貧乏な人ほど物が多い理由は?貧乏を脱出するための方法も解説!

貧乏

「貧乏な人ほど物が多く、部屋が散らかっている」
このような意見はよく見られますが、よく考えてみれば不思議なもの。

貧乏な人は物が買えないのであまり物がないように思いますが、実際は貧乏な人ほど物が多いです。

実際テレビで見るゴミ屋敷に住んでいるような人は貧乏な人が多いですし、逆にお金持ちの家に物が散乱しているのは見たことがありません。

はたして貧乏な人ほど物が多い理由とは、どのようなものなのでしょうか。

また貧乏な人が現状を脱出するための方法についても解説していきます。

貧乏が辛い…そんな人に貧乏を脱出する方法を解説します
「収入が増えないので、辛い貧乏生活を続けている」 「辛い貧乏生活を脱出するためにはどうしたらいいかわからない」 こちらの記事では、そんな人に向けて辛い貧乏生活を脱出するための方法を解説していきます。 筆者もかつて500万円以上の借...

貧乏な人ほど物が多い理由

まずは貧乏な人ほど物が多い理由を解説していきます。

筆者もかつて借金をして貧乏だったのですが、そのときは部屋がかなり散らかっていました。

はたしてなぜ貧乏な人ほど、物が多くなってしまうのでしょうか。

無駄な物を買っているからお金がない

貧乏な人の特徴として、無駄な買い物をしてしまっている現状があります。

「これはいずれ必要になるから、今買っておこう」
このように考えていると、知らず知らずのうちに物が増えてきてしまいます。

そしていずれ必要になると考えていると、物が捨てられないので物はどんどん増えてしまいますね。

お金持ちは無駄使いをしないから、お金持ちになれます。

お金持ちの人の家には使わないものがなく、部屋の構成もとてもシンプル。

収入を増やすことはもちろんなのですが、支出を減らすことを意識しないと、いつまでたっても貧乏な生活から抜け出せませんよ。

部屋を片付ける心の余裕がない

また貧乏な人は心にも余裕がないことが多いので、部屋を片付ける余裕がないことも多いです。

貧乏になると目先のお金のことしか考えられず、部屋を片付けることをしません。

部屋が片付けられないと知らず知らずのうちにストレスが貯まり、悪循環に入ってしまいます。

部屋を片付けることですぐにお金が入るわけではありませんが、自分の住んでいる環境をよくするという面ではとても大切なことですよ。

物が捨てられないため時間を無駄にしている

たくさん物を買うのに、物が捨てられないとどんどん物が増えていきます。

物がたくさんあるとストレスが貯まり、結果として時間も無駄にしてしまっています。

ストレスが貯まった結果頭がうまくはたらかず、時間を無駄にしてしまっているということですね。

のちほど詳しく解説しますが、時間を無駄にするとなかなか貧乏から脱出できません。

貧乏から脱出するためにも、時間に対する意識はとても大切ですよ。

筆者も貧乏だったときは物が多かった

先ほども少し紹介しましたが、筆者も貧乏だったときは自宅に物が多かったです。

現在は生活を立て直して普通の生活ができていますが、貧乏だったときより物は少なくなってしまいます。

ここからは筆者も貧乏だったときの体験談を解説していきます。

借金で頭がいっぱいで部屋が片付けられなかった

筆者も貧乏だったときは、借金が500万円以上ありました。

そのときは借金の返済で頭がいっぱいで、それ以外のことが考えられませんでした。

そのような状態だったので、部屋はずっと散らかりっぱなし。

ゴミ屋敷まではいきませんが、物がかなり多い状態でした。

物がたくさんあるのに物は捨てられず、次第に物が増えていく。

