キャッシング商品を徹底比較!低金利で借りやすいキャッシングはどれ?

キャッシングを徹底比較!低金利で借りやすいキャッシングはこれだ! カードローンの審査について

「キャッシングを比較してピッタリな商品を使いたい…」
「金利とか限度額とかで比較したらどこがいいんだろう…」

などなど、キャッシング商品について比較して最適な商品を使いたい方もいますよね。

最適なキャッシング商品を使い、スムーズな審査・返済を実現したいことでしょう。

今回はそんな方に向けて、おすすめのキャッシング商品を大手・中小でそれぞれ金利・限度額・審査などで比較・解説していきます。

目次

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

おすすめのキャッシングサービスを徹底比較【総合編】

まず今回ご紹介したいのが、消費者金融タイプのキャッシングサービス。

どれも最短即日融資に対応していて、スムーズにまとまったお金を借りたい時におすすめですよ。

<おすすめのキャッシング比較(消費者金融)>

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
プロミス4.5%~17.8%1万円~500万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
アコム3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
アイフル3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
レイクALSA4.5%~18.0%1万円~500万円最短即日Web・電話・自動契約機振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

①プロミス

プロミスバナー-20220119

<プロミスのおすすめポイント>

  • 最短30分で融資を受けられる!
  • Web完結で郵送物なし!
  • ユーザーからの信頼が厚い!
金利4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短30分
申し込み方法Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借り入れ方法振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

プロミスはスピーディーな融資のできるキャッシングサービスで、利用者満足の高さがポイント。

2年連続(2020年~2021年)でオリコン顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローン」第1位を獲得した実績があり、信頼の厚いキャッシングサービスともいえます。

消費者金融のキャッシングでどれを使おうか迷ったときは、まずプロミスから使ってみてくださいね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

②アコム

アコムバナー

<アコムのおすすめポイント>

  • 延べ1,000万人以上が利用!
  • 初めてなら最大30日間金利0円!
  • 最短30分で審査回答!
金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借り入れ方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムもスピーディーな対応が特徴的で、審査回答は最短30分でWeb完結だと最短即日融資に対応しています。

利用者の多さもポイントで、なんと延べ1,000万人以上が利用しているキャッシングサービスでもあります。

さらに初めての方なら最大30日間金利0円と、使い勝手が良いのも魅力ですね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

③アイフル

アイフル-300_250

<アイフルのおすすめポイント>

  • Web申込だと最短25分で融資も可能!
  • 人気ランキングで第1位を獲得!
  • 24時間365日即日振込OK!
金利3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・アプリ・無人店舗
借り入れ方法振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ

アイフルも最短即日融資に対応したキャッシングサービスで、柔軟な審査が好評。

Web申込だと最短25分で融資を受けられるため、すぐまとまったお金を借りたい時におすすめです。

また価格.comの人気ランキングでは第1位に選ばれた実績もありますから、それだけ信頼の厚いサービスともいえますね。

④SMBCモビット

SMBCモビット

<SMBCモビットのおすすめポイント>

  • 来店不要で最短即日融資※も可能!
  • スマホでのキャッシングにも対応!
  • Tポイントを使って返済もできる!
金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・郵送・ローン契約機
借り入れ方法振込、提携ATM

SMBCモビットも来店が不要で最短即日融資にも対応したキャッシングサービス。

スマホでのキャッシングにも対応しており、セブン銀行ATMを使えばスマホだけで入出金ができます。

さらにTポイントを使えば、1ポイントを1円相当として返済にも利用できます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

⑤レイクALSA

レイクALSA広告-20211101

<レイクALSAのおすすめポイント>

  • Webで最短60分融資!
  • カードレスでの契約もできる!
  • 選べる無利息特典もある!
金利4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・自動契約機
借り入れ方法振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

レイクALSAも最短即日融資に対応したキャッシングサービスで、カードレスによる契約も可能。

Webだと最短60分で融資を受けられることから、お急ぎな方にもおすすめできるサービスです。

また選べる無利息特典もあり、初めての利用なら借入額全額60日間利息0円(Web申込限定)、さらに初めての利用なら借入額のうち5万円まで180日間利息0円のものもありますよ。

