100万円のリボ払い残高を借り換えるのはありなのか?

リボ払い

リボ払いでお金を払い続けるくらいなら、低金利のカードローンに借り換えるほうが良いのか?

これはリボ払いで悩む方にとって、かなり重要なテーマです。

リボ払いは時折地獄と呼ばれるほど過酷な支払いを強いられるもの。

毎月金利で手数料の支払いを行って、毎月の「クレカ利用」の誘惑とも戦うことになります。

とはいえ注意が必要なのが、どちらも支払いを強いられることがあり、「借金返済」ということには大きな違いがないということです。

それでは果たして、100万円ものリボ払い残高を低金利のカードローンへの借り換えは意味があるのか。

そもそも100万円のリボ払い借り換えは可能なのか。

今回はじっくり考えていきたいと思います。

リボ払いはカードローンに借り換えたほうがいい?お勧めのカードローンも紹介!
リボ払いのクレジットカードを使っている場合、返済が上手に進まない場合もあります。 より早く返済したいと考えている場合や、低金利での借入で利息を減らしたい時はカードローンで借り換えてしまうといいでしょう。 借り換えによって最終的な...

100万円のリボ払い借り換えは可能か?

そもそも、100万円にも膨れ上がったリボ払い残高は、カードローンへの借り換えで解決できるのか。

リボ払い借り換えの可否から、考えていこうと思います。

銀行、消費者金融金融ともリボ払いの借り換え自体には乗り気

実は、銀行のカードローン、消費者金融など貸金業者のカードローンともに、「リボ払いの借り換え」には乗り気です。

それもそのはず、借り換えは「他社のキャッシング利益を自社のものにすることができる」として、借り換え先にメリットがあるからです。

すでにリボ払いの支払い実績があるならなおさら、カードローン審査に通りやすくなるので、100万円のリボ払い残高借り換えは十分可能になります。

100万円ものリボ払いをカードローンに借り換えるメリットとデメリット

しかし注意も必要です。

100万円ものリボ払い残高を、消費者金融のカードローン、銀行カードローンへ借り換えるのはメリットもあればデメリットも存在するからです。

本格的に借り換えを行う前に、リボ払いの借り換えにおけるメリットとデメリットを前もって確認しておきましょう。

メリット

まずは、リボ払いをカードローンに借り換えるメリットから。

低金利のカードローンへ借り換えれば支払総額が少なくなる

借り換えによって、金利を下げることができれば、手数料の支払いが少なくなるので返済の負担が少なくなります。

100万円ものまとまった金額の借り換えともなると、カードローンによってはかなり低い金利が適用されることになります。

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利を例に調べてみましょう。

ご利用限度額 お借入利率
500万円以下 400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1% ~年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6% ~年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6% ~年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6% ~年14.6%

100万円のリボ払い借り換えということで、見るべきは200万円以下100万超の金利です。

100万円を三菱東京UFJ銀行カードローンで借り換えた時適用されるのは「13.6%」。

この13.6%の金利が下がるかどうかが、リボ払いが得かどうかの分かれ目です。

「借金している」意思が強くなるので支払いへの意欲が高まる

リボ払いはまだまだ「クレカの代金支払」の意識が強いです。

しかしカードローンへ借り換えることで、より「借金返済」の意識が強まるので、支払いの意思が高まります。

借り換えることができれば、以前より強い意識を持って支払う意識が芽生えるということです。

デメリット

続いて、リボ払いからカードローン借り換えにおけるデメリットの紹介です。

必ずしもカードローン借り換えが得とは限らない

リボ払いからカードローン借り換えが成功した時点で、「必ずお得」というわけではないことに注意が必要です。

リボ払い金利と、借り換え先のカードローン金利を比べて、金利が下がらない場合。

または返済期間が長い場合は、結果的に支払い総額が高くなるのでお得はありません。

借り換えを行う前に、100万円の借り換えシミュレーションを行って、具体的にどれくらいお得かを調べておきましょう。

借り換えで安心してしまいがち

借り換えを行うと、それだけで「お得」を感じてしまいがちです。

しかしよく考えれば、借り換えだけではお得ではありません。

明確に返済できる目処で返済計画を立てて、その返済計画通りに返済してはじめて、リボ払いからの借り換えがお得になるのです。

借り換えよりわかりやすく支払いを手短にする方法

借り換えは実は、それだけではお得ではないことはすでにお伝えした通りです。

しかしもっとストレートに、リボ払いの支払い残高を減らすための方法があります。

債務整理する

リボ払いの支払い残高を減らすための方法こそ、「債務整理」です。

借り換えのように、「今後の金利を下げて、手数料の支払いを少なくする」のではなく、リボ払いの支払い残高を直接減らすのが「債務整理」です。

この債務整理手続きがうまくいけば、あなたは今後100万円ものリボ払い残高を支払う必要はないのです。

任意整理

100万円ものリボ払い残高の支払いで悩むなら「任意整理」を検討しましょう。

任意整理とは、今後支払う手数料をカットすることで、毎月の支払いを楽にする手続きです。

毎月の支払いの中で手数料の支払いが減るだけで、支払いの負担はかなり軽くなるはずです。

任意整理すれば、「支払いの催促はストップ」し、「将来的に発生する手数料はカットされる」メリットがあります。

その代わり、信用情報に任意整理を行った記録が残るので、「ブラックリスト入り」するのです。

自己破産

100万円のリボ払いが苦しいなら、自己破産も検討してください。

自己破産すれば、もう今後はリボ払いの必要はなくなります。

あなたの支払いは、自己破産した時点で「免責」となるのです。

しかし自己破産を行うと、代償として持っている資産のほとんどを差し押さえられることに注意です。

そして信用情報に残った自己破産の記録で、その後10年間は審査に不利な状況となります。

資産を差し押さえられる代わりにあなたは、100万円のリボ払いから逃れることができるのです。

100万円のリボ払い…自身の金融意識を見直して

100万円ものリボ払い残高を抱えてしまっている時点で、あなたの金銭感覚はおかしいです。

リボ払いは本来選ぶべきではなく、可能ならすべて一括払いでクレジットカード支払いを行うべきです。

今後100万円ものリボ払い残高の支払いが終わったなら、その後はリボ払いに頼ることなく、計画性を持った支払いを心がけてください。

すぐお金を使ってしまう人向けの「貯金のための習慣」教えます!
「なかなか貯金できない」 「あればあるだけお金をつかってしまう」 できればうまくやりくりして貯金をしたいのだけれども、どうしてもすぐお金を使ってしまう…。 お金を貯められないと悩む人は多いですが、お金を貯めるための「しくみ作り」さ...

100万円のリボ払い借り換え まとめ

今回は、100万円ものまとまったリボ払い残高を抱えてしまっている方のために、その100万円ものリボ払い残高をどう処理するか?

についてお話しました。

カードローン借り換えはたしかに、成功すればメリットが多いですが、落とし穴もあります。

100万にも膨らんでしまったリボ払い残高。

上手に処理して今後金銭状況がこれ以上悪くならないようにしましょう。