栃木銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

栃木銀行カードローンは最大限度額800万円、金利は年1.9%~14.5%の8段階設定なので消費者金融よりもお得に利用できます。

審査結果の連絡は最短翌営業日、Webや電話など自分に合った方法で申し込めて、来店せずに契約手続きができるのも便利です。

他社の金利や審査基準と比べながら、栃木銀行カードローンの特徴や利用方法を詳しく解説します。

栃木銀行カードローン詳細情報(スペック表)

申し込み条件 安定継続した収入がある満20歳以上満69歳以下の人、栃木銀行の営業エリア内に住所又は勤務先がある人、栃木銀行で他のカードローンを契約していない人
必要書類 本人確認書類・収入確認書類・健康保険証
審査時間 申込受付後2~4営業日程度
利用用途 自由(事業資金・ギャンブル資金を除く)
契約期間 2年間(自動更新)
限度額 10万円~800万円(10万円単位)
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス(株)

栃木銀行カードローンのメリット

  • 審査結果は最短翌営業日に回答、振込融資も可能でスピーディーにお金を借りられる
  • 申込書や電話で申し込んだ場合でも、来店せずに契約できる
  • 口座振替時に残高不足となった場合でも、自動で融資を受けられる
  • 限度額ごとの金利設定で、申し込む前に返済計画が立てやすい

審査結果は最短翌営業日に回答、振込融資も可能でスピーディーにお金を借りられる

栃木銀行カードローンでは、申込みの翌営業日~4営業日程度で仮審査結果を回答すると公式サイト上で公表しています。

審査スケジュールを公表していない銀行が目立つ中、お金を借りるスケジュールを立てやすいのがメリットです。

Web完結で申し込んだ場合、仮審査に通過して契約内容への同意後、返済用口座への振込融資を受けられるのも便利です。

郵送契約の場合も振込融資を依頼することができ、返送した契約書が銀行に到着次第指定額が返済用口座に入金されます。

審査内容により2週間程度かかる場合もありますが、暴力団データベースへの照会時に申込者と同姓同名の人物がヒットし、都道府県警察に詳細確認を行う場合に限られるようです。

申込書や電話で申し込んだ場合でも、来店せずに契約できる

申込書や電話で申し込んだ人は、仮審査後に銀行窓口での本申込みが必須ですが、郵送で契約する選択肢も用意されています。

Web完結や窓口での契約と比べ1週間~10日程度の時間がかかることと、郵送物を通じて家族等に借金がバレるリスクが伴う点に注意が必要ですが、会社員など平日の来店が難しい人でも契約しやすく便利です。

栃木銀行の口座を持っていない人も、カードローンを申し込んだ後にアプリで口座開設手続きを行えば、窓口に出向く手間が省けます。

口座振替時に残高不足となった場合でも、自動で融資を受けられる

公共料金やクレジットカード等の利用代金、家賃などの自動引落し時に口座残高が不足した場合でも、限度額の範囲で自動貸付けを受けることができます。

引落し不能に伴う、利用中のサービスへの影響や未払い金の督促を回避できるのがポイントです。

ただし、預金の引出し時に残高が不足した場合や、定例返済を含む栃木銀行宛の支払時には自動融資が行われないので注意が必要です。

限度額ごとの金利設定で、申し込む前に返済計画が立てやすい

消費者金融を中心に、審査結果次第で個別に金利を決めると表明する業者が存在する中、栃木銀行カードローンでは限度額の範囲ごとに適用金利が明確化されています。

申込前に具体的な返済計画を立て、月々の返済額と合わせて他社と比較検討した上で申し込めるのがメリットです。

電話や窓口で専門スタッフに相談できるのも安心です。

栃木銀行カードローンのデメリット

  • 栃木銀行の口座がない状態で申し込むと、融資まで10日~2週間程度かかる
  • 審査結果の回答は平日だけ、土日祝日の申込みでは審査結果の回答に時間がかかる
  • 栃木銀行の営業エリアに住所か勤務地がなければ申し込めない