大手消費者金融キャッシング5社を比較

では大手消費者金融5社のキャッシングをさまざまな観点で比較すると、それぞれどこがオススメなのか。具体的には以下の通りです。

■おすすめのキャッシング商品を比較

比較項目イチバンおすすめなキャッシング商品
金利プロミス
限度額アコム、アイフル、SMBCモビット
返済額プロミス
無利息期間レイクALSA
新規通過率アコム
融資までの期間で比較プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA
申込方法で比較プロミス・アコム
借入方法で比較アコム

金利で比較

大手の消費者金融系カードローンについて、毎月の最低返済額で比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名金利
①プロミス4.5%~17.8%
②アコム3.0%~18.0%
③アイフル3.0%~18.0%
④SMBCモビット3.0%~18.0%
⑤レイクALSA4.5%~18.0%

金利で比較すると、上記5社で一番おすすめなのはプロミス。

プロミスの最大金利は17.8%と、他社商品に比べてやや低めです。

金利が低いぶん返済も進めやすいですから、使い勝手の良いキャッシング商品ともいえますね。

大手消費者金融なら無利息サービスで利息が抑えられる

大手消費者金融はどこも、一定期間利息がかからない「無利息サービス」を展開しています。

この無利息サービスを利用することで、一定期間利息を一切支払わなくて良くなる、それはつまり総返済額が少なくなるということです。

大手消費者金融の金利を比較する上で、無利息サービスの存在はかなり心強いですよね。

限度額で比較

続いて各キャッシング商品の借入限度額を見ていきましょう。それぞれ比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名限度額
①プロミス500万円
②アコム800万円
③アイフル800万円
④SMBCモビット800万円
⑤レイクALSA500万円

借入限度額で比較すると、一番おすすめなのはアコム、アイフル、そしてSMBCモビットの3社。

これらは限度額が800万円に設定されており、プロミスやレイクALSAに比べればより多くの金額で借りやすいですね。

消費者金融は総量規制対象!借入額に制限がかかります

消費者金融のキャッシングは、総量規制の対象です。

すなわち、どれだけ高い借入限度額設定だったとしても、年収の3分の1以上借り入れることができません。

最近は、本来貸金業法の対象外である銀行カードローンも自発的に総量規制を取り入れるなど、高額融資をうけられるキャッシングが減っているのが現状です。

基本的に限度額はあまり重要な比較項目ではありません

上でも説明した通り、借り入れ最高額が高い限度額設定のキャッシングでも、それだけで優秀なキャッシングということではありません。

つまり、キャッシングを比較する時において、限度額の設定はそれほど重要視しなくて良いということ。

キャッシングを比較する際には、もっと別の要素を比較するべきなのです。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

返済額で比較

毎月に支払う最小返済額で比較すると、以下の通りです。

キャッシング商品名返済額
①プロミス1,000円~
②アコム3,000円~
③アイフル3,000円~
④SMBCモビット2,000円~
⑤レイクALSA2,000円~

上記5社で比較するとプロミスが「1,000円~/月」で、他社よりも少なめ。

少しでも毎月の返済を少なくして長期的に利用したいならば、プロミスが比較的おすすめですね。

ですが借入残高が上がるごとに最小返済額も上がります。この手には注意してくださいね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

無利息期間で比較

大手消費者金融系のカードローンでは、初回利用の方を対象に無利息期間を設けているタイプがあります。比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名無利息期間
①プロミス30日
②アコム30日
③アイフル30日
④SMBCモビットなし
⑤レイクALSA60日か180日

上記5社だと無利息期間での長さの観点で一番おすすめなのは、レイクALSAです。

他では「30日」に設定していますが、レイクALSAだと60日間か180日間での2択で比較的長めです。

そのため返済計画の立てやすさで見ると、レイクALSAを使うのが得策ですね。

なおSMBCモビットでは無利息期間自体がないため、その点には注意しましょう。

新規通過率で比較

大手消費者金融に限っては、一部商品を除いて新規通過率を公開しています。

ここでの新規通過率とは、各キャッシング商品に申し込んで契約を完了した人の割合のことです。

キャッシング商品名新規通過率
①プロミス35.8%
②アコム41.2%
③アイフル38.1%
④SMBCモビット非公表
⑤レイクALSA33.8%

※2021年5月確認時点

新規通過率で見ると1番おすすめなのはアコム。41.2%と比較的高く、次点に高いアイフルとは3%もの差があります。

なおアコムと新規通過率が最も低いレイクALSAとでは、7%近くの差があります。

ちなみにSMBCモビットでは顧客データが十分揃っていないため、新規通過率を非公表にしています。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

