アメックスカードをランク別に徹底解説!あなたにぴったりのアメックスが見つかる!

アメックス

ステータスの高いクレジットカードと言えば、アメックスのクレジットカードを頭に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

かつては庶民の手がだしにくいアメックスですが、近年では審査ハードルも下がり手に入れやすいクレジットカードになりました。

そんなアメックスのクレジットカードですが、さまざまなカードがありランクの違いもあります。

こちらの記事では、アメックスのクレジットカードをランク別に徹底解説!

アメックスのクレジットカードがほしい人は、この記事を読んで自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

アメックスの審査基準は何?それぞれのカードの審査難易度も解説
ダイナースクラブカードと並んで、ステータス性の高いクレジットカードとして知られているアメックスのクレジットカード。 バブル時代はアメックスのクレジットカードをもっているだけで羨ましがられ、持っていることがステータスでした。 半面...

目次

アメックスカードの種類とランクについて

まずはアメックスカードの種類とランクについて解説していきます。

これからアメックスのクレジットカードを作ろうと思っている人は、まずアメックスの制度を頭に入れておきましょう。

プロパーカードと提携カードの違い

アメックスのクレジットカードには、プロパーカードと提携カードの2種類があります。

プロパーカードとは、アメックス本社が発行しているクレジットカード。

いわゆるアメックスのクレジットカードと言うと、プロパーカードのことを指します。

一方提携カードはアメックスが国際ブランドの付与を、他の会社に認めたカードのこと。

たとえばセゾン・パール・アメックスカードなどが提携カードの一つで、アメックスブランドのクレジットカードですが発行元はセゾンです。

セゾン・パール・アメックスカードはセゾン関係の特典が受けられるなど、提携カードはカードによって独自の特典が受けられる点がポイントですね。

国際ブランドがアメックスである点ではステータスの一種ですが、やはりステータスが高いと言われるのはアメックスのプロパーカード。

アメックスブランドのクレジットカードがほしいのであれば、プロパーカードがオススメです。

ステータス性を重視するならプロパーカード

プロパーカードと提携カードのどちらを選んだほうがいいかですが、ステータス性を重視するのであればプロパーカードです。

アメックスのクレジットカードは芸能人やセレブが使っているクレジットカードブランドで、そのステータス性の高さは健在。

提携カードでもアメックスブランドのカードは持てますが、やはりアメックスの百人隊長が描かれたプロパーカードは別格です。

ステータス性を重視するのであれば、プロパーカードで自分にあったランクのカードを選びましょう。

さまざまな特典が受けられる提携カード

それでは提携カードが悪いかと言うと、そんなことはまったくありません。

提携カードは航空会社・ホテル・百貨店など、さまざまな企業と提携しており提携先の企業で使える特典が豊富です。

たとえば後ほど紹介するSPGアメックスカードでは、高級ホテルグループMarriott Bonvoy ゴールドエリート資格が得られます。

Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格は高級ホテルに年間25泊以上しなければならないので、それだけでもかなりお金がかかります。

それがクレジットカードを作るだけでゴールド会員資格が得られるので、ホテルによく宿泊するのであればかなり嬉しい特典ですね。

そのため自分がいいと思った特典があるのであれば、提携カードを作ったほうがお得になるケースが多いです。

提携カードを作るときには、特典をしっかり確認したうえで申し込みをしましょう。

プロパーカードの中でもっともスタンダードなアメックスグリーンカード

ここからはアメックスのクレジットカードをランク別に紹介していきます。

まずはプロパーカードの中でもっともスタンダードな、アメックスグリーンカードです。

アメックスグリーンカードの基本スペック

年会費 12,000円(税別)
入会資格 ・20歳以上で定職があること

・パート・アルバイトは不可

ポイント還元率 0.3~1.0%
海外旅行保険 最大5,000万円
特典
  • プライオリティパスに登録可能(年2回まで利用料無料)
  • グローバスホットライン24時間利用可能など