栃木銀行の口座がない状態で申し込むと、融資まで10日~2週間程度かかる

栃木銀行カードローンは銀行口座なしの状態でも公式サイトの「通常申込みWEB受付」で申し込めますが、審査通過後に来店又はアプリで必ず口座を開設する必要があります。

窓口での口座開設では即日で通帳が発行され、通帳を受け取った時点で振込融資の依頼が可能です。

一方、アプリでの口座開設では通帳発行まで約1週間、銀行印の登録まで3~4日かかるため、振込融資を依頼したとしても借りたお金を手にできるまで最短でも10日程度かかります。

郵便事情や休日の配列によっては2週間前後かかるケースもあるようです。

審査結果の回答は平日だけ、土日祝日の申込みでは審査結果の回答に時間がかかる

最短翌営業日に審査結果を回答してもらえる栃木銀行カードローンですが、審査対応は平日日中に限られます。

土日祝日に申し込んだり申込みの翌日が祝日や連休に該当したりする場合は、審査結果の回答まで10日前後かかることも考えられます。

銀行カードローンの審査では暴力団データベースへの照会が必須なので、急いでお金を借りたいからといって即日審査を頼むこともできません。

即日融資を前提とする消費者金融と比べて手続きに時間がかかるのが、デメリットです。

定例返済日を申込者から指定できない

消費者金融では申込者の給料日に合わせて自由に定例返済日を決められるのが一般的ですが、栃木銀行カードローンでは定例返済日が毎月6日に指定されています。

ローンカードによる約定返済にも対応していないため、返済日までの返済額を使い込み、結果的に延滞となるリスクが潜んでいます。

返済額が確実に引き落とされるよう家計の計画や口座残高の管理が大切です。

栃木銀行カードローンの審査基準は他社より甘い?

栃木銀行カードローンの本審査では、健康保険証での勤務先・勤続年数チェックが行われます。

勤務先が明記された保険証(社会保険証)の発行を受けられる人は、正社員又は週30時間(一部の会社は週20時間)以上働く派遣・契約社員やパートに限定され、勤務時間が短いパート・アルバイトには発行されません。

健康保険証以外の書類による勤務先確認には対応していないことから、自営業や勤務時間が短いパート・アルバイトの人が申し込んだ場合は、審査への通過が困難であることが予想されます。

このことから、他の銀行カードローンよりも安定収入源の有無を厳しくチェックしているといえます。

一方、仮審査はSMBCコンシューマーファイナンス(株)が個人信用情報を参照した上で行います。

過去5年間の延滞歴や債務整理歴の確認や他社借入総額の調査が主な審査項目ですが、消費者金融を含む他のカードローンと似たような審査基準です。

栃木銀行カードローンの金利は他社より高い?

栃木県内の地方銀行・信用金庫と、栃木銀行とATM相互開放を実施している銀行のカードローン金利をチェックしてみましょう。

金融機関名・商品名 最大限度額 金利
栃木銀行カードローン 800万円 年1.9%~年14.5%(限度額500万円の金利は年5.5%)
足利銀行「モシカ」 500万円 年5.8%~年14.8%
足利小山信用金庫「きゃっする」 500万円 年5.8%~14.6%
群馬銀行「ナイスサポートカード」 800万円 年2.8%~年14.5%(限度額500万円の金利は年6.8%)
筑波銀行「つくばカードローン」 500万円 年4.8%~年14.6%
東日本銀行「ゆあポケットII」 500万円 年2.9%~年14.5%