融資までの期間で比較

申し込んでから融資を受けるまでの期間を比較すると、以下の通りです。

キャッシング商品名融資までの期間
①プロミス最短即日※
②アコム
③アイフル
④SMBCモビット
⑤レイクALSA

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

どれもWeb申込なら最短即日での融資を受けられますから、大手消費者金融系のカードローンはお急ぎの方におすすめの商品といえますね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

申込方法で比較

申込方法で比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名申込方法
①プロミスWeb・電話・店舗・郵送・自動契約機
②アコムWeb・電話・店舗・郵送・無人店舗
③アイフルWeb・電話・アプリ・無人店舗
④SMBCモビットWeb・電話・郵送・ローン契約機
⑤レイクALSAWeb・電話・自動契約機

いずれも共通して、Web(スマホ・パソコンなど)・電話・各種契約機での申込が可能。

ですが申し込み方法のバラエティの豊富さで見れば、おすすめなのはプロミスとアコムです。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

借入方法で比較

キャッシング商品によって、借入方法もさまざま。5社で比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名借入方法
①プロミス
  • 振込
  • 銀行ATM
  • プロミスATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
②アコム
③アイフル
  • 振込
  • 銀行ATM
  • アイフルATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
④SMBCモビット
  • 振込
  • 銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM
⑤レイクALSA
  • 振込
  • 銀行ATM
  • 新生銀行カードローンATM
  • コンビニATM
  • 提携ATM

振込やATMなどを中心に活用して借りられますが、上記で見るとアコムが特に充実しています。

借入方法を中心にキャッシング商品を選ぶなら、さまざまな手段で利用できるアコムを活用してみてくださいね。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

中小消費者金融キャッシング5社を徹底比較

なかには大手だけでなく、中小の消費者金融が展開するキャッシング商品を使いたい方もいますよね。

では中小の消費者金融が展開するキャッシング商品について、同様に金利・限度額などで比較してイチバンおすすめなのはどこか。具体的には以下の通りです。

比較項目イチバンおすすめなキャッシング商品
金利フタバ
限度額ダイレクトワン、セントラル
返済額フクホー
無利息期間ダイレクトワン
融資までの期間で比較ダイレクトワン、セントラル、アロー、フタバ
申込方法で比較セントラル
借入方法で比較ダイレクトワン

特に利用者からの高評価が多い、5社に絞って紹介します!

金利で比較

中小消費者金融の提供するキャッシング商品を比べると、以下の通りです。

キャッシング商品名金利
①ダイレクトワン4.9%~20.0%
②セントラル4.80%~18.0%
③フクホー7.30%~18.0%
④アロー15.00%~19.94%
⑤フタバ14.959~17.950%

上記5社の最大金利を見ると、一番割合が小さいのはフタバの17.950%です。

初回契約だと最大金利が適用されますから、低金利で利用できると返済を進めやすいですよね。

以上の点から、利息総額を抑えたいならばフタバがおすすめといえます。

限度額で比較

続いて中小消費者金融のキャッシング商品を限度額で比較すると、以下の通りです。

キャッシング商品名限度額
①ダイレクトワン300万円
②セントラル300万円
③フクホー200万円
④アロー200万円
⑤フタバ50万円

上記5社だと、限度額がもっとも高いのはダイレクトワンとセントラルの2つ。

最大300万円までと大手消費者金融より少なめですが、そのぶん借りすぎを防げるのがポイントですね。

返済額で比較

中小消費者金融のキャッシング商品で、毎月の最小返済額を比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名返済額
①ダイレクトワン4,000円~
②セントラル4,000円~
③フクホー2,000円~
④アロー4,000円~
⑤フタバ2,300円~

