楽天銀行カードローンは郵送物なし?家族バレを防ぐ!自宅に書類を来させない方法を解説

楽天銀行豆知識

家族に言いにくい、少し高い買い物をしてしまった…その支払いのためにカードローンを契約した…。

楽天銀行カードローンは融資スピードも速いうえに金利も低く、使いやすいカードローンですから、どうしても欲しいものがあって利用してしまった人もいるのではないでしょうか?

カードローンを使用しても欲しいものが手に入った瞬間は良いのですが、しばらくしてキャッシュカードや契約書類などが自宅に送られてくることを思い出して家族にバレないか不安な人もいますよね。

また、今現在楽天銀行カードローンとの契約を検討中の人も「自宅への郵便物で家族にカードローンの利用がバレないか」不安で契約に踏み出せない方もいるのではないでしょうか?

家族と相談したうえでの借り入れでなく、個人の都合でカードローンを利用した・する方の多くは「できればカードローンの利用は家族に秘密にしたい」という方がほとんどだと思います。

そこで今回の記事では、楽天銀行のカードローンを利用した場合、郵送物などで家族にバレる可能性があるのか?という点について詳しく解説していきたいと思います。

楽天銀行カードローンの審査スピードについて解説している記事はこちら!

楽天銀行カードローンは即日融資対応?気になる審査スピードについて解説
楽天銀行カードローンは「1.9~14.5%」というネット銀行ならではの金利設定、最高800万円の限度額設定が魅力のカードローンです。 またカードローンの入会時に「楽天スーパーポイント」が1000円分もらえるのもうれしいポイントです。 ...

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 2営業日程度(最短即日)
融資 2営業日程度(最短翌日)

楽天銀行カードローンは、銀行系カードローンならではの低金利と即日融資とまではいきませんが、最短翌日融資という融資スピードを誇る人気のカードローンです。

また現在、期間限定で新規で以下のリンクより楽天銀行カードローンに申し込んだ人の金利を半額にするキャンペーンをおこなっています。

期間限定とはいえ、最大金利「7.25%」は破格の金利設定なので、一時的にお金が必要な時に非常に便利です。

また通常の金利も「14.5%」と低いので、普段使いのカードローンとしても優秀ですよ。

楽天銀行カードローンを契約すると送られてくる郵送物

郵便物を見る女性

そもそも楽天銀行カードローンを契約をした際に自宅に郵送物があるのでしょうか?

また送られてくるとすれば、どのようなものが郵送されてくるのか。

基本的なところからお伝えしていきたいと思います。

キャッシング用のカードが必ず発送される

楽天銀行カードローンでは、カードローンの契約が完了すると数日後には必ず自宅にキャッシング用のカードが郵送されてきます。

またローンカードの受け取り方法は郵送以外に設定されてません。

もちろんその郵送物には、利用者のプライバシーに配慮して「ローンカード在中」などというような表記はされていません。

送り名も「楽天銀行カードローン」ではなく「楽天銀行」の名称で送られてくるのですが、普段使いしていない銀行から郵便物が届くと家族に怪しまれる可能性はあります。

さらにローンカード以外にも、自宅に郵送される書類があります。

その書類についてはこの後詳しく触れていきます。

ローンカード以外に自宅に送られてくる書類

ローンカード以外に自宅に郵送される可能性のある書類は以下になります。

  • 申請書
  • 口座振替依頼書
  • 督促関係の書類
  • ダイレクトメール

以上の4つが楽天銀行カードローン契約時・契約後に送られてくる郵送書類になります。

しかしそれぞれ郵送タイミングなどが決まっており、回避することも可能です。

一つ一つ解説していきます。

カードローン申請書

インターネットではなく、直接記入してカードローン契約の申し込みをする場合に自宅に届く申請書になります。

インターネットで契約できる環境がない人は、避けられませんがWEB申請はスマホからでも可能なので基本的にできないという人はいないのではないでしょうか?