最高金利・最低金利とも、栃木銀行カードローンが一番低いことがわかります。

筑波銀行・東日本銀行では審査結果に応じて低金利で借りられる可能性がある反面、信用状況等によっては高金利を提示されることも考えられます。

本審査時に社会保険証を提示できる人であれば、限度額ごとの金利が確約されている栃木銀行カードローンの申込みがおすすめです。

栃木銀行カードローンの利息一覧

栃木銀行カードローンの金利は、限度額ごとに8段階に分かれています。

限度額 金利
10万円~100万円 年14.5%
110万円~200万円 年12.5%
210万円~300万円 年9.5%
310万円~400万円 年7.5%
410万円~500万円 年5.5%
510万円~600万円 年4.0%
610万円~700万円 年3.0%
710万円~800万円 年1.9%

申込者の信用状況や栃木銀行との取引状況にかかわらず固定金利なので、わかりやすい金利設定だといえます。

続いて、30日間お金を借りた時に発生する利息額を、金利別にチェックしてみましょう(1円未満の端数は切り捨て)。

【金利別の利息額】

借入額 年14.5% 年12.5% 年9.5% 年5.5% 年1.9%
1万円 119円 102円 78円 45円 15円
5万円 595円 513円 390円 226円 78円
10万円 1191円 1027円 780円 452円 156円
20万円 2383円 2054円 1561円 904円 312円
50万円 5958円 5136円 3904円 2260円 780円
100万円 11917円 10273円 7808円 4520円 1561円
150万円 15410円 11712円 6780円 2342円
200万円 20547円 15616円 9041円 3123円
300万円 23424円 13561円 4684円
500万円 22602円 7808円
限度額上限(800万円) 12493円

限度額いっぱいまで融資を受けた場合、1か月あたりの利息額が約12,000円~23,500円前後であることがわかります。

栃木銀行カードローンは返済しやすい?

栃木銀行カードローンの返済は毎月1回口座引落しで行うシステムなので、返済日ごとにATMへ出かける手間が省けます。

最低返済額は月々2,000円(借入残高10万円以下の場合)からで無理なく返済でき、栃木銀行ATMやコンビニATM等での増額返済にも対応しているので、お金に余裕がある月は多めに返済して完済を早めることも可能です。

返済日と具体的な返済方式について説明します。

返済方式

栃木銀行カードローンでは、契約者本人名義の口座からの自動引落しによる返済が必須です。

家族名義の口座や栃木銀行以外の口座は選択できません。

前月末日時点の借入残高に応じて返済額が増減する仕組みで、具体的な定例返済額(約定返済額)は、次のとおりです。

前月末日の借入残高 定例返済額
10万円以下 2000
10万円超30万円以下 5000円
30万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 20000円
100万円超200万円以下 30000円

200万円超は、借入残高が100万円増加するごとに返済額が1万円ずつ追加されます。

ボーナス月等に多めの金額を引き落としてもらうことはできませんが、定例返済とは別に増額返済を行うことも可能です。

栃木銀行ATMなら手数料ゼロで返済できる他、硬貨対応型ATMでは1円単位で入金できます。

コンビニATMやイオン・ゆうちょ銀行ATMでは千円単位での返済で、曜日や時間帯により100円+消費税又は200円+消費税の手数料が発生し、入金額から手数料を差し引いた額が返済額として取り扱われます。

返済日

返済日は毎月6日、土日祝日に該当する場合は翌営業日に変更となります。

口座残高が定例返済額未満の場合は自動融資機能が適用されず、残高が定例返済額以上になるまで引落しはストップします。

返済日の午前0時時点で残高が足りなくても、当日中に返済額を入金できれば再引落しがかかり、返済の延滞を回避することができます。

返済日に引落しができなかった場合は延滞扱いとなりますが、ATMでの一部入金には対応しておらず、引落し口座に定例返済額全額を入金しない限り延滞を解消することができません。

個人信用情報にも遅延の記録が残るので、返済日前日までに返済額を口座に入金しておくようにしましょう。

毎月の返済額

栃木銀行カードローンでは、返済する月の前月末日の借入残高に応じて定例返済金額(約定返済額)が決定します。

毎月の返済額を、借入残高ごとにチェックしてみましょう。

前月末日の借入残高 月々の返済額
1万円 2000円
5万円 2000円
10万円 2000円
20万円 5000円
50万円 10000円
100万円 20000円
150万円 30000円
200万円 30000円
300万円 40000円
500万円 60000円
限度額上限(800万円) 90000円