毎月の最小返済額はフクホーがもっとも少額で、最小だと2,000円からの返済となります。

他社と比較すると4,000円~なケースが多いなか、最小2,000円からの返済で済むのは嬉しいですよね。

返済額が小さければ、そのぶん計画的な返済を進めやすいですよね。

無利息期間で比較

続いて中小消費者金融のキャッシング商品で、無利息期間について比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名無利息期間
①ダイレクトワン55日間
②セントラル30日間
③フクホーなし
④アローなし
⑤フタバ30日間

無利息期間の長さで比較するとダイレクトワンが断トツで、55日間もの無利息期間が受けられます。

なおこの「55日間」は、大手消費者金融と比べても長めです。

初めてのキャッシング利用ならこの無利息サービスを受けられるため、キャッシング初心者の方はぜひ活用してみてくださいね。

融資までの期間で比較

申し込んでから融資を受けるまでの期間はどれくらいか、比較すると以下の通りです。

キャッシング商品名融資までの期間
①ダイレクトワン最短即日
②セントラル
③フクホー
④アロー
⑤フタバ

※フクホーは来店すれば最短即日融資で対応可能

上記5社でも、大手消費者金融と同様にWeb申込による最短即日融資に対応しています。

お急ぎの方であれば、大手だけでなく中小消費者金融のキャッシング商品をおすすめといえますね。

申込方法で比較

次に、商品それぞれではどんな方法で申し込めるのかを比較していきましょう。

キャッシング商品名申込方法
①ダイレクトワンWeb・電話・来店
②セントラルWeb・電話・来店・自動契約機・コンビニ
③フクホーWeb・電話・来店
④アローWeb
⑤フタバWeb・電話

申し込み方法で比較すると、一番おすすめなのはセントラルです。

セントラルだと申し込み方法の種類が豊富で、Web、電話、店舗、自動契約機、コンビニで申し込めます。

中小消費者金融では申込方法がどうしても限られがちですが、セントラルに限っては突出していますね。

借入方法で比較

続いて借入方法で比較してみましょう。

キャッシング商品名借入方法
①ダイレクトワン提携ATM、電話、来店
②セントラル提携ATM、セントラルATM、振込
③フクホー振込
④アロー振込、来店
⑤フタバ振込

借入方法で比較すると、いちばんオススメなのはダイレクトワンです。

ダイレクトワンだとATM、電話、来店と対応方法の種類が豊富で、他と比較しても使い勝手の良さが伺えます。

おすすめのキャッシング商品(銀行カードローン)を徹底比較【総合編】

金利や利用限度額などを踏まえ、今おすすめキャッシング商品(銀行カードローン)は以下の通りです。

■おすすめのキャッシング比較(銀行カードローン)

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①セブン銀行カードローン14.0%~15.0%300万円最短2営業日以降Web・アプリATM・ダイレクトバンキングサービス
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%500万円最短翌営業日以降Web・来店・電話・郵送・FAXATM・振込
③みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円最短2営業日以降WebATM・振込
④千葉銀行カードローン1.4%~14.8%800万円最短翌営業日以降Web・電話・郵送・FAXATM・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・ちばぎんアプリ
⑤楽天銀行カードローン1.9%~14.5%800万円最短2営業日以降WebATM・電話・会員専用サイト

1つずつ見ていきましょう!

①セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン-760-447

■セブン銀行カードローンのおすすめポイント

  • スマホで完結!
  • 契約後すぐ借入できる!
  • 最短2日で借入可能!
金利14.0%~15.0%
利用限度額300万円
融資時間最短2営業日以降
申込方法Web・アプリ
借入方法ATM・ダイレクトバンキングサービス

セブン銀行カードローンはスマホ完結での利用ができ、最短2日で借入可能。

セブン銀行のアプリ使えば、カードが到着する前からセブン銀行ATMで借入・返済ができるのもポイントです。

セブン銀行カードローンの審査に落ちる原因は?審査基準などを徹底解説

②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

■三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のおすすめポイント

  • 最短翌営業日以降で融資OK!
  • 幅広い申し込み方法に対応!
  • 返済は月々1,000円から!
金利1.8%~14.6%
利用限度額500万円
融資時間最短翌営業日以降
申込方法Web・来店・電話・郵送・FAX
借入方法ATM・振込

