これが専業主婦のお小遣い事情!平均額や使い道を大公開

お金に悩む専業主婦 専業主婦

夫や子供にお小遣いが必要なように、専業主婦にもお小遣いはもちろん必要です。

専業主婦だって、欲しいものもあればおつきあいもありますからね。

でも、専業主婦のお小遣い事情ってどうなっているのでしょう?

そこで、専業主婦のお小遣いの平均額やその使い道などを調査してみました。

あなたのお小遣いは平均と比べて多すぎたり少なすぎたりしていませんか?

お金がない専業主婦はどうしてお金がないのか?お金がないストレスは辛い…
「専業主婦」に落ち着いているということは、働き口についておらず配偶者の収入で暮らしている状況だということです。 まずそもそも本人に収入がないのですから、「お金がない」としても無理はない…。 なんて思ってしまいますが、それでも「お...

専業主婦のお小遣いの平均額はどのくらい?

専業主婦は、月に平均してどのくらいのお金をお小遣いとして使っているのでしょうか?

専業主婦のお小遣いの平均は1万円~1万5,000円程度

夫の収入によって、また子供がいるかいないかなどによって違いはありますが、専業主婦がもらう平均的なお小遣いの金額は、1ヶ月あたり1万円~1万5,000円程度だといわれます。

一方、仕事を持っている主婦のお小遣いの平均金額は1ヶ月あたり2万円~4万円程度となっています。

専業主婦は、仕事を持っている主婦と比べて外出する機会や仕事上のおつきあいにかかる交際費なども少ないですから、専業主婦のお小遣いの平均額が1万円から15000円程度というのは妥当なラインだといえるでしょう。

専業主婦のお小遣いは配偶者の年収の2~4%程度?

専業主婦のお小遣いの金額は、夫の年収の2%~4%程度が妥当なのだそうです。

例えば夫の年収が600万円だとすると、その家庭の専業主婦のお小遣いは年間12万円~24万円程度、月額に換算すると1万円~2万円ほどですから、専業主婦のお小遣いの平均額とほぼ合致しますね。

もちろん、専業主婦の必要経費をどのように計上するかはそれぞれの家庭によって異なりますから、毎月一定の金額をお小遣いという形で受け取っている専業主婦ばかりではありません。

美容院代や化粧品代は雑費として支出する、友人とのランチは食費や交際費として支出しているなどというケースもあるでしょう。

家計のバランスを考えてお小遣いの金額を設定するとよい

夫の収入や夫婦のお金に対する考え方、また、どのようなことに重点を置いて生活するかによっても専業主婦のお小遣いの金額は大きく変わってきます。

専業主婦のお小遣いは夫の年収の2%~4%程度が妥当なラインだと紹介しましたが、どこまでの支出をお小遣いに含めるかによっても金額は随分変わってきますので、その数字ばかりにとらわれてしまうのもよくありません。

例えば、夫の年収が同じでも、

  • 美容院代や化粧品代、友人との交際費も全て家計から支出したうえでさらにお小遣いをもらう
  • 自分のために使うお金は全てお小遣いの範囲でやりくりする

では、使うお金の額が全く異なります。

家計とのバランスを考えて、専業主婦が使えるお小遣いの金額を設定しましょう。

専業主婦もお小遣いを持つことのメリットは多い

専業主婦には収入こそありませんが、それは専業主婦がしている仕事にはたまたまお金が発生しないというだけなのですね。

専業主婦は朝から晩まで家事や育児という重要な仕事していますので、お小遣いをもらっても全くおかしくありません。

専業主婦がお小遣いをもらうことには、実は多くのメリットがあるんですよ。

専業主婦にもお小遣いがあると家計管理しやすい

自分はお金を稼いでいないから特にお小遣いはもらっていないという専業主婦もいますが、専業主婦が自分のために1円も支出しないということはありませんよね。

専業主婦が生活していくのにもお金がかかるのは当然ですから、お小遣いなしだと美容院代や化粧品代、洋服代など必要経費は結局家計から支出することになります。

この方法だと、家計としての支出と専業主婦自身の好きなことに費やすお金との境界線があいまいになりがちなので、どうしても無駄遣いが多くなってしまいがちなんですね。

専業主婦も、お小遣いをもらうようにすればその範囲内でやりくりするようになりますし、各費目からお金を使ってしまうことがなくなりますから、知らない間に予算をオーバーしてしまうといったことがうんと少なくなるはずです。

