少額融資におすすめのカードローン5選!ポイントや注意点も解説!

カードローン

「少額融資のできるカードローンってないかな…」
「とりあえず5万円だけでもすぐ借りたいんだが…」

などなど、数万円の少額融資についてこうお思いの方もいますよね。

急な出費があったり急に立替費用が必要になったりして、突如お金が必要になるのはよくある話です。

となれば審査をスムーズに通して、すぐにでも融資を受けたことでしょう。

ですが少額融資を受けるにしても、その方法はさまざま。

今回は少額融資を受けるにあたってのポイントを踏まえ、少額融資でおすすめのカードローンを厳選して紹介していきます。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

少額融資のカードローンを選ぶときのポイント2つ

まずは少額融資のできるカードローンを使うにあたって、選ぶときに押さえるべきポイントを解説します。

■少額融資のカードローンを選ぶときのポイント

  1. 借入単位が細かく設定されている
  2. 借入可能な上限金額が低い

①借入単位が細かく設定されている

どのカードローンでも借入単位が設定されており、どれくらいの単位でお金を借りられるかは決まっています。

またこの借入単位は、カードローンごとで異なります。カードローンを選ぶ際は、借入単位が細いものを使いましょう。

単位の細かいものを選ぶことで、ムダな利息の発生を防げます。

たとえば借入単位が”1万円”だとすると、融資額は1万円、2万円、3万円…と設定できます。

この単位が仮に”10万円”だとすれば、融資額は同様に10万円、20万円、30万円と設定可能。

さて、ここでお金を借りたいAさんが「5万円」の融資を希望するとなれば、1万円単位で融資を受けられるサービスを選ぶのが得策です。

借入たいが1万円であれば希望する5万円をムダなく借りられます。ですが10万円単位のサービスだと、希望額より余分に5万円多く借りないといけません。

この上振れた分があることで、それだけ利息が増えてしまいますよね。

ムダなく少額融資を受けるためにも、まずは借入単位の細かさをチェックしてみましょう。

②借入可能な上限金額が低い

いくら少額でお金を借りたいとはいえ、借入限度額が大きすぎれば借り過ぎに繋がりやすいです。

なかには1,000万円まで借りられるものがありますから、そうした商品を選ばないのもポイントです。

すでにいくら融資を受けたいか決まっている場合は、その金額に近い借入限度額が設定されているカードローンを選択するのが得策です。

少額融資では消費者金融系カードローンでの借入がおすすめ!

少額融資を受けるにあたりいくつか方法がありますが、もっともオススメなのは消費者金融系のカードローンでの借入です。その理由は以下の通りです。

■消費者金融系カードローンでの借入がおすすめの理由

  1. 借入単位が細かい
  2. 数万円の融資なら審査に通りやすい
  3. 無利息期間がある
  4. Webで気軽に借りられる
  5. 審査が早く最短即日融資が可能
  6. 何度でも借入できる

理由①借入単位が細かい

冒頭でも触れた通り、少額融資の際は借入単位の細かい商品を使うのがポイント。

消費者金融系のカードローンであれば基本1,000円単位での少額融資を受けられますから、その点がしっかり解消されています。

しかも消費者金融系のカードローンの一つであるプロミスだと、1円単位での借入もできます。

ただし利用ATMによっては1万円単位になるケースがあるため、各カードローンでの提携ATMの詳細もチェックしておきましょう。

理由②数万円の融資なら審査に通りやすい

消費者金融系のカードローンでは、審査のときに借入希望額がどれくらいかを注意深くチェックします。

このとき収入に対して高額だと審査が慎重になり、審査が通りにくくなるケースがあります。

ですが数万円ほどの少額融資であれば、審査が比較的カンタンに進む傾向があるため通りやすくなるわけです。

また消費者金融系のカードローンでの少額融資であれば、収入証明書類の提出を省けます。

一般的に借入希望額が50万円を超えたり、他社との借入額が計100万円と超えると提出を求められますが、少額融資の場合提出の必要がほぼ確実でないです。

少額融資であれば、審査がスムーズになりやすいですね!