借入残高が300万円以内の場合は、発生する利息が毎月の約定返済額の6割近くを占めます。

定例返済額どおりの返済を続けた場合、返済が長期化すると共に支払利息も多くなるデメリットが発生するため、ボーナス時期などお金に余裕がある時には増額返済をするのが早期完済のコツです。

栃木銀行カードローンの借り入れ方法

栃木銀行カードローンでは、栃木銀行ATMだけでなくコンビニATMや提携金融機関ATMでの融資が可能です。

ATMごとの特徴について説明します。

栃木銀行ATMや群馬・東日本・筑波の各銀行ATMで借りる

平日8:45~18:00であればATM手数料ゼロでお金を借りられるのが便利です。

それ以外の時間帯は一律100円+消費税の手数料なので、休日に1万円を超えるお金を借りる際はコンビニATMよりも手数料がお得です。

栃木銀行の口座で勤務先・副業先の給与を毎月受け取っていれば、栃木銀行ATMの出金手数料がすべての曜日・時間帯でゼロになります。

コンビニやイオン銀行のATMで借りる

コンビニATMは毎週日曜日23:00~翌月曜日の7:00を除いて24時間利用できるので、早朝・深夜にお金が必要になった際に重宝します。

イオン銀行ATMは毎日8:00~21:00まで利用でき、イオングループ各店にATMが設置されているため、買物前でも便利です。

利用する曜日や時間帯によって、100円+消費税又は200円+消費税のATM手数料がかかります。

栃木銀行の口座で毎月給与を受け取っていれば、ローソン銀行・セブン銀行・イオン銀行の各ATMが月間5回まで手数料ゼロで利用できます。

自分名義の栃木銀行カードローンや普通・貯蓄預金の入出金(ローソン銀行は出金のみ)回数を合計して「月間5回」であることを覚えておきましょう。

ゆうちょ銀行ATMで借りる

栃木銀行のローンカードは、全国約3万か所に設置されているゆうちょ銀行ATMも利用できます。

一部のファミリーマートにも設置されており、ほぼ24時間利用できますが、連休中や休み明けの平日など利用できない時間帯があるので要注意です。

利用する曜日や時間帯によって、100円+消費税又は200円+消費税のATM手数料がかかります。

栃木銀行カードローンへ申し込んだ人の口コミ

20代 携帯ショップ店員

前歯に深い虫歯が発覚、営業職は笑顔が命なので見栄えが良い前歯を入れたいと考えました。

治療費30万円を用立てようと栃木銀行カードローンを申し込みました。

銀行の口座を持っていたのでWeb完結申込みを選択、審査結果の電話連絡は申込みの翌々日でした。

融資額の30万円を口座に振り込んでもらい、無事治療を受けられました。

給与受取とカードローン契約で、月5回までコンビニATMの利用料がゼロなのも嬉しいです。

40代 調理師

消費者金融2社から100万円近く借りていましたが、利息が高すぎると感じ銀行カードローンへ乗り換えるべく、県内で一番金利が安い栃木銀行カードローンを選びました。

限度額100万円と110万円だと金利が2%違うので110万円の融資を希望したのですが、提示されたのは限度額50万円でした。

返済実績によって限度額アップの可能性があるとのこと、まずは1年間、返済に専念したいと思います。

30代 塾講師

仕事帰りにスピード違反で捕まってしまい、罰金8万円を払うことになりました。

消費者金融でお金を借りるのに抵抗があり、栃木銀行でカードローンを申し込みました。

罰金を払えなければ16日間刑務所行きなので、祈るような気持ちで審査結果の連絡を待っていたら、翌日に銀行から電話があり10万円を借りられることになりました。

手続き方法などを担当者が優しく説明してくれたので、安心でした。