オリガミペイにおすすめのクレジットカードはどれ?チャージ方法なども解説

Origami Pay

さまざまなクーポンが使えるオリガミペイは、他のスマホ決済サービスとは違うサービスを打ち出してしていることから注目を集めています。

PayPayや楽天ペイに比べると使えるお店は少ないですが、独自のクーポンが人気のオリガミペイ。

そんなオリガミペイを使うときには、クレジットカードの利用がおすすめです。

クレジットカードを使えばクレジットカードのポイント還元が受けられる上に、オリガミペイのクーポンも使えます。

こちらの記事では、オリガミペイで使えるクレジットカードについて徹底解説。

どのクレジットカードを使えば、よりお得にオリガミペイを使えるのか紹介していきます。

オリガミペイを使っている人は、しっかりチェックしてよりお得にオリガミペイを使いましょう。

【2019年12月最新版】オリガミペイで発行されているクーポンはどんなものがある?
PayPayの100億あげちゃうキャンペーンをはじめ、スマホ決済サービスは各社キャンペーンやクーポンをたくさん出しています。 キャンペーンやクーポンをきっかけに利用者が増えるので、各社キャンペーンやクーポンには力を入れていますね。 ...

目次

オリガミペイの基本情報

まずはオリガミペイの基本情報・使い方などを解説していきます。

これからオリガミペイを使おうと思っている人は、しっかりチェックしておきましょう。

オリガミペイの使い方

オリガミペイはiPhoneとAndroidどちらでも使えるので、まずはアプリをダウンロードしましょう。

アプリダウンロード後はメールアドレスもしくはFacebookアカウントを登録すると、アカウントが作成できます。

その後電話番号を入力すると、登録された電話番号あてに認証番号が送られてそれを入力します。

これでオリガミペイのアカウント登録は終了です。

支払い方法が銀行口座からの引き落としかクレジットカード

オリガミペイのアカウント作成後は、支払いのための設定をします。

オリガミペイでは銀行口座からの引き落としもしくは、クレジットカードで支払いをおこないます。

どちらの方法で支払っても大丈夫なのですが、おすすめはクレジットカードでの支払いです。

オリガミペイの支払い方法をクレジットカードに設定しておくと、クレジットカードのポイントが貯まることが理由ですね。

クレジットカードのポイントが貯まれば、さまざまな商品と交換できるので生活が楽になりますよ。

オリガミペイにはポイント制度がないかわりにクーポンが発行される

スマホ決済サービスとしてはPayPayや楽天ペイが有名ですが、オリガミペイはこれらのスマホ決済サービスと仕組みが少し違います。

PayPayや楽天ペイで支払いをすると、支払い額に応じてポイントが貯まります。

一方オリガミペイはポイント制度自体がなく、かわりにクーポンが発行できます。

クーポンでは割引が受けられるようになっており、その場で割引が適用されます。

たとえば3%割引のクーポンを使って1,000円の商品を購入した場合、会計が970円になるということですね。

ポイントが貯まらないので、有効期限を気にすることもポイントのために端数を気にする必要もありません。

決済時にその場で割引がおこなわれるので、とても使いやすいスマホ決済サービスですね。

クーポンはさまざまなお店に対して発行されるので、自分が行くお店で発行されたクーポンをぜひ活用しましょう。

オリガミペイにおすすめのクレジットカード

それではオリガミペイを利用するときに、おすすめのクレジットカードはどれなのでしょうか。

クレジットカードは100種類以上あると言われていますが、その中でオリガミペイと相性のいいクレジットカードを紹介していきます。

REXカード

オリガミペイにおすすめのクレジットカード1枚目は、REXカードです。

オリガミペイはポイント制度自体がなく、クレジットカードによって特典があるということもありません。

たとえばPayPayであればヤフーカード以外のクレジットカードはポイントが貯まりませんが、オリガミペイはそういうことはないということですね。

そうなるとオリガミペイに相性がいいクレジットカードは、シンプルにポイント還元率が高いクレジットカードです。

