無担保ローンとは?利用メリット・デメリットや注意点を中心にわかりやすく解説

無担保ローンとは?利用メリット・デメリットや注意点を中心にわかりやすく解説 目的別ローン

「無担保ローンってどんな商品なんだろう…」
「無担保ローンを使うメリットってなんだろう…」

などなど、無担保ローンについてこうお考えの方もいますよね。

“無担保ローン”という単語は知っていても、どんなローンなのか詳細がつかめていないことでしょう。

今回はそんな方に向けて、無担保ローンとはどんな商品なのかわかりやすく解説。

記事後半ではおすすめの無担保ローンも紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

無担保ローンとは?

キャッシング-女性のはてな2

まず、担保とは何なのか?そして無担保ローンと有担保ローンとでは何が違うのか、詳しく見ていきます。

まず、「担保」という言葉ですが、借金をする際に使われる担保は、「万一借金が返済できなくなった時に、代わりに差し出すもの」という意味の事を指します。

尚、借金で使われる担保は大きく分けて「人的担保」と「物的担保」に分かれ、各々以下のような保証担保を差し出す事になります。

・人的担保…保証人(万一返済できなくなった時は、保証人に肩代わりしてもらう)
・物的担保…不動産等(万一返済できなくなった時は代わりに不動産を差し出して、借金を帳消しにしてもらう)

無担保ローンとは

では、以上の事を踏まえ、まずは無担保ローンから解説していきます。

無担保ローンとは、その名の通り「担保を設定しないローン」ですので、ローンの契約者は借入時に保証人も担保にする不動産も差し出す必要はありません。

無担保ローンは保証人などを設定しない一方で、万一借金が返済できなくなるリスクヘッジの為、一般的なローンよりも高い金利が設定されているケースがほとんどです。

尚、代表的な無担保ローンとしては、以下のようなローンが挙げられます。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • 信販系のカードローン

有担保ローンとどう違う?

一方で有担保ローンですが、前段でお伝えした通り、有担保ローンは保証人や不動産を担保として設定するローンとなります。

例えば、以下のようなローンが挙げられます。

  • 銀行が取り扱うローンで、連帯保証人が必要なもの。
  • 不動産投資ローン
  • 一般的な住宅ローン
  • マイカーローン(車の所有者を金融業者に設定しているもの)

また、有担保ローンは返済されなくなった時のリスクヘッジが既にとられている為、金利が低く、担保価値に応じて融資限度額も大きく設定されるケースがほとんどです。

例えば、不動産価値として300万円の土地を担保として差し出した場合は、「担保価値の〇〇%まで融資します」というかたちで、金融機関の判断により高めの限度額で融資が行われます。

