カードローン多重債務者はお金が借りられる?多重債務から抜け出すためには

通帳 ライフ

「カードローンを何社も利用していて多重債務状態」
「多重債務からなんとかして抜け出したい」
こちらの記事では、多重債務経験者の筆者がそんな人のために、多重債務から抜け出すための方法を解説していきます。

国民全体の収入が少なくなってきている現代では、カードローンを利用しなければ生活できないという人も増えてきています。

しかしいつまでもカードローンに頼っていては、多重債務になってしまい苦しい生活から抜け出せません。

多重債務から抜け出した筆者の体験談も交えて、カードローンの多重債務をどうすればいいのか解説していきます。

多重債務者はカードローンが利用できる?

多重債務者の多くは、毎月くる返済日に悩んでいるのではないでしょうか。

返済日をやりくりするためにカードローンを利用したいという人もいると思いますが、はたして多重債務者はカードローンが利用できるのでしょうか。

借り入れ情報は信用情報に記載されている

カードローンを利用すると、借り入れ情報が信用情報に記載されます。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。

カードローン利用時には他社の借り入れがいくらあるか確認されますが、実際は信用情報を見れば一目瞭然。

カードローン会社は審査時必ず信用情報をチェックするので、嘘を書いている場合すぐにばれて審査落ちします。

また信用情報には返済が遅延していないかどうかも記載されています。

返済遅延が多い人は、それだけ返済に困っている人と認識されるので、審査に落ちる可能性が高くなりますよ。

総量規制の問題

また多重債務者がカードローンを利用するときには、総量規制の問題にぶつかります。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)

このように消費者金融では、年収の3分の1以上の貸し付けが禁止されています。

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、多重債務が社会問題になっている現代では、多重債務者への監視の目が厳しくなってきています。

多重債務者はカードローンの利用が難しい

こうした事情を踏まえると、多重債務者はカードローンの利用が厳しいというのが現状です。

多重債務者でもカードローンの審査に通る可能性があるのは

  • 総量規制で決められた枠に対して余裕がある
  • 返済遅れがほとんどない

この2つの条件を満たしていないと、まず審査に通ることは難しいでしょう。

それだけ多重債務者に対する目は、厳しくなっています。

中小の消費者金融であればお金が借りられる可能性がある

しかしこうした状況でも、中小の消費者金融であれば、多重債務者でもお金が借りられる可能性があります。

CMや広告でよく見る銀行カードローンや大手消費者金融は、多くの新規顧客から問い合わせがあります。

そのため多重債務者のように、返済できないリスクがある人への審査は厳しくなります。

一方中小の消費者金融は広告費があまり使えないこともあって、多重債務者でも審査に通る可能性があります。

もちろん多重債務者の人が高額を借りることは難しいので、はじめは5万円からスタートというケースも多いですが、返済実績を積めばより多くのお金が借りられる可能性もあります。

多重債務者でもカードローンを利用したいのであれば、中小の消費者金融に狙いを絞りましょう。

中小の消費者金融を利用するときに気をつけること

しかし中小の消費者金融の中には、違法な金利で商売をしている会社も存在しています。

ここからは中小の消費者金融を利用するときに、気をつけることを紹介していきます。

日本貸金業協会に登録されている業者かどうかチェックする

銀行カードローンや消費者金融が貸金業を営むとき、貸金業の免許をとらなければなりません。

また都道府県知事に営業許可も得なければ、貸金業を営んではいけません。

貸金業を営むためにはさまざまなハードルがありますが、中には嘘の記載をして貸金業を営む会社も存在します。

そうした業者を見極めるためには、日本貸金業協会のホームページをチェックしましょう。

日本貸金業協会には協会に入っている業者のみ登録されており、違法な業者は記載されていません。

そのため日本貸金業協会のホームページに登録されているカードローン会社であれば、信頼して利用できます。

金利はしっかりチェックする

中小の消費者金融を利用するときには、金利もしっかりチェックしましょう。

大手消費者金融に比べてお客さんの少ない中小の消費者金融は、どうしても金利が高くなりがちです。

多重債務者は藁にも縋る思いでお金を借りたいと思うため、審査に通ると金利も見ずに契約してしまいます。

しかしお金を借りるところはあくまでスタートで、肝心なのは返済していくところ。

そのためしっかり返済できるように、金利が低いかどうかしっかりチェックしてから申し込みをしましょう。

オススメの中小消費者金融:フクホー

このような現状を踏まえたうえで、筆者がオススメする中小の消費者金融はフクホーです。

フクホーは大阪に本社を置く、創業50年の老舗。

これまでさまざまな人への融資実績があり、多重債務者でも審査に通る可能性があります。

さらにインターネットから24時間申し込み可能で、即日融資にも対応。

金利も7.30%~18.00%と中小の消費者金融の中では、低い部類です。

多重債務者でも借りられる可能性があるので、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

フクホー株式会社は闇金なのか?
中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 「大手消費者金の審査に落ちた」だとか、「信用情報にブラックな記録があるから審査に通らない」など、消費者金融の審査に不利な方でも審査...

