PayPayのポイント還元率を最大に高める方法は?キャッシュレス消費者還元事業についても解説!

スマホをいじる女性 PayPay

さまざまなキャンペーンがおこなわれるPayPayは、今や日本で1番有名なスマホ決済と言っても過言ではありません。

キャンペーンきっかけでPayPayを使い始めた人も多いと思いますが、より効率的にPayPayを使うためにはどうすればよいのでしょうか。

PayPayのようなスマホ決済を利用するメリットはいくつかありますが、その中でも大切なのがポイント還元率。

PayPayは使うたびにポイント還元がおこなわれるので、これまで現金支払いだったところをPayPay支払いに変えるだけで大きなメリットがあります。

こちらの記事では、PayPayのポイント還元について徹底解説!
これからPayPayを使う人やすでにPayPayを使っている人に向けて、PayPayのポイント還元率を最大に高める方法を解説していきます。

目次

PayPayのポイント還元率について詳しく解説!

まずはPayPayのポイント還元率の変遷について、詳しく解説していきます。

現状PayPayのポイント還元率がどのような仕組みなのかわからない人は、しっかり把握しておきましょう。

PayPayのポイント還元率を最大に高める方法は?キャッシュレス消費者還元事業についても解説!
さまざまなキャンペーンがおこなわれるPayPayは、今や日本で1番有名なスマホ決済と言っても過言ではありません。 キャンペーンきっかけでPayPayを使い始めた人も多いと思いますが、より効率的にPayPayを使うためにはどうすればよい...

2019年10月からPayPayのポイント還元率がダウン

2019年10月世間的にはキャッシュレス消費者還元事業がはじまり、キャッシュレス決済が話題になりました。

キャッシュレス消費者還元事業でキャッシュバックが受けられることから、PayPayをはじめとしてキャッシュレス決済を使い始めた人も多いのではないでしょうか。

そんな中PayPayはこれまで最大3%だったポイント還元率を、1.5%にダウンさせました。

しばらくはキャッシュレス消費者還元事業があるのであまり目立ちませんが、PayPayのポイント還元率がダウンしたのは事実。

またこれまではクレジットカードでもポイント還元がおこなわれましたが、PayPayでポイント還元を受けられるのはPayPay残高の支払いのみに変更になりました。

これによりPayPayでポイント還元が受けられるクレジットカードは、PayPay残高にチャージできるヤフーカードのみに。

そのため後ほど詳しく解説しますが、PayPayを使う人であればヤフーカードの利用が必須レベルになりました。

元々PayPayのポイント還元率3%が異常に高い数字だったので、ポイント還元率1.5%は少し残念ですがそれでも高いポイント還元率ですよ。

ヤフーカードを使うとヤフーカードのポイントも還元される

PayPay残高からの支払いをすれば1.5%のポイント還元が受けられるPayPayですが、ヤフーカードを利用した場合さらにヤフーカードのポイント還元も受けられます。

ヤフーカードのポイント還元率は1%なので、ヤフーカードとPayPayを連携させておけば合計で2.5%のポイント還元が受けられます。

つまりPayPayの支払い方法をヤフーカードに設定しておくだけで、ポイント2重取りができるということですね。

PayPayは全国に営業所を設置して、PayPayが使える店舗を増やしています。

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンといった大手コンビニをはじめ、ビックカメラやマツモトキヨシでもPayPayが導入されています。

今後はさらに個人経営の店舗でもPayPayが導入されることが予想されますので、PayPayの利便性はよりよくなっていくでしょう。

PayPayチャンスでさらにポイント還元チャンス

さらにPayPayには、PayPayチャンスという仕組みもあります。

100億円あげちゃうキャンペーンで有名になったPayPayは、キャンペーン時全額キャッシュバックが一定確率で当たるということをおこないました。

PayPayチャンスはそのときと同じような仕組みで

  • 100回に1回の確率で1,000円相当のキャッシュバック
  • 25回に1回の確率で100円相当のキャッシュバック

が受けられます。

ちなみにこちらのPayPayチャンスも、2019年10月以降当選確率が下がり当選額も減少してこの数字になりました。

またPayPayチャンスの権利があるのもPayPay残高もしくはヤフーカードからのチャージが条件なので、ますますヤフーカードの重要性がアップしましたね。

PayPayチャンスは金額も少ないので意図的に狙うものではないので、当たったらラッキーくらいの感覚がいいでしょう。

キャッシュレス消費者還元事業でPayPayのポイント還元率はどうなる?

