投資信託で儲けるためにはいくらくらいの元手が必要?難易度は高い?

スマホを持って首をかしげる女性 投資信託

銀行に預けても利息なんて雀の涙ほどもつかない現在。

バブル時代ならまだしも、今の時代、定期預金を含めて銀行にお金を預けているだけでは、資産を増やすのは実質不可能です。

現在自分が持っている資産を増やすためには、銀行に預ける以外にも自分の資産を増やすためにできる資産運用について、真剣に考えるべきです。

もし、今回説明する「投資信託」で儲けたいと思うなら、今回の記事で「投資信託でお金を儲ける方法」を学んでください。

投資信託はたしかに低リスクで確実にお金を貯めることのできる投資方法ですが、どのファンドにどれだけ投資するか、そもそも投資信託でお金が儲かる仕組みなど、投資信託でお金を増やすにはどうするかを前提として考えていきたいです。

投資信託も株式投資ですから、設けが相場の状況で大きく左右されます。

しかし長期的に考えれば、かなりの確率で投資額にリターンを得ることができるはず。

投資信託で儲けることはできる?

さて、投資信託で資産運用を考えるおそらくすべての人が、「投資信託で儲けたい」というふうに考えているはずです。

しかし、投資信託で資産の運用をするだけで、どうしてお金を儲けることができるのか。

投資信託の仕組みと、どのように資産運用していくことで、今後の自分の資産を増やすことができるのか。

まずは投資信託の基本からじょじょに学んでいきましょう。

投資信託でお金が儲かる仕組み

どうして投資信託に投資し続けることで、儲かるのか。

それは、あなたのお金を投資のプロが投資してくれているからです。

ファンドに預けてお金を、金融市場に投資して、その運用成果を「分配金」という形でファンドの販売会社と投資家に還元する。

これにより、投資家個人に儲けという形でリターンが発生するのです。

投資信託は、申込金や手数料がかかるものの、プロのファンドが資金を運用するので低リスクでも受けろ狙うことができます。

しかし投資信託とはいえ、リスクのある株式投資であることには変わりありません。

そのため、元本保証がなく、最悪の場合マイナスになる可能性もあります。

投資する上で、一定のリスクがあることを把握した上で申し込みを行ってください。

漠然と不安な老後に備える

投資信託で資産形成を行う理由としては、人によってまちまちでしょうがやはり皆一様に「漠然と不安な老後に備える」という目的があるのではないでしょうか。

投資信託で儲けるとはいえ、目先の儲けを期待して投資信託に投資を行う人も少数のはず。

投資信託で儲けたお金は最終的に、自分の備えとなって老後資金として運用できるのです。

老後2000万問題

2019年6月に金融庁が公表した金融審議会の内容が世間に取り上げられて、大きく話題を呼んだという形です。

どうして老後に2000万必要なのかというと、定年後の生活をシミュレーションすると、どうしても老後の支出が2000万円ほど必要になります。

それに年金支給額は目減りすること、年金受給年齢の引き上げも今後予想されることを考えると、老後資金は少しでも多く貯めておきたいのが本音です。

お金が儲かるファンドの選び方

ファンドの数はたくさんあります。

せっかくファンドに投資するなら、少しでも儲かるファンドに投資したい

利回りでファンドを選ぶ

やはり投資信託で儲けるなら「利回り」を気にするのが一番です。

利回りとは、一定期間で投資元本でどれくらい収益を上げたかを示す指標です。

つまり、単純に利回り率が高ければ高いほど、投資信託としては儲かりやすい優秀なファンドだということです。

しかし株価は変動するもの、利回りが大きいということは、それだけリファンドがスクを取った投資を行っているということで「元本割れ」のリスクは高くなります。

長期投資で考える場合、利回りが高いというだけの理由で特定のファンドへの投資を行うのは危険です。

しかし利回りの高さは、ファンドを選ぶ上でかなり重要なのは間違いない事実。

リスクと利回りのバランスが取れたファンドこそ、優秀なファンドです。

運用実績をしっかり見る

利回りの良い優秀なファンドでも、ファンドの運用実績が乏しいと意味がありません。

過去長年運用されており、そして長年連続して投資額以上の利益を上げていること。

それが投資するに足る優秀なファンドです。

たとえ前年度優秀な利益を上げていたとしても、その利回りを何年も続けられるかどうかはわからないのです。

投資信託で儲けるための心構え

投資信託で儲けるためには、投資信託への投資を成功させる心構えを持っておくことが必要です。

積立で長期投資が基本

まず大前提は、「長期投資を覚悟する」ことです。

投資信託で儲かるまでに1年、2年ではなく、それこそ20年ほどの長期投資で考えるべきです。

長い期間投資を行い、「ゆくゆくは設けにつながる」ことを期待して行うのが、ファンドへの投資です。

値下がりに動じない

長い投資期間にもなると、株価の変動が起こるのも一度や二度ではないはず。

そうした、投資信託に積立ている最中に株価が多少落ちる、または大暴落するとしても焦ってはいけません。

株価は上げ下げを繰り返すものです。