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は返済額や融資スピードの面でおすすめ。

月々の返済額は1,000円~で最短翌営業日以降に融資を受けられますから、非常に使い勝手のよい商品といえますね。

\月々の返済額は1,000円~!/

③みずほ銀行カードローン

210707-みずほ銀行カードローン

■みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • 返済額は月々2,000円から!
  • メガバンクの商品で安心!
  • 利用限度額が高い!
金利2.0%~14.0%
利用限度額800万円
融資時間最短2営業日以降
申込方法Web
借入方法ATM・振込

みずほ銀行カードローンはメガバンク提供の商品で、カードローンのなかでも利用者数が多いです。

金利は2.0%~14.0%と、消費者金融のキャッシング商品に比べればかなり低金利なのもポイントです。

さらに返済額は月々2,000円からなため、計画的に変態おすすめ安いのも魅力ですね。

④千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン-20211207

■千葉銀行カードローンのおすすめポイント

  • Web完結申込ができる!
  • 返済は月々2,000円から!
  • 借入方法が豊富!
金利1.4%~14.8%
利用限度額800万円
融資時間最短翌営業日以降
申込方法Web・電話・郵送・FAX
借入方法ATM・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・ちばぎんアプリ

千葉銀行カードローンも、同じく銀行系のキャッシング商品としておすすめです。

スマホやパソコンからWeb完結で申し込めれば来店が不要ですし、申込時には千葉銀行の口座がなくても大丈夫。

加えて返済は月2,000円からと、こちらも返済計画を立てやすいのがポイントですね。

\ちばぎん口座がなくても申込OK!/

千葉銀行カードローンの審査は厳しい?審査をスムーズに通過するには?

⑤楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

■楽天銀行カードローンのおすすめポイント

  • 限度額が最大800万円!
  • 申込をスマホで完結できる!
  • 楽天ポイントを貯められる!
金利1.9%~14.5%
利用限度額800万円
融資時間最短2営業日以降
申込方法Web
借入方法ATM・電話・会員専用サイト

銀行カードローン系のキャッシング商品なら、楽天銀行カードローンもおすすめです。

金利が1.9%~14.5%と低く、申し込みはスマホ内ですべて完結できるのも魅力。

さらに入会・利用で楽天ポイントを貯められるため、楽天ユーザーなら特にオススメしたい商品ともいえます。

\キャッシング入会で1,000ポイントもらえる!/

おすすめのキャッシング(銀行カードローン)5社を比較!

では銀行カードローンについて、金利や限度額などで詳しく比較するとどうなるのか。具体的には以下の通りです。

比較項目おすすめなキャッシング商品
(銀行カードローン)
金利
  • 高額融資を検討中の方:千葉銀行カードローン
  • 少額融資を検討中の方:みずほ銀行カードローン
限度額みずほ銀行カードローン、千葉銀行カードローン、楽天銀行カードローン
返済額三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
融資までの期間三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」、千葉銀行カードローン
申込方法三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
借入方法千葉銀行カードローン

金利で比較

まずは各銀行カードローンについて、金利で比較してみましょう。

銀行カードローン名金利
①セブン銀行カードローン14.0%~15.0%
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%
③みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%
④千葉銀行カードローン1.4%~14.8%
⑤楽天銀行カードローン1.9%~14.5%

金利で比較すると、上記のなかで上限金利が最も低いのはみずほ銀行カードローンで、下限金利が最も低いのは千葉銀行カードローン

借りる金額が多くなれば金利が低くなるため、より高額の融資を検討している場合は下限金利が低い千葉銀行カードローンを、少額融資を検討してる場合は上限金利が低いみずほ銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

限度額で比較

各カードローンでいくらまで借りられるのか、限度額で比較して見ていきましょう。

銀行カードローン名限度額
①セブン銀行カードローン300万円
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」500万円
③みずほ銀行カードローン800万円
④千葉銀行カードローン800万円
⑤楽天銀行カードローン800万円