インターネット上で契約を済ませば自宅には届かないので、少しでも郵送物を減らしたいという人はインターネットで契約をするようにしましょう。

口座振替依頼書

楽天銀行カードローンの返済方法はいくつか種類が用意されています。

  • ATMでの返済
  • 口座引き落としでの返済
  • インターネットバンキングを利用した返済
  • 銀行振込返済

その中の口座での引き落としでの返済を希望する際に「口座振替依頼書」が必要になる場合があります。

楽天銀行の口座を給与の振込先としてメインバンクとして利用している場合や口座引き落としの指定口座がメインバンクである場合は必要ないです。

しかしメインバンクとして利用している口座以外の銀行の口座を指定する場合は、メインバンクからその口座に振り替えする依頼書を記入し、申請する必要があります。

そもそもメインバンクから引き落としの形で返済しても、口座振替で別の口座にお金を入れる場合でもメインバンクからお金が引かれることに変わりはないです。

わざわざ返済の作業をしなくても返済期日に確実に引き落としてくれる口座引き落としでの返済方法は便利ですが、家族にバレたくないないならATMでの返済など、他の返済方法を利用した方が良いでしょう。

楽天銀行カードローンの返済関連について解説している記事はこちら

楽天銀行カードローンの返済期間を短くするコツを紹介!毎月の返済額で大きく変わる
楽天銀行カードローンは銀行系ならではの低金利に、即日融資とまではいきませんが最短翌日融資と銀行系にしてはスピーディな融資スピードが特徴のカードローンです。また楽天グループだからこその契約時1000円分の楽天ポイントをもらえたり、利用額(借入

督促関係の書類

返済期日を過ぎても返済や連絡がない場合、一定期間を過ぎると「返済してください」という旨の書類が楽天銀行から自宅に届くことになります。

それが督促状です。

この書類を自宅に届かないようにする方法はいたって簡単です。

返済期日を守って返済すればいいだけです。

督促状が届くと当然家族に怪しまれますし、そもそも督促状が届く時点で家族にバレるかの心配よりも返済ができないほど借金あることや、返済期日を忘れてしまう借金への意識の低さを問題視した方が良いです。

督促状を無視し続けるとどうなるのか、借金地獄について解説した記事はこちら

借金地獄の末路は?夜逃げ・闇金・自己破産した場合の末路をすべて紹介!
「借金の支払いができずに、最終的には夜逃げをした」 ドラマや映画でよく見るシーンですが、実は現実でもこのような状況は起こりえます。 人気漫画の闇金ウシジマくんでは、借金地獄に陥ってしまった人の末路が描かれています。 ハッピ...

ダイレクトメール

ダイレクトメールは楽天銀行カードローンが利用者向けに何らかのサービスやキャンペーンを行う際に郵送でお伝えする手紙のことです。

しかし契約時にダイレクトメールを郵送にするかスマホへのメールでおこなうか、そもそもダイレクトメールを送るかどうかを決めることができるので契約時に必要ない・スマホへのメールで貰うように言えば自宅に郵送されることはないです。

郵送物は回避できない

断る女性

ローンカードや督促関連の書類、口座振替書類など楽天銀行カードローンから送られてくる郵便物について解説していきましたが、それらの郵便物を回避する事は可能なのでしょうか?

上記で紹介しているようにローンカード以外の郵送物は自分の意志で避けることができます。

しかし残念ながら楽天銀行カードローンのローンカード受け取りは郵送でしかできない為、郵送を避けることはできません。

郵送物が原因で家族バレ?なんとか内緒で借りる方法

楽天銀行カードローンでは、ローンカードの受け取りで郵便物を避けることはできない…とはいっても、カードローンの利用はできるだけ家族には秘密にしておきたいものですよね。

できるだけ家族にばれない為に、楽天銀行から届くローンカードについてなにか対策はできないのでしょうか?

送付先の日時指定は可能?

「自分が自宅にいるときに郵送してもらう為に書類の発送日を指定すればいいのではないか?」と思われる方もいらっしゃると思います。

確かに、発送日を指定することができれば「自分が自宅にいる日にちを逆算して発送日を決められる」ので確実に自分が受け取ることができますよね。

しかし残念ながら楽天銀行カードローンの郵便物の到着日指定日は受け付けてはもらえません。

楽天銀行が郵便物を送る理由の一つとして、本人確認の再確認を兼ねているという意味もあります。

到着日指定をすると偽装の住所が使われている事が疑われる為、そのような要望は受け付けられないという事になっています。

勤務先へ郵送してもらうと、自宅には何も送付されない?