2019年10月1日から2020年6月30日まで全国でおこなわれるキャッシュレス消費者還元事業。

お店に貼ってあるポスターを見る機会が多くなっていると思いますが、このキャッシュレス消費者還元事業を利用するかしないかで生活は大きく一変します。

キャッシュレス消費者還元事業はキャッシュレス化を促すように政府主導でおこなわれていますが、この間にキャッシュレス生活を身につけると今後もお得な生活ができます。

それではキャッシュレス消費者還元事業で、PayPayのポイント還元はどうなのでしょうか。

対象店舗で2%または5%のポイント還元が受けられる

まずはキャッシュレス消費者還元事業について詳しく解説していきます。

キャッシュレス消費者還元事業とは、対象の店舗でキャッシュレス決済をすると2%もしくは5%のキャッシュバックが受けられる仕組み。

2%もしくは5%のキャッシュバックは会計からその場で引かれるので、割引をその場で実感できます。

コンビニのレジで確認してみるとわかりやすいのですが、会計の下にキャッシュレス決済をしたときの割引額が記載されています。

ちなみにフランチャイズのお店では2%、個人経営のお店では5%のポイント還元が受けられます。

そのためたとえばコンビニで100円のコーヒーを購入した人は、現金支払いの場合100円支払わなければなりませんが、キャッシュレス決済支払いの場合98円の支払いですみます。

さらにPayPayを使った場合、PayPayのポイント還元が受けられるのでさらに1.5%のポイント還元が受けられます。

つまりヤフーカードとPayPayを組み合わせると、最大で2.5%+5%=7.5%のポイント還元が受けられるということですね。

PayPayがキャッシュレス消費者還元事業で還元される上限金額

ただしPayPayがキャッシュレス消費者還元事業で還元される上限金額は、1か月の合計で25,000円相当(2%と5%の合計額)です。

キャッシュレス消費者還元事業では、決済手段によって受け取れる上限額が異なりPayPayの場合月25,000円ということですね。

またPayPayにボーナスが付与される場合、決済日は翌月20日前後と少し遅くなるので注意しましょう。

上限金額は決められていますが、コンビニやドラッグストアなどでの用途が主なPayPayの場合、なかなか上限金額に達することはないでしょう。

今後キャッシュレス生活を送るためにもPayPayを使おう

2020年6月30日までおこなわれるキャッシュレス消費者還元事業ですが、実に9カ月間もの期間にわたって実施されます。

この期間中キャッシュレス決済を利用したほうがお得なのはもちろんなのですが、キャッシュレス消費者還元事業終了後もキャッシュレス生活を送ったほうがお得で便利です。

現金支払いからキャッシュレス支払いに変更すると

  • ポイント還元が受けられる
  • わざわざ小銭を用意する必要がなくなる
  • レジで会計をする手間が少なくなる
  • 現金を持たなくていいのでATMを利用する回数が減る

これだけのメリットが受けられます。

はじめて使う時はキャッシュレス支払いに少し抵抗を感じてしまうかもしれませんが、一度使うとこんな簡単に決済できるのかと実感できるでしょう。

今後キャッシュレス決済専用店舗も増えていくことを考えると、キャッシュレス消費者還元事業をきっかけにキャッシュレス生活を身につけていきましょう。

PayPayのポイント還元キャンペーンについて

100億円あげちゃうキャンペーンで有名になったPayPayですが、100億円あげちゃうキャンペーン後もさまざまなキャンペーンを展開しています。

PayPayのキャンペーンはお得なものばかりなので、うまく活用すればよりポイント還元が受けられます。

ここからはPayPayでおこなわれているキャンペーンについて解説していきます。

2019年11月30日まで最大10%ポイント還元されるまちかどPayPayキャンペーン

キャッシュレス消費者還元事業にともない、PayPayではまちかどPayPayキャンペーンを開始しました。

まちかどPayPayキャンペーンは2019年10月1日から11月30日まで、キャッシュレス消費者還元事業登録店舗のうち5%還元している店舗でPayPayを利用するとさらに5%のポイント還元がPayPayから受けられるというもの。

