専業主婦が在籍確認なしでカードローンを利用することは可能?夫に内緒で借りたい場合は?

在籍確認嫌がる主婦 専業主婦

専業主婦だけどカードローンを利用したい!
でも、専業主婦がカードローンに申し込みをしたら夫の勤務先に在籍確認があるかもしれない…。

専業主婦がカードローンを利用する場合も在籍確認はあるのでしょうか?

また、夫に内緒でカードローンに申し込みをすることはできるのでしょうか?

専業主婦のお金の悩みにお答えします!

カードローン審査は在籍確認なしで済ますことはできない

カードローン審査では在籍確認が行われますが、この在籍確認って一体何のために行われているのでしょう?
また、在籍確認なしで審査を受けられるカードローンはあるのでしょうか?

申込者の返済能力を判断するために在籍確認は欠かせない

カードローン審査について調べていると、「在籍確認」という言葉をよく見かけます。

どうやら、カードローン審査では在籍確認なるものが必ず行われるらしいけど、具体的にどんなことをするのかよくわからない、そんな風に思っている人もいるでしょう。

在籍確認って何?

カードローンに申込があった場合、カードローン会社は申込書に記入されている勤務先に申込者が実際に勤務しているかを必ず確認します。

そのようなことをするのは、融資したお金を確実に返済する能力が申込者にあるかどうかをチェックするためなのですね。

何のために在籍確認が行われるの?

カードローンでお金を借りる時には、担保も保証人も必要ありません。

申込者の返済能力だけを頼りに融資を行うので、「安定した収入」があること、つまり「返済能力」があることが求められます。

カードローン会社に申し込みをする人の中には、実際には働いていないのに会社で働いているとウソの申告をして金を借りようとする人もいるんですね。

しかし、カードローン会社が嘘の申告を信用して返済能力のない申込者に融資してしまったら、貸したお金を返済してもらえないかもしれません。

申込者に返済能力があるかを確実に判断しなければならないため、カードローン審査は在籍確認なしで済ますことはできないのです。

カードローン審査の在籍確認は勤務先への電話連絡

基本的に、カードローン審査の在籍確認は、勤務先への電話連絡によって行われます。

そう聞くと、勤務先に電話連絡をするの?と驚く人も多いです。

ただ、カードローン会社の担当者が勤務先に電話をする時には、カードローン会社名を出したり、カードローンの申し込みについて勤務先の人に話したりすることは絶対にありません。

したがって、勤務先への電話連絡が在籍確認だとバレる可能性は非常に低いです。

とはいえ、絶対に在籍確認だとバレない保証はないし、何といってもカードローン会社から直接勤務先に電話連絡が入るのは気持ちのいいものではないですよね。

カードローンの申込者のほとんどは在籍確認なしでの審査を希望していますが、残念ながら在籍確認なしで通過できるカードローン審査はありません。

専業主婦の場合はカードローン審査での在籍確認なし!

在籍確認がカードローン審査に欠かせない手続きだということはわかりました。

しかし、仕事をしていない専業主婦がカードローンに申し込みをする場合は、在籍確認はどうなるのでしょう。

専業主婦の場合、在籍確認の代わりに本人確認がある

専業主婦は働いていませんから、勤務先自体がありません。

専業主婦に対しては一般的な形式での在籍確認は行われないのです。

ただ、専業主婦が申込者本人であることを確認するための本人確認の電話はかかってきます。

本人確認の電話は、申込書に記載された任意の連絡先、例えば自宅の固定電話や携帯電話にかかってきますが、専業主婦がカードローン審査に申し込みをした場合にかかってくる電話はこれだけです。

夫の勤務先に在籍確認の電話連絡が入ることもない

安定した収入を持たない専業主婦にカードローン会社が融資をしてくれるのは、専業主婦の配偶者である夫に安定した収入があって、専業主婦自身が返済できなければ夫の収入から返済してもらうことを担保にしているからです。

でも、専業主婦がカードローンで借入をする際に、夫に安定した収入があることが条件になるのだとしたら、もしかして夫の勤務先に在籍確認の電話連絡が入ってしまうのでは…?と心配になりませんか?

