失業した無職がキャッシングを利用するための方法をご紹介します

ライフ

無職だと、当然ですがお金がなくなります。

そうなると必然的にキャッシングを利用してお金が欲しくなるもの。

消費者金融や銀行のカードローンなら、無担保、無保証人で、即日融資を受ける可能性が高くなります。

しかし無職でも、果たしてカードローンを利用した借入れを行なうことができるのか。

今回は、なんとかキャッシングを利用して生活を成り立たせたいと思っている無職の方のために、「無職でキャッシングを利用する」という観点から調べていきたいと思います。

無職だとキャッシング利用が難しい

まず大前提として、無職の状態だとキャッシング利用が難しいことは知っておきましょう。

当然といえば当然です。

個人間の問題で考えるとわかりやすいです。

無職の友人がいたとして、その友人にお金を貸す気になるでしょうか?

「お金を返してくれないかもしれない」と思い、お金を貸さないのでは?

それと同じです。

貸金業者も、無職で給与をもらっていない人には、お金を貸し渋るのです。

キャッシング利用の前提条件が「安定収入があること」

そもそも、消費者金融や銀行カードローンの申込み条件の第一項が「安定収入があること」です。

ここで書いてるのが「収入があること」ではなく、「安定収入があること」なのがミソです。

キャッシングを利用すると、その返済は毎月行なうわけですが、その毎月の返済に必要なのがまさに「安定収入」なのです。

毎月途切れ途切れの収入ではいけません。

総量規制で無職にお金を貸すことができない

そもそも、貸金業法の総量規制で、無職にお金を貸すことが禁じられています。

総量規制の制限を受けた貸金業者は、「借入額が年収の3分の1まで」という制限を受けます。

そしてそもそも年収が0だと、借り入れることができるのも0円となるわけです。

貸金業者からお金を借りるのは、そもそもが不可能だということですね。

キャッシングを利用できる無職の条件

しかし一切収入がない人でも、キャッシングを利用できる人が中にはいます。

中には貸金業者や銀行から、お金を借りることができる無職もいるということです。

専業主婦

専業主婦は、配偶者の収入で家計を賄っています。

それはほとんど、専業主婦本人に収入があるのと同義です。

ということで、配偶者に安定した収入がある専業主婦も、たとえ本人に収入がないとしてもお金を借りることができます。

専業主婦は、数少ない「キャッシングを利用できる無職」ということです。

年金受給者

年金受給者も、キャッシングを利用することができます。

年金も、毎月定期的に入る収入として換算されるということですね。

しかしカードローンには利用条件に年齢の上限があります。

あまりにも年齢がいきすぎていると、ときたまカードローンを利用できない…なんてことにもなりかねません。

最近は日本全体が高齢化で、キャッシングを利用するシニアも増えているのです。

不動産収入がある人

不動産収入も、「安定収入」としてみなされます。

そのため無職であっても、不動産収入がある人ならlキャッシング利用できるということです。

しかし不動産収入で審査を受ける場合は、提出書類が多くなり、審査にも時間がかかってしまうことだけ注意しておきましょう。

無職でもキャッシングを利用する方法

現在キャッシングを利用できない状態の無職の方が、これから短い期間の間でキャッシングを利用可能になるのか。

無職でもキャッシングを利用できるようになるために、あなたがこれからどうすればいいかをお教えしたいと思います。

アルバイトで働く

もうなんでもいいので、アルバイトで働いてください。

注意したいのが、「単発バイトはだめ」ということ。

コンビニバイトでも、弁当屋のバイトでもゲームセンターのバイトでも漫画喫茶のバイトでもいいので、とにかくアルバイト契約を結んでください。

しかし、アルバイトで働きだしてすぐは、勤務期間が短いとしてキャッシング審査に落ちやすくなってしまいます。

勤続年数が短い状態で審査に通るためには、他の条件がかなり優秀であることが求められます。

アルバイトで働いた勤続年数が1年未満の方は、審査に通りにくい条件であることに注意してください。

アルバイトでも消費者金融の審査に通りたいと思ったなら、中小消費者金融の審査を受けるのもおすすめします。

【中小消費者金融.biz】利用しやすい安全な中小消費者金融を紹介します
大手消費者金融の審査に通らない方が借りるべきなのが「大手消費者金融」です。 大手消費者金融とは異なる審査基準で審査する中小消費者金融は、金利が高くなること、サービスが弱くなるなどのデメリットがあるものの、多くの人が審査に通ります。 ...