無担保ローンを使うメリット3つ

無担保ローンを使うと、以下のメリットを受けられます。

■無担保ローンを使うメリット

  1. 担保や保証人が不要
  2. 有担保ローンよりすぐ借りやすい
  3. 利用目的を問われない

①担保や保証人が不要

「無担保」ローンですから、担保は当然不要。

お金を借りるときは担保・保証人を要するケースがありますが、その点不要になるため気軽に利用しやすいです。

②有担保ローンよりすぐ借りやすい

無担保ローンは借入までスピーディーに進められるのもポイント。

有担保ローンだとまず担保の価値を確認しないといけませんから、その分時間がかかってすぐ融資を受けられません。

ですが無担保ローンだと、借入時の審査で見られるは申込者本人の信用力。

審査では信用情報や収入・勤務先情報などといくつか参照されますが、Web申込で利用すれば最短30分ほどで審査を終えられますよ。

③利用目的を問われない

ローン商品によっては使いみちが決まっているものもあり、やや使いにくい部分があります。

ですが使用使途の申告が不要な無担保ローンであれば利用目的を問われませんから柔軟に利用でき、かゆいところに手が届く存在。

なかには使いみちの定まっている商品@もありますが、教育ローン、ブライダルローンをはじめとして、幅広く対応しているのもポイントですね。

無担保ローンを使うデメリット2つ

一方で、無担保ローンを使うデメリットもあります。具体的には以下の2つです。

■無担保ローンを使うデメリット

  1. 有担保ローンよりは金利が高め
  2. 有担保ローンより審査基準が高いケースもある

①有担保ローンよりは金利が高め

有担保ローン・無担保ローンとで、金利を比較すると以下の通り。

ローン商品金利幅の目安
有担保ローン1%~10%ほど
無担保ローン3%~18%ほど

両者を比較すると無担保ローンのほうが高金利になりやすいわけです。

金利が高ければ返済しにくくなりますから、より計画性の高い返済が求められますね。

②有担保ローンより審査基準が高いケースもある

有担保ローンでは担保や保証人があるため、仮に申込者からの返済が滞っても、担保や保証人を活用してその遅れた分を回収可能。

ですが無担保ローンの場合は担保や保証人がなく、回収先は申込者のみ。

無担保ローンだと申込者の返済が滞ったときの回収手段に乏しいため、そのぶん審査基準を引き上げられているケースが多くなります。

無担保ローン適している借り入れ目的は?

キャッシング-女性のはてな4

無担保ローン適している借り入れ目的として、次の2つがあげられます。

  • 将来のための資金として借り入れる
  • 複数の借り入れをまとめる

この2つの用途に無担保ローンが適しています。

「将来のための資金として借り入れる」というのは引っ越しや教育費、車の購入など将来必要な資金が明確だった場合に利用することをおすすめします。

また複数の借り入れがある場合は一本化することで金利や利息をおさえられることもあります。

特に金利をおさえたいと考えている人は銀行系カードローンを利用するようにしましょう。

複数の借り入れを一本化することで、無駄な金利や手数料をおさえられますよ。

また、返済額の管理もしやすくなります。

そのため、うっかり返済を忘れてしまったというミスも防げるんです。

もし、複数の借り入れをしている場合は、無担保ローンで一本化していきましょう。

⇒審査のゆるいカードローンは実在する?他社審査に落ちても諦めないで

【無担保OK】お急ぎなら消費者金融系カードローンがおすすめ!

無担保ローンにも種類がありますが、なかでも消費者金融系カードローンがおすすめ。

申込方法によっては最短即日融資ができたり、無利息期間のサービスがあったりと、利用にあたってのメリットが多いからです。

■おすすめの消費者金融系カードローン5社

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①プロミス
プロミス-ロゴ
4.5%~17.8%1万円~500万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
②アイフル
アイフル-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
③アコム
アコム-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
④SMBCモビット
SMBCモビット-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日※Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
⑤レイクALSA
レイクALSA-ロゴ
4.5%~18.0%1万円~500万円最短即日Web・電話・自動契約機振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

1つずつ見ていきましょう!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

①プロミス

プロミス

金利4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

プロミスは数あるカードローンのなかでも、今特におすすめしたい商品。

Web申込で最短30分融資を受けられ、早くて申し込んだその日に借りられます。

②アイフル

アイフル-300_250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・アプリ・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ

アイフルも同じくWeb申込で最短即日融資のできる商品で、特に審査スピードが好評。

最短だと25分で融資を受けられるため、こちらもお急ぎの方におすすめですね。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

③アコム

アコムバナー-300×250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムは最短即日融資に対応したカードローン。

はじめての利用なら最大30日間利息0円になるため、返済計画が立てやすいのもポイントです。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

④SMBCモビット

SMBCモビット-200_200

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・郵送・ローン契約機
借入方法振込、提携ATM

SMBCモビットも同じく、Web申込で最短即日融資※のできる消費者金融系のカードローン。

Web完結申込だと電話連絡をなしにできるため、人に知られず融資を受けたい方にもおすすめですね。

\Web完結申込で電話連絡なし!

SMBCモビットの審査基準を徹底調査!審査に落ちる人、審査に通る人の違い
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

⑤レイクALSA

レイクALSA広告-20211101

金利4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機
レイクALSAも使い勝手の良い商品で、同じくWeb申込で最短即日融資が可能。Webなら最短60分で融資を受けられます。

さらに選べる無利息期間もあるため、初回利用では借入時には柔軟に対応してくれます。

レイクALSAの審査について徹底解説!審査の流れは?審査時間は?