理由③無利息期間がある

消費者金融系のカードローンの多くでは「無利息期間」といって、一定期間は無利息でカードローンを利用できるキャンペーンを実施。

その期間の適用中には利息がないため、返済しやすくなるのが魅力ですね。

ただしこのキャンペーンの対象者は、各カードローンを初めて利用する人に限定されています。

より確実に返済を進めるためにも、無利息期間のあるサービスを使ってみてくださいね。

理由④Webで気軽に借りられる

消費者金融系のカードローンであれば、お手元のスマホやパソコンなどからWeb申込が可能。

申込、審査、必要書類の提出、契約などをWeb上で完結できるわけです。

Webで完結できれば店舗に行く必要がないため、訪問の手間を省けますね。

しかもWeb完結で申し込めば郵送物が一切自宅に届かないため、家族の誰かにカードローンを使っていることが知られにくいのも嬉しいですね。

理由⑤審査が早く最短即日融資が可能

消費者金融系カードローンの場合、審査スピードにも強みがあります。

審査は非常に早く、早いケースで最短30分、融資までだと最短1時間で終えられます。

これが銀行カードローンだと少なくても1日はかかるため、消費者金融系のカードローンはお急ぎの方にも特におすすめできます。

しかも土日祝日での利用もできるため、他の金融機関・窓口がお休みのときでも融通を利かせられますね。

理由⑥何度でも借入できる

消費者金融系のカードローンであれば、申込後に契約完了まで至れば、借入限度額の範囲内で何度でも借入ができます。

一度少額での融資を受けた後、またお金に困ったタイミングですぐに利用できるわけです。

なおサービスを使わなくなっても契約はなくなりませんし、使わない以上は返済の必要もなくなりますよ。

少額融資でおすすめのカードローン5選!

考えている女性

少額融資におすすめのカードローンは次の5つです。

消費者金融名金利限度額即日融資申込方法借入方法
①プロミス4.5%~17.8%500万円Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
②アコム3.0%~18.0%800万円Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
③アイフル3.0%~18.0%800万円Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
④SMBCモビット3.0%~18.0%800万円Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
⑤オリックスマネー2.9%〜17.8%800万円Webインターネット振込・スマホATM

1つずつ見ていきましょう!

すべて安心安全に少額融資を受けられる消費者金融ですよ。

ただ、それぞれに特徴がありますので、自分が向いている消費者金融はどれなのかを見つけていきましょう!

①プロミス

プロミス

少額融資におすすめのカードローン4つ目に「プロミス」があげられます。

プロミスは2019年~2022年と4年連続「オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位」を獲得した実績いのある、ユーザー評価の高いカードローン。

そんなプロミスの特徴は次の通りです。

  • WEB完結で申し込み可能
  • 最短30分で審査が終わる
  • 無利息期間が最大30日間

このような特徴があげられます。

プロミスは「審査が早い」「WEB完結申込で簡単」「ユーザー満足度が高い」と3拍子揃った消費者金融系カードローン。

安心安全にカードローンを利用したいと考えている人はプロミスがおすすめですね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

②アコム

アコムバナー-300×250

少額融資におすすめのカードローン3つ目に「アコム」があげられます。

CMでおなじみの「はじめてのアコム」というキャッチフレーズもあり、借入初心者におすすめの消費者金融です。

特徴は次の通りです。

  • 最短30分で融資可能
  • 無利息期間最大30日
  • シンプルな商品内容で分かりやすい
  • 振込手数料はアコム負担

このような特徴があげられます。

アコムは商品内容がシンプルで分かりやすく、初めてカードローンを利用する人に向いています。、

審査は最短30分で終わるため、即日融資にも対応!

品行の振込手数料はアコムがふたんしてくれるため、少額で複数借り入れる人にピッタリです。

無駄に振込手数料がかかる心配はありません。

どのカードローンで少額融資を使用か考えている人はアコムを選択すれば間違いないでしょう。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

③アイフル

アイフル-300_250

少額融資におすすめのカードローン1つ目に「アイフル」があげられます。

アイフルは初心者でもおすすめのカードローンで多くのユーザーが利用しています。

アイフルの特徴は次の通りです。

  • 最短申し込みから25分で融資可能
  • 無利息サービス最大30日
  • サポート体制の充実

このような特徴があげられます。

アイフルは独自の審査基準を設けており、スピーディーに審査をおこなうことが可能です。

そのため、どこの消費者金融よりも早く、最短25分から融資ができます。

また、アイフルの審査通過率も高いことで有名である程度の基準をクリアしてしていればすぐに融資を受けられますよ。

突然お金が必要になってしまったという人にピッタリの消費者金融といえるでしょう。

また、最大30日間の無利息帰化間を設けているため、30日以内に完済ができる人はアイフルで融資を受けると利息は無料で融資を受けられるんです。

ほかにもコールセンターなどのサポート体制が充実しており、消費者金融を利用したことない人であっても安心して融資を受けられますよ。

初めて少額融資をしようと考えている人はアイフルを利用することをおすすめします。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