この状態が続くと知らず知らずのうちに、ストレスが貯まっていきました。

もちろん借金面のストレスもあったと思いますが、睡眠不足やじんましんなど身体にストレスはどんどんたまります。

体調がよくなることは最後までなかったので、精神的にも身体的にもよくなかったということですね。

部屋が片付けられないということは、貧乏な人の特徴と言えるかもしれませんね。

お金がないのに無駄な物をたくさん買っていた

しかし貧乏でお金がなかった私ですが、今考えると無駄な物をたくさん買っていました。

日々節制しているのでお金が入ると、つい衝動的にお金を使ってしまいます。

コンビニでお菓子や飲み物をよく買っていましたし、服も無駄に買っていました。

お金がないのだから安いスーパーで食品は買うべきですし、服も安いものを着まわせばいいはずです。

しかしそうならなかったのは、ストレスが原因だったのでしょう。

ストレスのはけ口として物を買っていた

自分が貧乏だったときのことを考えると、ストレスのはけ口として物を買っていたのでしょう。

日々ストレスによって抑圧されていたので、お金に少し余裕ができてしまうと、ついついお金を使ってしまいます。

後々苦しくなるのは自分なのに、衝動を抑えきれなくなってしまいます。

このような人は実は多いのではないでしょうか。

たとえばタバコやお酒といった嗜好品を好む人も、このような悪循環に入ってしまっているのでしょう。

タバコやお酒など依存性の高いものは、ついついお金を使ってしまいます。

それでストレスが解消できていると信じてしまうと、それが習慣になってしまいますね。

このような状態になってしまったのであれば、何かお金のかからない趣味を見つけましょう。

たとえばランニングをするという方法でもいいですし、筆者の場合サウナに行くことでストレス解消になりました。

家の近くにスーパー銭湯があるので、そこでサウナと温泉に入り、その後漫画をゆっくり読む。

これで1,000円以下なので、週1回行ければかなりストレスが解消されています。

サウナに入っている間は無の状態なので、そこで今の考えを整理していますね。

このようにお金があまりかからない趣味を見つけると、ストレスのはけ口として無駄に物を買うことはなくなりますよ。

貧乏になる人の特徴

ここまで貧乏な人ほど物が多い理由について解説してきましたが、それ以外にも貧乏になる人には共通点があります。

ここからは貧乏になる人の特徴について解説していきます。

細かなところに気をつかわない

貧乏になる人の特徴1つ目は、細かなところに気を使わない点です。

たとえばコンビニに毎日入って、必ず何かを買ってしまう。

このような人は、貧乏なことが多いです。

コンビニの商品は割高ですし、買った商品はそもそも買わなくてもいいものだということも多いのではないでしょうか。

コンビニで食品を買うのであれば、安いスーパーで購入したほうがいいです。

他にもお金をおろすときにコンビニATMを使って、ATM利用手数料を支払ってしまっている人もそうですね。

コンビニATMの利用手数料は1回数百円ですが、塵も積もれば山となる。

このように無駄づかいをしてしまうと、知らないうちにお金がなくなって貧乏になってしまいます。

自分が置かれている状況を環境や人のせいにしている

貧乏になる人の特徴2つ目は、自分が置かれている状況を環境や人のせいにしていることです。

「実家が貧乏だから、自分も貧乏だ」
「自分が会社で評価されず給料が上がらないのは、上司が認めてくれないからだ」
「自分には何の能力もないから、副業をはじめてもうまくいかない」
貧乏な人は、このような発言を多くしています。

