専業主婦がお金の不安を解消するための方法

専業主婦

これまでずっと仕事をしてお金を稼いできたのに、結婚して専業主婦になったら無収入になってしまった…。

自分で働いて得るお金が無くなることで、専業主婦はお金の不安に直面します。

お金に対する不安を和らげて、専業主婦が前向きに生活していくためにはどうしたらよいでしょうか?

今回は、専業主婦のお金に対する不安の原因と、お金に対する不安を解消するためにできることについて解説します。

専業主婦はお金を使いにくい?罪悪感をなくすための対処法教えます!
夫が稼いだお金を、専業主婦である自分が使うことに罪悪感を持つ主婦は意外と多いです。 多かれ少なかれ、夫婦が納得した上で妻が専業主婦でいるのですから、本来なら専業主婦が罪悪感を持つ必要はないのですが…。 今回は、専業主婦であること...

専業主婦でいることに不安を感じる人は多い

専業主婦になると、日中一人で家にいる時間が増えることもあり、いろいろな不安が頭をもたげてくるといいます。

社会から隔離されてしまったような孤独感

今は専業主婦をしているけれども、結婚する前は社会に出て働いていたという人が大半ではないでしょうか。

仕事をしているときは毎日が忙しく、自分の成長や社会とのつながりを実感する機会も多くあります。

また、友人ともひんぱんに食事や旅行に出かけて充実した時間を過ごすことも自由にできましたよね。

ところが、結婚して専業主婦になり多くの時間を家の中で過ごすようになると、たいていの人は何をすればよいのか戸惑ってしまいます。

専業主婦になったとたんに生活が一変して、社会から取り残されてしまったような不安を抱いてしまうことも多いです。

育児に対する不安

現在は、昔と異なって核家族化が進んでいて同居する家族もいないため、他の家族から育児のサポートを受ける機会はほとんどないといえます。

また、地域のつながりも薄れて、マンションなどの集合住宅に住んでいるような場合だと隣に誰が住んでいるのかもよく知らないということも珍しくありません。

そうした状況のなか、一人手探りで子育てをすることに専業主婦は大きな不安を感じます。

子供が急に体調急変や育児による自分自身のストレスにどのように対処すればよいか分からない場合には、特にそうした気持ちになりがちです。

自分がお金を稼いでいないことに対する不安

結婚するまでは会社で働いて自分でお金を稼いでいたのに、結婚して専業主婦になったら頼りになるのは夫が稼ぐお金だけ…。

  • もし夫が病気になったら自分はどうなるのだろう
  • 自分だって働けるのに仕事もしないで家にいていいのだろうか
  • 金銭的にも不安なので育児が一段落したら再就職したいが、就職はできるだろうか

など、自分がお金を稼いでいないことに対する不安を持つ専業主婦は非常に多いです。

専業主婦が不安に感じることのトップは「お金」に関すること

ご紹介したように、専業主婦が抱える不安はいろいろありますが、その中で専業主婦が最も不安に感じることは、やはりお金に関することです。

毎月の生活が苦しい

これまでは、自分で働いて得た収入は自分の好きなように使えたので、特にお金に困ることもなかったのに、専業主婦になったら夫の収入で家計をきっちりやりくりしなくてはならなくなった…。

できるだけ支出を抑えているけれども、夫の収入が少なくて毎月お金が足りず、生活が苦しい。

生活が苦しいのにこのまま専業主婦を続けていていいのだろうかと、多くの専業主婦は不安を抱えています。

子供の教育費や住宅ローンを支払っていけるのか不安

今は夫婦二人なので専業主婦でも何とかお金に困らず生活していけるという家庭でも、子供がいる、あるいは今後子供が生まれればいずれは教育にもお金がかかってきます。

幼稚園から大学までにかかる教育費は、全て公立の学校に進学した場合でも一人当たり1,000万円、全て私立の学校に進学するには2,500万円程度は必要だといわれています。

当然、子供の人数が増えればそれだけお金もかかりますから大変です。

また、子供が生まれて家族が増えればいずれはマイホームだって欲しくなるでしょう。

しかし、このまま専業主婦でいて果たして子供の教育費や住宅ローンなどを支払っていけるのだろうかという不安を専業主婦は持っています。

万一のことがあったら生活していけるのか不安

もし、夫に万一のことがあったら、専業主婦である自分はどうなってしまうのだろうと不安に思っている人は非常に多いです。

これまでずっと専業主婦でいたのに働くことはできるのか、子供の進学はどうなるのか、そもそも残された家族の生活はどうすればいいのか…。

万一のことがあった場合に備えてそれなりに準備をしていても、
「もし夫に何かあったら…!」
と考えると、いてもたってもいられなくなってしまいます。

専業主婦でいるとお金に関するさまざまな不安が出てきますが、そうした不安は専業主婦自身が働くことで解消されるケースがほとんどです

しかし、それは夫の収入に自分の収入がプラスされるという前提があってこそですよね。

ところが、主となって生計を支えている夫に万一のことがあれば、その後は専業主婦である妻が一人で支えていかなければならないわけですから、お金について強い不安を覚えるのは当然のことでしょう。

老後に対する不安

このまま自分が働かないままでいて老後の資金をきちんと蓄えられるのか心配だという専業主婦もいます。

夫婦二人の老後に必要なお金を夫の収入だけでまかなえるのか心配でたまらない…。

今後、年金鮮度もどうなるか分からないのに、専業主婦のまま夫に依存して生活していいのだろうか…。

確かに、「老後破産」という言葉があちこちで聞かれますから、専業主婦が老後に対して不安を持つのも自然なことだといえます。

お金に対する専業主婦の不安にはどう向き合えばいい?