楽天銀行カードローンから送られてくる郵便物は「自宅への郵送」または「勤務先への郵送」の二つのパターンから選ぶ事が可能です。

在籍確認などで勤務先にバレたくない人も多いですが、どっちかといえば勤務先よりも家族にバレたくない人もいると思います。

家族バレしない為には、勤務先への郵送を選んだ方が無難という事になるわけですが、それでも安心できません。

それは「利用するATMによっては利用明細が自宅に郵送されてしまう」という点です。

基本的に消費者金融でも銀行カードローンでも、利用明細を利用者に確認してもらい契約日や次回返済日などを明記された情報を開示するというのが、ローン会社の義務になっています。

そのような情報については、ほとんどの銀行ATMやコンビニATMの利用明細には記載されているのですが、一部の銀行ATMに限りそのような情報が印字されないケースがあるのです。

したがって、そのようなATMを利用した場合には、契約日などを利用者に開示する事ができない為、別途自宅に利用明細が送られるという事になっています。

犯罪収益移転防止法に関する書類

それなら勤務先にローンカードを送ってもらって、説明にあったような利用明細が送られてくるATMを使用しなければ問題ないのかと思うかもしれません。

しかし勤務先にローンカードを送るように設定した場合、自宅に「犯罪収益移転防止法に関する書類」が確実に送られることになります。

これは犯罪収益移転防止法という法律に基づく措置なのですが、楽天銀行から簡易書類が届くよりもよくわからないこの書類が送られてきた方が家族に怪しまれる可能性が高くなります。

結局楽天銀行からの自宅への書類が0になるわけではないので、ただ勤務先にカードローンを契約したことがバレる可能性が上がるだけです。

楽天銀行が必ず郵送物を送る理由

そもそも楽天銀行カードローンを契約した場合、なぜ自宅や勤務先に必ず郵送物が届けられるのでしょうか?

本人確認を兼ねている

一つ目の理由は、先ほどもお伝えしましたが、「念の為の本人確認を再度行う為」です。

楽天銀行カードローンに申し込んだ際には、運転免許証やパスポートなど、本人を証明する書類を提出します。

中にはそれらの証明書類を偽造して楽天銀行カードローンを利用しそのまま返済せずに逃げてしまうというケースもゼロではありません。

従って、楽天銀行もそのような返済不能に陥るケースを避ける為、念の為にカードローンに関する書類やローンカードを自宅に郵送して、その到着を確認してから正式な利用ができる仕組みにしています。

銀行口座が犯罪に利用される事を防ぐ目的も

二つ目の理由は、楽天銀行カードローンの利用が犯罪に利用されるのを防ぐ為です。

先ほど「犯罪収益移転防止法」という法律の名前を出しました。

この法律の正式名は『犯罪による収益の移転防止に関する法律」となっており、銀行はその法律を遵守しなければいけません。

少しややこしい名前ではありますが、簡単に申し上げると「銀行には金融機関に登録した情報と利用する人の情報が必ず一致しているかどうか確認する義務がある」という事になります。

例えば犯罪で得た資金を何度も資金移動させ、所在を分からなくしてしまうマネーロンダリングや楽天銀行のカードローンで得た資金を暴力団の資金源にするような事などは法律で禁止されています。

銀行としてもそのような犯罪を防ぐ為に、必ず銀行の契約時には自宅に書類を送付し架空の住所などが使われていないかどうかを確認するというわけです。

家族バレが怖いならおすすめしたいカードレスのカードローン

楽天銀行カードローンを契約した場合、必ず自宅に何らかの郵送物が届くという事は、十分ご理解いただけたかと思います。

しかし前段でもお伝えした通りカードローンを利用する人のほとんどは、家族に言えないようなお金を使ってしまったりしてローンを利用するケースが多いです。

やはり家族バレは困るというのが正直なところだと思います。

では、楽天銀行カードローン以外に自宅への郵送物が全くないカードローンはないのか、いくつかのローンをご紹介したいと思います。

SMBCモビットのWEB完結なら電話と郵送物なし

smbc

一つ目はSMBCモビットのカードローンを利用するという方法です。

SMBCモビットのカードローンにはいくつかの申し込み方法があります。

その中でもWEB完結で申し込んでおくと、本人への電話連絡や自宅への郵送物はなく、カードもカードレス契約となりますので自宅にキャッシング用のローンカードが届くという事もありません。