多少の株価上下は気にせず、基本通り積立リズムを崩さない努力を行ってください。

ドルコスト平均法を意識する

ドルコスト平均法をご存知でしょうか。

価格が変わる商品を、時間を分けて買い続ける手法です。

まさに積立投資と同じ。

毎月積み立てていれば、株価が下がった時と下がった時のリターンはだいたい平均的になるので、最終的には中間で収まるというもの。

これを、「株価が下がった時には多く買う」という手法でプラスすることで、結果的な利益はプラスで収めることができるのです。

ですから、株価の上下に一喜一憂するのではなく、株価が下がったときは「多く買うチャンス」くらいに思っておきましょう。

株式投資で考えるべきは「分散投資」

投資信託をはじめとする「株式投資」で考えるべきなのは、リスクを分散することです。

一定のリスクがある株式投資、しかしその投資先を分散することによって、株価暴落のリスクに備えることができるのです。

100万円を、1つのファンドにすべて投資するより、3つ、4つと分散することで、株価大暴落のリスクヘッジが可能です。

投資先は、国内、米国、先進国など、タイプが異なるファンドへ投資するのがおすすめです。

それにより、リスクを分散できるはず。

株式投資は最終的にプラスとなるのが大切です。

「すべての株式投資で成功する」なんて人は存在しません。

自分の未来を投資信託で形成するコツ

投資信託は、ファンドが運用してくれるので、細かい株価を気にする必要はありません。

しかし投資信託に投資をはじめると、ほかの投資も気になってくるというもの。

ということで、本格的に投資を始めるまえに、投資を成功させるマインドを先にしっかり理解しておきましょう。

「過去は過去」で考える

投資家というのは、過去のデータの積み重ねで今後の株価、今後の未来について考えるものです。

しかし投資において、過去にこだわりすぎるのも危険です。

確かに投資の世界では、1度起こったことはこの先再び起こるもの。

しかし今回のことが、その1回目かもしれないのです。

確かに過去のデータと照らし合わせて、現状、そして未来を考えるのは大切です。

しかし、「過去こうだったから未来はこう」という決めつけだけで投資するのは危険です。

未来がどうなったとしても、それに合わせて投資手法も変えていける柔軟な頭がないと、投資はうまくいきません。

施錠をマクロで考える

投資は経済を映し出す鏡。

ということは、株価を1銘柄の上げ下げだけで考えるべきではありません。

もっと世界全体の動きをみて、人々の心情を理解して、ファンド全体の動きも考えながら、広い視野で投資するべきです。

過去うまくいった一つのやり方だけにこだわった人は、投資で失敗しがちです。

投資信託以外で儲ける方法はある?

投資のやり方は、何も投資信託に投資するだけがやり方ではありません。

自分の資産を形成するために行う資産運用。

その中で行う投資には、いくつか手法があります。

どの方法が一番儲かるとかの話ではなくて。

「いくつかの手法を使い分けて、リスクヘッジする」

投資手法を考える上でそれが一番重要です。

個別株投資

ファンドに任せるのではなく、自分で個別株投資を行うのも良いでしょう。

個別株投資を行うのは、銘柄選定から、投資タイミングの見極めなど、知識と経験が求められます。

しかしうまく売却益を得られれば、投資信託のリターンとは比べ物にならないほど儲かります。

ハイリスク・ハイリターンな個別株投資、一度考えて見ませんか?

また、個別株を持っていれば、株ごとに定まった「配当金」や「株主優待」を受け取ることができます。

投資信託でファンドに投資を任せるのと同時に、少しずつ個別株投資をはじめるのも良いでしょう。

iDeCoで資産運用

国が推奨する資産運用が「iDeCo」です。

掛け金が全額所得控除されるので、最終的な利益に税金がかかりません。

税の優遇がかからない個人型拠出年金であるiDeCo。

資産運用の素人でも、将来のために運用しやすいiDeCo、少しでも若いうちから運用を始めることをおすすめします。

仮想通貨

以前は通貨として流通が期待された仮想通貨ですが、今では「資産」としての立ち位置になっています。

まだまだ歴史が浅いこともあり、価格の上下が激しい仮想通貨。

ですがタイミング良く投資すれば、投資額の何倍ものリターンを狙うことも。

一昔前は、仮想通貨へ投資して何倍ものリターン得るという「億り人」が出たのも懐かしいですね。

ゴールド投資

有事に値段が下がらない「ゴールド」へ投資するのもありです。

今後世界の通貨価値がどうなるかわからず、今回のコロナウイルス騒動でスーパーインフレが起こるとも言われています。

そんな時に備えてゴールドを保有しておくのも良いでしょう。

投資信託でお金を儲ける まとめ

投資信託への投資で、のちのち大きなリターンを得て儲けることを狙う人は多いです。

しかし投資信託は元本割れのリスクもあり、手を出せない方もいるかもしれません。

とはいえ、投資信託はファンドをしっかり選んで、適切に投資すればリスクをおさえつつ上手に儲けることができます。

個別株投資に比べればずっとリスクを抑えながら儲けを狙うことができます。

ドルコスト平均法を考えても、少しずつ積み立てて投資するのをおすすめします。