REXカードはポイント還元率1.25%と、年会費無料で作成できるクレジットカードの中ではトップクラスのポイント還元率を誇っています。

そのためオリガミペイで利用するのであれば、相性がいいクレジットカードですね。

たとえばオリガミペイで3%の割引クーポンが使えてREXカードを登録しておけば、約4.25%の還元が受けられるということ。

ポイント還元率の高いクレジットカードなので、日常生活でも使いやすいクレジットカードですよ。

リクルートカード

オリガミペイにおすすめのクレジットカード2枚目は、リクルートカードです。

リクルートカードもポイント還元率1.2%なので、REXカードと同様ポイント還元率が高いクレジットカードです。

さらにリクルートカードを作成するメリットとしては、セブンイレブンで使えるnanacoにチャージできること。

オリガミペイは残念ながらセブンイレブンで使えないので、セブンイレブンではリクルートカードでチャージしたnanacoを使うとお得です。

nanacoを使うと税金の支払いもできるので、さまざまな場面に対応できます。

リクルートカードはオリガミペイでの利用はもちろん、他の場面でも使いやすいクレジットカードですよ。

オリコカード・ザ・ポイント

オリガミペイにおすすめのクレジットカード3枚目は、オリコカード・ザ・ポイントです。

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料でポイント還元率1%のクレジットカード。

ポイント還元率はREXカードやリクルートカードに劣りますが、入会後6カ月間はポイント還元率が倍になります。

そのため6カ月以内にまとまった支払いがあるのであれば、とてもお得なクレジットカードですね。

オリガミペイはコンビニなど少額の支払いがメインですが、まとまった買い物予定がある場合オリコカード・ザ・ポイントを用意しておくと効率よくポイントが獲得できます。

引っ越しや旅行などまとまったお金を支払う予定がある人は、オリコカード・ザ・ポイントの作成を検討してみましょう。

オリガミペイのクレジットカードはKyashVisaカードと一緒に使おう

オリガミペイを使っている人はクレジットカードだけでなく、KyashVisaカードも一緒に使うとより効率的にポイントが貯まります。

それではKyashVisaカードとは、一体どんなものなのでしょうか。

ここからはKyashVisaカードについて解説していきます。

KyashVisaカードってどんなカード?

KyashVisaカードとは、クレジットカードが登録できるプリペイド式VISAカードです。

KyashVisaカードは審査なしで発行でき、パソコンやスマホから申し込むと後日郵送でカードが届きます。

KyashVisaカードには複数のクレジットカードが登録でき、KyashVisaカードで決済すると登録されたクレジットカードから決済がおこなわれます。

VISAのクレジットカードが使えるお店であればKyashVisaカードは使えるので、多くのお店で使える点も嬉しいですね。

KyashVisaカードは決済した金額の1%がポイント還元されるのですが、決済したクレジットカードのポイントも同様に貯まります。

つまりKyashVisaカードにREXカードを登録した場合、1%プラス1.25%の合計2.25%のポイントが還元されるということですね。

クレジットカードを登録するだけでポイントが2重取りできるので、使わないと損をするレベルです。

KyashVisaカードとオリガミペイでポイント3重取り

オリガミペイにはクレジットカードの一つとして、KyashVisaカードが登録できます。

そのためKyashVisaカードを登録すると

  • KyashVisaカードのポイント
  • クレジットカードのポイント
  • オリガミペイのクーポン

この3つが同時に使えて、なんとポイントの3重取りが可能。

場合によっては会計の5%分ポイント還元や割引が受けられるので、かなりお得ですね。

KyashVisaカードはプリペイド式VISAカードなので、登録できないスマホ決済サービスも実は多いです。

しかしオリガミペイではKyashVisaカードが登録できるので、クレジットカードをそのまま登録するのではなく、KyashVisaカードにクレジットカードを登録してそれをオリガミペイで使いましょう。