つまりキャッシュレス消費者還元事業登録店舗でも、コンビニやガソリンスタンドなど2%還元の店舗はまちかどPayPayキャンペーンの対象外です。

対象店舗が限られるキャンペーンですが、合計10%のポイント還元が受けられるのはかなりの魅力。

5%還元が受けられる店舗であれば、積極的にPayPayを使っていきましょう。

2019年11月1日からはPayPayフリマ・PayPayモールで最大20%ポイント還元キャンペーンが実施予定

さらにPayPayでは、2019年11月1日から、PayPayフリマとPayPayモールでの利用額を最大20%還元するキャンペーンを開始すると発表しています。

PayPayフリマとはメルカリのようなフリマアプリで、10月7日からサービスを開始しています。

そんなPayPay フリマでは11月1日から12月25日の期間中PayPay残高で決済をすると、最大で利用額の20%が還元されます。

またPayPayモールとはYahoo!JAPANが定めた基準を満たしたストアが出店するオンラインショッピングモールで、Amazonや楽天市場のようなイメージですね。

PayPayモールでは11月1日から1月31日の期間中、PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーンが実施されます。

PayPayモールで100億円あげちゃうキャンペーンでも、利用額の最大20%が還元されるのでかなりお得なキャンペーンですね。

PayPayフリマもPayPayモールも今後PayPayの中心サービスになる可能性が高いので、これを機に知名度を一気に上げたいのが狙いでしょう。

かなりお得なキャンペーンであることは間違いないので、期間中はPayPayフリマとPayPayモールをチェックしましょう。

PayPayは毎月さまざまなキャンペーンがおこなわれている

さらにPayPayでは、これらの代替的なキャンペーン以外にも毎月さまざまなキャンペーンがおこなわれています。

たとえば2019年10月には

  • DiDiのタクシーが半額で乗れるキャンペーン
  • 虎ノ門・西新橋で決済すると最大20%のポイント還元が受けられるキャンペーン
  • 福岡ソフトバンクホークス日本一キャンペーン

など大小あわせて10以上のキャンペーンがおこなわれています。

大規模なキャンペーンで有名になったPayPayですが、ターゲットを絞ったキャンペーンもおこなっているので、PayPayを使っているのであればしっかりチェックしましょう。

PayPayのキャンペーン情報は公式Twitterをチェックしよう

PayPayではさまざまなキャンペーンがおこなわれていますが、キャンペーン情報をチェックするにはPayPay公式Twitterをフォローしておきましょう。

100億円あげちゃうキャンペーンなどはニュースサイトでも掲載されますが、小規模なキャンペーンまではなかなか確認できません。

そのためPayPayの公式Twitterで情報をしっかりチェックしておきましょう。

PayPay公式ホームページにもキャンペーン情報は記載されていますが、場合によっては公式ホームページには掲載されないこともあります。

そのため情報を逃さずにチェックしたい場合は、PayPay公式Twitterのフォローをオススメします。

PayPayのポイント還元率を最大に高める方法は?

ここまでPayPayのポイント還元について解説してきましたが、これらの情報を踏まえたうえでPayPayのポイント還元率を最大に高める方法はどのようなものなのでしょうか。

せっかくPayPayを使うのであれば、お得に使いたいという人も多いのではないでしょうか。

ここからはPayPayを最大限活用するための方法について解説していきます。

ヤフーカードを利用してのチャージでポイント還元率2.5%が実現できる

キャンペーンをのぞくと、PayPayで受け取れるポイントを最大に高める方法は、PayPayとヤフーカードの組み合わせです。

2019年10月1日以降PayPayでのポイント還元を受け取るためには、PayPay残高からの支払いのみになりました。

PayPay残高にチャージする方法は、

  • 銀行口座からのチャージ
  • ヤフーカードからのチャージ
  • セブン銀行ATMからのチャージ
  • ヤフオク!の売上金からのチャージ
  • ギフトカードからのチャージ
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージ

といった方法がありますが、この中でもっともお得なのがヤフーカードからのチャージ。

PayPay残高からの支払いであれば1.5%のポイントが受け取れますが、ヤフーカードであればさらにヤフーカードのポイントが貯まります。

ヤフーカード自体のポイント還元率は1%なので、PayPayのポイント還元率1.5%とあわせて、決済額の2.5%がポイント還元されます。

決済額の2.5%が決済されるということは、月3万円PayPayで決済すれば月750円で年間に直すと9,000円分の相当のポイント還元が受けられます。

支払いをPayPayに変更するだけでこれだけのポイントが受け取れるのであれば、使わない手はありませんね。

ヤフーカードは年会費無料で作成できるクレジットカード

さらにヤフーカード自体が、年会費無料で作成できるクレジットカードである点もPayPayが使いやすい理由になっています。

リクルートカードやJCB CARD Wも年会費無料で作成できるクレジットカードですが、キャッシュレス決済と組み合わせるのであれば、ヤフーカードとPayPayの組み合わせが2019年10月現在もっともポイント還元率が高い組み合わせです。

そのためPayPayを使うためにヤフーカードを作っても、まったく問題ありません。

ヤフーカードは国際ブランドがVISA・MasterCard・JCBから選べるので、日常的に使うクレジットカードとしても優秀です。

クレジットカードを持っていない人であれば、PayPayを使うタイミングでヤフーカードを作ってもいいでしょう。

PayPayを使うのであればヤフーカードはセットで使いたい

ここまでPayPayとヤフーカードについて解説してきましたが、結論としてはやはりPayPayとヤフーカードはセットで使いたいですね。

ヤフーカードで貯まるTポイントはさまざまなお店で使えるので使いやすいポイントですし、年会費無料で作成できるクレジットカードなので作りやすいです。

ヤフーカードへの申し込み条件は以下の通りです。

Yahoo! JAPANカードは、主婦や学生でも、18歳以上で安定した継続収入があればお申し込みは可能です(高校生はお申し込みできません)。
出典:ヤフーカードよくある質問

このように申し込み条件も厳しくないので、PayPay用にヤフーカードを作っても問題ないでしょう。

すでにPayPayを使っている人も、これからPayPayを使う人も、ヤフーカードはセットで使いましょう。

PayPay のキャンペーン情報は見逃さない

またヤフーカードとPayPayをセットで使うだけでなく、PayPayのキャンペーン情報を見逃さないことも大切です。

PayPayは新たに店舗と提携するとキャンペーンをすることが多く、過去にはスーパーでのポイント還元率がアップするキャンペーンもおこないました。

キャンペーンのために買い物をするのは無駄遣いになることが多いのでオススメしませんが、普段の買い物の延長線上であればPayPayキャンペーンの恩恵を受けるとかなりお得な気分になります。

先ほど紹介したようにPayPayのキャンペーン情報は公式Twitterの情報量が多く性格なので、公式Twitterはフォローしておきましょう。

PayPay のポイント還元率を高めるヤフーカードについて

ここまでPayPayとヤフーカードはセットで使うと、ポイント還元率が高くなることを解説してきました。

それではそんなヤフーカードとはどのようなクレジットカードなのでしょうか。

ここからはヤフーカードについて詳しく解説していきます。

ヤフーカードの基本スペック

ヤフーカードの基本スペックは以下の通りです。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費500円(税別)
入会資格 ・18歳以上で安定した継続収入があること

・高校生不可

ポイント還元率 1.0%
海外旅行保険 付帯なし
特典 ・ヤフーショッピング・LOHACO利用時はポイント還元率3%(Tポイント2%+PayPayボーナスライト1%)

