おすすめのお小遣いアプリ10選!安全に稼げるアプリを紹介

お小遣いアプリ10選 借金問題

スマートフォンやタブレットを所有している人は、お小遣いアプリを利用することで、お小遣いを稼ぐことができます。

「毎月の収入をもう少し増やしたい」と考えるサラリーマンや主婦には、嬉しい存在だと言えるでしょう。

しかし、中には危険なお小遣いアプリも存在するため、安全なアプリを選ぶことはマストです。

当記事では、安全に稼げるお小遣いアプリを選ぶ方法を紹介しつつ、厳選したおすすめのお小遣いアプリも紹介します。

賢くお小遣いアプリを使いたい人は、ぜひ参考にして下さい。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

お小遣いアプリをおすすめする3つの理由

昨今では、新型コロナウイルスの影響もあり、人と接することなく稼げる仕事が注目されています。

お小遣いアプリも、接触をせずに稼げることがメリットですが、他にもおすすめをする3つの理由があります。

①スキマ時間に稼げる

お小遣いアプリをおすすめする1つ目の理由は、スキマ時間に稼げることです。

予定の間に発生するちょっとした「スキマ時間」は、1日の平均で1時間9分におよびます。

つまり、現代人は忙しいにも関わらず、1日にして1時間9分もの時間を無駄にしていると言えます。

~スキマ時間の例~

  • 電車に乗る移動時間
  • テレビでCMが流れている時間
  • 知人と会う際の待ち時間
  • 帰宅後にひと息をつく時間
  • 昼休みのちょっとした時間
  • 寝る前のくつろいでいる時間

お小遣いアプリは、上記のようなスキマ時間を利用できるため、無駄な時間を有効活用できます。

仮に毎日のスキマ時間を、お小遣いアプリに30分使用すると、

30分×30日=15時間

となり、月ベースで換算すると、15時間も「お小遣いを稼ぐ時間」を確保できます。

毎月15時間あれば、仮に1時間に500円を稼いだとしても、500円×15時間=4,500円を稼ぐことが可能です。

②自分に合った方法で稼げる

お小遣いアプリをおすすめする2つ目の理由は、自分に合った方法で稼げるからです。

「稼げる」と言っても、自分に合わない方法を選ぶと、お小遣いアプリを使うこと自体が、苦痛になるでしょう。

これでは、本末転倒だと言えます。

お小遣いアプリを長く続けるためには、自分に合った方法を選び、楽しみながら続けることが大切です。

ひとくちにお小遣いアプリといっても、さまざまな種類が存在することから、自分に合った方法を見つけると良いでしょう。

以下に、代表的なお小遣いアプリの種類を紹介します。

アンケート

アンケートに答えることで、ポイントを獲得できます。

数問で終わる簡単なものから、数十問で記述式のアンケートなど、さまざまな種類が存在することが特徴です。

前者のアンケートは、5分もあれば終わることから、主婦やサラリーマンがスキマ時間に実施することが多いでしょう。

後者のアンケートに出会う頻度は、あまり多くないですが、回答をすると数百から数千ポイントを獲得できるため、出来る限り対応することをおすすめします。

貯めたポイントなどは、各アプリの規程によりますが、現金や商品との交換が可能です。
(※後述のお小遣いアプリも同様)