④SMBCモビット

SMBCモビット-200_200

少額融資におすすめのカードローン5つ目に「SMBCモビット」があげられます。

SMBCモビットはプロミスと同じSMBCグループの消費者金融です。

SMBCモビットの特徴は次の通りです。

  • 融資最短30分
  • WEB完結申込なら郵便物・電話がない
  • Tポイントを有効利用できる

このような特徴があげられます。

SMBCモビットも最短即日融資※が可能で、最短30分から融資を受けられます。

SMBCモビットも一番の特徴はWEB完結で申込をすることで、郵便物や電話連絡をなしにできるという点です。

カードローンを利用していることが家族や周りの人にばれたくないという方にはぴったりの消費者金融といえるでしょう。

どうしても郵便物や電話が原因でカードローンを利用していることがバレてしまうことがあります。

このようにカードローンを利用していることをばれないためにSMBCモビットを利用してリスクを減らしているユーザーも多いですよ。

また、SMBCモビットを利用することでTポイントを貯めることができたり、返済ができます。

このようにTポイントを活用してお得に返済・利用ができるのはありがたいですよね。

カードローンの利用がバレたくない人・Tポイントを有効活用したい人はSMBCモビットがおすすめです。

\Web完結で電話連絡なし!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

⑤ORIX MONEY(オリックスマネー)

オリックスマネー-20220221-アイキャッチ画像

金利2.9%〜17.8%
利用限度額10万円〜800万円
融資時間最短即日融資
申し込み方法Web
借り入れ方法インターネット振込・スマホATM

ORIX MONEY(オリックスマネー)もWeb完結対応のカードローン。お手元のスマホでスピーディーに借入できるのが魅力です。

最短60分での融資を受けられるため、申し込んだその日中に融資を受けられるのもポイントです。

消費者金融で少額融資を受けるまでの流れ

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

では消費者金融を使って少額融資を受けるとどんな流れになるのか。具体的には以下の通りです。

<消費者金融で少額融資を受けるまでの流れ>

  1. まずは申込
  2. 審査を受ける・結果通知を受け取る
  3. 契約の手続き
  4. 借入・増額
  5. 返済・完済

STEP①まずは申込

カードローンで少額融資を受けるにあたって、まずは申し込みが必要です。必要事項を入力して送信しましょう。

Web(スマホ・パソコンなど)や電話、自動契約機などから申し込みを済ませてくださいね。

なお即日で少額融資を受けたい場合は、Web完結で申し込むのが得策ですよ。

STEP②審査を受ける・結果通知を受け取る

少額融資を受けるには、必ず担当者による審査を受けてクリアしないといけません。

運転免許証や健康保険証をはじめとした本人確認書類を提出・アップロードして、審査に臨んでください。

なお消費者金融の場合、Web完結で申し込めば最短即日での少額融資を受けられますよ。

審査結果は電話あるいはメールでお知らせてくれますよ!

STEP③契約の手続き

審査に無事通ったら、お手元のスマホやパソコンから契約をします。

STEP④借入・増額

Web完結だと、申し込んだその日に少額融資を受けられます。

提携ATM、各消費者金融のATM、振り込みキャッシングなどの方法で借りられますよ。

なお今回ご紹介した消費者金融の場合、借入方法はそれぞれ以下の通りです。

<各大手消費者金融での借入方法>

消費者金融名借入方法
①プロミス振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
②アイフル振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
③アコム振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
④オリックスマネーインターネット振込・スマホATM
⑤SMBCモビット振込、提携ATM

それぞれ借入方法は若干異なるため、ご自分に合ったものを選んでくださいね。

さらに利用限度額を増やしたい場合は、増額(追加融資)もできますよ!

