銀行カードローンの審査に通る必要があります。 果たして、みずほ銀行カードローンの審査基準は甘いのか?それとも厳しいのか? 実際に...

みずほ銀行カードローン審査における在籍確認

みずほ銀行カードローン審査において、在籍確認はどんなものなのか、どのように行われるものなのか、そこから考えていきましょう。

在籍確認は審査の最終段階

みずほ銀行カードローン審査において、「在籍確認」は審査の最終段階にあります。

この在籍確認をクリアせねば、みずほ銀行カードローン審査は終わりません。

とはいえ、カードローン審査においての在籍確認はそう難しい確認ではありません。

本当に申し込んだその人がそこで働いているか、それが確認できさえすれば在籍確認は終わります。

そしてこの「在籍確認」は、申し込んだ人の「属性」や「信用情報」の審査がすべて終わった「最後の段階」で行われるものです。

在籍確認が取れればみずほ銀行カードローンの審査は終わり

審査の最後に待ち受ける在籍確認。

この在籍確認がとれさえすれば、みずほ銀行カードローンの審査はすべて終わりとなります。

在籍確認が行われたということは、ほぼ審査は通ったものだと思っても良いということです。

在籍確認の対策をしっかり立てておきましょう

この在籍確認さえ終われば審査も終わりとは言いましたが、反対に言えば、「在籍確認が終わらないと審査も終わらない」ということ。

いつごろ電話がかかってくるか、時間帯はわからないものの、なるべくかかってきた電話は自分が出るようにするなどの対策が必要です。

在籍確認は「個人名」で行われるので会社にバレることはない

在籍確認の電話では、担当者から「みずほ銀行」や保証会社の「オリエントコーポレーション」を名乗ることはありません。

カードローンの審査だったとしても、その在籍確認の電話では担当者の「個人名」で行われます。

よほど在籍確認に対して知識のある人でない限り、「カードローン審査だ」とは気づかないでしょうから安心ですね。

具体的な電話例

在籍確認が個人名で行われるとは言っても実際にどのような形で在籍確認の電話が行われるのかわからないと不安ですよね。

具体的な在籍確認の例を紹介します。

「お世話になっています。〇〇(在籍確認をしている担当者の個人名)と申しますが、〇〇さん(申請者の名前)はお手隙でしょうか?」

  • 申請者が席にいる場合→そのまま変わる
  • 申請者が席にいない場合→「〇〇(申請者)はただいま席を外しておりますが…)

上記で在籍確認は終了です。

在籍確認が取れないパターンとしては「そのような人は弊社にはいませんが…」という場合のみでしょう。

在籍確認で勤続年数など個人情報がバレることはない

在籍確認の目的は「申請者が本当に申し込み通りの会社で働いているか」の確認のみです。

勤続年数や配属先の部署、職種や作業内容など会社での個人的な情報を自分以外の社員に聞かれることはありません。
※そもそもそのような個人情報を聞かれた際に正直に答えるコンプラ意識の会社は現在では少ないと思いますが…

在籍確認を行うのは保証会社のオリエントコーポレーション

この在籍確認の電話をかけるのは、みずほ銀行カードローンの審査を請け負っている「オリエントコーポレーション」です。

オリエントコーポレーションの審査は、他カードローン審査基準と大きく変わらないものだと言われています。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどれくらい融通が効くの?

カードローンによっては、在籍確認の内容に関してかなり自由が効く場合があります。

在籍確認の電話がどうしても困るという方のために、電話の代わりに在籍確認を取れる方法を提示してくれるカードローンがあるくらいです。

冒頭でも少し触れていますが、みずほ銀行も特定の条件を満たしている場合、在籍確認を電話ではなく別の方法でやってくれることがあります。

というよりも実質的に「在籍確認が免除」されます。

面倒な手間を省くことができるのです。

審査結果によっては在籍確認が必要ない場合も?

みずほ銀行カードローン審査において、特定の条件を満たしている場合、基本的にカードローンの審査では避けて通れない「在籍確認」の工程を飛ばすことができます。

その特定の条件とは、

「みずほ銀行に口座を持っており、メインバンクとして利用している場合」

になります。

なぜみずほ銀行の口座を給与の振込先として使用している場合、在籍確認の必要がなくなるのでしょうか?

その理由を解説いたします。

在籍確認が絶対に必要な理由

そもそもなぜカードローンの審査に置いて在籍確認が必要になるのでしょうか?