派遣会社に登録する

派遣会社に登録した状態で、キャッシングの審査に受けるという手もあります。

派遣会社に登録した時点で、派遣会社との雇用契約が結ばれた状態になるので、あなたは無職ではなくなるわけです。

実際に企業へ派遣される前であっても、です。

そのため、派遣会社に登録した直後にキャッシング申し込みを行なう人がとても多く、それにより貸金業者が派遣社員への審査を慎重になったくらいです。

しかし、かなり気軽に派遣社員としてキャッシング審査を受けることができるので、「派遣会社へ登録後キャッシング審査を受ける」のはかなりおすすめです。

質屋でお金を借りる

質屋でお金を借りるのもおすすめです。

質屋からお金を借りるには、担保になる物品を質屋に提出する必要があります。

その物品の価値によって、いくら借りられるかが決まります。

質屋は担保の品物以外は審査されないので、たとえ無職であっても問題なくお金を借りることができるのです。

クレジットカードを持っていればクレジットカードのキャッシングを利用する

あなたがクレジットカードを持っているなら、わざわざ別のキャッシングを利用する必要はありません。

クレジットカードを使って、お金を用立てることができるのです。

クレジットカードにはキャッシング機能がついていますし、そもそもクレジットカードで支払うのはお金を借りて、そのお金でショッピングなりするのと何も変わらないのです

もちろん、まだクレジットカードを持っておらず、これからクレジットカード審査を受けるときも無職では審査に落ちやすくなります。

無職でどこも貸してくれない!時の対処法

無職でどうしてもお金を貸してほしいとき。

でも正規の金融会社がどこもお金を貸してくれないとき、それでもなんとかお金を借りる必要があるのです。

親に頼み込んで借りる

正規の貸金業者が貸してくれないなら仕方ないです。

親や友人など、実際の知り合いに借りるしかありません。

親だって無碍にあなたの頼みを断ることもないはず。

もちろん、親に借りたお金だったとしてもそれは借金。

しっかり借りた分は耳を揃えて返すようにしてください。

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活に困窮した人のために用意された国の制度を利用してお金を借りるという手もあります。

その制度こそ、「生活福祉資金貸付制度」です。

国の制度を使って借り入れることで、ノーリスクな借入れを行なうことができます。

生活福祉資金貸付制度の中でも、まさに失業中などで生活に苦しんでいる人向けの資金が「総合資金制度」です。

総合資金制度を使えば、一時的に資金の借入れをかなり低金利、またはまったく無利息で借り入れることができます。

生活費の借入れを行なう「生活支援費」、家賃を払うためにある「住宅入居費」、生活を再建するために必要なお金を借りる「一時生活再建費」など、用途によっていくつか借入れ口が異なります。

実際に役所にいって相談してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化する

かなりグレーな方法ですが、クレジットカード現金化という方法もあります。

クレジットカード規約を違反している、かなりあくどい方法ではありますが、嘘をついて審査を受けたり、ヤミ金からお金を借りるよりよほどましです。

クレジットカード現金化を行なう業者は最近とても増えており、電車の窓から業者の看板を見かけるほどです。

持っているカードを解約されてしまうかもしれないリスクを承知の上、クレジットカード現金化を行ってください。

クレジットカード現金化って何?経験者がやり方とリスクを解説
「どうしてもお金がないから、クレジットカード現金化をしようと考えている」 「駅でクレジットカード現金化って看板を持っている人がいたけど、それってどういうこと?」 こちらの記事では、クレジットカード現金化を実際にしたことがある筆者が、クレ...

ヤミ金は無職でも貸してくれるが絶対に借りない

無職でお金を借りたい方がやりがちなのが、「ヤミ金からの借入れ」です。

ヤミ金は審査がありません。

ヤミ金ならたしかに無職でもお金を貸してくれるでしょうが、その後が大変です。

ヤミ金のキャッシングを一度利用してお金を借りてしまうことは、その後の人生でずっとヤミ金と関係を持つということ。

普通のキャッシングは借りても返済が終わればそこで縁は切れますが、ヤミ金となると一度借りるとその後の人生はずっとヤミ金ありきです。

莫大な利息を払う

ヤミ金によって、金利、利息の支払いの設定は変わりますが、年率に直すと1000%とも2000%とも言われています。

普通のカードローンの金利が制限20%ですから、どれだけ金利の違いがあるかわかると思います。

そんな高すぎる利息の支払いはを行なうことができるはずないのですが、その利息の支払いが滞った時点で、後にお伝えする「暴力的な取り立て」につながってくるのです。

返済が滞ったら取り立てにあう

貸金業者が行なう返済の催促、返済の取り立ても、過去問題が起こったこともあり法律で厳しく規制されています。

取り立てで禁止されているのは、以下のような取り立てです。

  1. 正当な理由なく早朝~早朝に電話・FAX・訪問する
  2. 正当な理由なく自宅以外に電話・FAX・訪問する
  3. 退去の要求に応じない
  4. 張り紙や看板で借金の事実を周囲にバラす
  5. 他社からの借金で返済するように要求する
  6. 債務整理開始の通知後に返済催促を行なう

これらの禁止された取り立てを、ヤミ金は平気で行います。

少しでも借りたら、利息が膨らむので返済できない額になるのは当然です。

ヤミ金からは、1円も借りないようにしましょう。

無職でキャッシング利用 まとめ

無職でキャッシングを利用できるのか、今回は考えてきました。

無職ということはつまり、安定した職についておらず、定期収入がない状態です。

そうした定期収入がない状態では、貸金業者としては毎月の返済を行なうことができないとして、審査に通さないわけです。

そもそも貸金業法によって、収入が0の人にはお金を貸すことができないわけですが…。

無職でも、少しの工夫でお金を借りることができます。

無職でお金に困っているならなおさら、キャッシングを利用できる状態になるように努力してください。