居酒屋で上司の悪口でお酒を飲んでいる人が、なかなか貧乏から脱出できないのはみなさんもわかるのではないでしょうか。

うまくいかないことを環境や人のせいにしたくなる気持ちはわかりますが、そのようなことをしても現実は変わりません。

自分が本当に変わろうと思うのであれば、自分を変えていくしかありません。

自分が置かれている環境が厳しくても、インターネットが発達している現代であれば、自分の力で稼げる可能性はあります。

そのため自分の置かれている環境に文句を言うのではなく、自分から環境を変えていく気持ちが大切です。

時間にルーズ

貧乏になる人の特徴3つ目は、時間にルーズだという点です。

1日24時間は貧乏な人にも、お金持ちにも共通です。

違うのは24時間をどのように使っているのかということ。

お金持ちの人は24時間を効率的に使って、しっかりと自分を磨いています。

そして時間に対しての意識が高いので、無駄な時間を発生させません。

一方貧乏な人はダラダラと寝続けたり、ずっとスマホをいじっていたりと、無駄な時間を長く過ごしてしまいます。

そして時間に対する意識が低いので、平気で遅刻をして人の信頼をなくしてしまいます。

貧乏から脱出したいと思うのであれば、時間の使い方を変えなければなりません。

スマホをダラダラしている時間を副業する時間に変えるだけで、今の状況は大きく変わってきますよ。

今を楽しむためにお金を使っている

貧乏になる人の特徴4つ目は、今を楽しむためにお金を使っていることです。

お酒・タバコ・ギャンブルなど、その時は楽しいですが後に何も残らない。

そのように今を楽しむことにお金を使っている人は、いつまで経っても貧乏から脱出できません。

今を楽しむことにお金を使ってしまうと、将来につながらないので消費でしかありません。

貧乏な生活から脱出したいのであれば、消費でなく投資にお金を回すことが大切です。

たとえばこれまで飲みに行っていた時間とお金を、新たなスキルを得るためのスクールに通う。

これだけで将来お金が得られるかどうかは、まったく確率が変わってきます。

また今を楽しむためにお金を使ってしまっている人というのは、目の前のことしか見えていないことが多いです。

貧乏を脱出したいのであれば、しっかり将来を見据えて行動することが大切ですよ。

見栄を張るためにお金を使っている

貧乏になる人の特徴5つ目は、見栄を張るためにお金を使っている人です。

車・家・服・時計など、際限なくお金がかけられるものがあります。

これらのものにお金を使うことはある程度仕方ないのですが、お金をかけすぎるといつまで経っても貧乏から脱出できません。

これらのものにお金を使っている人は、人からどう見られるのかを意識していることが多いです。

つまり人からよく見られたいという見栄のために、お金を使っているということ。

見栄を張ることで仕事がうまくいくこともありますが、普通に生活している分にはあまり見栄を張る必要もありません。

お金持ちになっている人というのは、今は豪華な家に住んでいますが、実はそれまでは家賃の安い家に住んでいて、服もユニクロですませていたという人も多いです。

見栄を張るためにお金を使ったとしても、あまり得られるものはありません。

出費を少なくしてお金を貯めていかないと、いつまで経っても貧乏から脱出できませんよ。

貧乏を脱出するためには心の持ち方が大切

ここまで貧乏な人の特徴を紹介してきましたが、総合して言えることとしては、貧乏から脱出するためには心の持ち方が大切だということです。

つまり心の持ち方を変えれば、貧乏から脱出することはできるということ。

筆者自身も借金があったところから、今では普通の生活ができるレベルにはなりました。

そのとき何か特別なことをしたというわけではなく、考え方や行動を変えたら自然と状況がよくなっていきました。

宝くじに当たるなど圧倒的な強運の持ち主であれば違いますが、そうでない場合でも考え方を変えることで生活は変わっていきます。

インターネットが発達した現代であれば、現在の知識がなくても知識は身につけられます。

1番まずいのは自分にはできないと諦めて、何も行動しないこと。

はじめから諦めていては、現状は何も変わらないですし、貧乏なままです。

貧乏から脱出したいのであれば、まずは自分の心や行動を変えていくことが大切ですよ。

貧乏から脱出するための方法

それではこれまでの内容を踏まえたうえで、貧乏から脱出するための方法を解説していきます。

貧乏からどうしても脱出したいという人は、ぜひ参考にしてください。

自分を見つめなおしてやるべきことをやる

貧乏から脱出するためには、まず自分を見つめなおしてやるべきことをやることです。

当たり前と思われるかもしれませんが、現状を把握しなければ何をすればいいのかわかりません。

  • 部屋が散らかって物が多いのであれば部屋を掃除して不要な物を捨てる
  • 給料が上がらないのであれば転職を考える
  • コンビニに行く回数を減らす
  • タバコやお酒の頻度を減らす