それは「申請者の返済をするための収入を貰う場所」が勤務先になるからです。

もし申請した会社に勤務していなければ、申請時に報告した収入も嘘ということがわかりますよね。

カードローンの審査において最も重要な審査基準は「年収(収入)」です。

審査の通過だけでなく、いくらまで申請者にお金を貸すことができるかという「借り入れ限度額」にも大きく影響するのが年収です。

この年収の出所が…つまり収入源の多くはフリーランスや投資などで収入を得てるのではない限り、サラリーマンとして会社に勤めても貰う給料になります。

本当に申請してある会社に勤めているのかどうかは、年収や職業、勤続年数など多くの属性に関わることです。

つまり「本当に記載されている会社から給料(収入)があるかどうか」を調べるのが在籍確認なのです。

なので在籍確認は避けられない必須の審査項目にして審査の最終段階に位置する工程になります。

みずほの口座を給与の振り込み先としてメインバンクで使用していれば在籍確認なし

消費者金融などではこの在籍確認をする手段として基本的に電話でしか確認ができません。

しかし銀行であるからこそ別の方法で「記載されている会社から給料が振り込まれているかを確認する方法」があります。

それはみずほ銀行の口座をメインバンク…給与の振り込み先として使用していて、会社から給与が振り込まれている記録があれば「本当に記載の会社から給与が振り込まれているのか」がみずほ銀行が把握可能ですよね。

基本的に給与の振り込み先として口座を使用する場合は、銀行に届け出が必要になります。

これなら給与の入出金記録で、みずほ銀行側が電話して確認せずとも、在籍確認が可能になるのです。

在籍確認が行われる時間の指定は不可能

時間を気にする男性

みずほ銀行カードローン審査で在籍確認の電話がかかってくる時間は「ランダム」です。

カードローン利用者側から「この時間で」と指定することはできません。

消費者金融のカードローンだと融通も効きやすく、指定した時間に電話してくれるところもあるのですが…。

銀行系のカードローンでは基本的に融通は利きません。

少なくともみずほ銀行のカードローンの在籍確認では時間の指定は不可能です。

在籍確認を行う社員の性別も不明

在籍確認を行うコールセンター社員の性別も、「ランダム」です。

審査を行うオリエントコーポレーションの都合によるということですね。

どちらが「男性か女性か、電話して欲しい性別」があったとしても、どちらがかかってくるかは「運」ということですね。

しかし「在籍確認」自体が嫌…という人はいても、電話してくる性別が「男じゃないと嫌」「女性じゃないと嫌」なんてあるのでしょうか…。

みずほ銀行の在籍確認は自由度が低い?

ここまでの情報を見てみると、みずほ銀行の口座を給料の振込先として利用している場合以外は、消費者金融と異なり、在籍時間の指定もできない点で在籍確認の自由度は高いとは言えません。

しかしみずほ銀行の口座をメインバンクとして利用している場合は、在籍確認の手間を省ける可能性があり「在籍確認」をするという点では非常に便利なカードローンに早変わりします。

在籍確認無しで審査に通過する可能性もある

みずほ銀行のカードローンに限らず、すべてのカードローンに言えるのですが、まれに「在籍確認を必要としない」パターンがあります。

しかしあくまでレアケースであることはご理解していただいたうえで、見て頂ければと思います。

他の会社で申請した内容と新しく申請した内容の「勤務先」が同じ

他のカードローンからの借り入れ状況・申請情報や過去に起こした返済期日の遅延などの金融事故などの信用情報は、基本的に「信用情報機関」参照ですべて調べられます。

この信用情報機関への参照によって申請者が信用情報などで嘘をついていても100%バレることになります。

裏を返せば、カードローンの審査時に100%信用情報機関の情報を審査に利用するということでもあります。

信用情報機関に登録されている「本人特定情報」には、「氏名」や「生年月日」「性別」といった基本的な情報から「勤務先」「勤務先電話番号」「審査に通過したかどうか」などの情報も登録されています。

つまり他の金融機関がカードローンの審査に通過させている人の場合、信用情報機関に登録されている情報を信じて、登録されている情報が本物と判断し「申請記入されている勤務先と変わらない場合」のみ在籍確認が行われないパターンがあるようです。

やはりレアケースであることは理解しておく

この方式で在籍確認無しで審査に通過するなら、現在働いていなくても「過去、働いていた時の審査通過情報」で審査に通過してしまう可能性が出てきてしまうため、このようなケースは基本的にレアケースと思っておいた方がいいでしょう。

そもそも働いてなければ返済能力もないので、借りたところで返す当てもないわけですから、無職の人がこの杜撰な審査体制を利用してカードローンを借りるということはないとは思いますが…。

もし現在問題なく働いていて、申請したカードローンの審査が「在籍確認なし」の場合は、ラッキーです。

まとめ

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、保証会社のオリエントコーポレーションが「個人名」で行います。

必要以上に在籍確認を警戒する必要もありませんが、あまり甘く見すぎていると、在籍確認で審査落ちなんてことになりかねません。

気をつけておきましょう。

しかし何度も解説していますが、みずほ銀行をメインバンクとして利用している場合は、面倒な在籍確認の手間を省くことができます。

みずほをメインに使用しているならキャッシュカードと一体型のキャッシングカードも作成可能ですし、金利も消費者金融と比べてかなり安いですから検討してみてはいかがでしょうか?

みずほ銀行カードローン