アメックスカードの中ではランクの低いカードだが特典は多い

アメックスのプロパーカードの中では、もっともランクの低いカードです。

ただしランクが低いのは、あくまでアメックスのプロパーカードの中の話。

近年年会費無料のクレジットカードが増えているので、それらのクレジットカードに比べるとステータス性は高いです。

年会費12,000円と毎月1,000円支払う計算ですが、プライオリティパスが年2回まで利用無料など豊富な特典が魅力。

世界1,200カ所以上の空港ラウンジが使える上、国内28空港のラウンジは無制限で使えるので旅行好きにはかなり嬉しい特典です。

アメックスのプロパーカードの中ではランクがもっとも低いカードですが、特典は充実しているクレジットカードですよ。

はじめの1枚として後々高いランクのカードを狙う

アメックスグリーンはアメックスのプロパーカードの中ではもっともランクが低いカードですが、20歳以上で定職でなければ審査に通過できません。

またアルバイト・パートであれば、審査に通過できません。

契約社員や派遣社員であれば審査に通過する可能性はありますが、やはり正社員であると審査には通過しやすいですね。

またアメックスグリーンの審査に合格するためには、年収300万円以上であることが条件であると言われています。

つまり正社員1年目でもアメックスグリーンの入手は可能ということなので、かつてのアメックスのイメージから比べると入手しやすくなりました。

そのためはじめて持つクレジットカードとして、アメックスグリーンを選ぶというのも1つの選択肢です。

アメックスグリーンで利用実績を積んでいくと、さらにランクの高いアメックスのカードが手に入りやすくなります。

将来のことを考えると1枚目のクレジットカードとして、アメックスグリーンを選んでみてはいかがでしょうか。

比較的入手しやすいアメックスゴールドカード

続いてはアメックスグリーンの次のランクに属するアメックスゴールドカードの紹介です。

アメックスのゴールドカードと聞くとかなりステータスが高そうですが、実は比較的収取しやすいカードであるアメックスゴールドカード。

はたしてどのようなカードなのでしょうか。

アメックスゴールドカードの基本スペック

年会費 29,000円(税別)
入会資格 ・20歳以上で定職があること

・パート・アルバイトは不可

ポイント還元率 0.3~1.0%
海外旅行保険 最高1億円
特典
  • プライオリティパスに登録可能(年2回まで利用料無料)
  • グローバスホットライン24時間利用可能
  • ゴールドダイニング by 招待日和でコース料理が1人分無料など