自分を見つめなおせば、このようにやるべきことが自然と浮かんできます。

いつまでも自分に甘えていては、自分を変えることはできません。

本当に貧乏から脱出したいのであれば、まずは自分の現状を見つめなおしましょう。

そのうえで行動していかなければ、現状はいつまで経っても変わりませんよ。

小さなところからでもいいので変えていく

自分を見つめなおして行動していくうえで大切なのは、小さなところからでもいいので変えていくことです。

うまくいかないパターンとしてよくあるのが、大きすぎる目標を立ててしまうこと。

たとえば月収20万円の人がいきなり月収100万円を目標にしても、多くの人は途中で挫折してしまいます。

それは目標があまりにも高すぎるため、実現できない自分に絶望して挫折してしまうというパターンです。

そうならないためには、まず小さなことでいいので成功体験を積んでいきましょう。

たとえばタバコをやめたいのであれば、まず1日10本だったところを5本にしてみるところからスタートしても大丈夫です。

それがうまくいけば自身になるので、次は5本を1本にして最終的にタバコをやめられるようになります。

世の中には成功者の情報があふれており、それを見ると成功者は一気に成功したと錯覚してしまいます。

しかし現実では成功者も下積みがあり、徐々に信頼を獲得したため現在の地位があります。

千里の道も一歩よりと言いますが、成功するためには小さなことを積み重ねていくことが大切ですよ。

心の平穏を大切にする

自分を変えていくことはどうしてもストレスがかかります。

タバコが吸えないとなれば、どうしてもイライラしてしまうように、自分を変えるときはストレスを感じます。

ストレスを感じるようであれば、一度立ち止まって問題ありません。

ストレスが爆発してしまうと余分な物を買ったり、ダウンしてしまったりと、どうしてもしんどい状況になってしまいます。

この記事では貧乏な人は心に余裕がなく、物があふれてしまうことを解説してきました。

そうならないためも、心の平穏は大切にしましょう。

収入をアップさせるための方法

貧乏から脱出するためには、収入をアップするか支出を減らすか、いずれかをしなければなりません。

まずは収入をアップする方法について解説していきます。

転職をする

収入をアップするには、基本的に転職するか副業をはじめるかの2択です。

社内で出世することで給料をアップさせるという方法もありますが、終身雇用がなくなりつつある現代ではなかなか厳しいものがあります。

そうなるとまず選択肢にあがるのが転職です。

転職はただすればいいというものでなく、自分の将来を見据えた転職が必要です。

自分ができることで転職をするのではなく、将来必要になる職業に転職するということですね。

そのためには自分の考えだけでなく、客観的な視点が必要です。

そのようなことを踏まえると、転職をするときには転職エージェントを使ったほうがいいでしょう。

転職エージェントは担当者の当たりはずれがありますが、いい担当者に巡り合えれば客観的なアドバイスがもらえます。

そしてすぐに転職するのではなく、まずはスキルを身につけるために勉強するということも頭に入れておきましょう。

現在仕事があるということはとても貴重なことなので、すぐに捨ててしまってはもったいないです。

仕事で安定した収入を得ているのであれば、余った時間で自分の将来について考えてみましょう。

副業をはじめる

いきなり転職することが不安なのであれば、副業をはじめるという方法もあります。

働き方改革によって、日本の会社でも続々と副業が解禁されています。

インターネットでも個人で仕事が獲得できるクラウドソーシングなど、個人で仕事が受注できるチャンスも十分。

そのためこれまでと比べると、副業で稼ぐチャンスはかなり増えています。

副業をはじめるのであれば、これから本業にしようと思っていることをまずは副業ではじめてみるというやり方がいいでしょう。

副業として仕事をしてみると自分にあっているかどうかがわかりますし、将来転職するときにもプラスです。

いきなり転職するのではなく、副業からはじめるというのも立派な選択肢ですよ。

支出を減らすための方法

続いては支出を減らすための方法を解説していきます。

収入を増やすためには時間がかかりますが、支出を減らすことはすぐにでも取り組めることが多いです。

すぐにでも貧乏を脱出したいのであれば、すぐに取り組みをしましょう。

格安SIM・インターネットバンクなど固定費の支出を減らす

支出を減らすための方法1つ目は、格安SIM・インターネットバンキングなどを使って、固定費の支出を減らすことです。

人間は生きている以上お金がかかりますが、家賃・光熱費などはいきなり下げられません。

しかし格安SIMを使えば通信料を毎月5,000円ほど下げられるので、支出を減らすための効果としては抜群です。

また現在使っている銀行口座をインターネットバンクに切り替えると、条件次第でATM利用手数料や振込手数料が無料になります。

細かなことですがこれらの手数料が無料になれば、節約につながります。

現在持っている銀行口座は、貯金専用口座にするといいでしょう。

貯金専用口座には手を付けず、インターネットバンクから毎月一定額を振り込みます。

そうすればお金が気づかないうちに貯まっていくので、無理なくお金が貯められます。

貧乏から脱出するには、このように自分が無理なく続けられる仕組みを作ることが大切。

できることから少しずつやっていけば、お金は自然と貯まりますよ。

コンビニは極力使わない

支出を減らすための方法2つ目は、コンビニを極力使わないことです。

帰り道ついついコンビニに寄ってしまうという人も多いと思いますが、絶対コンビニに寄らなければならないということはないでしょう。

コンビニには美味しそうなものがたくさんあり、新商品も次々登場します。

人間は意思の弱い生き物なので、目の前に美味しそうなものがあるとついつい手に取ってしまいます。

そうなると余分な出費につながりますし、健康にもよくありません。

それを防ぐためには、コンビニ自体に入ることをやめましょう。

コンビニに入らなければ商品を買うこともないので、無駄遣いも防げます。

コンビニに寄らなくても生活は十分できますよ。

支払いはクレジットカードでする

支出を減らすための方法3つ目は、支払いをクレジットカードですることです。

現代ではキャッシュレス化が進んでおり、クレジットカードで支払いができるお店も増えてきています。

クレジットカードで支払いをすると

  • ポイントがもらえる
  • 小銭をもたなくてもよくなる
  • 支払い履歴がすぐに確認できる
  • ATMからお金を引き出す必要がなくなる

このようなメリットがあります。

ポイントがもらえることはもちろん、利用明細を見ればどこでお金を使っているか一目でわかります。

さらにクレジットカードと家計簿アプリを提携すれば、家計の状況も一目瞭然。

現状を把握するためにも、クレジットカードの支払いをオススメします。

物が多いことは貧乏の証!まずは心と部屋を整理しよう

ここまで貧乏な人はなぜ物が多いのか、また貧乏生活から脱出するためにはどうすればいいのか解説してきました。

貧乏な人は自らの考えや行動で、自然と貧乏になってしまっているケースが多いです。

そのためものが多いことは貧乏の証と胸に刻み、自分の生活を少しずつ変えていかなければなりません。

まずは心と部屋を整理して、貧乏生活から脱出しましょう。