KyashVisaカードを使うだけで、入手できるポイントが大幅に増えますよ。

オリガミペイが使えなくてもKyashVisaカードはお得

KyashVisaカードは国内であれば、VISAのクレジットカードが使えるお店で使えます。

KyashVisaカードの利用限度額は

  • 24時間あたりの利用限度額5万円
  • 1回あたりの利用限度額5万円
  • 1か月あたりの利用限度額12万円

と設定されていますが、毎月の生活を考えると十分な数字でしょう。

オリガミペイのデメリットとして使えるお店が少ないことが挙げられますが、KyashVisaカードが使えるお店はかなり多いです。

そのためオリガミペイが使えないお店であれば、KyashVisaカードを使えば効率的にポイントが貯められます。

オリガミペイが使えないお店でもKyashVisaカードを持っているとお得なので、まずはKyashVisaカードを作成しましょう。

オリガミペイとキャッシュレス消費者還元事業について

2019年10月から2020年6月まで政府主導で、キャッシュレス消費者還元事業がおこなわれています。

キャッシュレス消費者還元事業とは対象店舗でキャッシュレス決済すると、2%もしくは5%のキャッシュバックが受けられるという仕組み。

オリガミペイもキャッシュレス決済なので、対象店舗ではオリガミペイを使うことをおすすめします。

ここからはオリガミペイとキャッシュレス消費者還元事業について解説していきます。

2020年1月までお得なキャンペーンを実施中

オリガミペイはキャッシュレス消費者還元事業にともなって、お得なキャンペーンを実施しています。

オリガミペイをキャッシュレス消費者還元事業対象店舗で利用すると

  • 銀行口座で決済すると3%割引
  • クレジットカードで決済すると1%割引

キャッシュレス消費者還元事業のキャッシュバックとは別で割引がおこなわれるので、最大で8%の割引が受けられます。

決済時に特にすることもなく、オリガミペイで決済をすれば割引が受けられるのも楽ですね。

通常1,000円で購入できる商品が920円まで割引されるとなると、かなり大きな割引ですね。

オリガミペイのキャンペーンは2020年1月までおこなわれているので、オリガミペイを使っている人はぜひ活用しましょう。

銀行口座とクレジットカードどちらがお得なのか

オリガミペイのキャッシュレス消費者還元事業にともなったキャンペーンは、銀行口座からの引き落としかクレジットカードかで割引率が変わってきます。

それでは銀行口座とクレジットカードでは、どちらで決済するのがお得なのでしょうか。

銀行口座からの引き落としの方が、クレジットカードより2%割引率が高いです。

銀行口座からの引き落としはポイント還元がないので、クレジットカードのポイント還元率が2%以上あればクレジットカードの方がお得ということですね。

クレジットカード1枚だけではポイント還元率2%を超えられませんが、KyashVisaカードと組み合わせればポイント還元率2%を超えることは難しくありません。

たとえばREXカードとKyashVisaカードを組み合わせれば、それだけでポイント還元率2.25%なのでクレジットカードで決済したほうがお得です。

そのため結論としてはポイント還元率が高いクレジットカードとKyashVisaカードを組み合わせたほうが、お得ということですね。

オリガミペイの中でもかなりお得なキャンペーン

今回のキャッシュレス消費者還元事業にともなうキャンペーンは、オリガミペイの中でもかなりお得なキャンペーンです。

オリガミペイのクーポンは特定の店舗でしか使えないものが多いのですが、今回のキャンペーンはキャッシュレス消費者還元事業対象店舗であれば全店舗が対象です。

決済をすれば自動で割引が適用されるので、クーポンを発行する手間もありません。

オリガミペイの中でもかなりお得なキャンペーンなので、これを機にオリガミペイを使い始めてみてはいかがでしょうか。

オリガミペイを利用するメリット

それではこれまでの内容を踏まえて、オリガミペイを利用するメリットはどのような点があるのでしょうか。

ここからはオリガミペイを利用するメリットについて解説していきます。

さまざまなお店でクーポンが発行されている

オリガミペイを利用するメリット1つ目は、さまざまなお店でクーポンが発行されていることです。

オリガミペイは新しく利用できる店舗が増えるタイミングでクーポンを発行することが多く、2019年12月はウェンディーズ・ファーストキッチンや近鉄百貨店などのクーポンが発行されました。