カードローンの多重債務から抜け出すための方法

「毎月の返済をカードローンからの借り入れでなんとかしのいでいる」
このような人は長い目で見ると、返済にいきづまってしまいます。

そのため多重債務から抜け出すことを考えておかないと、手遅れになってしまう可能性があります。

ここからはカードローンの多重債務から抜け出す方法について解説していきます。

おまとめローンを利用する

カードローンの多重債務から抜け出す方法1つ目は、おまとめローンを利用することです。

おまとめローンとは多重債務者に対して、複数社の借り入れを1社にまとめること。

おまとめローンを利用するメリットとしては

  • 毎月の返済額が少なくなる
  • 返済日が月1回だけになるので管理が楽になる
  • 金利が下がる可能性がある

といった点が挙げられます。

一方デメリットとしては

  • 審査が厳しいので審査に通らないことが多い
  • 返済が長期化する可能性がある

といった点が挙げられます。

おまとめローンの審査に通過すれば、毎月の返済額が少なくなるので、カードローンから毎回借り入れするという現状からは抜け出せます。

そのため現在も働いているのであれば、おまとめローンの利用を検討しましょう。

債務整理の利用を検討する

カードローンの多重債務から抜け出す方法2つ目は、債務整理の利用を検討することです。

債務整理には

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

という3つの選択肢があり、人によってとるべき選択肢が違います。

とくに自己破産はしてしまったら人生が終わるのではないかというイメージを持っている人もいるので、なかなか踏み出せない人も多いですね。

しかし多重債務がいつまでも返済できないのであれば、こうした選択肢も頭に入れておかなければなりません。

債務整理は人生をやり直すための方法の一つです。

はやめに人生をやり直したいと思うのであれば、利用を検討してみましょう。

闇金やクレジットカード現金化に手を出してはいけない

カードローンの返済に困ると、闇金やクレジットカード現金化に手を出してしまう人がいます。

こうした業者はお金に困っている人に甘い言葉をささやいて、誘惑をしてきます。

しかしこれらのことに手を出してしまうと、人生が終わってしまいます。

闇金は違法の取り立てをするので家族にも迷惑がかかりますし、クレジットカード現金化に手を出してしまうと自己破産ができなくなる可能性があります。

いくら生活が苦しくても、闇金やクレジットカード現金化に手を出すことはやめましょう。

カードローンの多重債務から抜け出した体験談

スマホを持って嬉しそうな女性

最後にカードローンの多重債務から抜け出した経験がある筆者が、実際にどのような行動をしたのか体験談をお話します。

多重債務に苦しんでいる人は、よければ参考にしてください。

法テラスの無料相談を利用した

筆者の場合カードローンからの借り入れが500万円以上あり、毎月5万円以上の返済をしなければなりませんでした。

はじめのうちは順調に返済していたのですが、自身の事業がうまくいかなくなったこともあって返済が困窮。

毎日のようにカードローン会社から催促の電話がかかってきました。

「もうこのような状態は耐えられない」
そんな状態になってしまった筆者は、法テラスに無料相談を申し込みます。

弁護士さんと話をして自己破産をすることになる

法テラスで出会った弁護士さんはとても親切な方で、筆者の話を真剣に聞いてくれました。

そして弁護士さんに現状をすべて打ち明けたところ、自己破産の選択肢をとることを勧められました。

自己破産をすると生活が大きく変わりますが、それ以上に現状から抜け出したかった筆者は自己破産することを決断します。

自己破産の手続きは順調に進み、申込から半年ほどで自己破産の認可が下りました。

しばらくの間クレジットカードやカードローンは利用できませんが、借金はゼロの状態になりました。

自己破産後は平穏な生活を取り戻す

自己破産をしてから2年ほどが経過しましたが、現在は自己破産をしてよかったと思っています。

1番の理由は平穏な生活が取り戻せたこと。

多重債務に苦しんでいた頃は、毎日お金のことしか考えられず、カードローン会社からの電話におびえていました。

しかし自己破産をしてからはそのようなこともなくなり、夜はゆっくり眠れます。

筆者は自己破産後金融ライターになる道を選び、生活もかなり安定してきました。

自己破産後は就職も自由にできますので、金銭的にも精神的にもかなり余裕が出てきます。

そのため今思えば、もう少し早く自己破産をしてもよかったのではないかと思います。

自己破産には悪いイメージもありますが、人生をやり直すための一つの手段だと今は考えています。

もし多重債務に苦しんでいるのであれば、自己破産も選択肢の一つに入れておきましょう。

カードローンの多重債務から抜け出そう

ここまでカードローンの多重債務について解説をしてきました。

カードローンの多重債務でも借り入れができる場合はありますが、一時しのぎでは意味がありません。

人生は長いのでしっかりと先を見据えて行動することが大切です。

筆者の場合自己破産という選択肢をとりましたが、それも一つの選択肢ですよ。