ゲーム

アプリ上のゲームをクリアすることで、「ポイント」や「懸賞などへの応募の権利」が獲得できます。

またゲームには、以下のような種類があります。

  • ロールプレイングゲーム
  • クロスワード
  • ジグソーパズル

ゲームをすることで稼げるお小遣いアプリは、普段からゲームを行う人や、頭を使うことが好きな人におすすめだと言えます。

広告のクリック

以下のような広告をクリックすることで、ポイントが獲得できます。

  • 所定の広告バナー
  • メールに記載されたURL

クリックするという手軽さから、稼げるポイントは数ポイントと少ないものの、積み重ねると立派なお小遣いになると言えます。

動画配信

動画で「音楽」や「イベント」を配信することで、視聴者から投げ銭やポイントを獲得できます。

他のお小遣いアプリと比較すると、外見を露出する機会が多いため、見られることが好きな人に向いています。

また自分で企画をし、発信をすることから、アイディアが豊富な人にもおすすめだと言えます。

買い物

買い物をすることで、購入金額に応じたポイントや、ボーナスポイントを獲得できます。

普段ネットショッピングをする機会が多い人は、利用する価値があるでしょう。

他のお小遣いアプリでは、稼ぐことが目的ですが、買い物で稼ぐアプリは「買い物をするついでに稼いだ」という感覚での挑戦が、長続きの秘訣です。

その他

昨今のお小遣いアプリは、バラエティーに富んでおり、以下のようなアプリも存在します。

  • 投資をすることでポイントが得られる
  • 移動に応じて、ポイントが付与される

他にも種類を挙げるとキリがなく、今後においても、さまざまな種類のアプリが登場すると予想できます。

③家計を助ける

即日発行カードは数あるクレジットカードの中でも審査が甘い傾向

お小遣いアプリをおすすめする3つ目の理由は、家計を助けるからです。

  • 家計を少しでも楽にしたい
  • 家計に潤いを与えたい

上記のように考える人もいるでしょう。

家計を助けるためは、支出の中からムダを切り詰めることの他に、収入を増やすことがポイントです。

しかし会社員は本業があり、主婦は育児・家事の時間が必要なため、以下のような「収入の増やし方」が適しています。

  • 本業や育児・家事に支障がない
  • 空いた時間にさっと稼げる
  • 気楽な気持ちで始められる

お小遣いアプリは、上記のニーズに合致するうえ、家計の足しにもなることから、家計を助けるアイテムだと言えます。

危険なお小遣いアプリもあるので注意が必要

危険なお小遣いアプリもある

お小遣いアプリは前述の通り、以下の点から、おすすめだと言えます。

  • スキマ時間に稼げる
  • 自分に合った方法で稼げる
  • 家計を助ける

お小遣いアプリは便利で役立つアイテムとはいえ、中には危険なお小遣いアプリも存在することから、注意が必要です。

以下のような特徴を持つアプリは危険なため、避けることを心がけましょう。

個人が運営している

個人で運営しているお小遣いアプリは、全てが危険だとは言えないものの、避けた方が無難だと言えます。

なぜなら、個人が運営しているアプリの大半は、途中でサービスの閉鎖や停止という結末に陥っているからです。

貯めていたポイントがあれば、アプリの閉鎖・停止と同時に消滅することから、今までの苦労がムダになるでしょう。

また個人が運営しているお小遣いアプリは、利用者の個人情報の管理が厳重でないため、提出した個人情報を悪用される可能性もあります。

運営会社の情報が乏しい

前述の通り、個人が運営しているお小遣いアプリは、危険な可能性が高いです。

そのため、基本的には企業が運営しているアプリを選びましょう。

しかし、企業が運営しているアプリの中でも、危険なものは存在します。特に運営会社の情報が乏しい場合には、避けるべきです。

アプリに運営会社の情報が、全く記載されていないケースは、論外だと言えます。

こうしたアプリは、企業の情報を調べるまでもなく、絶対に利用してはいけません。

危険なお小遣いアプリかの判断は、運営会社の以下の点をチェックしましょう。

名前が知られているか?

世間一般に名前が知られている企業は、詐欺などを行っている可能性は低いため、有名な企業であれば安心です。

ただし名前が知られていない企業でも、東証一部やマザーズで上場しているケースもあります。

上場している企業であれば、名前が知られていなくても、危険な目にあう可能性は低いと言えます。

設立から日が浅いか?