その点は安心してください。

専業主婦がカードローンに申し込みをした場合は、原則として夫の勤務先に電話連絡が入ることはありません。

カードローンに申し込みをしたのは夫ではなく専業主婦です。

審査はあくまでも専業主婦に対して行われるものであって、夫は専業主婦のカードローン申し込みには無関係ですから審査は行われないのですね。

カードローン会社は、たとえ家族といえども申込者の情報を第三者に知らせてはいけないことになっていますので、専業主婦がカードローンに申し込みをしたことを夫に知らせることもありませんし、夫の勤務先に在籍確認の電話連絡を入れることもないのです。

専業主婦在が籍確認なしでカードローンを借りる手順とは?

専業主婦が在籍確認なしで利用できるカードローンにはどのようなものがあるか、また、その審査の流れなどについて見ていきましょう。

専業主婦が在籍確認なしで利用できるカードローンとは?

専業主婦は、消費者金融などの貸金業者からは借入ができません。

貸金業法には総量規制のルールがあり、年収の3分の1までの金額しか借りられないことが定められています。

ところが、専業主婦は働いておらず年収自体を持っていませんから、総量規制のルールに引っ掛かってしまうのです。

総量規制が適用されない銀行カードローンなら専業主婦でも利用できますが、最近は専業主婦が借り入れできる銀行カードローンも少なくなってきています。

例えば、メガバンクは現在専業主婦への融資を行っていません。

そんな専業主婦でも比較的審査に通りやすい銀行カードローンとしては、

  • 楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン

などが挙げられるでしょう。

これらの銀行カードローンは、グループ企業の主要ターゲット層である専業主婦に対して融資を積極的に行っています。

また、地方銀行なら専業主婦が利用できるカードローンはまだまだありますし、信用金庫のカードローンの多くは専業主婦でも利用可能ですよ。

  • 静岡銀行カードローン(セレカ)
  • 愛媛銀行カードローン(ひめぎんクイックカードローン)

上記2つの地銀カードローンは、全国対応で専業主婦でも利用可能とはっきりホームページに明記されています。

専業主婦の場合の審査の流れ

専業主婦にも積極的に融資を行っていることで知られる楽天銀行カードローン。

楽天銀行カードローンを例に、専業主婦が在籍確認なしで申し込みをする手順を見ていきましょう。

専業主婦が楽天銀行カードローンに申込みをした場合の審査の流れ

楽天銀行カードローンは、専業主婦が利用する場合の利用条件が別に定められています。

  • 60歳以下であること(正社員の場合は62歳以下)
  • 利用限度額は50万円(専業主婦以外は10万円~800万円)

専業主婦の場合は、年齢や借入限度額に制限があるようですね。

では、審査の流れを見ていきましょう。

  • 申し込みフォーム入力
  • 受付メールの配信・ローン審査開始

通常ならこの段階で勤務先への在籍確認が行われますが、専業主婦が申し込みをする場合は、在籍確認が省略されます。

  • 契約内容の確認
  • 必要書類の提出
  • 手続き完了後ローンカード発行
  • 口座振替依頼書を返送

審査の流れは、正社員などが申込をする場合とほとんど変わりません。

ただ、本来在籍確認が行われるべきところが在籍確認なしになるだけです。

専業主婦だと在籍確認なしで得か?

在籍確認なしでカードローン審査を受けられるなんて、専業主婦がうらやましいと思うかもしれませんが、専業主婦には収入がありませんからその分借入限度額も制限されます。

専業主婦向けには50万円程度の限度額を設定しているカードローンが多いですが、実際の融資額は10万円から多くても30万円程度であることがほとんどということも知っておいてください。

専業主婦がまとまった金額を借りたいと希望しても、実際に希望金額を借りられるケースは少ないです。

おわりに

専業主婦がカードローンを利用する場合は在籍確認なしで審査が行われ、夫や夫の勤務先に連絡が入るようなことはありません。

専業主婦がカードローンで借りられる限度額は決して大きくはありませんが、夫のお給料からこっそり返済するわけですから、妥当な金額だといえるでしょう。

カードローンは夫に内緒で借りられるのですから、カードローンの利用がバレてしまわないようにしっかり返済していってくださいね。