限度額で比較すると、上記5社でおすすめなのはみずほ銀行カードローン、千葉銀行カードローン楽天銀行カードローンの3つ。

いずれも最大800万円までの借り入れができ、多額の融資を検討している方にもオススメの商品です。

返済額で比較

続いていくらから返済できるのか、毎月の最低返済額で比較してみましょう。

銀行カードローン名毎月の最低返済額
①セブン銀行カードローン5,000円~
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1,000円~
③みずほ銀行カードローン2,000円~
④千葉銀行カードローン2,000円~
⑤楽天銀行カードローン2,000円~

銀行カードローンの最低返済額は2,000円~のケースが多いですが、そのなかでも三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は月々1,000円~と低め。

銀行カードローンの利用が初めての方でも、安心して返済しやすいのが魅力ですね。

\月々1,000円から返済OK!/

※返済額は金利(借入利率)によって異なります

融資までの期間で比較

お急ぎの方からすれば、どれくらいのスピードで融資を受けられるかも気になりますよね。

銀行カードローン名融資までの期間
①セブン銀行カードローン最短2営業日以降
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」最短翌営業日以降
③みずほ銀行カードローン最短2営業日以降
④千葉銀行カードローン最短翌営業日以降
⑤楽天銀行カードローン最短2営業日以降

上記5社で比較すると、融資までの期間が短いのは三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック千葉銀行カードローン

両者は融資までの期間が最短翌営業日以降と早く、銀行カードローンのなかでもお急ぎな方におすすめです。

ですがその他のキャッシング商品と比較すると、Web申込で最短即日融資ができる消費者金融系カードローンにかないません。

「申し込んだその日にお金を借りたい…」なんて場合は、プロミスやアイフルをはじめとした消費者金融系カードローンを使ってみてくださいね。

消費者金融5社の厳選比較ランキング!低金利なおすすめ商品はどれ?

申込方法で比較

使い勝手が気になる方からすれば、どんな方法で申し込めるのかも気になりますよね。

銀行カードローン名申込方法
①セブン銀行カードローンWeb・アプリ
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」Web・来店・電話・郵送・FAX
③みずほ銀行カードローンWeb
④千葉銀行カードローンWeb・電話・郵送・FAX
⑤楽天銀行カードローンWeb

申込方法で比較すると、おすすめなのは三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック。

Web・来店・電話・郵送・FAXとさまざまな方法に対応しているため、他の商品申し込みしやすいのが魅力ですね。

\月々1,000円から返済OK!/

借入方法で比較

続いて各商品について借入方法で比較してみましょう。具体的には以下の通りです。

銀行カードローン名借入方法
①セブン銀行カードローンATM・ダイレクトバンキングサービス
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」ATM・振込
③みずほ銀行カードローンATM・振込
④千葉銀行カードローンATM・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・ちばぎんアプリ
⑤楽天銀行カードローンATM・電話・会員専用サイト

上記保証借入方法で比較すると、特にオススメなのは千葉銀行カードローン。

ATM・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・ちばぎんアプリとさまざまな方法で対応できるため、より融通の利く商品と判断できます。

\ちばぎん口座がなくても申込OK!/

キャッシングを利用者の口コミで比較

キャッシングをただしく比較するためには、金利や限度額などスペックばかり比べていてはいけません。

一番正しくキャッシングの借りやすさを知るためには、「実際に借りた人の口コミ」を比較するのが一番です。

Yさん 25歳 生活費

ちょっとしたトラブルがあって、なんとかお金を調達する手段としてキャッシングを利用しました。申し込んだ当日に審査結果も届き、実際の借り入れも終わりました。スマホの手続きだけで借り入れは終わったし、思った以上にキャッシング利用のハードルって低いんだなと思いました。

Sさん 28際 レジャー費用

消費者金融のカードローンが「借り入れ目的自由」って聞いたんで、遊ぶかね欲しさに借りました。お金はなかったけど、遊ぶなってのも無理な話ですよね。ちなみに問題なくレジャー費用の借り入れでも、プロミスは貸してくれました。自分みたいな目的で借りる人って多いんですかね?