ゴールドダイニング by 招待日和の特典が何よりの魅力

アメックスゴールドカードはアメックスグリーンカードより年会費がアップして、審査難易度も多少アップしています。

その分ゴールドダイニング by 招待日和という特典がプラスされており、これはかなり大きな魅力です。

ゴールドダイニング by 招待日和では国内の高級レストランの予約ができ、コース料理を2人以上で予約すると1人分が無料になるというサービス。

つまりこれを利用するだけで、1万円以上はお得ということですね。

ゴールドダイニング by 招待日和で選べるレストランは高級なお店ばかりなので、夫婦の記念日などにはぴったり。

より充実した特典が受けられるカードです。

比較的入手しやすいので正社員であれば積極的に申し込みをしよう

アメックスグリーンカードよりランクの高いアメックスゴールドカードですが、審査難易度はアメックスグリーンより多少上がったくらい。

そのため正社員で年収300万円以上であれば、審査に通過する可能性は十分あります。

年収が400万円以上あれば審査に通過する可能性が高いので、サラリーマンでも十分狙えるクレジットカードです。

これより上のランクになるとかなり大変ですが、アメックスゴールドカードであれば現実的に十分狙える範囲。

「自分なんてアメックスゴールドカードの審査にはきっと通らない」
そんなことを思っている人は、一度そのような考えを捨てて申し込みをしてみましょう。

アメックスゴールドカードの審査ハードルはかなり下がっているので、審査に通過する可能性は十分ありますよ。

入手が難しくランクも高いアメックスプラチナカード

続いてはアメックスプラチナカードの紹介です。

アメックスプラチナカードからは入手難易度が一気に上がり、このカードを持てる人もかなり少なくなります。

はたしてアメックスプラチナカードとは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。

アメックスプラチナカードの基本スペック

年会費 130,000円(税別)
入会資格
  • 20歳以上で定職があること
  • パート・アルバイトは不可
ポイント還元率 0.3~1.0%
海外旅行保険 最高1億円
特典
  • プライオリティパスの年会費無料
  • グローバスホットライン24時間利用可能
  • 2 for1ダイニング by 招待日和でコース料理が1人分無料
  • 国内50カ所のホテルを年1回無料で宿泊できる
  • 24時間365日利用できるプラチナコンシェルジュサービス
  • メンバーシップ・リワード・プラスへの登録無料など

コンシェルジュサービスなどプラチナカードらしい特典が満載

アメックスプラチナカードは年会費130,000円と、これまでのカードと比べても年会費が跳ね上がります。

しかしそれにともない、プラチナカードらしい特典が満載です。

代表的なものとしては、プラチナコンシェルジュサービスが挙げられます。

これはアメックスプラチナカードを持っている人専用のコンシェルジュサービスで、専用のコンシェルジュがレストラン・ホテル・航空券の手配をはじめ、あらゆる要望に応えます。

ランクの低いクレジットカードでもコンシェルジュサービスが付帯していることがありますが、カード所有者も多いので対応スピードが全然違います。

他にも国内50カ所以上のホテルが年1回無料宿泊できる「フリー・ステイ・ギフト」、高級ホテルの上級メンバーシップ登録できる「ホテル・メンバーシップ」など、豪華な特典が満載。