設立から日が浅い運営会社は、要注意だと言えます。良質な運営会社も存在する一方で、詐欺を行うような会社も存在するからです。

詐欺を行う運営会社は、短期間で一気に稼ぎ、すぐに閉鎖をします。

そのため、お小遣いアプリを運営している会社が、設立から数年経過しているかをチェックしましょう。

最低換金のポイント数が異様に高い

最低換金のポイント数が、10,000ポイントなどと「異様に高い場合」には、危険なアプリである可能性が高いです。

換金までのポイントを、なかなか届かない数値にし、換金される前にアプリを閉鎖してしまう手口も、実際に存在します。

仮に危険ではなくても、なかなか換金できない場合には、お小遣いを気軽に稼ぐことができないと言えます。

お小遣いアプリを利用する前に確認すること

お小遣いアプリを安全に利用するために、事前の確認は欠かせません。

特に以下の3点については、必ず確認することをおすすめします。

運営会社は信頼性があるのか

運営会社に信頼性がない場合には、詐欺アプリの可能性があります。

以下をチェックし、信頼性がある運営会社のアプリを選びましょう。

運営会社の情報

会社情報(住所/電話番号/代表者名など)の記載がある
記載がない場合には、利用を避けた方が良いと言えます。載せられない事情(詐欺や詐欺まがい)があるケースが、ほとんどです。
設立日
→設立から数カ月以内の場合には、利用を避けるべきです。安全なお小遣いアプリであれば、1年後も存在するでしょう。実際に利用をするのは、その時でも遅くはありません。

インターネット上の口コミ

「詐欺」や「悪徳」などのワードが、数多く掲載されている
→悪い評価をチェックするとともに、「詐欺」や「悪徳」などのワードが、数多く記載されていれば、絶対に利用してはいけません。
全く口コミがないアプリは避ける
→全く口コミがないアプリは、設立から日が浅いか、会員数が少ないと考えられるため、利用は控えると良いでしょう。

自分の目的に合ったアプリなのか

信頼性があるアプリを選べた場合でも、自分の目的に合ったアプリでなければ、長く続けることは難しいと言えます。

そのため、以下などをポイントにし、自分の目的に合ったアプリを選びましょう。

ポイントの換金方法

お小遣いアプリは、基本的にポイントを貯めていき、一定の基準を満たすと、現金や商品と交換できます。

換金方法には、以下のような種類があり、自分に合った換金方法を実施するアプリを選ぶと良いでしょう。

  • 現金
  • 商品
  • 商品券
  • 電子マネー

など

専門性の有無

お小遣いアプリには、アンケートのような専門性を必要としないものもあれば、動画配信のように、ある程度の専門性を要するものがあります。

専門性を必要としない仕事の方が、獲得できるポイント数は低いです。

一方で専門性を要する仕事の方が、獲得できるポイント数は高い傾向にあります。

ポイントの還元率はどのようなものか

前述の通り、お小遣いアプリで一定のポイントが貯まると、現金や商品などと交換できます。

しかし「還元方法の違い」や「お小遣いアプリの種類」によって、還元率も変わることがあるため、注意が必要です。

いずれにしても、還元率が高い方法を選ぶことが、得だと言えます。

例えば1,000ポイントを貯めて、現金として換金するケースを想定しましょう。

アプリAの場合は800円分として交換でき、アプリBだと1,000円分として交換できる場合には、後者の方が得です。

また同じアプリ内でも、商品券では1,000円分として交換できるものの、現金の場合には800円分での交換となるケースもあります。

安心して稼げる!おすすめのお小遣いアプリ10選

安心して稼げるお小遣いアプリ

ここでは、安心して稼ぐことができる「おすすめのお小遣いアプリ」について、厳選した10個を紹介します。

多様なお小遣いアプリの中から、自分と相性が合うものを見つけて下さい。

1つだけではなく、複数のお小遣いアプリを利用することもおすすめです。

①楽天スーパーポイントスクリーン

楽天スーパーポイントスクリーンは、楽天が運営しているお小遣いアプリです。

知名度が抜群の世界的企業が運営元であり、本アプリも2015年から運営し、数年が経過していることから、安心して利用できます。

各コンテンツに掲載されている広告を、5秒以上見ることで、ポイントを獲得できる仕組みです。

【メリット】

  • 最低換金額がない(つまり、1ポイント=1円から使用ができる)
  • ポイントを、楽天市場や楽天の加盟店で使える
  • 広告をクリックするだけで良いため、簡単である

【デメリット】

  • 1日に獲得できる最大ポイントが10ポイント
  • バッテリーの使用量が多く、消耗を抑えたい人は、アプリ自体を都度停止する必要がある
  • スマホのAndroidユーザーは、待ち受け画面に広告が出てしまう
    (※ただし、Androidの方が稼げる)