お金に対する不安が大きくて自分でもどうしていいかわからない…。

専業主婦が持つ「お金に対する不安」にはどう向き合うのがいいでしょう?

周りの専業主婦はお金の不安にどう対処しているか聞いてみる

一人であれこれ考えてしまうことで余計不安が募るということもあります。

お金に対して大きな不安を感じるようなら、周りにいる専業主婦仲間にそうした不安を覚えたことがないか尋ねてみてはどうでしょうか?
また、そうした不安に対してどのように対処しているのかを聞いて参考にしてみてはいかがでしょうか?

同じ専業主婦なら、多かれ少なかれ似たような不安をきっと抱いたことがあるはず。

同じ立場の人の意見を聞くことで自分の不安が解消されるケースは多いです。

一人で不安を抱えずに、周りはどうしているのか情報を仕入れて自分なりに取り入れてみるもう一つの方法です。

今後どのくらいのお金が必要?ライフプランを立ててみる

お金の不安がつきまとって離れないという場合は、今後どのくらいお金が必要になるのかライフプランを立てて試算してみましょう。

  • マイホームを購入する予定があるか
  • 子供を大学まで行かせる予定があるか
  • 夫がリタイアするまでにどれくらいの金額を貯めておきたいか

など、大まかでいいですから必要になる金額を計算します。

そうすれば、いつまでにどれくらいのお金が必要なのかが分かりますし、今のまま専業主婦でいても大丈夫なのかも判断できます。

必要なお金がどのくらいになるのか、ざっくりとでも分かれば対策が立てられますから、お金に対する漠然とした不安はなくなるでしょう。

ムダに使っているお金を削る

今後のライフプランを立ててみて、このままでは必要なお金が足りないかもしれないと感じたらどうすればいいでしょうか?

まずは生活を見直ししてみて、支出に無駄があればとりあえず削ってみてください。

各種保険料や通信費、光熱費など、ただなんとなく勧められるまま契約してしまっているものって結構あるものです。

無駄な支出を少し見直しただけで家計が大幅に改善するケースはよくありますし、ちょっとした無駄を削るだけで大きな効果を得られることが分かれば、お金に対する不安も軽減されるのではないでしょうか?

将来社会復帰するための準備を始める

それでもお金に対する不安が消えない場合もあるでしょう。

それなら、将来社会復帰する時に備えて、専業主婦でいられる今のうちに少しずつ準備を始めておくというのはどうでしょうか?

今は専業主婦をしているけれども、いずれ時期を見て社会復帰をしようと考えている人も多いと思います。

何年も仕事から離れているとせっかく身につけたスキルも錆びついてしまいがちですから、今後のためにもう一度学びなおすのもいいですし、あるいはまったく新しいことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

何かしら再就職に役立つような勉強を始めることで、将来やお金に対する不安を和らげられるなら一石二鳥ですね。

どうしてもお金の不安から逃れられない場合はどうする?

それでもお金の不安から逃れられない場合、専業主婦には何ができるでしょうか?

苦しくならない程度の節約に励む

どうしてもお金に対して不安があるのなら、いっそのことできるところまで節約に励んでみるのもいいかもしれません。

やはり節約はするとしないとでは大きな違いが出てくるものです。

何も考えずに生活しているよりも、意識して節約する方が確実に将来のためのお金を貯められるのは当然です。

ただ、食費や医療費などは節約しすぎると健康面にも良くありません。

無駄なもの、必要なものをしっかりと分けたうえで節約に励んでください。

専業主婦の腕の見せ所ですよ!

副業を始めてみる

節約ばかりしているとストレスになってしまうという専業主婦もいるでしょう。

節約することが義務になってしまうと、息苦しくなってきてしまいます。

それなら、副業を始めてみてはどうでしょうか?

専業主婦でも始められる副業はたくさんありますよ

  • ポイントサイト・アンケートサイト
  • クラウドソーシング
  • フリマアプリ

など、スマホやパソコンさえあれば専業主婦でも家にいながらできるお小遣い稼ぎもあり、おすすめです。

カードローンでお金を借りるという方法も…

将来的なお金の不安ではなく、今現在お金に対して不安があるという専業主婦の人もいるかもしれませんね。

思いがけない急な出費ができた場合などには、家計費だけではまかないきれないかもしれません。

お金が足りないという状況はなんとか解消しなければなりませんが、親や兄弟など身近な人にお金の相談をするのが難しいというケースもあるでしょう。

そのような場合には、カードローンを利用するという選択もありますよ。

専業主婦は消費者金融からお金を借りることはできませんので、銀行カードローンを利用することになりますが、夫が正社員で安定した収入があるなら審査に通過できる可能性があります。

カードローンは夫に内緒で借りることも可能ですし、毎月の返済は数千円程度からなので少し節約をすれば無理なく返済できるでしょう。

ただし、カードローンを利用するのは本当にお金に困ったときだけにしてくださいね。

おわりに

自分がお金を稼いでいないことで、専業主婦がお金に対して不安を持つのは当然のことです。

しかし、ただ不安を抱いたままウツウツとしていては精神的にもよくありません。

一人で不安な気持ちを抱え込んだりしないで、お金に対する不安があることを周囲に訴える、あるいはお金に対する不安を払しょくするための行動を起こしてみましょう。

きっと、解決の道が開けるはずですよ!