またメンバーシップ・リワード・プラスへの登録が無料なので、海外や国内加盟店での利用時ポイント還元率が3倍になる特典もあります。

このように年会費に見合った特典がたくさんあるのが、アメックスプラチナカードです。

年会費が高く入手が難しいがランクはトップクラス

特典が充実しているアメックスプラチナカードですが、年会費が高い分入手難易度も一気にアップします。

年収や勤務先の会社規模はもちろん、アメックスのクレジットカードをどれだけ使っているのかも審査基準の一つ。

アメックスプラチナカードを入手した人の口コミによると、アメックスのクレジットカードを年間100万円以上利用することが一つの条件になりそうです。

しかしかつてはインビテーション(招待)専用のクレジットカードであったアメックスプラチナカードも、2019年4月からはインターネット申し込みが可能になりました。

そのような事情を考えると、以前よりは入手しやすくなっていると言えるでしょう。

入手難易度は高いクレジットカードですが、それに見合ったランクの高さがあるクレジットカードですよ。

日本一入手が難しいといわれるアメックスブラックカード

アメックスプラチナカードよりさらに上のランクのカードが、アメックス・センチュリオン・カード(通称アメックスブラックカード)です。

アメックスブラックカードは幻のクレジットカードともいわれており、日本でも所有している人は1万人以下。

インビテーション専用のクレジットカードなので、どのような特典があるのかも公開されていません。

ここからは日本一入手が難しいといわれている、アメックスブラックカードについて解説していきます。

招待された人にしかわからない特別なクレジットカード

アメックスブラックカードは年会費350,000円(税別)、入会金500,000円(税別)のクレジットカード。

つまり入会するだけで90万円以上のお金が必要になるクレジットカードです。

入会する方法もまったく公開されておらず、アメックスからのインビテーションを待たなければなりません。

日本ではみのもんたさん・GACKTさんなどの一流芸能人や、大企業の社長などが所有しているといわれているアメックスブラックカード。

具体的な内容は公開されていないので、特別なクレジットカードと言えるでしょう。

入手するためには毎月100万円以上の利用が必要と言われている

そんなアメックスブラックカードを手に入れるためには、アメックスでの利用実績を積んでインビテーションを受けるしかありません。

インビテーションを受ける条件としては、少なくとも毎月100万円以上を決済する必要があるとのこと。

この時点で一般的なサラリーマンでは入手不可能なクレジットカードであることが、おわかりいただけたでしょうか。

世界でも最高峰のサービスが受けられる

幻のクレジットカードともいわれているアメックスブラックカードは、その年会費ゆえにサービスもかなり充実しています。

アメックスブラックカード所有者の情報によると

  • 国内線の航空券を普通運賃で購入してもファーストクラスに変更できる
  • 海外入国時専用のVIPレーンがある
  • 海外の空港・ホテル間を送迎してくれる

などクレジットカードの特典とは思えないほど、豪華な内容です。

アメックスブラックカードに触れることはまずありませんが、世界でも最高峰のサービスが受けられるのは魅力的ですよね。

年会費実質無料のセゾン・パール・アメックスカード

ここまでアメックスのプロパーカードを紹介してきましたが、ここからはアメックスの提携カードの中でオススメのクレジットカードを紹介していきます。

まずは年会費実質無料で作成できるアメックス提携カードのセゾン・パール・アメックスカードです。

年会費実質無料でアメックスブランドのカードが持てるので、はじめてもつクレジットカードとしてもぴったりですよ。

セゾン・パール・アメックスカードの基本スペック

年会費 1,000円(税別)

※初年度年会費無料、年1回でも利用があれば翌年の年会費無料

入会資格 18歳以上(高校生不可)
ポイント還元率 0.5%
海外旅行保険 付帯なし
特典
  • ポイント有効期限なし
  • 最短即日発行が可能

アメックス提携カードの中では入手がしやすい

アメックス提携カードの中では年会費が最も安い1,000円、しかも年1度以上の利用があれば年会費が無料になるので年会費は実質無料で使えます。

年会費が安いのでそれに比例して審査も甘く、学生でも入手可能なクレジットカードの一つです。

また全国のセゾンカウンターに行けば、最短即日発行もできるのでどうしてもすぐにクレジットカードがほしい人にもオススメです。

正社員じゃないのでアメックスのプロパーカードは持てないけど、将来的にはアメックスのプロパーカードがほしい。

そんな人にはセゾン・パール・アメックスカードは、オススメですね。

ポイント有効期限がないのでクレジットカードをあまり使わない人にもオススメ

さらにセゾン・パール・アメックスカードの特徴としては、ポイント有効期限がない点です。

アメックスのプロパーカードはポイント有効期限が3年でこれも長い部類に入るのですが、セゾン・パール・アメックスカードの場合はポイントが失効することがありません。

そのため普段あまりクレジットカードを使わない人でも、ポイント失効を気にすることなくクレジットカードが使えます。

セゾン・パール・アメックスカードは毎月第1・第3土曜日に、全国の西友・LIVIN・SUNNYでの買い物が5%オフになるという特典もあります。

これらのスーパーで買い物をしている人であれば、買い物目当てでセゾン・パール・アメックスカードを作ってもいいでしょう。

ポイント失効がないので特定日にだけ使うクレジットカードとして持っておいても、損はありませんね。

このようにセゾン・パール・アメックスカードは使い方に幅があるので、1枚持っておいても損はしませんよ。

マイル有効期限がないANAアメックスカード

続いてはANAマイルを貯めたい人にオススメのANAアメックスカードです。

国内大手航空会社のANAはマイルを貯めている人も多く、マイルを貯めるための裏技もたくさん記事にされています。

ANAアメックスカードはその中でも長期的にマイルを貯めて、贅沢にマイルを使いたい人向けのクレジットカード。

はたしてANAアメックスカードは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。

ANAアメックスカードの基本スペック

年会費 7,000円(税別)