SMBCモビットのWEB完結を利用する為には、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、またはゆうちょ銀行に自分の口座があり、その口座を返済用口座として利用する事に同意する必要があります。

職場への電話連絡もありませんので、在籍確認の代わりに収入証明書と、会社で加入している健康保険証の写しを提出する必要も出てきます。

通常のカードローン申請よりも提出書類が多くなるということです。

少々面倒な手続きが必要ではあります。

しかしそのような書類や諸条件をクリアすれば、本人の勤務先や自宅への郵送物も一切ありませんので、安心してカードローンを利用する事が可能です。

三井住友銀行カードローンSMBCの審査基準についての記事はこちら

三井住友銀行カードローンの審査基準は銀行系では甘め。審査通過の秘訣を紹介!
三井住友銀行カードローンでお金を借りたい。 残念ながらカードローンは「融資を受けたい」という願望のみで利用できるものではありません。 カードローンを利用するためには、「審査」を受けて、通過する必要があります。 審査で「属性...

プロミスのアプリローンならカードレス

大手消費者金融プロミスの提供するアプリローンを利用した場合も、基本的に自宅への郵送物はありません。

プロミスのアプリローンの場合、カードローンの申し込みからキャッシング、そして返済まですべてアプリ一つで行う事が可能です。

この契約の場合も先ほどのSMBCモビットと同じく、カードレス契約になりますので、自宅にカードが郵送されるという事はありません。

また、毎月の利用明細についてもWEB確認という方法を選択しておけば、絶対に自宅に郵送される事はありません。

さらにプロミスでははじめてプロミスから借り入れる人向けに「30日間金利無料キャンペーン」をおこなっているので、一時的にお金が必要になった場合に優秀なカードローンになります。

SMBCモビットにも言えることなのですが、プロミスも返済を滞らせてしまった場合には自宅に督促状が届く事もあります。

それだけは絶対にないように注意したいところです。

プロミスの審査基準についてはこちらの記事で解説しています!

プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!
「カードローンの審査ってどうやっておこなわれるの?」 「プロミスの審査基準や審査通過率が知りたい」 こちらの記事では、そんな人に向けてプロミスの審査について徹底解説をしていきます。 カードローンの審査にはさまざまな要因が絡んでくる...

プロミスのバナー

楽天銀行カードローンの郵送物 まとめ

最近のカードローンは、利用者の「家族に秘密にしたい」というニーズに応える為、様々な工夫を凝らしてくれています。

銀行系カードローンでは三井住友銀行の提供するSMBC、大手消費者金融ではプロミスの提供するアプリローンがそれぞれ郵送なしに対応しています。

しかし今のところ、ローンカードなしで融資を行うカードローンは少なく、選択肢は限られています。

さいわい、銀行系、消費者金融とそれぞれ1社ずつはローンカードなしの融資に対応しているので金利や融資スピードなどと相談して自分に合ったカードローンを選択しましょう。

楽天銀行カードローンは借りやすい金利で利用できる…というメリットはあります。

初回契約時には14.5%の上限金利が適用されるケースがほとんどですので、それほど金利を気にしないなら、家族に秘密にできるカードローンを利用した方が無難なのかもしれませんね。

ただし現在、楽天銀行カードローンは期間限定で金利半額キャンペーンをおこなっています。

期間限定での最大金利は「7.25%」です。

ローンカードの郵送は避けられませんが、郵送を危惧してこの金利を無視するには少々惜しい気はしますね…。

以下のリンクから申し込んだ場合のみ半額キャンペーンが適用されるので、期間限定の金利を魅力的に感じて検討対象として残しておく場合はリンクを保存しておいてもいいかもしれません。

楽天銀行カードローン