自由に使えるお金があれば気持ちにゆとりが生まれる

たとえ金額が少なくても、自分が自由に使えるお金があることで人は気持ちに余裕を持てるものです。

欲しいものがあるときには、買い物をしてストレスを発散させることも必要ですよね。

自分は専業主婦でお金を稼いでいないからという理由で、遠慮してお小遣いをもらっていない専業主婦もいるようですが、自由に使えるお小遣いがあれば家事を頑張ろうという意欲もわいてきます。

専業主婦はお小遣いを何に使っている?

ところで、もらったお小遣いをほかの専業主婦はどのようなことにいくらぐらい使っているのか、その辺りも興味がありますよね。

美容関係に使う

専業主婦が最も多く支出するのはやはり美容関係でしょう。

ほとんどの人が、美容院代として平均5,000円程度を計上しています。

2ヶ月~3ヶ月に1回、1度にかかる費用が1万円~1万5,000円ほどですから、毎月5,000円ずつ貯めておくという感じですね。

また、化粧品代として平均2,000円~3,000円かかります。

専業主婦ということでしっかりフルメイクする頻度は減りますが、それでも基礎化粧などは必要ですから、これくらいはどうしても必要でしょう。

  • クーポンなどを利用してできるだけ美容院代を安く済ます
  • 化粧品のランクを落とした
  • ネイルサロンに行かず100均のマニキュアでセルフネイルしている

など、お金をかけずにおしゃれを楽しむ専業主婦がほとんどです。

ママ友とのランチ代に使う

専業主婦だってたまには息抜きが必要ですから、ママ友とランチに行く、あるいは学生時代の友人と飲みに行くということも当然あるでしょう。

よく、専業主婦のランチ代は夫のランチ代よりはるかに高いというアンケート調査の結果が出て、世の中の夫の怒りの声などが紹介されていますよね。

  • 夫がランチ代として使う金額は1回当たり平均600円~700円程度
  • 専業主婦がランチ代として使う金額は1回当たり平均1,000円~1,500円程度

だとされています。

ランチ回数の違い

金額だけを見ると、お小遣いでそんなに高いランチ食べてるの?と夫が顔をしかめてしまうのも無理はありません。

ただし、ここで見ておきたいのはその回数です。

夫は、仕事がある日には毎日ランチにお金を費やしていますが、専業主婦はたまの気晴らしとして月に1回~2回程度ランチ代を使うだけ。

つまり、1回あたりの金額は確かに夫よりは多いですが、ランチ代として月に使う金額としてはそれほど大きくはありません。

専業主婦が交際費として外食に使うお金は1ヶ月に3,000円程度、お小遣いに占める割合で考えると15%~20%くらいといったところでしょう。

趣味に使う

自分の趣味に関する支出はお小遣いでまかなう、という専業主婦が大多数です。

  • 本を買う
  • お菓子作り
  • ガーデニング
  • 映画鑑賞

など、お金がかからないよう工夫して楽しんでいるようですよ。

専業主婦にとって美容代は欠かせない支出ですが、友人とのランチ代や洋服代、また趣味代はお小遣いから美容代を差し引いた残りでやりくりする人が多いです。

毎月必ず趣味にお金を費やすわけではなく、

  • 今月は洋服を買ったからランチは我慢しよう
  • おしゃれなお店にランチに行く予定だから、趣味に関する買物はまた次回

といった具合に、長めのスパンで予定を組んで支出しているケースが目立ちます。

専業主婦が趣味代として使う平均的な金額は1,000円~3,000ほどです。

専業主婦はお小遣いが足りなくなったらどう対処する?