他にも時期限定のクーポンなど、多くのお店で使えるクーポンが発行されることもあります。

これらのクーポンはお店の会計から直接割引されるので、ポイントを管理する手間もかかりません。

オリガミペイはアパレル系の店舗を中心にさまざまなお店のクーポンがあるので、一度近所で使えるお店がないか調べてみましょう。

クレジットカードよりセキュリティ対策がしっかりしている

オリガミペイを利用するメリット2つ目は、クレジットカードよりセキュリティ対策がしっかりしていることです。

クレジットカードはスキミングなどにより、個人情報が流出し不正利用される恐れがあります。

クレジットカード会社も日々対策をしていますが、クレジットカードに関する犯罪はなかなか減らないことが事実。

しかしオリガミペイなどのスマホ決済サービスは、クレジットカードよりセキュリティ対策がしっかりしていると言われています。

まずスマホ自体にロックがかけられますし、同様にアプリにもロックがかけられます。

さらに生体認証によるロックが可能なので、スマホを紛失してしまっても本人以外使えません。

またスマホ決済時に利用するQRコードは、わずか数分で新しいデータに書き換わります。

カード番号や有効期限を知られると変更できないクレジットカードに比べると、不正利用されるリスクが低いですね。

このようにオリガミペイをはじめとしたスマホ決済サービスは、クレジットカードに比べてセキュリティ対策がしっかりしています。

スマホだけで決済できるので小銭いらず

オリガミペイを利用するメリット3つ目は、スマホだけで決済できるので小銭がいらなくなることです。

オリガミペイをはじめとしたスマホ決済サービスは、一度使ってみるとその便利さに驚くでしょう。

会計は数秒で終わりますし、会計をするたびに小銭を探す必要もありません。

近年徐々にではありますが、キャッシュレス決済ができる店舗が増えてきました。

今後はよりキャッシュレス決済ができる店舗が増えるでしょうから、オリガミペイをはじめとしたスマホ決済サービスの利用は必須になるでしょう。

オリガミペイのデメリット

ここまでオリガミペイを利用するメリットを紹介しましたが、オリガミペイにデメリットはあるのでしょうか。

ここからはオリガミペイのデメリットを紹介していきます。

利用できる店舗がやや少ない

オリガミペイのデメリット1つ目は、利用できる店舗がやや少ないことです。

オリガミペイは全国10万以上の店舗で利用できますが、それでもPayPayや楽天ペイに比べると利用できる店舗が少ないです。

特にセブンイレブンとファミリーマートで利用できないのは、少額決済がメインのスマホ決済サービスでは物足りないところ。

アパレル系の店舗を中心にオリガミペイが使えるお店は増えてきているので、今後より多くなることを期待したいですね。

クーポンを利用するときはQRコードをスキャンしなければならない

オリガミペイのデメリット2つ目は、クーポンを利用するときはQRコードをスキャンしなければならないことです。

オリガミペイで決済をするときは、店員さんにコードを読み取ってもらうか、お店に置いてあるQRコードをスキャンするかのどちらかです。

どちらも決済はスムーズにできるのですが、楽なのは店員さんに読み取ってもらうほうです。

QRコードをスキャンする場合、自分で金額を入力しなければならないのでその点が少し手間です。

しかしオリガミペイのクーポンを使うときは、QRコードを読み取っての決済しか対応できません。

慣れてくれば問題ない点ではありますが、今後改善してほしい点の一つですね。

ポイントカードは別で提示しなければならない

オリガミペイのデメリット3つ目は、ポイントカードは別で提示しなければならない点です。

オリガミペイは株式会社Origamiが運営しているサービスで、2013年からサービスを開始しました。

スマホ決済サービスが一気に広がったのは2019年ですが、それよりもかなり前からオリガミペイは使えています。

そんなオリガミペイですが、株式会社Origamiが他のサービスを提供していないこともあってか、サービスの連携が弱いです。

たとえば楽天ペイであれば楽天ポイントカードとしても使えるので、ポイントカードとして使いたい場合でも楽天ペイのアプリがあれば大丈夫です。

しかしオリガミペイにはそのような機能がないので、ポイントカードは別で掲示しなければなりません。

アプリを色々開いて店員さんに読み取ってもらうのは少し面倒なので、この点は少しデメリットですね。

オリガミペイについてよくある質問

クレジットカードで悩む男性

最後にオリガミペイについてよくある質問をまとめてみました。

これからオリガミペイを使おうと思っている人は、しっかりオリガミペイについて理解しておきましょう。

Q.オリガミペイで使えるクレジットカードの種類は?

A. VISA・Mastercard・セゾン系クレジットカードのいずれかです。

上記に該当しないクレジットカードは、オリガミペイに登録ができません。

そのためセゾン系クレジットカード以外のJCBやアメックスのクレジットカードは登録できず、ポイント還元率が高いクレジットカードだとJCB CARD Wなどが使えませんね。

そのため国際ブランドが選べるクレジットカードであれば、VISAもしくはMastercardを選ぶといいでしょう。

VISAもしくはMastercardであれば海外でも使えるお店が多いので、不便になることはありませんよ。

Q.オリガミペイが使えるお店はどうやって探せばいい?

A. オリガミペイのアプリ内から探せます。

オリガミペイのアプリを立ち上げると、地図からお店を探すというところがあります。

アプリの現在地情報をオンにしておくと言えの近くでオリガミペイが使えるお店が探せるので、対象のお店でオリガミペイを使ってみましょう。

オリガミペイはローソンやドラッグストアで使えるのですが、探してみると意外と個人店でも使えるお店が見つかります。

特にアパレル系のお店ではオリガミペイが使えるお店が増えてきているので、探してみると意外なお店が見つかることがありますよ。

Q.他のスマホ決済サービスと比較してお得?

A. オリガミペイのクーポン次第です。

オリガミペイは他のスマホ決済サービスとは違い、お店によってクーポンが発行されています。

そのためお得なクーポンが発行されているお店であれば、オリガミペイの方がお得になることもあります。

しかしオリガミペイのクーポンを発行していないお店であれば、オリガミペイを利用するメリットは少なくなります。

オリガミペイのクーポンが発行されていないのであれば、PayPayや楽天ペイのようにどのお店でもポイント還元が受けられるスマホ決済サービスの方がお得ですね。

そのためオリガミペイを利用する前には、そのお店でどんなクーポンが発行されているか確認しましょう。

お得なクーポンが発行されていればオリガミペイ、そうでなければポイント還元率が高いスマホ決済サービスを利用すると、効率よくスマホ決済サービスが使えます。

どのスマホ決済サービスがお得なのかはその人の生活とお店によって変わるので、しっかり把握してお得なキャッシュレス生活を送りましょう。

オリガミペイとクレジットカードを組み合わせて使おう

ここまでオリガミペイとクレジットカードについて解説してきました。

オリガミペイはKyashVisaカードが使えるので、クレジットカードと組み合わせるとかなりお得に決済できることがあります。

そのためオリガミペイを利用するときは、KyashVisaカードとクレジットカードを登録して決済するととてもお得ですよ。