・月額490円(税別)でショッピング補償のプラチナ補償に加入できる

年会費永年無料のクレジットカードでは、ポイント還元率1%は高めの数字。

ポイント還元率1%以上のクレジットカードとしては、REX CARDやリクルートカードがあります。

ただしヤフーカードの場合、日常的に使いやすいヤフーショッピングやLOHACOでのポイント還元率が高い点が特徴。

これらのサービスを使うのであれば、メインカードとして使っても問題ないほどお得なクレジットカードですね。

ヤフーカードのポイント還元率について

クレジットカードを選ぶ上でとても大切なのが、ポイント還元率です。

ポイント還元率とは利用額に対して、いくらポイントがキャッシュバックされるのかを数値化したもの。

ヤフーカードの場合、100円の買い物で1円相当のポイントがキャッシュバックされるので、ポイント還元率は1%です。

先ほども紹介しましたが、年会費無料のクレジットカードではポイント還元率1%は高い方の数字ですね。

ポイント還元がお得なイメージがある楽天カードも、通常のポイント還元率は1%です。

ヤフーショッピングなどで使うとポイント還元率アップ

さらにヤフーカードは、ヤフー関連サービスであるヤフーショッピングやLOHACOで使うとポイント還元率が3%になります。

インターネットで日用品を購入するサイトと言えば、Amazonと楽天市場が2強というイメージがあるかもしれませんが、実はヤフーショッピングにもたくさんのサイトが出店しています。

そのためヤフーカードを持っているのであれば、ヤフーショッピングで商品を購入したほうがお得になるケースが多いですね。

PayPayはヤフーマネーとも統合したので、ヤフーショッピングではPayPay残高が使える点も嬉しいですね。

また落ち着いたデザインが特徴のLOHACOでは、さまざまな食料品やコスメが購入できます。

セットで購入すると簡単に調理ができるセットなど、利用者のためを思った商品構成なので、LOHACOで食料品を買う人も増えてきています。

ヤフーカードはヤフーショッピングとLOHACOでのポイント還元率が高いので、オンラインショッピングを使う場合はこれらのサイト利用を検討してみましょう。

ヤフーカードの審査について

PayPayで使うためにヤフーカードを手に入れたいと思っても、審査に通過しなければヤフーカードは手に入りません。

それではヤフーカードの審査では、どのような点が見られるのでしょうか。

ヤフーカードの審査で確認されるのは主に以下の2点

  • 年収・勤務先など支払い能力に関する情報
  • 信用情報に記載されている支払い情報

この2点が問題なければ、審査に通過する可能性は高いです。

ヤフーカードは年会費無料で作成できるクレジットカードなので、加盟店からの利用手数料で売り上げを作っています。

またPayPayのキャンペーンがおこなわれると、それに伴いヤフーカードへの申込者も増える状況です。

そのため現状ヤフーカードはさまざまな人の申込みを受け付けて、審査も甘くなっていると予想できますね。

安定した継続収入とは

しかしヤフーカードの審査が甘くなっているとはいえ、まったく収入がない人はヤフーカードの審査には通りません。

ヤフーカードの申し込み条件は「18歳以上で安定した継続収入があること」
この条件を満たしていれば大学生や主婦でも、ヤフーカードが手に入る可能性はあります。

それでは安定した継続収入とは、一体どのようなことなのでしょうか。

結論としては毎月一定の収入があれば、安定した継続収入と見なされます。

つまりアルバイトでも毎月10万円の収入があれば、安定した継続収入があるとみなされる可能性は高いです。

そのため現在収入がない人は、アルバイトでもいいので収入を得る状態を作っておきましょう。

わざわざ正社員にならなくてもヤフーカードの審査に通る可能性は高いので、まずは安定した収入を作ることが大切です。

信用情報について

また収入や勤務先と同じく、信用情報もヤフーカードの審査ではとても大切です。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。
本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC公式ホームページ

このようにヤフーカードだけでなく、あらゆるクレジットカードやカードローンの支払い情報は、信用情報機関に登録されています。

そのため他のクレジットカードやカードローンで支払い遅れがある場合、ヤフーカードの審査時に印象が悪くなってしまいます。

信用情報機関には携帯電話本体代の分割支払い情報なども掲載されているので、日々の支払いを期日通りにおこなうことがとても大切です。

信用情報は今後の生活にも大きな影響を及ぼすので、日々の支払いを確実にして傷をつけないようにしましょう。

PayPayは他のスマホ決済と比べてポイント還元率は高いの?