②powl

「powl」はアンケートに答えることで、ポイントが獲得できるお小遣いアプリです。

アンケートは、主に「犬と猫のどちらが好き?」といった2択タイプですが、他にチャットタイプも存在します。

運営元は渋谷区に拠点を置く「株式会社テスティー」で、300万人以上の利用者が存在する人気アプリです。

【メリット】

  • 最低換金額が50円からである
  • 直観的に回答できるため、簡単に挑戦できる
  • モニター登録をすると、高単価のアンケートが届くことがある

【デメリット】

  • 10ポイント=1円である
  • 直接的に現金への交換ができない(ドットマネー経由のみ可能)
  • ポイントの有効期限が、獲得した日から90日

③ハピタス

ハピタスの歴史は古く、アプリ自体が存在しない2007年に、「ドル箱」というサイトから始まりました。

年商25億円を誇る「株式会社オズビジョン」が運営しているため、信用度は抜群だと言えます。

お小遣いを稼ぐためには、ハピタス内に掲載された広告をクリックしたうえで、実際に「商品・サービスの購入」や「モニター登録」をし、ポイントを獲得します。

つまり、買い物やサービスの利用を考えている人は、ハピタス内で購入をすると、ポイントも付与されるため、お得だと言えます。

【メリット】

  • 取り扱う案件数が多い
  • 無料でポイントを稼げるコンテンツも用意されている
  • 最終ログインから1年後にポイントが失効するため、ログインし続ければポイントが消滅しない

【デメリット】

  • ネットショッピングを利用しない人には不向き
  • ゲームやアンケートの案件は少ない
  • ポイントの交換に上限額(3万円)が設けられている

④トリマ

トリマは、「トリップ(短い旅行)」と「マイル(距離)」の頭文字を取ったアプリで、移動をすることでポイントが貯まります。

歩数ではなく、移動した距離でポイントがたまるため、徒歩をはじめ、電車や車での移動もカウントされることが特徴です。

運営会社は地図に関する事業を手掛ける「インクリメント・ピー株式会社」で、パイオニアの子会社でした。

現在ではポラリス・キャピタル・グループの傘下にあります。

【メリット】

  • 意識しなくてもポイントが貯まる
  • 移動以外に、アンケートやスロットでもポイントが獲得できる
  • さまざまなチェーン店でのクーポンが毎日もらえる
    (※クーポン目当ての利用者も多い)

【デメリット】

  • 飛行機での移動は、カウントされにくい
  • GPS情報を取得できない時は、移動距離が反映されない
  • バッテリーの消費が早くなる可能性がある
    (※移動しない時は、GPSをオフにすると良い)

⑤ONE

ONEはレシートの画像データを送るだけで、1~10円で買い取ってもらえるお小遣いアプリです。時々、買い取り額が100円~1,000円になることもあります。

送るものが「レシート」であるため、個人情報を特定される心配がないことも、ポイントです。

運営会社はWED株式会社で、天才エンジニアと称される山内泰人さんが設立しました。
設立から5年以上が経過し、大手企業とも取引があることから、安心して利用できると言えます。

【メリット】

  • 2ヵ月前までのレシートが対象
  • 貯めたポイントを、商品券などのチケットと交換する際には、手数料がかからない
  • アンケートで稼ぐことも可能

【デメリット】

  • 貯めたポイントを現金として出金する際には、300円の手数料がかかる
  • 1日のレシートの最大買取り枚数が5枚
  • レシートの買取価格の違いについて、詳細が非公表

⑥cheeese

「cheeese(チーズ)」は、掲載されたニュース記事を読むことや、アンケートへの回答や買い物をすることで、仮想通貨の1つである「ビットコイン」を獲得できます。

ビットコインは、買い物などの決済やプリペイドカードへのチャージなどが可能です。また、ビットコインの価値が上がると、利益が見込めるため、投資の材料にする人もいます。

運営会社は「マネックスクリプトバンク株式会社」であり、東証一部上場企業のマネックスグループの子会社です。

【メリット】

  • 低リスクでビットコインを獲得できる
  • 貯めたビットコインを現金に換えることも可能
  • 100円から出金が可能

【デメリット】

  • 獲得できる仮想通貨の種類が「ビットコイン」に限定される
  • 仮登録ではじめると、途中でビットコインが失効することがある
    (※最初から本登録をすることがおすすめ)
  • 一気に稼ぎたい人には向かない
    (※高額ミッションに挑戦すれば、稀に一気に稼げることがある)