家計を預かる専業主婦だって、時には自分のお小遣いが足りなくなってしまうことはあります。

そんな時はどのようにしてお小遣い不足に対処しているのでしょうか?

節約する

専業主婦の場合、お小遣いが足りなくなったらまず節約をするという意見が多かったです。

  • 外出する時はナチュラルメイク、家ではすっぴんで過ごして化粧品代を節約する
  • ママ友とのランチは封印!おしゃべりを楽しみたいときはお互いの家でお茶をする
  • 趣味にお金を使うのはしっかりお小遣を節約できてゆとりがあるときだけ

など、専業主婦の皆さんも色々と工夫しているんですよ。

自分のお小遣いが足りなくなったら、節約してやりくりしようと考えられる点が先にも述べた専業主婦がお小遣いを持つことのメリットなのですね。

専業主婦がお小遣いをもらわずに家計費から自分の必要なものを支出していると、自分のための経費と家計費との区別がつきづらいので、節約しようという意識が芽生えにくいです。

支出が自分のお小遣いの範囲を超えれば、自然とその範囲でやりくりしなければという意識が生まれますから、余計な出費を抑えられます。

フリマやネットオークションを利用する

専業主婦が普段の生活でお小遣いが足りなった時には、

  • 無駄遣いがないか見直す
  • 欲しいものをしばらく我慢する

など、支出を減らして節約することが多いですが、使えるお金を増やすという方法もあります。

今は、外で働けない専業主婦でも、スマホやパソコンを使えば家にいながら簡単にお小遣い稼ぎができます。

家の中を見回してみると、まだまだ使えるけれどももう自分や家族にとっては不要なものがいっぱいありませんか?

家の中の不要なものをフリマアプリで売って稼ぐ

そうした家の中にある不要品をフリマアプリやオークションサイトで売ってお小遣いを稼いでみるというのはどうでしょうか?

ネットのフリマやオークションなら、家にいながら売りたい時に1品からでも出品できるのでとても手軽です。

  • メルカリ・ラクマなどのフリマアプリ
  • ヤフーオークションなどのオークションサイト

などは多くの専業主婦が利用しており、手軽にお小遣いを稼ぐマストアイテムになっています。

在宅ワークを始めてみる

スキマ時間を活用して、在宅ワークでお小遣い稼ぎするというのもよいでしょう。

こちらも、スマホやパソコンがあれば、在宅でいつでも好きな時に手軽に取りかかれます。

ポイントサイトやアンケートサイトは、最も手っ取り早く始められるお小遣い稼ぎです。

ゲームやネット通販、アンケートなどをこなしてポイントを貯めるだけなので、誰にでもできます。

また、得意なことがあるならそれを活かしてクラウドソーシングにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

データ入力やライティング、デザインやロゴの作成など、仕事内容は多岐にわたりますから、できそうな案件から始めてみてください。

「私にそんなことできるのかしら…」
クラウドソーシングで仕事をしている専業主婦の多くが、そう思いながら始めてみたといいます。

最初は見よう見まねだったけど、経験を積むうちにパートで外に働きに出るよりも多くの収入を得られるようになったという専業主婦も大勢いますよ。

おわりに

結婚前は働いて得た収入を好きなように使っていた専業主婦も、結婚後はお小遣いの範囲で上手にやりくりしているようです。

たとえ自分の収入がなくても、専業主婦だって毎日家事や育児を頑張っているのですから、自由に使えるお小遣いはやはり必要です。

お小遣いで日頃のストレスを解消できれば、新たな気分で家族のために頑張ろうという気持ちもわいてくるでしょう。