ここまでPayPayのポイント還元率について解説してきましたが、それでは他のスマホ決済と比べてPayPayのポイント還元率は高いのでしょうか。

最後にPayPayと他のスマホ決済と比べて、ポイント還元率が高いのかどうか解説していきます。

ポイント還元率はダウンしたがそれでもトップクラスのポイント還元率

この記事で何度か解説していますが、PayPayは2019年10月からポイント還元率が1.5%にダウンしました。

しかしヤフーカードとあわせて使えばポイント2重取りができ、最大で2.5%のポイント還元が受けられます。

これは他のスマホ決済と比べても、トップクラスの数字です。

たとえば楽天ペイの場合、楽天カードと使えばポイント2重取りができますが、それでも合計でポイント還元率は1.5%。

他にもLINE Payで月10万円以上決済すると、ポイント還元率が2%になるランク制度もありますが、これもPayPayとヤフーカードの組み合わせには及びません。

楽天ペイのメリットとしては、キャッシュレス消費者還元事業登録店舗どこで使っても5%ポイント還元がされるので、キャンペーン期間中コンビニなどの店舗でのポイント還元がたくさんされる点。

また楽天ペイと連携している楽天カードが楽天市場でのポイント還元率が高いので、クレジットカードとしての魅力が高い点です。

しかしこれらの点を加えても日常的に利用するのであれば、PayPayとヤフーカードの組み合わせはポイント還元率がトップクラスに高く使える店舗も多いです。

そのためこれからスマホ決済をはじめるのであれば、PayPayとヤフーカードの組み合わせはオススメです。

2020年はLINE Payの動向に注目が集まる

2019年10月時点ではPayPayとヤフーカードの組み合わせがお得で使いやすいスマホ決済ですが、2020年はその様子が大きく変わることが予想されます。

2020年1月LINE Payは国際ブランドのVISAと提携し、クレジットカードを発行することを発表しました。

これまでクレジットカードからのチャージができなかったLINE Payですが、クレジットカードを発行することで一気に利便性がアップします。

さらに発行されるクレジットカードは、初年度のポイント還元率3%であることも発表されています。

ポイント還元率3%が実現されれば、LINE Payとヤフーカードの組み合わせのポイント還元率2.5%を上回ります。

そのため2020年スマホ決済の主役は、LINE Payになる可能性がありますね。

PayPayは今後もお得さをウリにしていくと予想される

しかしそんなLINE Payの動向は、PayPayも十分わかっているでしょう。

PayPayはこれまで100億円あげちゃうキャンペーンをはじめ、お得なキャンペーンを打ち出すことで顧客を獲得してきました。

そのため今後もお得さをウリにして、さらなる顧客獲得を目指していくと思われます。

こうした傾向からLINE Payのポイント還元率がPayPayを上回るのであれば、PayPayはさらなるキャンペーンを打ち出すのではないでしょうか。

PayPayのキャンペーンはポイント還元率が10%を超えることも多いので、世間的にも話題になることが多いです。

今後はLINE Payの動きもそうですが、PayPayの動きにもかなり注目ですよ。

PayPayはポイント還元率が高いスマホ決済手段

ここまでPayPayのポイント還元率について解説してきました。

これまでの内容をまとめると以下のようになります。

  • PayPayはPayPay残高からの支払いでないとポイントが貯まらない
  • ヤフーカードからのチャージであればポイント2重取りができる
  • キャッシュレス消費者還元事業ではポイント還元率5%の店舗でお得
  • ヤフーカードはヤフーショッピングやLOHACOで使うとポイント還元率アップ
  • ヤフーカードの審査は決して厳しくないが安定した継続収入は必要
  • 2020年はLINE Pay に注目だがPayPayも対抗すると予想される

PayPayはヤフーカードと組み合わせることでポイント還元率が2.5%になるので、他のスマホ決済と比べてもかなりお得なスマホ決済です。

PayPayが使えるお店も多いので、とても使いやすいスマホ決済でもあります。

これからスマホ決済をはじめるのであれば、PayPayとヤフーカードの組み合わせを使ってキャッシュレス生活に慣れていきましょう。