⑦moppy

「moppy」は、ゲーム・アンケート・買い物などで、ポイントを獲得できるお小遣いアプリです。

また、アプリのインストールや資料請求をするだけで、ポイントを獲得できる案件もあるため、気軽に始められると言えます。

運営会社は、東証一部上場企業である「株式会社セレス」で、会員数は800万人以上に及びます。

【メリット】

  • コンテンツの数が豊富
    (※動画視聴・スクラッチ・ガチャ・ビンゴなども扱う)
  • 獲得したポイントは、現金・商品券などの他に、仮想通貨にも換えることが可能
  • 最低換金額が300円

【デメリット】

  • ポイントの有効期限は最終獲得日から180日
  • 案件が多い分、稼げない案件も存在する
  • 案件により、ポイントが反映するタイミングが異なる

⑧トラノコ

トラノコは、普段の買い物で発生したおつりを、本人に代わって投資してくれるお小遣いアプリです。

おつりの他に、電子マネーなどで貯めたポイントも、投資の対象にできます。

投資をしたいと考えるものの「一から調べて投資をすることにハードルを感じる人」や「少額で投資を始めたい人」に、向いていると言えます。

運営会社は、TORANOTEC投信投資顧問株式会社で、大手企業も出資をしていることから、安心して利用できます。

【メリット】

  • 投資で使うおつりを「100円・500円・1,000円」の中から選べる
  • 毎月投資をすることも可能であり、一旦投資をストップすることも可能
  • 毎週、トラノコの投資に関する専門家が、投資に関するニュースを解説

【デメリット】

  • 元本割れする可能性がある
  • 300円の月額利用料が発生する
  • 投資であるため、運用管理費用(純資産に対して年率0.3%)が発生する

⑨マクロミル

マクロミルは、アンケートに回答することで、ポイントが獲得できるお小遣いアプリです。

アンケートは数ポイントの内容が多いものの、選ばれた人には、後日に数百ポイントが付与される「本アンケート」が届きます。

また各種の座談会への応募も可能で、実際に座談会に参加すると、数千から1万ポイントの高額なポイントをもらえます。

獲得したポイントは、現金や商品などに変えることができます。

運営元は、東証一部上場企業の株式会社マクロミルであり、安心して利用できると言えます。

【メリット】

  • アンケートの数が豊富なため、選ばなければ必ず回答できる
  • セキュリティーが徹底している
  • まだ世に出ていない新商品の情報に触れることも可能
    (※見聞きした情報を、外部に漏洩することは禁止です)

【デメリット】

  • 本アンケートは、すぐに回答をしないと、締め切られることが多い
  • 同じ質問が繰り返されることが多い
    (※きちんとアンケート文を読んでいるかを判定するため)
  • 口が軽い人には向かない
    (新製品の情報など、守秘義務が発生するため、SNSなどに載せると訴えられる可能性が高い)

➉Pococha

Pococha(ポコチャ)は、生配信のライブアプリで配信することで、ダイヤという換金できるアイテムを獲得できます。

通常のライブ配信アプリでは、視聴者から有料アイテムをもらえなければ、収入が発生しません。一方でPocochaは時給制であることから、配信をするだけで収入が発生することが特徴です。

運営元は、モバオクや横浜DeNAベイスターズを抱える「DeNA」であり、資本金も100億円を超えることから、安心して利用ができます。

【メリット】

  • 時給制であることから、素人でもすぐに稼ぐことができる
  • メディアに出演できるイベントに参加すると、有名になる可能性がある
  • ダイヤの獲得数は少なくなるものの、音声のみの「ラジオ配信」も可能

【デメリット】

  • 通信環境を整える必要がある
  • 目立ちたくない人には向かない
  • 稼げる人と稼げない人との差が大きい

おすすめのお小遣いアプリで稼いでみよう!

スマートフォンやタブレットを所有している人は、お小遣いアプリを利用することによって、普段のスキマ時間や行動から、お小遣いを稼げることが分かりました。

各種のお小遣いアプリの中から、自分に合ったものを選び、コツコツと続けることが肝心です。

またお小遣いアプリの中には、危険なアプリも存在することから、本記事で紹介したポイントを参考にし、安全なアプリを選ぶように心がけましょう。

しっかりと稼ぎたい人は、複数のお小遣いアプリを使うこともおすすめです。