※ポイント移行コースに登録するためには別途年会費6,000円(税別)が必要

入会資格 20歳以上
ポイント還元率 1%
海外旅行保険 最高3,000万円
特典 ポイント移行コースに登録するとマイル有効期限が無期限になる

長期間にわたってじっくりANAマイルが貯められる

ANAアメックスカードの年会費は7,000円(税別)ですが、ポイントをANAマイルに移行させるためにはポイント移行コースに登録しなければなりません。

ポイント移行コースは年会費6,000円(税別)かかるので、年会費は実質13,000円(税別)かかることを頭に入れておきましょう。

ポイント移行コースに登録するとポイントをANAマイルに移行できるだけでなく、ポイント有効期限が無期限になる点が大きなメリット。

ANAマイルは国内線のような近距離路線で使うよりも、遠距離路線で使ったほうがお得です。

たとえば東京-伊丹間でマイルを使った場合1マイルの価値は1.5円ほどですが、東京-パリ間のビジネスクラスでマイルを使った場合1マイルの価値は6円を超えます。

つまり距離が遠く席のクラスも高い方が、マイルの価値は上がるということですね。

そのためマイルの価値を最大限まで高めるためには、マイルをじっくり貯めて遠距離路線に使ったほうがお得ということです。

こうした事情からポイント有効期限がないANAアメックスカードは、じっくりマイルを貯めたい人にはぴったりのクレジットカードということです。

マイルを貯めてヨーロッパやアメリカに行きたい人は、ANAアメックスカードのようなポイント有効期限がないクレジットカードを選ぶとマイルが貯めやすくなりますよ。

より効率的にマイルを貯めたいのであればよりランクの高いカードを使おう

さらに効率的にマイルを貯めたい人は、ANAアメックスカードより高いランクのANAアメックスゴールドカードやANAアメックスプレミアムカードの利用も検討しましょう。

もちろん年会費はアップしますが、ANA航空券購入時などにボーナスポイントがもらえるようになるので、よりANAマイルが貯まりやすくなります。

他にもゴールドカードやプラチナカードクラスの特典が受けられるので、旅行がより充実すること間違いなし
ANAマイルをもっと貯めたい人は、よりランクの高いカードを使ってマイルを貯めていきましょう。

高級ホテルの上級会員になれるSPGアメックスカード

続いては高級ホテルに宿泊する人向けのクレジットカード、SPGアメックスカードを紹介していきます。

SPGとは「スターウッド プリファード ゲスト」の略で、かつて世界最大のホテルグループであったスターウッドグループ(現在はマリオット傘下)の発行しているクレジットカードです。

部屋のアップグレードなどの特典がついているので、ホテル空きは必見の内容ですよ。

SPGアメックスカードの基本スペック

年会費 31,000円(税別)
入会資格 20歳以上
ポイント還元率 1.25%
海外旅行保険 最高1億円
特典
  • Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格が得られる
  • 毎年高級ホテルの無料宿泊券がもらえる
  • ポイントは40社以上のマイルに交換可能

Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格・毎年もらえる無料宿泊券など特典が充実

SPGアメックスカード最大の魅力といえるのが、カードを作るだけでMarriott Bonvoy ゴールドエリート資格を得られる点でしょう。

Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格を得ると、対象のホテルで

  • 部屋の無料アップグレード
  • チェックアウト時間の延長(14時まで)
  • 高速Wi-Fi無料

などの特典が受けられます。

対象となるホテルは、シェラトン・ウェスティン・マリオット・リッツカールトンなど、かつてSPGに属していたホテルとマリオット系列のホテルが対象です。

部屋のアップグレードが無料でできるので、これらのホテルを利用する人であればかなり嬉しい特典ですね。

ちなみにMarriott Bonvoy ゴールドエリート資格はホテルの宿泊でも獲得できますが、その場合年間25泊以上しなければなりません。

そのことを考えると年会費31,000円(税別)でMarriott Bonvoy ゴールドエリート資格が得られるというのは、かなりお得ですね。

またマリオットグループのホテルへの無料宿泊券が毎年もらえる点も、SPGアメックスカードの素晴らしい特典の一つ。

対象のホテルはシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ウェスティンホテル東京、大阪マリオット都ホテルなど一流ホテルばかり。