STEP⑤返済・完済

少額とはいえお金が借りた以上は、キッチリ返済しないといけません。

お金は無理のない範囲で借りて、少しずつ返済を進めていきましょう。

少額融資を受けるときの注意点

悩む-女性

少額融資を受けるときには注意しなくてはならないことがいくつかあります。

注意点として、次の3つのことがいえます。

  • 借入希望額を低く設定する
  • 信用情報に傷をつけない
  • 無利息期間を知っておく

では順番に説明していきます。

借入希望額を低く設定する

少額融資を受けるときの注意点1つ目に「借入希望額を低く設定する」必要があります。

消費者金融で少額融資を受けようと考えている人は5万円程度に希望額を設定すると比較的審査が通りやすくなります。

それ以上に希望額を上げてしまうと審査基準が上がってしまうことも考えられます。

そうなってしまっては「審査に落ちてしまった」「審査に時間がかかってしまう」なんてことも。

少額融資を早く受けたいと考えている人は5万円ほどで借入希望額を設定しておきましょう。

信用情報に傷をつけない

少額融資を受けるときの注意点2つ目に「信用情報に傷をつけない」必要があります。

どれだけ少額の融資だとしても信用情報に傷がついてしまっては審査に落ちてしまいます。

信用情報に傷をつけないためには延滞や金融トラブルは絶対に避けるようにしてください。

一度でも傷がついてしまうと、ブラックリストに5~10年ほど乗ってしまいます。

実質その期間は融資を受けられなくなりますので注意してください。

少額であっても延滞があれば信用情報に記録されてしまいますので、注意してくださいね。

無利息期間を知っておく

少額融資を受けるときの注意点3つ目に「無利息期間を知っておく」必要があります。

無利息期間がある消費者金融を利用することで利息をおさえることができるため、お得に融資を受けられます。

短期返済を考えている人は無利息期間を知っておくようにしましょう。

先ほどもお伝えした通り、消費者金融によって無利息期間のサービス内容が異なります。

自分に合った消費者金融はどれかをしっかりと見極めてから少額融資を申し込むようにしてくださいね。

⇒審査のゆるいカードローンは実在する?他社審査に落ちても諦めないで

カードローン以外で少額融資を受ける方法

指をさす女性

消費者金融のカードローンは絶対にすべての人が融資を受けられるわけではありません。

では、カードローンの融資が受けられなかった人はほかにどのように少額融資を受ければいいのでしょうか?

どうしても少額融資を受けたいと考えている人は次の方法を試してみてください。

  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 郵便局の自動貸付サービスを利用する
  • 家族や友達から借りる
  • 契約者貸付制度を活用して借りる
  • 質屋から借りる

では順番に見ていきましょう

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

カードローン以外で少額融資を受ける方法1つ目に「クレジットカードのキャッシング枠を利用する」という方法があげられます。

クレジットカードにはキャッシング枠という機能があり、そちらからお金を借りることが可能です。

お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が搭載されていれば、即日融資が可能になります。

ただし、お持ちのクレジットカードにキャッシング枠がなければ、即日の融資はできませんのでご注意ください。

このように、カードローン以外でも融資を受ける寳保がありますので、カードローンの審査に落ちてしまった人はクレジットカードのキャッシング枠を利用することも検討してみてくださいね。

郵便局の自動貸付サービスを利用する

カードローン以外で少額融資を受ける方法2つ目に「郵便局の自動貸付サービスを利用する」という方法があげられます。

郵便局の自動貸付サービスとは、通常貯金残高が不足した場合に自動的に貸し付けしてもらうサービスのことです。

引き落としがあり、残高不足が発生した場合自動的に融資されるという特徴があります。

貯金を担保に最大300万円まで借り入れが可能です。

貯金を担保意にしているためカードローン申し込み時に行われる審査などはありません。

ただし、窓口で自動貸付サービスの手続きを終わらせておく必要がありますので、利用したい方は早めに手続きを完了させましょう。

家族や友達から借りる

カードローン以外で少額融資を受ける方法3つ目に「家族や友達から借りる」という方法があげられます。

少額であれば家族や友人からお金を借りるのも1つの手です。

ただし、家族や友人からお金を借りることはトラブルの原因になりかねません。

お金の貸し借りによって信用を失ってしまう可能性もありますので、注意するようにしてください。

契約者貸付制度を活用して借りる

契約者貸付制度とは、生命保険の契約を担保にしてお金を借りる方法です。

積立できた生命保険の解約返戻金を担保にすることで、お金を借りられるんですよね。

ちなみに借りられるのは解約返戻金のうち7割~9割ほど。全額借りられるわけではないため注意しましょう。

ちなみに保険加入者は生命保険会社にお金を支払っている観点から、借入の際に審査はないですよ。

質屋から借りる

消費者金融でお金を借りるのに抵抗があるならば、質屋から借りるのもおすすめ。

質入れできるものは幅広く、品物を預ければ、その品物を担保にして融資を受けられるんです。

また質屋から借りられるお金の相場は、預けた品物の買い取り価格の7割~8割ほど。

たとえば買取価格が4万円~5万円の品物ならば、3万円ほどの借入が期待できますね。

なお質屋でお金を借りる場合、かかる利息は月利0.95%〜8%。金利が比較的高い点からも、質屋は少額融資をしたい方におすすめですね。

自分に合った方法で少額融資をしてみよう!

スマホー女性

少額融資をするのであれば自分に合った方法でお金を借りるようしましょう。

少額融資をするときに見ておくべきポイントは次の3つです。

  • 細かい金額を借り入れられるか
  • 即日融資が受けられるか
  • 無利息サービスがあるか

このようなポイントをおさえてカードローンの申し込みをするようにしてくださいね。

また、その中でも少額融資をするのであれば、プロミスをはじめとした商品の利用がおすすめです。

それぞれ特徴が異なりますので、比較検討をして自分に最適な消費者金融を見つけてくださいね。