Tさん 45歳 お小遣い

妻に内緒でお金を工面しなくちゃいけなくなって、消費者金融のカードローンでお金を借りました。とにかく内緒でお金を借りる必要があったんですが、無事バレずにこっそりお金を借りることができました。郵送物もなく、会社に電話があったけどそれは妻の預かり知らぬところです。これからも借ります。

キャッシング比較の心得

ここまで様々な要素でキャッシングを比較してきましたが、キャッシングを比較する上で単純なスペックを比べてもあまり意味がないことはわかっていただけたでしょうか。

続いて、キャッシングを比較する時最低限抑えて置く部分、キャッシング比較の心得を紹介します。

金利に惑わされない

これは繰り返し言っていることですが、「金利に惑わされない」ことを強く言っておきたいです。

金利が低いのは確かに優秀なキャッシングの証です。

しかし、金利ばかりみて他の要素をおざなりにするのは、正しくキャッシングを比較できているとは言えません。

大事なのは、いかにキャッシングを含め様々な要素を総合的に比較するかです。

「金利が低い!ここで決まりだ!」

という短絡的なキャッシングの比較はやめてください。

ネット上の情報を鵜呑みにしない

ネット上でキャッシングについて調べるとどこも、都合のいいことばかり言います。

メリットの説明ばかりで、キャッシングのデメリットについての言及はそれほどないはず。

確かにそのメリットは嘘ではないでしょう。

しかし問題は、そのメリットの裏にはどんなデメリットがあるのか、ということです。

比較項目で優秀な結果のキャッシングは審査基準に注意

そしてもう一つ。

キャッシングを比較した結果、総合的にみて「優秀だ」と判断したとしたらそのキャッシングの審査基準は厳しいです。

キャッシングを比較して、目星のキャッシングを見つけたなら、そこで「果たして自分はそのキャッシング審査に通るか?」を考えてみてください。

キャッシング商品を比較するときのよくある質問

ここではキャッシング商品を比較するときのよくある質問をまとめます。商品比較をする際の参考にしてくださいね。

金利で比較するときは具体的にどこを見るべきですか?

もし金利を中心にキャッシング商品を比較する場合は、最高金利をチェックしてみましょう。

たとえば金利が「4.5%~17.8%」と設定されている場合は、17.8%の部分が最高金利です。

金利で比較するときの見方・ポイント

キャッシング商品を初めて使うと金利はまず最高金利が適用されます。

以上の点から、少しでも金利を抑えてスムーズな返済を実現したいなら、最高金利の低い商品を選んでみてください。

利用が比較的バレにくいキャッシングってなんですか?

バレやすさの面でいえば、SMBCモビットがおすすめです。

まずSMBCモビットだと”カードレス”の利用ができ、カード発行による発覚を防止可能。

またWeb完結申込なら電話連絡をなしにできるため、その点でもバレ防止に繋がります。

さらに他のキャッシングでも共通していますが、在籍確認で職場に連絡がいくときは、審査担当者から個人名で連絡がくるため利用がバレないシステムになっています。

以上の点から、SMBCモビットは特にキャッシング利用が比較的バレにくい商品といえますね。

比較的審査の甘いキャッシングってなんですか?

残念ながら、審査の甘いキャッシング商品自体が存在しません。その理由は以下の通りです。

■審査の甘いキャッシング商品が存在しない理由

  • 審査基準を一般公開していないため
  • 会社ことで審査基準が異なるため

上記の通り、審査基準については比較ができない状態ですから、キャッシング商品の審査について「甘い」「厳しい」と言い切れないわけです。

ただし利用者の口コミを見る限りでは、消費者金融では比較的「甘い」との声が多くみられ、銀行カードローンだと「厳しい」との声が多く見受けられました。

審査難易度の比較

その他、審査難易度については以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ~さまざまな観点でキャッシング商品を比較しよう~

今回はキャッシング商品について、金利や限度額など様々な観点で比較してきました。

比較することで商品の使い勝手の良さや、メリット・デメリットなどが相対的に見えたことでしょう。

比較要素は多いため、ご自分の利用状況と照らし合わせて最適な商品を選んでくださいね。