この特典はとても使いやすく、これだけでもカード年会費の元がとれてしまいますね。

高級ホテルの特典を受けたいのであればSPGアメックスカードがオススメ

このようにSPGアメックスカードは、高級ホテルの特典が受けられるクレジットカードです。

普段から高級ホテルを使う人はもちろん、旅行や記念日だけでも高級ホテルに宿泊したいという人も使えるクレジットカードですね。

またポイント還元率が1.25%と高く、貯まったポイントは40社のマイルに交換可能という点も見逃せません。

日本であればJCB加盟店であればアメックスが使えるので、SPGアメックスカードはポイントも貯めやすいです。

Marriott Bonvoy ゴールドエリート資格やホテルへの無料宿泊券など、使いやすい特典が多いカードなので、SPGアメックスカードはとても使いやすいクレジットカードですよ。

航空会社15社のマイルが自由に交換できるアメックス・スカイ・トラベラー・カード

さまざまな航空会社を使う人におすすめなのが、アメックス・スカイ・トラベラー・カードです。

ANAやJALなど特定の航空会社のマイルが貯まるクレジットカードは多いですが、航空会社15社にマイル交換できるカードは意外と少ないです。

そんなアメックス・スカイ・トラベラー・カードですが、どのような特徴があるカードなのでしょうか。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードの基本スペック

年会費 10,000円(税別)
入会資格 20歳以上
ポイント還元率 1%
海外旅行保険 最高3,000万円
特典
  • 対象の航空会社・旅行会社で決済をした場合ポイント還元率3倍
  • 貯めたポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換できる

航空券購入時にポイント還元率が3倍になりマイルが貯まりやすい

アメックス・スカイ・トラベラー・カードはポイント還元率1%のクレジットカードですが、対象の航空会社・旅行会社のウェブサイトから直接航空券・ツアーを購入した場合、ポイント還元率が3倍になります。

近年航空会社も自社のウェブサイトからの購入に力を入れているので、かなりポイントが貯まりやすくなっていますね。

そのためアメックス・スカイ・トラベラー・カードは航空券を頻繁に購入する人に、向いているクレジットカードであるといえます。

航空券をウェブサイトから購入するのであれば、アメックス・スカイ・トラベラー・カードで決済をしてどんどんポイントを貯めていきましょう。

提携航空会社15社にマイル交換できるクレジットカード

さらに貯まったポイントは、ANA・デルタ航空・シンガポール航空など提携航空会社15社のマイルに自由に交換できます。

ポイントの有効期限は無期限なので、自分の好きなタイミングで好きな航空会社のマイルが獲得できる。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードはまさに、世界を飛び回る人のために作られたクレジットカードであるといえます。

日常的に使うのであればよりマイルを貯めやすいクレジットカードはありますが、航空券購入時にメリットが活かせるのはアメックス・スカイ・トラベラー・カード。

航空券購入でマイルを貯めているという人は、アメックス・スカイ・トラベラー・カードの作成を検討してみましょう。

アメックスのランクを把握して自分にあったクレジットカードを作ろう

ここまでアメックスカードのランクと、おすすめのクレジットカードを紹介してきました。

アメックスのプロパーカードはランクの低い順に、アメックスグリーンカード・アメックスゴールドカード・アメックスプラチナカード・アメックスブラックカードの4枚。

これらのカードはステータス性に優れており、利用実績を積んでいくことでよりランクの高いカードが入手できるようになります。

またアメックスの提携カードには、高級ホテルでの特典が受けられるSPGアメックスカードなど個性的なカードがたくさん。

アメックスのランクと自分の生活を考えたうえで、自分に合ったクレジットカードを作っていきましょう。