おすすめの銀行系無担保ローン

チェックポイントを解説する女性

では、ここからは比較的低金利で利用できる銀行系の無担保ローンをいくつかご紹介し、その限度額についても見ていきたいと思います。

三井住友銀行カードローン

一つ目は「三井住友銀行カードローン」です。

CMなどでもお馴染みのこのカードローンですが、利用条件は以下の通りとなっており、消費者金融カードローンと比較すると低金利で利用する事が可能です。

以下の通りデメリットもあるのですが、やはり大手銀行のローンとしての安心感は絶大です。

限度額最大10~800万円
金利4.0%〜14.5%(審査結果や限度額により変動)
メリット・テレビ窓口で手続きすると、カードの郵送がないので家族にバレにくい。
・三井住友銀行の口座を持っていると手続きが簡単
デメリット・三井住友銀行以外への振込融資をしてもらえない。
・即日審査不可

三菱UFJ銀行バンクイック

二つ目は、三菱UFJ銀行バンクイックです。

こちらも主なスペックをお伝えしておきますが、三井住友銀行のカードローン同様、大手銀行の安心感と共に、テレビ窓口での手続きもできて、その場でカード発行をしてもらえる点が大きなメリットと言えます。

限度額最大500万円
金利1.8%〜14.6%(審査結果や限度額により変動)
メリット・テレビ窓口で手続きすると、カードの郵送がないので家族にバレにくい。
・三菱UFJ銀行の口座を持っていると手続きが簡単
デメリット・三菱UFJ銀行以外への振込融資をしてもらえない。
・即日審査不可

じぶん銀行カードローン

三つ目はKDDIと三菱UFJ銀行が設立した「じぶん銀行」のカードローンです。

このローンは、KDDIが出資している事もあり、au IDを持っている人にはお得なサービスがいくつかある点が特徴です。

限度額最大800万円
金利1.7%~12.5%(au IDを持っている人※借り換えコースの場合。審査結果や限度額により変動)
メリット・au IDがあるとなら金利優遇がある。
・au IDがあると申込手続きが簡単
・じぶん銀行との親和性が高く、じぶん銀行口座に残高があると返済の手間も省ける。
デメリット・自宅へ必ずカードが郵送されるので、家族バレするリスクがある
・利息だけの返済が出来ない。

消費者金融カードローンと銀行カードローンならどっちを選ぶべき?

キャッシング-女性のはてな6

最後に、同じ無担保ローンなら、消費者金融カードローンと銀行カードローンのどちらを選ぶべきなのか、お伝えしておきます。

信用度を第一にしたいなら銀行カードローン

先ほどのデメリットの部分でもお伝えしましたが、同じ無担保ローンを利用する場合、銀行系カードローンと比較すると消費者金融カードローンのほうが、残念ながらイメージが悪いのが現状です。

「消費者金融カードローンの審査は比較的緩く、誰でも借りやすい…」と思われているのがその理由ですが、残念ながら消費者金融カードローンを利用している人は、その他の住宅ローンやマイカーローンなどに申し込んだ場合、審査通過が難しくなる事があります。

したがって、いろんな場面で信用第一を重んじる方の場合は、同じ無担保ローンでも銀行系カードローンを利用される事をおすすめします。

1日でも急ぐなら消費者金融カードローン

この点も先ほどお伝えしましたが、急いで現金が必要な場合は、消費者金融カードローンをおすすめします。

銀行系カードローンは最短でも1日後、長ければ2週間程度融資に時間がかかる場合があります。

返済を楽にしたいなら、断然銀行カードローン

また、長期で楽々返済したいなら、やはり銀行系カードローンをおすすめします。

ただ、銀行系カードローンで低金利で借りられるからといっても、借り過ぎは禁物です。

例え低金利でも、50万円を金利18%で借りるのと、300万円を金利10%で借りるのとでは、金利手数料は3倍程度変わってきます。

銀行系カードローンによっては、いまだに年収の1/2程度まで融資してくれるところもありますので、限度額アップに伴って借り過ぎてしまう人も多いようです。

くれぐれも、返済能力にあった借入をされる事をおすすめします。

まとめ~自分に合った無担保ローンを見つけよう!~

指をさす女性

無担保ローンについての知識やおすすめの無担保ローンについて紹介していきました。

無担保ローンにはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

まずは自分に合ったローンなのかを明確にするためにも今回紹介した内容を理解しておくようにしてくださいね。

また、消費者金融カードローンか銀行系カードローンかによっても特徴はそれぞれ異なります。

あなたに合ったローンを見つけて最適な選択をするようにしましょう!

⇒おすすめのカードローン16選!最新おすすめの商品や利用シーン別にご紹介